スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「「東洋のマチュピチュ・別子東平」 その 3・「過去記事を振り返る」 90

今年に入って最初の”過去記事を振り返る”シリーズは、2012年1月2日から4回に分けてご紹介したシリーズを、先々週から始めて、今週と来週の月曜日の2回で振り返ります。

今週は”東洋のマチュピチュ”として一躍有名になった”別子・東平(とうなる)”地区を振り返ります。

今週はその第三弾で、”第三広場と東平変電所跡”です。

大きいトンネル1
最初にご紹介するのが”小マンプ跡”です。東平の電車乗り場から第三通洞へ向けて2つのトンネルがあります。

東平集落にある短いこのトンネルを”小マンプ”と呼んでいました。マンプとは坑道を意味する”間符”から転じたものだそうです。

狭い林道2
第三広場”と呼ばれていたところには、画像のような狭い林道のような道を通ります。

人が通れるだけの幅しかありません。小さい大八車のような運搬機で、必要な資材や物資を運んでいたのでしょう。

第三編伝書跡説明板3
この説明版が置かれているところが、かつて”第三広場”と呼ばれていて、大正5年から昭和5年までは、ここに”別子採鉱本部”が置かれ、別子銅山の前線基地としての中心地でした。

この広場を中心に、その周囲に各機能を配置し、建物や諸施設がおかれていたのです。

第三変電所跡下から3
この煉瓦建ての建物は、”東平変電所遺構”です。

明治36年頃にできた開閉所を、大正6年頃に変電所機能を備えた煉瓦建ての建物として建築しなおされたものです。

もう、全国どこに行ってもこういう明治大正期に建てられた煉瓦造りの建物は見かけなくなりました。

第三変電所跡4
この風格といいますか、風情といいますか、何ともいえない空気が漂っています。

別に「古いからいい」というのではなく、丹念に丹念に人手をかけ、慈(いつく)しまれ、大切な施設として運営されてきたことを、この遺構そのものが彷彿(ほうふつ)と物語っているように見えました。

ビール等空き瓶6
東平変電所遺構”の裏には、当時のものかどうかは別にして、ビールの空き瓶と、コカコーラの空き瓶が転がっていました。

コカコーラの文字のロゴや、アサヒビールのそれを見ると、かなり時代は下っていると思いますが、少なくとも昭和の始めまで現役で使われていた建物ですから、その頃のものには違いないと思います。

こういう生活の遺品も、当時の山の中の生活に僅かの潤いを与えたかとおもうと、愛おしく感じます。

火薬庫跡7
こちらの施設は”火薬庫跡”です。

一時は世界で最大の産出量を誇った”別子銅山”です。

一日に使っていた”ダイナマイト等の火薬類”の量は膨大なものだったでしょうから、その管理には事の他気を使ったに違いありません。

万が一を考え、深いトンネル状の保管庫で管理され、坑口も、諸施設や人が働いていない方向に向けられていました。

坑道跡8
今週の最後は、”第三通道跡”です。明治35年完成の、長さ1795mの主要運搬坑道の跡です。

後には、日浦通洞と連絡し、”端出場(はでば)水力発電所”への導水路も併設されていました。

明治38年には電車が導入され昭和13年からは一般利用にも提供されていたそうです。

来週がこのシリーズの最後で、上に出てきた”端出場(はでば)水力発電所遺構”などを振り返ります。





スポンサーサイト

「「東洋のマチュピチュ・別子東平」 その 2・「過去記事を振り返る」 89

今年に入って最初の”過去記事を振り返る”シリーズは、2012年1月2日から4回に分けてご紹介したシリーズを、先週から始めて、今週を含めて毎週月曜日に残り3回で振り返ります。

今回は、”東洋のマチュピチュ”と呼ばれる”別子・東平(とうなる)”を振り返ります。

先週は、テレビや雑誌などで紹介されて、”東平(とうなる)”を一気に有名させた”索道基地跡”を振り返りました。

今回は、その”索道基地跡”の下にある巨大化施設、”貯鉱庫跡”と”社宅跡”を振り返ります。

インクライン階段1
先ずは、”貯鉱庫跡”に行くための”インクライン”と呼ばれていた階段を振り返ります。

階段は220段(登り降りして数えました)あって、下るのは何とか手すりをもって降りることができますが、登るのは大変です。

この”インクライン”は、物資運搬の接続施設として、大正6年(1916年)に設置されたものです。

斜長92m、仰角21度に設置され、動力は電力巻上げ方式で、今の”ケーブルカー”のように、上りと下りが途中で交差する方式で物資を運んだ跡です。

貯蔵庫横から1
この巨大な石積みは、坑内から運び出された鉱石を、この施設の上にある”索道基地”から下部鉄道黒石駅(後には端出場)まで運び下ろすまでの間、この”貯鉱庫”に貯められていました。

しかし横から見ても真下から見ても、これは西洋の城郭跡、もしくは文字通り石で築き上げられた”マチュピチュ”そのものに見えます。

先週も書きましたように、この標高750mの地区には”社宅”が建ち並び、”小学校・中学校”も、そして”病院”や”娯楽施設”まであった巨大都市だったのです。

貯蔵庫跡2
まさに、”空中に浮かぶ楼閣”に違いありません。

石積みの前にたたずんでいますと、周囲から元気のいい”炭鉱夫”たちの掛け声や、”索道”の鋼鉄製のロープの軋む音、”貯鉱庫”を開け閉めする、腹の底まで揺さぶる重々しい音が聞こえてきそうです。

当時の、”住友家”だけではなく、ここに住まい子を育て、日本の産業振興の礎(いしずえ)となっているという誇りを持って働いていた人々は、みなこの巨大都市が永遠に発展し続けると信じていたことでしょう。

貯蔵庫跡3
最近の鉄筋コンクリートの構造物と違って、石工さんたちが、一個一個石の形を考えながら積み上げていますから、存在感がまるで違います。

これがコンクリートで出来ていたらとしたら、単に”廃墟”にしか見えないに違いありません。

デジタル社会に生きていると、こういう”アナログ”の世界が無性に懐かしくなります。

社宅跡7
ここから以下の画像は、”社宅跡”です。炭鉱夫を含めて、鉱山で働く人々の生活の場でした。

貯鉱庫跡”を少し下ったところにあります。

もちろん、この社宅だけでなく、まだ他にも社宅跡は残っています。

社宅水汲み場8
この”水飲み場”は当時のままです。

この水飲み場の上には、大きな貯水槽も残っています。当時は、皆で協力し合い声を掛け合って生きていました。

でも、最近では”社宅”を保有する企業は少なくなりました。生活の場まで、会社の上下関係を持ち込みたくないという社員心理もあります。

また、企業経営にとって固定資産を持ちすぎることへの反省もあります。

社宅跡6
こうやって見ていますと施設の変化は社会の生活環境の変化につながり、更にはそのまま人間関係の変化へとつながっているように思います。

昭和の中ごろまでの日本人の生活環境は、東京オリンピックを境に高度成長期に入り大きな変化を遂げました。

それに伴って、人間と人間のつながりも変わってきたということでしょう。こういう時間軸の変化に、今年はどういう変化が加わるのだろう?と、様々に思いを凝らした一日でした。

来週は、”変電所跡地”などを振り返ります。

「永遠に発展し続ける」と信じてやまなかった、当時の栄華の姿をもう少し見てみることにしましょう。



「「東洋のマチュピチュ・別子東平」 その 1・「過去記事を振り返る」 88

今年に入って最初の”過去記事を振り返る”シリーズは、2012年1月2日から4回に分けてご紹介したシリーズを、今日を含めて毎週月曜日に4回分けて振り返ります。

それは、新居浜市にある旧別子銅山跡の”別子・東平”(べっし・とうなる)です。

2011年の秋に撮影したものですが、お正月というタイミングを選んでアップしたものです。それは、”お正月”のちょっとの間、時間の流れを忘れて様々に思いをめぐらせてみるにはいい題材(素材)かな?と思ったからです。

この頃は、こうやって遠方に早朝足を運んで取材する元気がありました。

旧別子銅山跡”でも特に”東平(とうなる)”は”東洋のマチュピチュ”と呼ばれ、近年人気を集めています。

マチュピチュ”とは、ご存知の通りペルーにあって”世界遺産”に登録されている”インカ帝国の遺跡”で、別名”空中の楼閣”あるいは”空中都市”とも呼ばれる遺跡です。

夜明け前1
ワタシの朝は早いので、夜明けを、新居浜に向う国道11号線途中で迎えました。

概ね西条市辺りです。見えているのは別子の山々です。

昔の東平説明板0
一番最初に着いたのが”東平(とうなる)地区”です。

そこには、別子銅山の胴の産出が盛んな頃の”東平地区”の諸施設群を紹介する”銅版”があります。

そもそも、”別子銅山”は、元禄3年(1690年)に鉱脈が発見され、その翌年から採掘が始まり、昭和48年(1973年)までの280年余り続いた、日本屈指の銅山でした。いえいえ、一時は”世界最大の銅山”であったこともあります。

