「廃屋シリーズ」 7

今日は久しぶりに、旧国道11号線沿いにある”廃屋”をアップします。


場所は自衛隊の小野駐屯地近くです。


こういう”廃屋”をわざわざ撮ってアップする人は、余りいないと思います。


ところがワタシはこういう風景を見ると、この廃屋で過去にどういうドラマが展開されたのかと興味がわいて、思わずシャッターを切ってしまいます。

屋根1   セイコー社の住宅地図を見ますと(ワタシは不動産屋ですから、住宅地図は座右の銘です)、ちゃんと”W〇〇商店”という名前が載っています。


ですから、”廃屋”とは断定し切れないのです。


ただしここに誰か住んでいるとしたら、雨の日は家の中でも傘が必要となります。


旧国道11号線を重信町から松山に向かって車で走っていると、播磨塚池を過ぎる辺りでこの光景が目に飛び込んできます。

花越3   気になって車を止め、県道の向かい側からデジカメに収めたのがこの光景です。


道路脇に植えられた”矢車菊”(矢車草)越に見た画像です。


”廃屋”というよりも、この季節、一種の”花屋敷”に見えます。

正面5    県道の向かい側から正面を見ますと、確かに一般住宅とは作りが違います。


多分この辺りにお住まいの方は、かつてこのお店が何を売っていたお店かご存知に方は多いのでしょう。


ということで、近所の方にお伺いしましたとこと、”お味噌屋”さんだったそうです。近在からも””などを買いに来る、有名なお店であったそうです。

玄関7   県道を渡って建物側に来てみました。


玄関付近は、草花が生い茂っていて足を踏み入れることが出来ません。

下から玄関8   しかし正面玄関を見ますと、木造建築ですが一種”洋館”の雰囲気を残しています。


木で出来たギリシャの神殿風のポール(柱)が目を引きます。


この洋風の作りで”お味噌”を売っていたとは、ちょっと想像がつきにくい。


花々で建物全体が覆われていますが、何年放置すればこういう風景が出来上がるのでしょうか。


興味は尽きないのですが、謎は謎として残しておきましょう。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

「廃屋シリーズ」 6

今日は、久しぶりに”廃屋シリーズ”の第6段をお届けします。


「こんな廃屋なんて・・・・・」っと、興味がない方には「ナゼ、こういうテーマを採り上げるのか???」でしょう。

廃屋1   しかし、こういう廃屋と出会うと思わずシャッターを切りたくなってしまいます。


そこには、過去に人と人の営みがあって、夜は室内から灯がこぼれ、風呂を炊く煙が煙突から立ち昇っていたに違いありません。

廃屋2   そこで、どういう人生やドラマが繰り広げられたのか?

この家で起こった、様々な悲喜劇はどういう風であったのか?

廃屋3   そしてその結果として、この家を何時しか捨てる決断をした。


その決断の中身や、原因はなんであったのか?

廃屋4   その決断に参加したのは誰と誰か?


そして、決断を下した人のその後はどうなったのか?

廃屋5   人はもちろんですが、形あるものにも寿命があり、永遠に続くものなどありはしません。


そして、それは形はないもの、例えば企業活動にも永遠と言う時間は与えられていません。

水仙と廃屋6   こういう廃屋を目の当たりにしますと、”限られた時間”という意識が強く沸いてきます。

限られた時間だからこそ大切であり愛おしい、そう思います。


フと、時間の進行を一度止めて、立ち止まって物事を考えさせてくれる。


廃屋”とは、ワタシにとってそのような存在なのです。






にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

「廃屋シリーズ」 ⑤

今日は久しぶりに”廃屋シリーズ”をお届けしましょう。


西条市飯岡の国道11号線沿いで見つけました。


以前は何度も訪れた”レストラン”の閉店後の姿でした。

レストラン跡1   お店の名前は”レストランゼウス”と言っていて、レストランなどを幅広く手がけていた”現代企業社”という高知に本店を置く企業が運営していたお店です。


閉店したのは、今から2年前、2009年の9月末です。

レストラン跡2   この西条市飯岡で31年間もやっていたお店で、中はお洒落なレストランでした。


以前の仕事で、四国中を色々廻る仕事をしていたときに、ここを通りかかったらお昼などを食べていました。


高知県内にも同じような煉瓦造りの同名のレストランがあって、そちらでも何度もお世話になったものです。

正面3   ですから、今回通りかかって、その閉店に気づいて、懐かしさと寂しさでシャッターを切りました。


メニューは洋食中心で、味も良かった記憶があります。


日本でモータリゼーションが急速に進み、国道のネットワークが整備されるにつれて”郊外型のレストラン”が全国で盛んになった時代がありました。

レストラン跡4   ところが、今は”高速道路”の時代になりました。


それぞれ、全国の主要な国道といえども、車の通行料が激減したのです。


また、低迷する景気の長期化、ガソリン価格の高騰と高止まりが、郊外型レストランの息の根を止めました。

レストラン跡5   様々に企業努力されたと思います。


メニューを見直したり、価格も抑えたり。


でも、高速道路時代の到来と、景気の低迷、そしてガソリン価格高騰のトリプルパンチにはなすすべがなかったのでしょう。

レストラン跡6   蜘蛛の巣天国と化した、レストランの跡を見て廻りました。


永遠に繁栄し続けると信じていた時代もあったはずです。


でも、レストランを取り巻く環境の激変に耐えることができるお店は、皆無に近いのではないかと思います。

レストラン跡7   特に、大型レストランや、ドライブイン形式のレストランが相次ぐ閉鎖に追い込まれています。


永遠に続くはずであった、天敵のいない”恐竜”絶世期も、地球の気候変動によって”恐竜絶滅”に追い込まれたこととよく似ています。


つまり、”永遠に繁栄するもの”などいないのです。


絶対に安心安全なものがありえないのと同じです。


廃屋と化した”レストランゼウス”を見ながら、そういう思いを深めました。


ゼウス”とは、ギリシャ神話に出てくる”神々の王”です。


ゼウス”は、雷を司る天空神として、神々の上に君臨する王なのです。


ところがギリシャ神話によると”ゼウス”ですら、巨大な蛇のような怪物”テューポーン”に一敗地にまみれさせられたのです。


レストランゼウス”の廃墟の前で、”ギリシャ神話”を思い出してしまいました。


その”ギリシャ神話”を生み出した”ギリシャ”そのものが財政危機であえいでいるのは皮肉な話ですね。








にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

「スクラップがある風景」 ④

今日も昨日に続いて、枝松4丁目、白井金属さんの周辺の光景をお届けします。

昨日紹介した”スクラップマウンテン”の隣では、連日あるドラマが進行しています。

そのドラマの主役は、遊園地などで子供たちに夢を与え続け、そしてその役割を終えた”かつてのヒーロー”たちです。

アンパンマン1   中国では模造品が出回り大騒ぎになったこともある”アンパンマン”たちです。


子供たちを乗せて、笑顔を振りまきながらひたすら回り続けた”アンパンマン”たち。


次の旅立ちの前に、ここで体に染み付いた”めまい”を静めるのです。


めまい”を静めておいてやらないと、次の舞台で足がふらついて活躍できません。

ゴジラ2   こちらの”ジャンボゴジラ”は少々肥満が気になっています。

かつて”トウキョウタワー”を、その雄雄しい尻尾の一撃でなぎ倒した頃の雄姿は、その面影すら残っていません。


これでは次の舞台では出番を失い、舞台の袖で涙に暮れることに。


ですから、この舞台はダイエットの舞台だと割り切って励んでいるのです。


・・・・・デモ、まだその効果は??・・・・

ドラエモンたち3   さて、こちらの”ドラエモン"一家は騒々しい、何を争っているのでしょう。

「モチロン・・それに乗るのは、ドラエモンに決まってるでしょう」と、主役のドラエモンが主張しています。


「チガワーーーイ、それに乗るのはオレ様に決まっているンダヨー!」とは、ジャイアンの声。


その他、その辺りの彼らが目指しているのはーー

バイク4   そうです、皆が目指しているのはこの”バギーバイク”なのです。


凛々しい姿で、皆の羨望の眼差しを一身に受けています。


ただ、問題は何人乗れるのか?


そして、皆を目指す舞台にまで送り届けることが出来る能力があるかどうか・・・・?

