「愛媛県外特別編」・「兵庫県豊岡市・出石町」

今日は、先月”出雲の歴史”を取材する為に小旅行した際に、途中で通過した町、兵庫県豊岡市”出石町”(いずしまち)をご紹介しましょう。


昨日一足お先に、出石町名物の”皿そば”をご紹介したばかりです。その際に、城下町”出石町”を散策しましたご紹介です。


この”出石町”を含む”但馬国”(たじまこく)は、「古事記」「日本書紀」にも名前の見える歴史の古い町です。


但馬開発の祖神ともいわれる新羅(しらぎ=朝鮮王朝の一つで国府は今の慶州)の王子”天日槍”(あめのひぼこ)が、垂仁天皇3年(第11代天皇)に渡来してこの地を拓いたと伝えられ、出石町の町名も、”天日槍”(あめのひぼこ)の宝物である”出石小刀”に起因したといわれています。


現在の兵庫県豊岡市出石は、人口僅か1万人余りの町ですが、旧”出石藩”の城下町です。現在も残る風情のある町並みは、「但馬の小京都」と呼ばれて、土日ともなると多くの観光客でにぎわいます。

出石町辰鼓楼(しんこうろう)1
上の画像は、”辰鼓楼”(しんこうろう)と呼ばれるもので、明治時代初期の時計台です。豊岡市出石伝統的建造物群保存地区を代表する建造物で、”出石町観光”は、先ずこの時計台からスタートです。


この時計台は、1871年(明治4年)完成しています。完成当時のこの時計台の目的は、辰の刻(7時から9時)の城主登城を知らせる太鼓を叩く””として建てられたもの。


なお、上の説明で”城主”の名前が出てきますが、藩が廃止され、全国に県が置かれた明治の”廃藩置県”も、この時計台が完成した時と同じ1871年(明治4年)のことです。


この、”辰鼓楼”(しんこうろう)が完成した年に廃藩置県が行われましたが、藩と県が併存した端境期にあったために、まだ”藩主”(後に旧藩主となりますが)の存在があったのでしょう。

出石町辰鼓楼(しんこうろう)2
この”辰鼓楼”(しんこうろう)は、”日本最古の時計台”とされることが多いのですが、北海道の札幌農学校演武場に”時計塔”(現在札幌の時計台)が設置されたのもほぼ同時期で、どちらが最古であるかを確定するのは難しいようです。


ただ、建物から独立した”洋式時計台”、更には一般市民が時刻を共有するための洋式時計台としては、最古のものと一般的に言われ、市民からも親しまれているところです。

出石町おりゅう灯籠3
上の画像は”おりゅう灯籠”と言われているもので、出石町にある”船着場の灯台”、常夜灯です。


出石町は山の中にある町ですから、”船着場の灯台”と言われれば???となるかも知れませんね。


この”おりゅう灯籠”の脇を流れる谷山川(旧出石川)は、かつて川幅も広く水深も深くて、日本海から三十石船が入れるほど広かったのです。ここの船着場から、米や木材などを三十石船に積んで日本海に運び、下関から瀬戸内海を廻って大阪・京都に荷揚げしていたのではないでしょうか。


なお”おりゅう”という名前は、鎌倉時代の悲恋物語の主人公”おりゅう”に因んだものとされていて、灯籠のすぐそばには柳の木があり、おりゅうと恋人が寄り添う様子を表したものです。

出石城址4
この画像が、”辰鼓楼”(しんこうろう)近くの広場(旧出石町役場近く)から見た”出石城址”です。


”出石”の由来は、日本がまだ”倭国”と言われ、天皇はまだ”大君”と呼ばれていた時代に遡ることは冒頭に書きました。


さて、旧国名で言えば”但馬国”(たじまこく)に属していた”出石”の歴史はどうだったのかを以下に書いていきます。

出石城址5
画像で見えるのは”出石城址”ですが、天守閣は残っていません。画像は”隅櫓”(すみやぐら)です。


さて、この”出石町”は、古くは鎌倉時代に清和源氏系統の大名として名を起こし、南北朝時代(14世紀)に全盛期を迎え”山陰の勇”として名を馳(は)せた”山名氏”(やまな し)一族が支配していた地域です。


その山陰の名族であり支配者となった”山名氏”は、一時期”室町幕府”を開いた”足利尊氏”(あしかがたかうじ)の傘下でした。


その最盛期には、全国66か国中11か国の守護職を務める”六分の一殿”と称されて権勢を誇りました。

出石城址6
しかし室町時代末期から戦国時代を経て、勢力を徐々に落とします。その後戦国時代の荒波を経て、江戸時代にやっと安定期を迎えます。(明治期まで続いた山名家は、明治に入って男爵に叙せられています)


それが、昨日も書きました”宝永3年”(1706年)、”仙石越前守政明”(せんごくえちぜんのかみまさき)が信州上田城より国替えとして、但馬国出石藩の”出石城主”となり、以降”仙石氏”の時代が明治期まで続きました。


この信州上田城に端を発する”仙石氏”の一族の中の””仙石秀重”(せんごく ひでしげ=後の束本秀重)が、松山城を築いた”加藤嘉明”に伴って伊予国松山に来たことは、「松山市の地名・町名由来」に書いています。(「松山市の地名・町名由来」・ 「束本町・樽味町」 33

出石城址7
江戸時代は”仙石家”の城下町となって発展した出石ですが、明治9年の大火により80%以上の建造物を焼失したという過去を持っている町でもあります。


その後の出石の町並み再建には、1810年(文化7年)の町割絵図が残っていたため、その町割絵図に従って江戸時代の町並みの状態をほぼ完全に再現されました。


しかし、ここ出石は出石郡の中心地であったために、町の近代化とともに歴史的建造物の建替えが進むという事態に直面しました。


そこで町として、”重要伝統的建造物群保存地区”選定の申し出(平成19年文部科学大臣選定)をするなど、景観の保護を法的に強化しておられ、今日もなお江戸時代の町並みが残る貴重な地域となっています。

出石城址8
なお、この”出石町”のような古い町並みを今に保存している地区が愛媛にもありますね。


それが”内子町”です。内子には、「国選定・重要伝統的建造物群保存地区」に指定された”内子町八日市護国伝統的建造物群保存地区”が今も残っていて、江戸時代の息吹を今に伝えてくれています。


なお”内子町”の町並みは、今年の10月15日に記事としてアップしております。(「再訪 167 内子町 片岡食堂」・「愛媛グルメ紀行」 613


しかし、”出石町”と”内子町”では、世間の注目度も違いますしそこに訪れる観光客の数では到底比較対象にはなりません。単に本州と四国という地理的条件の違いだけでしょうか。

出石城址10
この画像は、”出石城跡”から””辰鼓楼”(しんこうろう)を望んだ風景です。


”出石町”というところは、狭い小さな町ですが、”重要伝統的建造物群保存地区”を中心としてその界隈に”出石そば”を出す50軒弱の”蕎麦屋”が軒を連ねています。


出石町の名産は、出石そばを始めとして、出石焼・但馬ちりめん(出石ちりめん)・出石たくあんなどで、決して派手で目立つものではありません。


それでも、京阪神からだけではなく全国から多くの観光客を呼ぶ理由は何でしょう?


近隣に散在する、”出雲大社”や”足立美術館”、更には”鳥取砂丘”や”山陰海岸ジオパーク”など、”山陰地方の総合力”、優れたエネルギーとパワーを感じずにはおれませんでした。


わが愛媛の観光に於いても、学ぶべきところが一杯に詰まった魅力的な町でした。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「山陰の秋・点描(てんびょう)」

今日は、先日”出雲国の歴史”を書くために、山陰をチョコっと旅しました。


その時目にしたものの一部を、スケッチ風にご紹介しましょう。今日は、小難しいことは何一つ書きません。


ただただ、”山陰の秋”の一部を切り取ったもののご紹介に留めます。


ですから”点描”(てんびょう=人物や風景の特徴的な部分をとらえて簡潔に描写すること)としました。

砂丘1
上の画像は、見たらどなたでも分かる、”鳥取の砂丘”です。


この日の山陰は、朝から雨、また雨でした。山陰の天候は、瀬戸内のそれとは大違い。


でも、砂丘に着いて、出発するまでの間は不思議に雨が止んでくれました。

砂丘2
この広大な”砂丘”はどうして出来上がったかといいますと、中国山地の花崗岩質の岩石が風化して、千代川によって日本海へ流されました。


更には、海中の砂を海岸に向けて流れ寄せる潮流と、海岸線に堆積した砂を内陸へ吹き込む日本海特有の強風が織り成した結果、海岸に集まったものが砂丘の主な砂となっているそうです。


つまり、千代川上流の地質と、海岸に向けて流れ寄せる潮流、更には海岸線に堆積した砂を内陸へ吹き込む強風の働きで形成された、南北2.4キロ、東西16キロに広がる”大砂丘”です。


昭和30年(1955年)に、国の”天然記念物”に指定されています。砂丘の岡を登る人影が、まるで豆粒のようです。その広大さが分かるというものでしょう。

足立美術館紅葉4
さてこれ以降4枚の画像は、、島根県安来市にある”足立美術館”の日本庭園の秋です。


この”足立美術館”は、130点におよぶ”横山大観”の作品と””日本庭園”で有名です。


主な収蔵品は”横山大観”を始めとして、竹内栖鳳、橋本関雪、川合玉堂、上村松園ら”近代日本画壇の巨匠”たちの作品群です。特に”横山大観”に関しましては日本一の収蔵品を誇る美術館です。

足立美術館庭園5
ところで皆様ご承知の様に、美術館の収蔵品は全て撮影禁止です。


この日も、日本各地方から大型観光バスを含めて多数の観覧者が訪れていました。


ですから、館内の美術品の鑑賞は、松山で例えるなら”お椿さん”の参道の賑(にぎわい)です。とても、こっそりと美術品を盗撮することなど出来ません。

足立美術館箱庭7
唯一、大手を振って撮影できるのが”足立美術館”が誇る、隅々にまで手が行き渡いた”日本庭園”です。


季節は、真夏の狂気的な猛暑が過ぎ去り、秋を通り越して一気に””に突入したかのような”山陰の秋”でした。


やはり”山陰地方”の気候は、中国山地と四国山地の内懐(うちふところ)にある”瀬戸内地方”の気候とは根本的に違っています。

足立美術館滝8
晴れの日”が常識の、我が愛媛県とは周囲の風景がまるで違います。


道路の信号がある交差点、車の停止線が道路上に引いてありますが、同時に”高札”の様な高さの道路標識に停止線が示されています。積雪で、道路に描かれた停止線が見えなくなった時の対策です。


また信号機の向きが、全て”縦向き”なんです。四国では全て”横向き”が常識でしょう。ところが、積雪に悩まされる山陰では、少しでも積雪に依る被害を抑えようと、信号機の設置方法まで瀬戸内海側とは違っています。

紅葉1
さて、画像は”蒜山高原”(ひるぜんこうげん)にあるサービスエリアにあった”紅葉”の様子です。


山陰地方の松江や出雲は、さすがに海岸線にありますので、紅葉は見られませんでした。


中国山地を越える時に、米子自動車道の左手に見えます”大山”(だいせん=伯耆富士の名前を持つ名山)は、雨模様の天候で山頂は重く立ち込める雲の上にあって、生憎見ることができませんでした。

紅葉2
でもさすがに標高500mを超える”蒜山高原”です。高原全体が、一斉に色づいていました。


この”紅葉”の度合いは、愛媛県で言いますと丁度”面河渓谷の紅葉”の具合とほぼ同時期の”紅葉”でした。


ここ”蒜山高原”は既に岡山県。広がる牧場に、”蒜山高原”名物の”ジャージー牛”が放牧されています。


乳脂肪分の濃厚な、”ジャージー牛”から取れる”ミルク”や”バター”、”チーズ”などの乳製品がこの地の特産品です。

紅葉3
でも我が愛媛でも、西予市野村町の”大野ヶ原”の放牧・牧畜は有名です。


ワタシの郷里”野村町の乳製品”は、決して”蒜山高原”のそれに劣れを取るものではありません。


今、西予市が、西予市の地質条件の優れたところを世界に向かってアピールしようと、西予市の地質を日本で7番目の”ジオパーク”認定に向けて活動を始めております。


2004年に発足した国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の支援による、”日本ジオパークネットワーク”に、登録しようという活動です。


<注>お詫びと訂正
上の記事で、西予市が”ジオパーク”認定に向けて活動を開始したと書きましたが、既に”認定済”でした。お詫びして訂正をここに記します。何時も見て頂いています方からのご指摘です。ご指摘に感謝いたします。


現在、国内で”ジオパーク”に認定された6ヵ所の地域は、”洞爺湖有珠山ジオパーク”、”糸魚川ジオパーク”、”島原半島ジオパーク”、今回訪れた”山陰海岸ジオパーク”、そして同じ四国にある””室戸ジオパーク ”、更には”隠岐ジオパーク”です。

紅葉8
今回、”出雲国の歴史”の現地調査を主な目的とした”山陰旅”では、上に書きました”山陰海岸ジオパーク”を間近に見ることが出来ました。


日本海の荒波に打ち寄せられて侵食された”山陰海岸”の特異な地質。


そして、乳製品では北海道や岩手県に並ぶ有名産地である”蒜山高原”(ひるぜんこうげん)も目の当たりにしました。


しかし、”大野ヶ原高原”から瀬戸内海に落ち込む三瓶町の”リアス式海岸”、山口の秋吉台に迫る大野原の石灰岩地質や鍾乳洞、更には”蒜山高原”に決して遅れを取らない西予市の放牧・牧畜が生み出す豊かな乳製品群。


今回の旅を通じまして、改めまして郷里愛媛の魅力を再確認した””となりました。


今日は、結局”愛媛への郷土愛”を再確認する”山陰の秋・点描”(てんびょう)となりました。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

「名古屋出張」②

今日も、昨日に続いて”名古屋”出張の風景をスケッチ風に。


今日は、名古屋→岡山の帰りの新幹線の様子を画像で。


名古屋発15時35分発の”のぞみ111号”で岡山に向かいました。


岡山着は17時21分。


約370キロ、106分の旅です。

先頭車体1   ”のぞみ”に使われている車両はJR東海ご自慢の”N700系”です。


先頭車両の先端が”カモノハシの嘴”に似ていて、愛嬌ある車体です。


新幹線乗り場で、デジカメで列車の出入りを写しまくる”還暦を過ぎたオッサン”の姿。


一種異様な光景でしょう。

のぞみ先頭2   しかも、スーツ姿でビジネスバッグを片手に、です。

でも、シャッターを切っているときは子供そのものに帰っています。


人の目など気にする年齢でもない、と開き直っての撮影でした。


行きかう子供からは”変なおじさん”という目線で・・・・・


でも、ひるみません。ハイ

のぞみ車内3   これはのぞみの車内販売の様子。


今頃の新幹線は、各座席の下に100Vのコンセントが付いていて、無線ランも利用できますからパソコンで仕事が出来ます。


若いサラリーマンが、新幹線の狭い卓上でノート型パソコンで仕事(?)をしている光景を多く見かけました。


後は、携帯でゲームをする若い人の、まあ何と多いこと多いこと。


車窓など、見ている人はほとんどいません。

車外風景4   でも、ワタシは完全に”お上りさん”状態。


車窓を向いて、シャッターを切りに切った。


ところが、これが案外難しいんです。


「アッ  いいな、コレッ!」と思ってシャッターに指を乗せると、あっという間にその風景は飛び去ってしまいます。


「あれ???どこに行ったの???」状態です。

キリンビール工場5   これは、かろうじて間に合った”キリンビール工場”です。


新幹線の楽しみは、”ビール”のはずですが・・・・帰りは車なので我慢我慢。

京都タワー6   最後は、京都駅に着いた時にシャッターを切った”京都タワー”です。


京都駅構内に入るために、新幹線は減速していますので撮れました。


明後日は、岡山→松山の旅です。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

「名古屋出張」①

連日の豪雨が止んだと思えば、いきなりの猛暑。6月の気温としては、観測史上最高との報道にいささかげんなりしています。


それはそれとして、先日”名古屋”に出張しました。


行きは、松山→名古屋を飛行機で。


帰りは、名古屋→松山をJR列車に乗り継いで。


今日と明日は、その時の乗り物の風景をスケッチ風につづります。

乗るボンバルディア1   乗ったのは、ANA1822便。


松山を午前10時15分に飛立ち、名古屋中部国際空港には11時30分に着きます。


搭乗機は”ボンバルディアDHC8(Q300)”です。


以前は、高知の”竜馬空港”で胴体着陸をしたことで有名です。

ボンバルディアプロペラ2   ”ボンバルディア”はカナダ製。


もともと”スノーモービル”を作る会社でした。


搭乗機はターボプロップエンジンを搭載した”プロペラ機”で、56人乗りです。

機内3   ボンバルディアのQシリーズは、37人乗りと56人乗り、及び78人乗りの3種があり、この機はその中の中位機種。


ですから、機内はこの通りに狭いんです。


背の高い人であれば、天井に頭が付く高さです。


巡航速度は、時速520キロ。


でも、プロペラのターボプロップエンジン音は思ったより静かで、フライト時間1時間15分の旅は快適でした。

ミュースカイ看板4   名古屋中部国際空港から名鉄名古屋駅までは、名鉄ご自慢の空港特急”ミュースカイ”に乗ります。


白と青を基調にした空と海を連想させる、スマートな車体です。


時速120キロで突っ走り、30分足らずで名鉄名古屋駅に着きます。  

ミュースカイ車内5   車内は全席指定です。


カーブには車体自体が空気バネで傾きながら走ります。


4両編成で、181人を名古屋中心部まで運びます。

ねじれたビル6   名鉄名古屋駅の隣はJR名古屋駅です。


さすが、名古屋は大都会。名鉄とJR以外にも近鉄も乗り入れしていて、日本のお臍のような位置にあるんですね。


商談をしたのは、JR名古屋駅の真上にある”名古屋マリオネットアソシアホテル”の15階にあるロビーでしたが、目の前には画像のような”ねじれたビル”も見えました。


無事商談が終ったことは言うまでもありません。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」


「アーッ、大変、テロだー!」東京リポートその8 最終回です

一泊二日の慌しい東京滞在。

「東京リポート」の最終回です。

最後は「上野駅」界隈の画像です。

東北・北陸地方、上信越地方の人にとっては、思い入れの深い駅です。

関東から北上するほとんどの列車は上野駅を始発駅としています。上野駅前交差点1縮小正面に見える高架の道路は「首都高速1号線、上野線」です。

その下を、平行して走っている道路は「昭和道通り」で、首都圏の幹線道路の一つです。

田舎者のワタシは、立体交差を見ているだけで息苦しくなってしまします。上野駅前交差点2縮小上野駅の「広小路口」です。

後ろに見えるのは「上野の森」です。直ぐ傍に「不忍池」(しのばずのいけ)があります。

今は、無国籍的外国人の溜まり場になっています。イラ●等の、中東方面から来ている人が多いようです。

上野には、日本の中の外国がいつの間にか広がっていました。

などと、ボーっと見ていると、突然・・・・アーーテロ縮小
 飛行機が  ビルに突入!やっぱり、アルカイ タ・・・・・・・エーーー??

ヤ ・ バ ・ イ ・・アッ・・



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード