スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「初詣」

皆様「明けましておめでとうございます


今年もよろしくお願いします」(実際は1月1日のことでした)

西琳寺山門C1DlRLGUcAAmgcK_convert_20170102230630
今日は、午前10時に「初詣」に出掛けました。


妻と娘と私の三人で、四国八十八ケ所の48番札所「西林寺」に初詣に行きました。


穏やかな正月となりました。参拝客はまだ多くはありませんでした。家からは車で10分程度です。

妻と娘C1DqNvKUsAEFs-E_convert_20170102230651
本堂に向かっているのは妻と娘で、右側の黒いコート姿が娘です。


今年は夫婦共に、「入院や入所しなくて済む年になって欲しい」、と祈りました。


昨年と一昨年は私達夫婦にとっては「試練の年」でした。


それを周囲の方々に支えられ、なんとか乗り切れました。


時の大切さも実感しました。そして、「妻との時を大切したい」と痛感したのです。

松山市遠景C1DsOlVVEAEVedW_convert_20170102230712
初詣を済ませた後、三人で松山市と東温市が「俯瞰」(ふかん=高いところから見下ろすこと)出来るスポットに車を走らせました。


皿ヶ嶺」の下です。天空に浮かぶかのような「上林」地区(かんばやし)を登った所にビュースポットがあります。


左手に見えるのは松山市、右手に見えるのが東温市です。

霜C1Dsq6IVIAAmldb_convert_20170102230731
地面を見ると、「」が降りていました。


この画像は地面にしゃがみ込んで撮ったものです。

ソフトクリームC1DtW-hUQAEuWgo_convert_20170102230751
山を降りてセブンイレブンによって、例によって「くろみつきなこもちソフトクリーム」を三人で舐めながら、帰路に着きました。


今年を象徴する日にしたいと、心の底から念じました。

凧揚げC1EkUcZUcAEOcYw_convert_20170102230812
今日は、今年初めての「散歩」をしました。午後3時半に、自宅から歩いて1分の運動公園の外周を3周しました。


正月の今日は朝からずっと穏やかで、散歩日和でもありました。


さすがに今日はお正月、運動公園の中で親子が「凧揚げ」をしていました。私が子供時代の「」とは形が違いますが、やはり正月ですね。

1月1日最後
西に沈む夕日が、この日も私達「夫婦の影」を長~~く、長~~く「伸ばして」くれました。


今年一年、こうやって妻と手を取り合って「夫婦の貴重な時間を満喫したい」と思いました。


又、夕日に伸びる「手を繋いだ私達夫婦の長い影」が、季節によってどう変わっていくのか?も楽しみです。










スポンサーサイト

「椿神社初詣と中国料理 彩華」

今日はお正月の2日に、東京から帰省した娘と2人で、”石手寺墓参り”した後、ランチは”中国料理 彩華”さんでいただき、更にその後”椿神社・初詣”をした時の様子をアップ。


長男は高松でコンピューター関係の仕事をしていて、正月も仕事で帰れなかった。娘は東京で音楽関係の仕事をしているけど、正月1日遅くに帰省してくれた。


そこで、正月の2日にワタシの両親と妻の両親が永眠している”石手寺”に墓参に行った。妻は体調を壊しているので娘と二人で。その帰りにお昼になったので、セブンスター石手店の東側にある”中国料理 彩華”さんでお昼をいただいた。

彩華店内1
この”中国料理 彩華”さんは、元々南久米町にお店があって、子供がまだ小さい頃は家族4人で歩いてよく食べに行っていたお店。


ワタシたち家族は、このお店のその当時からのファンでした。

フランス産れのエビチリセット2
そこで、娘はこのお店のナンバーワンの人気メニューである”フランス産れのエビチリセット”を注文。


ワタシが「このメニューがお薦め!」っと言うことに、素直に頷いてくれての注文。


このメニューは、”愛媛グルメ紀行”でもご紹介している。(「中国料理 彩華」・「愛媛グルメ紀行」 232

フランス産れのエビチリ3
その娘が「ウーーーーン、これ、プリプリしてて美味しい!しかも海老が大っきーーーい!!」っと声を上げてくれた。


それだけで目尻が下がりっぱなしになった。

小籠包4
その日は食欲があまりなかったので、ワタシは”小籠包”の単品を頼んだ。


供された途端に湯気がモウモウと上がって、ピントを合わせにくかった。

小籠包アップ5
小籠包”に封じ込められている”美味しいスープ”を一滴も残すマジと、レンゲで掬って丁寧に食べた。


でも熱かった。「アフアフアツツ・・・・アチチ・・・・」などと、声にならない声を出して食べた。


娘とは、小籠包とフランス産れのエビを一個ずつ交換して食べた。当然に、笑顔が崩れた。

椿神社初詣6
その後、初詣に”椿神社”に行った。今までは、近所の”浄土寺”、或いは”繁多寺”か”西林寺”に行っていた。


ところが、仕事の相棒がこう言った。「Hさんも独立された。だから、初詣は当然に”商売の神様”である”椿神社”でしょ!」っと。

椿神社佐知8
かくして、娘と”椿神社”にやってきた。この神社と娘との思い出と言えば、娘がまだ小学生の頃家族4人で初詣に来た。


その時は、バンダイの”たまごっち”がブームだった。その”たまごっち”を手に入れる為に、一体何軒の屋台・出店のクジを買ったことか・・・・・。結局、一個も当たりクジはなかった。


