スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンデジで捉えたマクロ(接写)の世界 ⑦

今日も昨日に続いて、コンデジで捉えた”マクロ(接写)”の世界をお届けします。


よく考えて見ますと、ブログを書くようになり途中から画像もアップするようになりました。


昨日と今日アップする画像、以前だったら見向きもしなかった世界です。


でも、コンデジで様々な画像を捉えるようになって、初めて目に飛び込んでくるようになりました。


ワタシの周囲に当たり前のようにあった光景が、以前は全く見えていなかったということです。

カミキリ1   このアジサイの葉に止まっているには”チャイロヒメハナカミキリ”かな?


自信はありません。”カミキリムシ”の仲間も数が多い。


今回、画像から種類を様々に調べてみましたが見たことも聞いたこともない種名ばかり。

黒昆虫2   こちらの椿の葉の裏にへばりついている昆虫だって名前が分からない。


昆虫学者は、これらを丹念に野山に追っかけて種名を調べ、新種であれば名前を付け、やっと80万種を越えるところまできた。


でも分類が出来ていない種はまだまだいるという。気が遠きなる作業を今も続けている。

黒蜘蛛3   こちらの”蜘蛛”も種名を調べてみましたが分からない。


”蜘蛛”だって、現在国内で確認されている種類だけで1200種もある。


それぞれ、生き残っていく過程で進化して種類がどんどん枝分かれした。

小バッタ4   まあ見てください、この小さな小さなバッタの仲間(?)


生意気に、前足をしっかり立てて前方に注意を凝らしている。

小バッタ5   ちびっ子とは言え、中々に雄雄しい姿ではありませんか。


バッタの仲間の調べましたが途中でギブアップ。


ブログとしては、”愛媛グルメ紀行”のシリーズのほうが余程時間がかからない。

中バッタ6   昨日と今日のアップをするために、それぞれ2時間ずつ、合計4時間もかけました。


ところが、ほとんど種名を特定できないまま。


マクロの世界も骨が折れる。

蛾7   この画像は””の仲間ですよ。


どうです!アメリカの”ステルスジェット戦闘機”にも見えるし、”仮面”のようにも見えません?


緑の葉の上に止まっています。保護色とは正反対ですが、”落ち葉”に似せているのでしょうか?


自然界で気が遠くなる歳月をかけて形作られた姿は、何ともいえない美しさを感じさせられます。

てんとう虫8   マクロ(接写)の世界も、最後はお馴染みの”ナナホシテントウ”で締めくくることにしましょう。


春の陽気に、どこからか”てんとう虫のサンバ”が聞こえてきそうな。

てんとう虫9   真上から見るとこう見えます。


愛くるしい姿で、まるで草花と遊び戯れているかのようです。

てんとう虫10   この角度から見ると、まるで”人の顔”ではありませんか。


大きな口元に立派な顎鬚を蓄えて、大きなつぶらな目、そして耳も、ちょっと垂れた眉だってあります。


今日も彼らは、営々と”生を明日に繋ぐ”営みを繰り返しているのです。


この命の連関を、原子力などの環境破壊で壊したくないものです。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。