銅山開発は、当初から”住友家”によって進められ、住友を日本屈指の財閥に築き上げた基礎となったところです。

策動跡2
標高750mの山中にある”東平”は、大正5年から昭和5年までの間、別子鉱山の採鉱本部が置かれ、社宅・小学校・劇場・接待館が建てられるなど、昭和43年に休止するまで町として大変な賑わいをみせていたそうです。

その”東平”地区でも有名な施設跡が、この”索道基地跡”(さくどうきちあと)です。

画像の煉瓦造りの施設は、その”索道基地”にあった”中継所跡”です。

策動跡太陽3
この”索道基地”は、採掘した鉱石を搬出する輸送路を充実させるため、ドイツ人の索道技師ブライヘルトによって”自動複式索道”が設置されていました。

その当時、ここには26基の支柱が立ち、80器の搬器が吊るされて、分速150mで回転していたというから壮観だったことでしょう。

策動跡太陽4
索道”では、鉱石だけでなく、生活物資、生産資材、木材なども輸送していて、東平地区の中心的施設でした。

太陽の光を受けて輝く”索道中継地跡”のレンガ造りの施設です。

標高が1000m近い山中に、しかも険しく狭い道路で煉瓦などの資材を上げたのでしょうが、人力に頼ること大であったろうと想像できます。

これらの諸施設と人員を総動員して、住友家は胴の産出を続け、日本の近代化に大いに寄与しただけではなく、今日の”住友グループ”の出発点である”住友財閥”にのし上がっていきます。

今でも、この辺り一体の土地や山林を”住友グループ”が所有しています。

石見銀山”が2007年(平成19年)にユネスコの”世界遺産(文化遺産)”へ登録が決定されたこともあって、”別子銅山”も世界遺産登録をという声があります。

日本を代表する金銀銅の産地である、新潟県佐渡市(金山)、島根県大田市(銀山)、愛媛県新居浜市(銅山)の3市長が集まって「金銀銅サミット」が2006年5月開催されました。

策動跡上から5
さて、”索道基地跡”から下を見たこの風景が、”インカ帝国遺跡”の象徴である”マチュピチュ”を彷彿(ほうふつ)とさせることから、一躍脚光を浴びることとなりました。

新聞や雑誌、さらにはこういうブログの画像としてよく登場する風景です。確かに、空中に浮かぶ西洋式楼閣の跡を思わせますね。

策動跡上から2
愛媛の地に、こういう歴史的遺産と遺構があることはご存知の方が多いと思いますが、実際に訪れてみたと言われる方はまだまだではないでしょうか。

やはり、テレビの画面等を通して見るより、はるかに歴史の重みと、日本の近代化の一端をここが担っていたのだという実感が沸いてくることは保障します。

貯蔵庫と策動跡6
この画像は、来週月曜日にご紹介する”貯蔵庫跡”から見上げた”索道基地跡”です。

重層な煉瓦造りに、手作り感が残っていて、コンクリートの塊のような無機質な質感を感じさせません。

この東平地区を流れる”足谷川”の谷間に、江戸期から明治期、そして大正、昭和と続く人の営みの声が木霊してくる思いがしました。

静かに、静かに、時間が過ぎていく・・・そして、その時間は過去から連綿と続いていることを実感させられました。

と同時に、栄華を誇った世界一の産銅基地”別子・東平”にも、”永遠はなかった”という現実にも思いが至りました。

そのことは、残りの3回で思いを振り返りたいと思います。




続きを読む

「「下灘駅」に日が沈む」・「過去記事を振り返る」 87

今日は、2011年12月30日にアップした記事を振り返ります。

今年は、何度も予讃線”下灘駅”をご紹介しました。(記事記載当時)

今日は、年末を迎えるに当たり”下灘駅の夕日”の風景を振り返ります。

撮影した日は、あいにくの曇り空。”日本一夕日が綺麗”というキャッチフレーズには相応しくないシーンですが、心澄む思いで撮影しました。

駅夕日1
ちょうど、駅のプラットホームの屋根の辺りに夕日が落ちてきました。

線路と、プラットホームと海が見える中で、日が落ちてゆきます。

駅夕日2
撮影ポイントを、少しずらしますと、地域の方々が手入れされている”野菊”(名前が違っていたらゴメンナサイです)の花畑に夕日が差して、一瞬、昼間に戻ったかのような錯覚を覚えるほど明るくなりました。

今年1年、ここには何度も通わせていただきました。早朝、朝もやをついてここに立ったことなどを思い出しながらシャッターを切りました。(この記事をアップした当時はそうでした)

駅夕日3
この時刻、黄昏(たそがれ)時にも、ちょっと早い時刻。


無人駅の寂しさが、そこはかとなく漂っています。


駅員も乗降客も誰もいない駅は、ただただ夕暮れを待っているだけのようでした。

花夕日4
駅舎の片隅には、まだ椿の花が咲き乱れています。

この椿の花が地上に落下するころには、もう年が明けていることでしょう。

今年は、地球の歴史においても、大きな転換点の年であったかもしれません。

駅夕日5
でも、無人の駅舎は何事もなかったかのように、淡々と日暮れを待っています。

日が暮れても、また直ぐに日が昇ることを知っているかのように。

夕日6
撮影した日は、太陽は海ではなく、山すそに落ちていきました。

しかも、曇っていましたから、太陽が顔を見せたのは、日が完全に山すそに隠れる前の一瞬でした。

海の中に少しづつ姿を消していく太陽の姿は神々しいものがありますが、山すそに隠れるように落ちていく太陽は、何かしら人間っぽく感じました。

さて、来年の年の瀬には、どういう日の入り方を見せてくれるのでしょうか。






「肱川あらし(肱川おろし)」・「過去記事を振り返る」 86

今日は、2011年12月26日と27日にアップした記事を振り返ります。

この頃は、86歳でこの翌年2012年の1月に亡くなった”母を看取る”毎日を過ごしていた頃です。母の枕元に付き添って、母の命が燃え尽きかけようとしているのを、まんじりともしない気持ちで見ていました。(記事記載当時)

以下の記事を含めて全6回で”母を看取る”をお届けしています。(<母を看取る①>)~(<母を看取る⑥>最後

今回この時期に”過去記事を振り返るシリーズ”でこの記事を選んだのは、その時のワタシの心境を説明するのに、一番適した光景だと思ったので振り返ります。

今回は寒風吹きすさぶなかの、”肱川あらし(肱川おろし)”を振り返ります。年末が迫る、ある寒い朝です。

大洲盆地で発生した霧が、肱川河口から一気に瀬戸内海に流れ出します。

肱川下ろし5縮小
これが”肱川あらし(おろし)”です。冬の長浜名物ですね。

川の両岸が深い霧に包まれます。霧は、すさまじい勢いで河口方向に向かいます。

肱川下ろし7縮小
この嵐のような寒風を衝いて、肱川河口を散歩する人がいました。

時刻は6時過ぎですよ。まあ、ナント・・・二の句が継げませんでした。物好きというか・・・・

肱川下ろし9縮小
水面を見てください。

この荒波ですよ。激しい風が吹きすさびます。

肱川下ろし13縮小
でも、東の空には夜明けが迫っています。

この画像は、夏にも一度アップした”長浜大橋”です。別名”赤橋”です。可動橋として全国的に有名ですね。

長浜大橋4縮小
霧が河口に押し寄せ、両側の谷と谷の間を舞っています。

温暖な愛媛でも、冬場にはこういう風景が出現する地域があるんですね。

長浜大橋32縮小
あまり大きな橋ではないので、昼間なら向う岸が見通せますが、この”肱川あらし”では無理ですね。

長浜大橋20縮小
烈風が吹きさらしになります。普段は穏やかな肱川の表情が一変します。

油断すると自然が牙をむいて襲い掛かる、そういう風が吹きまくっていました。

長浜大橋28縮小
こんな冬空の早朝です。気温は2度。

シャッターを押す手が、かじかんで、うまく押せないんです。

長浜大橋34縮小
ところが、こういう日にもいるんです。カメラの砲列が出来ていました。

まあ、”お好きですねー”って、言ってやりたくなる。というワタシも、そうなんですが。

なお、ある方から「肱川下ろし」とは普通は言わず、「肱川あらし」と言っているというご指摘をいただきました。ありがたいコメントに感謝します。

調べてみましたら、大洲市広報などにも「肱川あらし」と表記されていました。そして、古くは「肱川おろし」と言っていた時代もあるとか。

図らずも、自分の年齢が出ちゃいました。










プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。