スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドライブ外食デート」(蕎麦を求めて)

今日の木曜日は、妻のデイケアがありませんでした。


そこで、今日も「ドライブ外食デート💗」しました。(実際に行ったのは昨日、3月23日でした)


今日は産直市などは行かず、西条市にある蕎麦屋の名店「西條そば 甲(きのえ)」さんに直行しました。

氷菓_convert_20170323204449
ドライブに当たっては、セブンイレブンの「冷菓」を買って舐めながらのスタートでした。


今日も肌寒かったので「ソフトクリーム」にはなりませんでした。

西條そば甲きのえC7lYRRMVwAI5oPl_convert_20170323204509
西條そば 甲(きのえ)」さんの店主さんは、ご出身は大阪です。


そして、「旨いそばを打つ為には、良いそば粉・旨い水が必要」という想いから、山梨県北巨摩郡(現 北杜市)でのそば打ち修行後、平成16年「水都・西条」へ移住され、平成17年「西條そば 甲(きのえ)」を開店」されました。

なめこ山菜そばC7lZkE7VYAAZyu3_convert_20170323204528
このお店は、「本物の蕎麦」を食べることが出来ます。


以前から妻をこのお店に連れて行き、「本物の蕎麦」を味あわせてやりたいと思っていましたが、やっと念願が叶いました。


妻が注文したのが、画像の「なめこ山菜そば(期間限定)」です。


なめこ」が随分熱かった様で、食べるのに難渋していました。

粗挽き天そばC7lazhNU8AEgOZ__convert_20170323204549
私が注文したのは、画像の「粗挽き天ざる(平日限定)」です。


こののウリは「十割そば」ですが土日限定ですので、こちらの「粗挽き天ざる」を注文しました。

粗挽きそばC7lazhNVsAEmMWx_convert_20170323204612
粗挽き天ざる」は、「十割蕎麦」ではなく「二八蕎麦」(蕎麦粉8:小麦粉2)ですが、わざと粗く打たれていますので、「蕎麦の風味」が活き活きしているのが特徴です。


蕎麦畑のある高原に、一陣の爽やかな風が通り抜けました。


わざわざ西条市まで行った価値がありました。

天ぷらC7lbnLaVMAU-ynu_(2)_convert_20170323204716
天ぷらは、大葉、カボチャ、海老と立派な舞茸です。


揚げたてで、それぞれ素材の旨みが活きていました。

舞茸C7lbnLaVMAU-ynu_(1)_convert_20170323204736
特に、画像の「舞茸天」が秀逸でした。


このキノコを見つけたら「舞い上がって喜ぶ」ことから「舞茸」と名付けられましたが、納得です。


今日の「ドライブ外食デー💗」も大成功でした。これからも夫婦共通の喜びとして、続けていきたいと切に思いました。





スポンサーサイト

「ドライブ外食デート」(蕎麦を求めて)

今日は木曜日ですが、今月は木曜日が3回デイケアに行けません。


そこで妻と「ドライブ外食デート💗」しました。(実際に行ったのは昨日、3月9日のことでした)

カフェラテC6dJimHU8AAJ58W_convert_20170309205328
行った先は、「しまなみ海道」の今治側のスタート地点が見渡せる「糸山公園」です。


妻に「来島海峡」と「しまなみ海道」を見せてやりたかったのです。


もちろん何時も通り、セブンイレブンの「カフェオレ」を飲みながらのスタートです。


なおこの日はとっても寒かったので、流石に「氷菓」を舐めながら・・・っと言う訳にはいきませんでした。

来島海峡大橋C6dPVxMVUAEiPOR_convert_20170309205357
この画像が「しまなみ海道」の橋と「来島海峡」です。


私はブログを書いてきましたが、ここ「来島海峡」近辺で日本の中世期に於いて活躍した「村上水軍」の歴史を何度も採り上げていますので、ここには何度も取材に訪れています。


そう言う歴史的意義がある「来島海峡」を妻に、どうしても見せたかったのです。画像は「来島海峡大橋」です。

今治造船C6dQlwTU8AIQa_R_convert_20170309205420
この画像は、世界有数の造船所である「今治造船」の本社工場です。


愛媛県は「造船」に於いても、「タオル製造」に於いても日本一ですが、どちらも今治市の産業です。


愛媛県南部の「海面養殖」も日本一ですから、愛媛県は第一次産業から第三次産業までバランスよく、配された県です。

手打ちそば まろC6dTTQZU8AE2ero_convert_20170309205445
しまなみ海道」と「来島海峡」を見た後は松山市内に帰って、外食先に行きました。


行った先は、大街道の三越前にある久保豊ビル1階にテナントとして入っています「手打蕎麦 まろ」さんです。


この地で開業して既に12年を超えたお店ですから知っている方は多いでしょう。このお店は日曜日が休みなのです。


妻と「ドライブ外食デート💗」を続けていますが、多くは日曜日です。でも日曜日が定休日と言うお店もあるので、平日にデイケアがない時は、そう言うリストアップ先を選びます。


このお店は、東京浅草の「蕎麦上人」の「蕎麦教室」の卒業生ですので、腕は確かです。

とろろそばC6dbayHVUAACAaG_convert_20170309205506
画像は、妻が注文した「とろろ蕎麦」です。


妻は「とろろ蕎麦は食べ難いけど美味しい!」と言って、ペロッと平らげました。

鴨せいろC6dcwoTU4AAC0-T_convert_20170309205613
こちらの画像は、私が注文した「鴨せいろ」です。


蕎麦の色にご注目ですが、一般的に多い「田舎蕎麦」と比べてやや白っぽいですね。これは蕎麦の身の芯のところだけを挽いている「更科蕎麦」の系譜だからです。


非常に上品な香りに包まれたこの「更科蕎麦」を妻に食べさせたかったのです。

更科蕎麦C6dd9XLVMAA_awQ_convert_20170309205700
田舎蕎麦」は、蕎麦の実の皮まで挽き込んでありますので、野性味があって蕎麦の香りが高い。


一方この「更科蕎麦」は、まるで貴婦人の香りと食感です。でも「鴨の抱き身」の脂分が、野性味を補って余りあるのです。


ともかく、上品で野趣高く、バランスがとってもいいので、あっと言う間に完食しました。

完食C6dezE4U0AAaHDp_convert_20170309205759
妻も私も、「本格的手打ち蕎麦大好き人間」ですから、夫婦揃って「完食」です。


三日後の日曜日にも「ドライブ外食デート💗」しますが、その三日後がもう待ち遠しいと言うのが本音です。


今日の「ドライブ外食デート💗」も大成功でした。












「ドライブ外食デート」(蕎麦を求めて)

今日8日、妻がやっと「我が家に帰って」来ました。(帰って来たのは1月8日でした)


今、隣で「男はつらいよ」のDVDを見ています。

ソフトクリームC1nw6upUQAAv9Ea_convert_20170108150825
家に帰る前に、例によって「ドライブ外食デート💗」をしました。


ドライブ前は、セブンイレブンのソフトクリームとカフェオレを楽しみました。妻が「ホットカフェオレ」を、私が「くろみつあんきなこもちソフトクリーム」です。

石手川ダムC1nw6urUAAAHXOe_convert_20170108150853
今日は生憎の雨でしたので、「石手川ダム」辺りまでドライブです。


午前10時に息子と2台の車で老健施設に行き、息子は衣類などの荷物を積んで帰ってくれましたので、私達夫婦は老健施設を退所して直ぐにドライブしました。

一りんC1ny4-WUQAE2p77_convert_20170108150921
今日の外食先は、「すし そば 和食処 一りん」さんに行きました。


1月6日に一人で行ったばかりです。その時女将さんが「バッテラは今が旬!」って言われたので、妻にそれを食べさせてやりたかったのです。


退所後一番先に行こうと決めていました。女将さんも、蕎麦を打つ息子さんも笑顔で出迎えていただきました。

バッテラC1n0wKfUAAE-WQA_convert_20170108150952
妻には早速「バッテラ」を注文しました。3個の内2個を妻が食べ、残りの1個を私が食べました。


女将が「バッテラの鯖は今が旬」というだけあって、脂が乗り切っていてうまかった~!

天ぷらそばC1n0wKgUAAA2Lcc_convert_20170108151023
妻はそれと温かい「天ぷらそば」を注文しました。


妻は蕎麦は好きですが、ざるそばとかセイロとかの冷たい蕎麦は苦手で、温かい蕎麦を必ず注文します。


結構の量でしたが、妻はほとんど完食しました。

天ざるC1n2sl6VEAAdvsN_convert_20170108152155
私は「天ざる蕎麦」を注文しました。相変わらず、このお店の蕎麦は美味しい。


蕎麦はやや少な目にと注文しましたけど、私も完食しました。


一昨年8月の緊急入院から始まって、今日まで入退院を繰り返しました。今度こそ、ずっと家に居て欲しいと切に祈っているところです。

花C1n6AX6UQAA8QNG_convert_20170108152242
今日からは、もう「毎日デート💗」ですよ〜!嬉しいじゃありませんか!👍


この日をどれだけ待っていたことか。


明日は休日ですから「ドライブ外食デート💗」しますが、朝晩は何時も一緒に食事出来ます。


DVDも、毎日一緒に観ることが出来ます。仕事はしますが、飽くまで「妻最優先生活」をします。






ドライブ外食デート(本物の蕎麦を求めて)

今日は昨日に続いて、妻と「ドライブ外食デート💗」の日です。(実際は12月18日でした)


松山は快晴でした。おまけに暖かく、絶好のドライブ日和でした。

ソフトクリームCz7tYV6VQAACkLh_convert_20161219185934
夫婦は、例によってセブンイレブンの「ソフトクリーム」を舐めながらのスタートです。


実は向かった先は松山市のお隣の市にある、本格手打ち蕎麦の名店でした。


車の「カーナビ」にそのお店の住所をセットしてスタートしました。

石鎚山Cz8LDFNUoAAHiV_(2)_convert_20161219185951
お隣の市と言うのは、西条市です。


国道11号線を重信町経由で西条市を目指しました。


すると国道11号線の真正面に、西日本最高峰の霊山「石鎚山」が姿を現しました。先日初冠雪したようで、山頂は白い雪化粧をしていました。標高1,982mです。

滑川Cz8LDFNUoAAH_convert_20161219190058
西条市を向かう途中、東温市にある「滑川渓谷」に足を延ばしました。でも、細い一本道です。車の離合が難しいと言う難所です。


それに「滑川渓谷」の終点にある「滑川の滝」迄の渓谷沿いの厳しい道のりは、私達夫婦にはもう歩けません。


滑川小学校があった辺りで引き返しました。周囲には霜が降りていました。

菊音Cz8MQyYUQAAyemN_convert_20161219190118
なお、西条市の本格手打ち蕎麦の名店にナビで行ってみると、何とナント・・・・・「定休日」でした。営業日くらい調べておけば、と後悔しましたが後の祭りです。


でも私は、既にすっかり「蕎麦の口」になっていました。他の業態のお店には行く気がしません。


早速松山市内に引き返し、リストアップしていた別の蕎麦屋の名店「和そば 菊音」さんに妻を伴いました。

かきそばCz8NhpeUAAAV7ik_convert_20161219190148
妻にはこのお店の「鴨そば」を食べさせてやりたいのですが妻は歯が悪いので、固い鴨肉を歯で噛み切ることが出来ません。


そこで次善のメニューとして「かきそば」を注文してやりました。


私が既に実食済みで、自信を持って妻に勧めました。妻はざるより温かい物の方を好みます。画像が、その「かきそば」です。

かきCz8OsTMUcAA6xBY_convert_20161219190220
今が旬の「牡蠣(かき)」の大振りのものが、ゴロゴロ入っています。


あなた、牡蠣もお蕎麦も美味しい!」っと妻が。わざわざ連れて来た甲斐があったと言うものです。


妻は概ね8割程食べました。やはり出汁の汁(つゆ)が多いので、完食は出来ませんでしたが、本人は大満足でした。

かもせいろCz8P19nVEAE-vq7_convert_20161219190239
私が注文しのは、本命の「鴨せいろ」です。


私はこのお店で、この「鴨せいろ」を何度も食べています。特にこの季節は旨いんです。細い目が余計に細まりました。


もちろん私は、蕎麦湯を含めて完食。夫婦ともに「笑顔が広がった」のは言うまでもありません。この二日間の「ドライブ外食デートは💗」は大成功でした。











「愛媛グルメ紀行」 1,118

今日(実際は10月12日のことでした)のお昼は一人で、松山市のお隣の東温市にある”そば町谷”さんに行きました。


このお店は、か細い腕の女性が一人でやっておられます。今年で7年目です。

10月12日
驚くことに、このお店は”蕎麦粉100%”の”生粉打ち”(きこうち)の蕎麦を出されます。


小柄で痩せ型の女性が、早朝からお一人で”蕎麦粉100%”の蕎麦を打たれています。


ですから、”蕎麦粉”がなくなった時点でその日の営業は終了です。

CuiiYxpWYAEQuTV_convert_20161015151623.jpg
お店に行く前から注文するものは決まっていました。それは”おろしそば”です。


大根は”辛味大根”ではありませんが、それに匹敵する辛さを持った大根が出されます。


このお店では、大根おろしは自分でおろすのです。”青首大根”だろうと思うのですが、とびっきり辛い大根を選ばれています。それをせっせとおろします。

Cuijj_zWIAA7tDM_convert_20161015151655.jpg
私は意地汚く、出された大根をほぼ1本分おろしました。だた、この意地汚さが後々まで私を苦しめることになろうとは?このときは想像もしていませんでした。


このとびっきり辛い”大根おろし”に、トコトン苦しめられたのです。


しかも、はこの経験を既に一度しているのに、その時のことを忘れていたのです。

CuikfCpWAAAda6w_convert_20161015151720.jpg
なお、このお店の”おろしそば”は、画像の様に”蕎麦”だけが出されます。出汁が掛かった”ぶっかけ蕎麦”とは違うのです。


この”蕎麦”の上に、自分でおろした”大根おろし”を投入し、後は”出汁醤油”を少しずつ掛けながら頂きます。こういう食べ方をさせるお店には出会ったことがありません。

CuilgcfWYAM0kj4_convert_20161015151756.jpg
この画像が、”大根おろし”を”蕎麦”の上にぶちまけて、刻みネギをチョイと乗せた姿です。


このお店の蕎麦粉100%の蕎麦は実にしっかりした”蕎麦”で、腰があります。


腰があるというよりも、愚直な硬さのある蕎麦でした。とても女性が打たれた蕎麦とは想像できない”剛直な蕎麦”です。そこに辛い”大根おろし”がコレでもか!!という位大量に掛かっています。

Cuim8nQW8AExubK_convert_20161015151817.jpg
タップリの”大根おろし”と下ろし器の底に溜まった”絞り汁”も残さず掛けました。なお大根の辛味は”絞り汁”に流れ出ます。


やや黒みを帯びた、野性的な”田舎蕎麦”。そしてその上にタップリ掛けられた白雪のような”大根おろし”。


綺麗なコントラストを目で楽しんだのはここまででした。この後”壮絶な戦い”が待っていようとは、想像だにしていませんでした。

Cuin9HsXYAIjTKT_convert_20161015151841.jpg
取り敢えず、一口だけ”大根おろし”が大量に掛かった”蕎麦”を啜ってみました。


声が詰まりました。「うー!辛い!舌が痛い!


慌てて”出汁醤油”を掛け回して、”大根おろし”が均等に混ざるように混ぜに混ぜました。


「辛さよ!辛さ様よ!どうかお鎮まり下さい!」っという切ない願いを込めて。舌が痺れて味が分からないのですから、にわかに食べ残のし危機が迫ってきました。

10月12日最後
最初は”痺れる舌”に目を剥いて、2~3口しか食べられないと思いました。


ところがアレ不思議。舌が痺れる辛さに慣れてくるに従って、蕎麦の味が分かりだして、逆に旨くなってきたではありませんか!


アレレレ・・・っと思っている内にナント!完食していました。残った大根おろしに”蕎麦湯”を注いで飲みました、スッキリしたいい味の”蕎麦湯”になっていました。




プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。