画像は中央は””だ。正月明けから、直ぐに”エグザイル”という男性グループのDVD制作が始まるとか!”小学生だった娘が!

椿神社自分9
拝殿を済ませて、拝殿所の脇でウロウロしている(画像中央)のは”ワタシ”だ。


娘が撮った。「何の事はない、普通のおっちゃんやねー!」って言いながら。

おみくじ大吉10
御神籤”を買った。


今年は珍しく”大吉”だった。「商売は繁盛し、金回りもよくなる」とあった。


「オイオイ、ホントかいな?でも・・・・当たって欲しい!」っと祈った。


さて娘は、今日の飛行機で上京する。ワタシのお正月も終わる。さあ、明日からはバリバリ働かなきゃ!



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

「明けましておめでとうございます」

今年も今日で、2015年平成27年に入りました。


この”じゅんのつぶやき”を読んでいただいています全ての方々に「明けましておめでとうございます」と、新年のご挨拶を申し上げます。

夜明けの太陽1
昨年の今日、丁度一年前は”日本の歴史”をテーマにしたミニシリーズをアップしました。(「愛媛の歴史特別編」・「日本歴史の夜明け・外史」 1


そのシリーズが終わったのが、昨年の3月31日でした。(「愛媛の歴史特別編」・「出雲国の歴史・外史」 4


つまり一昨年は、全18回にも及ぶ”歴史ものシリーズ”を、”踏査”(とうさ=実際に現地に立って調べること)し、徹底した”資料読み”をしたう上で、更にそれらを元に”構想”を練って、それで”文を起こす”時間的精神的余裕があったということです。

夜明けの太陽2
ところが昨年は、昨日の年末挨拶で触れましたが、人生に一回、ないし二回あるかないかの、”大きな転機”を迎えました。


その”人生の大転換”を迎えることが出来たのは、様々な立場の方々との”ご縁”あってのことです。


例えば、昨年のブログでも再々登場している”仕事上の相棒”との”出会い=ご縁”です。


この”ご縁”が、昨年12月1日に”独立”して会社を立ち上げ、1人の”事業家”にテイクオフ出来た最大の支えになりました。

光のシャワー4
もちろんその他に、昨年11月末まで(通算8年と5ヶ月)籍を置かせて頂いた会社の”社長さんや従業員=仕事仲間”との出会いがあったが故に独立できました。


先ず、”不動産”の仕事を手取り足取り教えて頂いた上に、”宅建”の資格を取るように指導して頂いた”社長”さん。


それに、それまでは”頭でっかち”で、還暦前後の年であったにも関わらす、トコトン世間知らずであったワタシを、一から叩きなおしていただいた”仕事仲間”。


第一、この”じゅんのつぶやき”というブログを書き始めたきっかけは、会社の指示でした。つまり、お世話になった会社に行っていなければ、この”ブログ”は誕生していませんでした。

松山城6
取り分け総務担当の”O”さんには、幾ら感謝してもし切れないほどの指導と支援を頂きました。


彼女の存在がなければ、今日のワタシは無かったことは間違いありません。ワタシが独立すると言った時に、他の同僚たちは一斉に「Hさん、”O”さんが傍にいなくて、仕事が出来るの?独立するなんて出来るの?」でした。

小屋と城山5
更に、昨年11月末まで籍を置いた会社で”ご縁”を頂いた”お客様”方の存在です。


今回独立するに当たって、それらのお客様方に”独立”する旨のご挨拶にお伺いした処、快く、今後はワタシが立ち上げた新法人に仕事を委託するするというご返事を頂きました。ありがたいことです。


素人であったワタシを信用していただき、命と同等に近い価値ある”不動産”の管理ををワタシにお任せ頂いた。


これらのお客様方の存在がなければ、”独立”を躊躇(ちゅうちょ=ためらうこと)していたことは間違いないと思います。

松山城7
そして、何と言っても”家族”の存在と支えあっての”独立”です。


ワタシは家族の間では、昔ながらの”亭主関白・ワンマン親父”です。言わば”ワガママ放題”のワタシを、信じ応援し支えてくれた”家族の存在”あっての”独立”です。

松山城ワイド6
そして、この”ブログを見て頂いたすべての方々”に感謝の念を捧げます。


中にはリアルで出会って、お話をした方もあります。”かけがいのない友人”も出来ました。その”大切な友人”との出会いは、ワタシ自身を見つめ直す大きなきっかけにもなりました。


自分では全く気がついていない”ワタシ”というものに、気づかせてもらったこともしばしばです。


皆様、今年もこのブログ”じゅんのつぶやき”を通じまして、意義あるご交流をお願い致します。


今年という年も”皆様”にとって、”笑顔が絶えない”日々となりますことを切に祈り”新年のご挨拶”と致します。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

「今年も暮れます」

2014年も、今日で暮れます。


今年も1年、この”ブログ”とお付き合い頂きありがとうございました。


このブログの開設は、2009年10月20日でした。ワタシが記事を書き始めたのがその翌月11月2日からです。(秋ですね

太陽と木々と蜘蛛1
つまり、丸5年が過ぎ、6年目に入っています。


なお、今日の記事と画像は直接は関係しませんので、画像の説明はしません。ただ、”松山平野の夕暮れ風景”とだけ。


今年1年は、人生に何回かあるかないかの大きな”節目”になりました。

夕日と蜘蛛2
その大きな”節目”を受けて、今月初めの12月1日”人生の大転換”を果たしたばかりです。


その具体的な内容は、12月1日記事でアップした通りです。


今年の年初には、想像もしていなかった”人生の大転機”となりました。

夕日と透けた蜘蛛3
さて今日は年末ですので、このブログ”じゅんのつぶやき”の事に触れてみます。このブログは、ワタシの独断と偏見に満ちたところがあって、見る方によっては不快の念を持たれる事がありました。


ただ、先月末頃から、徐々に、ワタシの嫌な部分を自分なりに削り取る努力をしているつもりです。


時折反発のコメントがありますが、それのほとんどのケースは、ワタシが記事中で”ウンチク”を語った時に集中します。


その”ウンチク”は、既に百も承知だから目障りだという方と、知らなかった世界を書いてくれるので勉強になる、という二通りの意見が代表的です。


それのどちらに軸足をおくか、見て頂いている方が増えるに連れ、自分の我を張ってばかりではみっともないことに気が付きました.。

城と日輪と海4
それを踏まえて12月に入りまして以降は、”仕事”の上で”大きな転換”があったこと合わせる意味でも、”ブログ”の上でも、大きな転換を図りたいと考えて、その意味で幾つかの試みをしているところです。


既に、仕事の面では”新会社”を立ち上げ、1ヶ月が経過しました。幸い、仕事は”順調なスタート”が切れまして、多忙な1ヶ月を走ってきました。


そうした中で、ここ最近のワタシの”ブログの大きな変化”に気がついておられる方も多いと思います。特徴は2つあります。先ず、ブログの中で、5,7,5,或いは5,7,5,7,7、更には7,7,7,5という”定型詩”を挿入するようになったことです。

城と太陽5
そして2つ目は、今までの5年間で全く見えなかった”ワタシ”という姿の一部を、赤裸々にさらけ出しているということでしょう。


今まで9割程は、既に”ブログ”に投影してきましたが、残りの1割が溢れ出たということです。残り1割はワタシの分身、或いは悪ふざけののように映るかも知れませんが、それも正真正銘のワタシです。


殊更”露悪趣味”はありません。あれは間違いなくワタシの一部が、この歳になって、自然に”横溢”(おういつ=あふれだす)してきたことの現れです。


今年12月1日の”完全独立”とも、決して無関係ではありません。22歳の時から65歳まで、ずっと”会社員”という生活を続けてきました。その中では、一定の”社会的枠組み”の中で生きる他はありませんでした。


ところが12月からは、一切の”軛から解き放たれ”(くびき=首かせから開放され自由になること)ました。
日輪と虹6
チラッと垣間見せる見慣れないワタシも、正真正銘の”ワタシ”です。それも含めまして、読んで頂いたことに感謝の意を捧げたいと思います。


ある読者さんから「あのじゅんさんなら、どこかのお店で出会っても、多分声を掛けられないかも・・」っとありました。ぜひ、お声を掛けて下さい。恐らく皆さんがイメージされている”ワタシ”が99%のワタシですから。


目尻にシワを寄せて、ややタレ目で厚ぼったいまぶた、何時も笑顔の白髪頭のスーツ姿です。


今年1年が無事に暮れましたことに感謝するとともに、この”ブログ”とお付き合い頂いた全ての皆様に”深い感謝の意”をお伝えしたいと思います。


「本当にありがとうございました」


そして来年も、一言一言を噛み締めながら”言葉を紡ぐ”ことで、生き抜いて参りたいと考えています。

松山城と夕日7
皆様にとって、来年一年が素晴らしい年になりますことを心から祈念しております。


来年も、どうか宜しくお願いいたします。


「皆様、どうかいいお年をお迎え下さいますよう!」


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

兒玉高次・日南子「木と漆」展 6th 

今日は急遽”愛媛グルメ紀行”を繰り延べして、今日から8日まで、松山三越6階美術ギャラリーで開かれている”兒玉高次・日南子「木と漆」展 6th”をご紹介します。


ご夫妻は現在久万高原町にお住いで、ご主人高次さんが”木工師”で、奥様日南子さんが”漆師”です。


お二人のことは既に何度もこのブログで採り上げています。直近では、2013年1月5日と6日の2回に分けて”兒玉高次・日南子「木と漆」展5th”の模様をアップしております。(兒玉高次・日南子「木と漆」展から 1)・(兒玉高次・日南子「木と漆」展から 2


2年に1回、松山三越で”作品展”をされていて、今回で6回目、つまりもう12年間も続いている”作品展”なんです。

朱塗り研ぎ出し四方皿1
前回採り上げた時は2日に分けて、出展作品のそれぞれについてかなり詳細に説明しております。


ですから、今回は多くを書きません。それぞれの作品名や使われている木の種類程度をご紹介するに留めます。


なお、上の画像の作品名は”朱塗り研ぎ出し四方皿”と言います。材質は””(ひのき)です。下に採り上げる作品名と同じです。

朱塗り研ぎ出し四方皿2
この作品名も”朱塗り研ぎ出し四方皿”で、使われているのは””です。


漆器”は、日本を代表する”工芸品”です。英語で”漆器”のことを”japan”と呼ぶことでもお分かりだと思います。


今日は”漆器”の持つ美しさ、即ち”木工品”の木の温もり、””(うるし)が持っている光沢などをお楽しみ下さい。

欅 塗り変り鉢3
こちらの作品名は”欅 塗り変り鉢”です。使われている木は””(けやき)です。


全部の作品が、ご夫婦の合作です。お互い持っている”技術”や”美意識”を、相互に生かし合ってこそ生まれる”工芸作品群”です。

縁小判盆4
この作品名は”縁小判盆”で、使われているのは””(とち)です。


高次さん”のご出身は松山市内ですし、”日南子さん”のご出身は今治です。お二人は、久万高原町でもかなり山に分け入った所に住まわれています。


”と向かい合った生活をすることで、自分たちの”木への愛情”を、こういった作品群に生まれ変わらせておられるのです。

蒔地弁柄研ぎ出し四方盛器5
この作品名は”蒔地弁柄研ぎ出し四方盛器”(まきじべんがら とぎだししほうもりき)です。


これらの”作品群”は、全て鑿(のみ)や鉋(かんな)などの手作りの木工工具で作り上げられたものです。


木に””(のみ)を当てられながら、絶えず”木と会話”されていると言われます。

桧拭き刳り抜き額6
この作品名は”桧拭き刳り抜き額”(ひのきふきえぐりぬきがく)です。


来る日も来る日も”木と会話”するのは、””がどうしてほしいと思っているのかを聞き出す為だと言われます。


また””(のみ)の角度一つで、出来上がった作品の”表情”が違います。どれ一つとっても、”同じ作品”にはなりません。

黃蘗刳り抜き変形額7
この作品名は”黃蘗刳り抜き変形額”(””は、”きわだ”、若しくは”きはだ”という木です)です。


この作品だけは””を塗られていない”ムク”です。この木は、こういう”表情”をしたかったのでしょう。

白木縁朱四方輪花盆8
この作品名は”白木縁朱四方輪花盆”と言って、”栃(とち)”の木が使われています。


まあこの”木目”の軽やかなダンス風景をご覧になって下さい。楽しそうでしょう。

朱塗り研ぎ出ししのぎ平椀9
この作品名は”朱塗り研ぎ出ししのぎ平椀”です。材質は”栃”です。


因みに、この”平椀”で一客が28000円です。(消費税別)


大切に使えば一生使えますし、次世代にまで伝えられます。

こだまのコダマ10
最後にワタシが採り上げた先品は”こだまのコダマ”と名付けられたこの作品です。


前回も出展なさっておられましたが、”兒玉ご夫妻”の遊び心満載のような作品です。


これらを”UFO”と見立てられてもいいい、”独楽"(コマ)にも見えます。楽しいではありませんか。


ワタシの仕事上の”お客様”ですが、個人的にも親しくして頂いていて、原則”撮影禁止”ですが、自由に撮らせて頂きました。ご興味を保たれた方は、是非”松山三越7階美術ギャラリー”に足をお運び下さい。8日までです。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。