バイク正面5   ちょっと正面を見てみました。


確かに”精悍なマスク”、皆の人気を一身に受ける資格は十分です。


でも、実は”バギー君”、悩んでいます。


「皆の期待は嬉しいけど・・・・得意分野は、ドチラカというと、砂浜なんだけどなー・・・」とバギー君。

ヤマト6   そこに”助け舟”が現れた。


「みなさん、宇宙に向かうなら私ですよ、バギー君もよかったら僕に乗るといいよ」と、”宇宙戦艦ヤマト”の登場です。


ホッとした様子の”バギー君"、満面の笑顔で「宇宙戦艦ヤマトさん、お願いします」と。


「そうだ、”ウチュウー”ならやっぱり”宇宙戦艦ヤマト”さんだよねーー」と、皆も一斉に拍手した。


そうです、彼らの次の舞台は宇宙の果ての別の衛星なのです。


彼らは、最近の地球号に本能的な危機感を持っています。


ですから、地球最後の日には宇宙脱出をと、着々と計画を練っているのです。


カウントダウン”は、毎日確実に進んでいるようです。


などと言っている時間的余裕はありませんでした。


それは、唐突に訪れました。


そう、今日がその日だったのです。慌てて全員”宇宙戦艦ヤマト”に乗船完了です。

トンネル1   目指すは当然”イスカンダル星”です。


大マゼラン星雲”にある”イスカンダル”までは、148,000光年。


はるか彼方です。


宇宙戦艦ヤマト”は、直ちに”ワープ”に入りました。


時空の歪みを利用して、光速の壁を突破します。

出口2   ”ワープ”の先、時空の空間の歪みの中で、かすかに出口が見えてきました。


目くるめく光の渦の中に、乗船した全員の希望の地の光が指しているのを見落としませんでした。


あの先が、彼らが目指す”イスカンダル”・・・


彼らが目指す方向は、隣のスプラップマウンテンから毎日上る、そうですあの”アサヒ”の指す方角で間違いないようです。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

「スクラップがある風景」 ③

今日と明日はは久しぶりに、会社の近くにある白井金属さんの”金属材料仮置場(くず鉄ともいいますが)”の周辺を風景をお届けします。


舞台は、旧11号線(今の県道松山川内線)沿いの、枝松4丁目のスクラップ置場です。

車軸スクラップ1   これは、大型の”デフレンシャルギア”か?


無造作に積み上げられています。


これらのギアが、力強く動力を車輪に伝えていたのは一体何時の頃か?


今でも、しっかりとした存在感があるとは思いませんか。

廃ローラー2   こちらは、道路舗装工事の時に使う”ローラー車”か?


このローラーでのされたら、ワタシの体の余分な脂肪と水分を飛ばしてくれるかも。


でも、体の残りは、”ノシイカ”のようになっているでしょうね。


余り美味しそうではないので、やめることに。

プレス機3   こちらは、多分”プレス機”でしょう。


金属板の整形に使います。


町工場で、工員さんたちが汗まみれ・油まみれでプレス機を動かしているシーンが脳裏に浮かびました。


今年の夏は、電力不足による節電で、工場は熱気で大変だろうなあ・・・・・

旋盤4   こちらは”旋盤機”ではないかと。


この旋盤機で、金属に穴を開けたり、スジを切ったり、町場の機械工場の花形機です。


旋盤工の技術は、今はコンピュータでデータ化され、自動化された”マニシング・センター”機が主流になっているのかも。


でも、旋盤を操る微妙な職人技、芸術的とさえ言われる業は、その職人さんの体が覚えているもの。


いま工場の現場では、数値化できない職人技(神業)の伝承にやっきとなっています。

スクラップマウンテン5   そして、これらの機器類の行き着く先がこの”スクラップマウンテン”です。


日本の産業の土台を支え続けてきた機器類は、最後はこの”マウンテン”で最終処分を静かに待ちます。

スクラップマウンテンと太陽6   さて、この”スクラップマウンテン”に夜明けがやってきました。


東の空から太陽が昇ってきました。


太陽を背にした”スクラップマウンテン”は神々しく輝いています。


明日は、この”スクラップマウンテン”の隣で静かに進行している”壮大なドラマ”をご紹介しましょう。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード