「愛媛グルメ紀行」 1,077

今日のお昼は、今日も単なる”日常生活報告”です。ツイッターからの再録加筆修正です。


今日のお昼は、国道56号線沿いの藤原町にある”麺屋 夢創”さんに行きました。(実際に行ったのは6月19日です)。

6月19日
実は、最近3回連続でフラれていたのです。本日臨時休業とか、普通は午前中11時からの営業ですとか、本日は12時からなどと言う貼り紙がしてあったりしてて。


3回連続でフラれたらそれ以上のアタックはしませんが、このお店の季節メニューの美味しさを知っているので4度目の挑戦となったのです。2年前にも来ています。


4回もの挑戦をしたのは、このお店でこの季節にどうしても”食べたかったメニュー”があったからです。

ClSSUgGVAAQjF9J_convert_20160703171833.jpg
画像が”夏季節限定メニュー”の4種です。私は来る前から”冷麺”を注文することに決めていました。


お店に入ったのは正午前でしたから、客は私だけでしたが、お昼を回るとお客さんで徐々に埋まって来ました。


このお店の店主さんは、”新メニュー開発”に熱心です。例えば、2年前に食べた”冷麺”と今回の”冷麺”は、同じではありませんでした。

ClSUvOQUYAESAvd_convert_20160703171855.jpg
この画像がこの日注文した”冷麺”です。2年前の冷麺とは顔付きが変わっていました。


2年前の冷麺は”グリーン一色”でした。ところが今回の冷麺はご覧のように、具材は”超シンプル”。


太目のモヤシ”(ただし、モヤシは普通の細いモヤシも使っておられました)に、削ぎ切りしたかのような”青々のネギ”と”チャーシュー”だけです。

ClSV7eWVYAAhSLB_convert_20160703171917.jpg
2年前の”冷麺具材”は、”水菜とレモン”が主役でしたが、今回は主役と言うより、”3種の主役”が応分の役割を担っていると言う感じです。


デモこのお店の”冷麺の真の主役”は、間違いなく””です。松山でこのお店の麺と同じ感じの麺は、私は経験ありません。

ClSY_NKUYAA9-GC_convert_20160703171937.jpg
さて問題は””ですよ〜!


一言で言うと短距離走の超一流選手だけしか持ち得ない、切れ味に凄味ある”筋肉質の麺”でした。


このお店の麺に似た麺を松山で探すのは無理だと、麺を口にした瞬間に思いました。


麺の弾力に、”筋肉”が潜んでいるのです。でも硬いと言うのではない。

6月19日最後
冷麺の”タレ”は器の底に潜んでいます。


酢加減も絶妙”です。決して酸っぱ過ぎません。2年前はレモンが輝いていましましたが。


力強い麺をしっかり噛みしめ味わって食べました。ですから、当然に”完食”です。4回トライした価値がありました。






スポンサーサイト

「独居老人の夕食」 20

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月7日でした。

6月7日
さて今夜も”独居老人の夕食”をツイートする時刻になりました。


今夜は調理に思いの他、時間が掛かりました。


今夜は心身共に疲れていましたが、自らを鼓舞して調理しました。メインディシュは”ジャガイモと手羽先のスープ煮”です。

CkV_cueVAAI8DZ2_convert_20160703064321.jpg
ジャガイモと手羽先のスープ煮”の食材は、皮付き新ジャガイモとベーコンと手羽先、それにサヤエンドウです。


今夜も、ニンニクとオリーブオイルと顆粒鶏ガラスープが縁の下を支えてくれました。


皮付き新ジャガイモとベーコンとニンニクを炒めます。ニンニクとオリーブオイルの香りが香ばしい。

CkWArhcVAAE1MD8_convert_20160703064341.jpg
副菜は”アサリの酒蒸し”です。


スーパーで”アサリ”を見て、急に思い付きました。

CkWArhjUoAAVsdS_convert_20160703064414.jpg
食材は”アサリと刻んだネギ”です。

それをバターで炒めて、酒を加え蒸し煮にしたものです。


自分でも呆れるのですが、”料理経験0”の人間が自分の為だけに台所に立っています。


ただしこれは妻が退院した時に、妻にスーパーで買ったオカズではなく私の”手料理”を食べて欲しいと思うがための練習です。

CkWCC1CUUAQ7HsW_convert_20160703064436.jpg
アサリの酒蒸し”は旨かった。酒の肴に最適で、アッと言う間に食べちゃった。


御飯”には”からし菜にタラコ”を加えました。塩加減がちょうど良かった。

6月7日最後
果物”は、”ゴールドキーウイにメロン”です。


今日のツイートを終わります。皆さん、おやすみなさい。







「愛媛グルメ紀行」 1,078

今日のお昼は、今日も単なる”日常生活報告”です。ツイッターからの再録加筆修正です。


さて今日は私”67歳の誕生日”。この歳ですから、今更おめでたくもありません。(実際にツイートした日は、私の誕生日の6月20日でした)


ところが今日の日を祝い、お昼をご一緒してくれる””がいました。

6月20日
その””は、私の好みが”焼肉”であることを、よく知っています。萱町の”金龍園”に招待して頂きました。


このお店”金龍園”さんは、松山の焼肉店では老舗であり、名店です。

ClZPxF0VYAADSbb_convert_20160706214848.jpg
先ずは友と、”生ビール”で乾杯です。


真昼間から酒を飲むって、一種背徳的な痺れがあります。

ClZQ9lkVAAAUsji_convert_20160706214914.jpg
注文は、全て友に委ねました。”食通の友”に任せておけば、万事抜かりなしです。


この画像は、”センマイ”です。牛は4つの胃を持っていますが、その内の一つです。


予め湯掻いてあって、独特の食感を堪能しました。

ClZTGb3UoAEQbUr_convert_20160706214936.jpg
次は、”上タン”と”特上ミノ”と”特上ロース”です。


タン”の脂身の旨さと、”特上ミノ”の独特のコリムチした食感が堪りません。”ロースは牛肉の宝”でしょう。


焼肉店”は、やはり”素材の旨さと新鮮さ”が命です。その両方を堪能しました。友の、食に対する感性は格別です。

ClZV0u_VEAE9YvF_convert_20160706221024.jpg
例えば、画像の”かしわ”です。


私が単独で焼肉店に行けば注文していないメニューでしょう。


かしわ”の脂身が苦手でした。ところが、友が選んだ”かしわ”は、旨味が凝縮したものでした。友の”食の感性”に、改めて敬意を抱きました。

ClZX5dmVAAQItdV_convert_20160706215038.jpg
さて、焼肉屋さんも最後のコースに差し掛かりました。


もちろん、友が思い付いたのもを注文し、食べました。


最後に友が注文したのは、”上バラ”です。”上ロース”ももちろん美味しいのですが、”バラの脂の旨さ”は格別です。

6月20日最後
金龍園”さんを出て、最後に超お気に入りの”フォンターナ”さんに二人で行きました。


ワイン”を飲みたかったのです。


アサリ”の料理をアテに二人でボトルを空けました。


こんな歳になっても、”誕生日”を祝ってくれる””がいる!”嬉しい誕生日”になりました。







「独居老人の夕食」 21

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月8日でした。

6月8日
さて今夜も”独居老人の夕食”をツイートする時刻になりました。


今日は手際よく調理出来て、30分で作り終わリました。今夜のメニューは、手抜き料理です。


先ずメインディシュは”チンジャオロース風豚モモ肉・モヤシ炒め”です。

CkbA7caUgAE7PEe_convert_20160703070417.jpg
チンジャオロース風豚モモ肉・モヤシ炒め”の食材は、モヤシと豚モモ薄切り肉です。


その他使ったのはサラダ油に片栗粉、タレとして酒、醤油、砂糖に胡椒です。


片栗粉”は、炒める前に豚モモ肉にまぶします。今後も”片栗粉”と”小麦粉”は、”薄切り肉料理”には大活躍します。


シンプルですが、マアマアでした。

CkbB4X5UkAA7754_convert_20160703070437.jpg
副菜は”タマネギのチーズ焼き”ですが、究極の手抜き料理です。


食材は輪切りにしたタマネギと、とろけるチーズです。後はオリーブオイルと酒と醤油だけ。


フライパンで、”蒸し焼き”にしました。でも、”酒のアテ”には合っていました。


私は”酒のアテ”をメインに作っているつもりはないのですが、自然にそっち方面に顔が向いているようです。妻が退院するまでには”オカズ料理”に軌道修正しておく必要がありますね。

CkbC8uPUUAAGU78_convert_20160703070459.jpg
御飯を炊くのを忘れていましたので、仕方なく”素麺サラダ風ぶっ掛け”にしました。


和風出汁にマヨネーズと酢を少々入れて、そこに刻んだネギやセロリやタマネギやスライスハムやキュウリやレタスなどを入れて、”サラダ風に仕立て”ました。

6月8日最後
果物”は、昨夜の残り物の”ゴールドキーウイ”のスライスに、”アメリカンチェリー”を合わせました。


今夜も、何とか”独居老人の夕食”をツイート出来ました。


これで今日のツイートは終わりです。皆さん、おやすみなさい。







「独居老人の夕食」 22

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月9日でした。

6月9日
今夜も”独居老人の夕食”をツイートする時刻になりました。


お昼は”フォンターナ”さんで食べましたが、そのフォンターナさんのカウンター席で、”妙齢の美人”さんに会いました。この日が2度目でした。


なお今夜のメインディシュは”豚モモのソテーマリネ”です。

CkgGt-VWkAM5dMb_convert_20160703082638.jpg
妙齢の美人”さんは、私のツイッターのフォロワーさんと言うことで、「”独居老人の夕食”を楽しみに見ています!」っと挨拶されました。


「否が応でもこのシリーズのツイートを続ける他ないなあ〜!」って思いました。


今日のメインディシュは昨夜の残り物利用です。

CkgJRvlW0AABbI4_convert_20160703082701.jpg
豚モモのソテーマリネ”は、昨夜使った”豚モモ肉”の残り物利用です。


この料理のポイントは、香り付けに”セロリとオリーブオイルとレモン”を使ったこと。


セロリとオリーブオイルとレモンはこのところ、多用しています。とっても便利な食材です。

CkgKqfMVAAAn4c0_convert_20160703082719.jpg
副菜は”シメジのアヒージョ風”です。”アヒージョ”と言うのは、スペイン語で”ニンニク風味”を表す言葉のようです。


使った食材は、”シメジにニンニクに赤唐辛子”、それに”オリーブオイルと塩胡椒”だけです。


極々シンプルな料理ですが、”酒のアテ”には最適です。私が作る料理はどうしても”酒のアテ風”になります。妻も息子も酒は飲みませんので、どこかで軌道修正しなくてはいけないですね。

CkgLe-MUoAAfqn__convert_20160703082739.jpg
御飯は、1合を炊いた炊き立てです。そこに、例によって”からし菜みじん切りと明太子”を合わせました。


私は、単なるご飯ではなく、”ご飯の友”が欲しいタイプです。


私にはいい塩加減でしたが、一般的に言えば”塩分の摂り過ぎ”でしょうね。これも工夫が必要のようです。

6月9日最後
今夜の”果物”は、鬼北町産のイチゴ”紅ほっぺ”と昨夜の残り物の”アメリカンチェリー”です。


今日のツイートはこれで終わりです。皆さん、おやすみなさい。



「独居老人の夕食」 23

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月10日でした。

6月10日
さて今夜も”独居老人の夕食”をツイートします。


毎日作っていますと、手際が良くなって来て、割と短時間で作れる様になって来ました。調理の手順も何となく分かってきました。


今夜のメインディシュは”手羽先のレモンソテー空豆添え”です。

CklVj3TUoAAz0D6_convert_20160703085154.jpg
画像の料理に使った食材は”手羽先”、レモン、ミニトマトとオリーブオイル、空豆、それに塩胡椒です。


手羽中”の方が、見栄えも食べ応えもいいのでしょうが、冷蔵庫に残っていたのは”手羽先”でした。

CklVj3RUkAAgo8T_convert_20160703085233.jpg
最近”レモン”を多用しています。レモンの酸味が味を引き締めました。


レモン”だけではなく、”セロリ”とか”大葉”や”ニンニク・生姜”など、香りづけの方向を選んで適宜選択してます。

CklWvN2UkAACC28_convert_20160703085306.jpg
副菜は、簡単手抜き料理です。簡単に言えば”トマトのグリル”です。


今までの調理は、蒸し物でも炒め物でも全て”フライパン”を使って調理してきました。


でもある日友人から、「オーブンでもオーブントースターでもいいから使えばいい!」っとアドバイスをもらいました。今度挑戦してみます。

CklXlpuVEAIngvg_convert_20160703085328.jpg
「オーブントースターだって使えるのよ!余熱しておけばいい。フライパンの底で焦がす失敗が減るよ!っと言うのがアドバイスの具体的内容でした。


使った食材は”トマト、スライムハム、蕩けるスライスチーズ”。粗挽き胡椒を最後に振るつもりでしたが忘れています。これも”酒のアテ”向きかな?

CklYcSMUkAAySXD_convert_20160703085437.jpg
御飯は、私のお気に入りの御飯の友”三陸の和布蕪”に、”からし菜みじん切り”を加えました。旨かった。


今の処一番気に入っているごはんの友は”三陸産の和布蕪”です。トロミがいい!

6月10日最後
今日の”果物”は、昨夜の残り物の鬼北町の”紅ほっぺとアメリカンチェリー”です。


今日のツイートは全て終わりです。皆さん、おやすみなさい。



「独居老人の夕食」 24

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月11日でした。

6月11日
さて今夜も”独居老人の夕食”をツイートする時刻が来ました。


全く調理経験が無かった私が、こうやって毎晩たった一人用の夕食を調理しているのは、初めは面白半分でした。


でも今は、退院する””と松山に帰ってくれる”長男”に美味しいもの食べさせてやりたいからです

CkqkS3bVEAAB_8e_convert_20160703092041.jpg
今夜のメインディシュは、”豚バラのガーリックペッパーステーキ”と洒落て見ました。


使った食材は”豚バラ焼き肉用”、塩、粗挽き黒胡椒、ニンニク、オリーブオイル、クレソンそしてレモンです。


豚バラ肉”は予め塩胡椒して20分位味を馴染ます。

CkqmyeLUkAQujoV_convert_20160703092100.jpg
ニンニク”は輪切りにして、オリーブオイルで色が変わるまで弱火で熱して、色が変わったら”ペーパータオル”に取っておきます。


つまり”ニンニクチップ”を直前に作ると言うことです。ここがポイントです。


後は塩胡椒が馴染んだ”豚バラ肉”を、ニンニクの香りが移っているオリーブオイルで豚バラ肉の色が変わるまでソテーしたら、出来上がりです。


器に移して、”クレソンとレモン”のくし切りを添え、直前に作っておいた”ニンニクチップ”を豚バラ肉に散らします。香りも勝負です。アリャリャ~・・・・これも”酒のアテ”向きになっちゃったかな???(何時軌道修正をするんだよ???!!)

CkqoW5gVEAEAUo-_convert_20160703092120.jpg
副菜は、昨夜残った”トマト”を利用します。”残り物処分大作戦”を敢行中です。


言ってみればただの”トマトの卵炒め”ですが、今日の料理の全体のテーマは”香り”です。


つまり”ハーブ類”を何処でどう使うか?です。

CkqpNVbUYAABpMh_convert_20160703092142.jpg
使った食材はトマト、卵、砂糖と醤油、セロリとバジルです。


セロリの茎”は卵と一緒に炒め、”セロリの葉”は香り付けの添え物、そしてもう一つの香り付けの添え物は、残り物の”バジル”です。


これで立派な”酒のアテ”になります。アレアレ????家族の為と言いながら酒のアテになるものばかり・・・・・本当に”軌道修正”出来るのか???

CkqrQc6UoAEBrNO_convert_20160703092203.jpg
御飯は一合炊いて2度食べ、最後に残っていた冷たい御飯を、自分で”焼き飯”にしたものです。


火力が弱いので、パラパラした”焼き飯”にはなりませんが、結構旨かった。

6月11日最後
”果物”は昨夜の残りの”イチゴに枇杷”です。


今日のツイートはこれで終わります。ご覧になって頂きありがとうございました。皆さん、おやすみなさい。



「独居老人の夕食」 25

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月17日でした。

6月19日
さて今夜の”独居老人の夕食”です。


今夜のメインディシュは、レシピ本には載っていないメニューです。要は冷蔵庫の残り物を見て、残り物同士をくっつけたメニューです。敢えて言うなら”鶏ササミのニンニクチップまぶし”でしょうか。


使った食材は、残り物の鶏ササミとニンニクチップ。後は塩胡椒に小麦粉、溶き卵にレモンクシ切り。彩りにバジルの葉を添えました。


このシリーズで”パリパリ唐揚げ素麺まぶし”を紹介しましたが、その応用編です。”ニンニクチップ”が超刺激的。

ClJbf3BUYAAbxN6_convert_20160710151340.jpg
鶏ササミ”自体の味は淡白なので、どう言う風味の方向に持って行くか?そこがこのメニューのポイントです。


それを、強烈な個性を持った”ニンニクチップ”と合わせてみました。プロなら、ササミの味を殺しかねないこの取り合わせは選ばないでしょう。

ClJeBJBUkAEPiSR_convert_20160710151409.jpg
副菜は”シメジの塩昆布バター炒め”です。私はキノコ好きなので、これからもキノコを使った様々なバリエーションが登場するでしょう。


この調理はとっても簡単で、10分とはかからない時間で出来ます。食材はシメジ塩昆布、バター・酒・醤油です。


これまでのツイートで、毎晩調理しているのは来月末頃退院して自宅に戻ってくる妻に美味しいものを食べさせてやりたい、と書いて来ました。もちろんそれに嘘偽り無しです。


処が、毎晩出来上がるメニューを見て考えました。これは”酒のアテ”だと。


これらのメニューを、妻は美味しいと言って食べてくれるでしょうか?妻は酒は飲みません。


御飯のオカズを作らなきゃいけないし、意味がない事に気が付きました。マアまだ時間はあります。今は調理経験0の私が調理に慣れることを考えましょう。

ClJe2K-VEAE-UWY_convert_20160710151458.jpg
御飯には、”鮭ほぐし”と”からし菜”等を投入しました。

ClJgOwnUYAAsxGr_convert_20160710151519.jpg
私は白米そのものより、”御飯の友”に活躍して貰うのが好きです。

6月19日最後
果物は”アメリカンチェリー”と”巨峰”です。


コレで今日のツイートは全て終わりです。皆さんおやすみなさい。








「独居老人の夕食」 26

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月18日でした。

6月18日
さて今夜も”独居老人の夕食”をツイートします。


今夜のメインディシュは、お馴染みの”たっぷりもやしの生姜焼き”です。このメニューなら食材費は安上がりです。


副菜は”冷奴”です。

ClOf1vEUkAAYntk_convert_20160710153559.jpg
先ずメインディシュの”たっぷりもやしの生姜焼き”に使った食材です。


モヤシ1袋にピーマン2個、豚バラ薄切り肉。後は塩胡椒に、すり下ろした生姜に酒、味醂そして醤油です。


やはり、食べる直前にすり下ろした生姜の風味は食欲をそそります。

ClOhLP3VEAAb4YY_convert_20160710153626.jpg
副菜は”冷奴”ですが、ちょっと工夫しました。


名付けて”辛子明太子マヨと青紫蘇風味の冷奴”とでも言いましょうか。


使った食材は、絹ごし豆腐半丁、辛子明太子、青紫蘇の千切り、マヨネーズ、レモン汁に粗挽き黒胡椒です。作り方は至って簡単ですし、作る時間もアッと言う間です。


ところが、この”辛子明太子マヨと青紫蘇風味冷奴”ただ者ではありませんでした。辛子明太子とマヨネーズ和えと青紫蘇とレモン汁と粗挽き黒胡椒が、とっても刺激的なんです。

ClOjLxeUsAAWPIs_convert_20160710153645.jpg
トウモロコシ”も湯掻きました。


トウモロコシと言っても”スイートコーン”です。昔、慣れ親しんだ”トウキビ”はもう殆ど手に入りません。


昔の”トウキビ”を植えても、殆どが”スイートコーン”になってしまいます。


優性遺伝とか?とにかく甘かった~~!

6月18日最後
果物”は、”巨峰”と甘い甘い”ゴールドキーウイ”です。


これらの私の手料理を、妻は喜んでくれるでしょうか?


今日のツイートを終わります。皆さんお休みなさい。





「独居老人の夕食」 27

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月18日でした。

6月19日
さて今夜も”独居老人の夕食”をツイートしましょう。


今夜のメインディシュは”鶏胸肉とミックスビーンズのガーリック塩炒め”とでも言いましょうか。


副菜は、これからが旬になるゴーヤを使った”ゴーヤとツナのマヨソテー”です。

ClTtCk7VEAAuyJj_convert_20160711163213.jpg
先ず”鶏胸肉とミックスビーンズのガーリック塩炒め”に使った食材です。


鶏胸肉約150g、ミックスビーンズドライパック缶、タマネギ、パセリのみじん切りです。


下味には、酒、片栗粉、オリーブオイル、ニンニクすり下ろしと塩胡椒です。

ClTuEcVUYAEzPEw_convert_20160711163235.jpg
ニンニクの風味が決め手です。もちろん、パセリの香りも活きています。


鶏胸肉自体は淡白な味ですから、どう言う方向で風味を付けるか?


そう言う意味では、鶏胸肉を下味に馴染ませますが、下味には酒と片栗粉をベースに、ニンニクのすり下ろしとオリーブオイルが、イタリアン風に導いてくれました。


ミックスビーンズ”を使うのは2度目ですが、使い勝手のいい食材ですね。旨かった。

ClTvIz8VAAAdrQe_convert_20160711163257.jpg
副菜は、これから旬を迎える”ゴーヤ”を先取りしてみました。


普通にゴーヤを考えると出てくるメニューは、沖縄料理の”ゴーヤチャンプル”でしょう。


調理未経験の私には複雑な調理は出来ません。そこでツナ缶とマヨネーズと塩胡椒だけで料理しました。

ClTwJIMUkAEDSZl_convert_20160711163317.jpg
この”ゴーヤとツナのマヨソテー”は、実に簡単な料理です。


食材はゴーヤとツナ缶、後はマヨネーズと塩胡椒だけです。


準備も含めて10分もあれば出来上がっちゃいます。しかもこの時期、ゴーヤはまだかなり苦い。その苦さが酒のアテに最適です。

ClTxXaiUgAADDob_convert_20160711163339.jpg
御飯には、”鮭ほぐしにからし菜”のみじん切りを加えました。


強力な”御飯の友”です。

6月19日最後
果物は昨夜と同じで、”ゴールドキーウイと巨峰”です。


一度に一人では食べ切れないんです。


これで今日のツイートを終わります。皆さん、おやすみなさい。



「独居老人の夕食」 28

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月21日でした。

6月21日
さて今夜も、”独居老人の夕食”です。今夜も徹底的な残り物大処分メニューです。


今夜のメインディシュは”ゴーヤとツナのマヨチャンプル”です。このメニューで買ったのは木綿豆腐だけ。


副菜は”鶏胸肉とインゲンの南蛮漬け”です。

CleFasLUYAEp_V6_convert_20160711165337.jpg
先ず”ゴーヤとツナのマヨチャンプルー”で使った食材です。


ゴーヤもツナ缶も赤パプリカ、ニンニクやショウガなど全て冷蔵庫に眠っていたものたちです。


合わせ調味料には、酒、マヨネーズ、オイスターソース、醤油やゴマ油等です。

CleGZDwUoAAGivI_convert_20160711165355.jpg
この”ゴーヤ”が新鮮で、如何にも夏らしい。


赤パプリカ”との色合対比も面白い。


味の土台は、”マヨネーズとツナ缶”、それに合わせ調味料がしっかり担ってくれました。


ゴマ油の風味も活きています。ゴーヤの苦みは大人の味です。でも・・・・・やはりこれも酒のアテかな??

CleHa7XUYAAPRl__convert_20160711165417.jpg
副菜の”鶏胸肉とインゲンの南蛮漬け”だって、買った食材は”インゲン”だけです。


残りの食材は、冷蔵庫から呼び出しました。


使った食材は、鶏胸肉とタマネギとインゲン。合わせ調味料は、赤唐辛子に出汁、酢、醤油に砂糖です。

CleJW-dUkAA8tqO_convert_20160711165436.jpg
鶏胸肉”も”ゴーヤ”も、6月19日に作ってツイートしたばかりです。サッサと残り物処分ということにしました。


鶏胸肉は片栗粉をまぶして、フライパンを使って油で揚げます。


赤唐辛子のピリ辛と、酢をたっぷり吸い込んだタマネギとインゲンがいい仕事をしてくれました。

6月21日最後
御飯は、塩分取り過ぎと言う指摘もあり、今日はご飯の友無しで、味付け海苔に巻いて食べました。


果物”は赤尽くしとし、”カットスイカとフルーツトマト”です。


今日の全てのツイートはこれで終わります。皆さん、おやすみなさい。






「独居老人の夕食」 29

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月22日でした。

6月22日
さて今夜も”独居老人の夕食”をツイートする時刻です。


今夜のメインディシュは、”アサリ酒蒸しの中華風冷奴”です。


普通に”アサリの酒蒸し”でいいのですが、夏風に”冷奴バージョン”としました。


副菜は昨夜の残りものを、そのまま再度出しました。

CljKPazVAAAPuST_convert_20160711201727.jpg
アサリの酒蒸し中華風冷奴”に使った食材は、絹ごし豆腐にアサリとエノキです。


味を深める為に、ニンニクの薄切りを。タレは中華風に、オイスターソースと醤油とごま油です。香り付けに刻みネギを散らしました。もちろん酒で蒸します

CljMVqZUgAAH4qX_convert_20160711202215.jpg
このの画像が、電子レンジで6分30秒かけて、アサリと絹ごし豆腐とエノキをメイン食材として、酒を全体に回し掛けて酒蒸しにしたものです。


ただし、このままでは中華風と言う味になりません。工夫が。


絹ごし豆腐の水を拭き取って、耐熱皿に盛ります。豆腐の周囲は、オイスターソースと醤油とごま油のタレで和えたエノキで取り囲みます。エノキの間にアサリと、薄切りしたニンニクを配し、軽くラップしてチンします。アサリが開いています。いい香りがしています。


でもまだこの状態では美味しく頂けません。まずアサリの身を殻から取り出し豆腐の上に配します。


刻みネギも全体に散りばめ、タレの染み込んだシメジと、スライスニンニクも豆腐の上にまぶします。これで、やっと食べる状態になります。


画像は2人前です。普通レシピ本では、4人前の食材を表示してありますが食べるのは私一人です。1人前の調理は難しいので、2人前作って、残ったものは翌朝食べます。


今迄作ってきた料理の中では、これが”一番旨かった”。”レギュラーメニュー決定”。

CljPNH5UkAAgI0U_convert_20160711201806.jpg
今夜の副菜は、昨夜作ってツイートした”鶏胸肉とインゲンの南蛮漬け”です。


先ほどもツイートした様に、一度に2人前作ります。残ったものは翌朝食べますが、朝食欲が無い時は夜まで残ります。


このシリーズでは初めて昨夜の残りものを出しました。

CljQl7VUoAAhNpE_convert_20160711201823.jpg
御飯は炊き立ちを”卵かけ御飯”にしました。


今日は妻が急性期病院を退院して、リハビリ専門病院に転院して2日目でした。リハビリ専門病院は、精々1ヶ月で退院出来ると思っていたところ何と3ヶ月入院と聞かされ、全身の力が抜けました。泣きたい!


リハビリ専門病院で、腰から崩れ落ちる程の衝撃を受けました。7月末には退院し自宅で妻と過ごせる。妻に練習した私の手料理を食べさせることができると信じていました。


とても、冷静に夕食を調理する心理状態ではありませんでした。ですから副菜も、昨夜作ったものしか出せなかったのです。

6月22日最後
今日の最後のツイートは”果物”です。


これも今迄は2種の果物を出していました。でも今夜は、昨夜出したスイカ1種しか出せませんでした。


必ず立ち直ります。私は妻を支える立場ですから、落ち込んでなどおれないのです。皆さん、おやすみなさい。








「独居老人の夕食」 30

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月23日でした。

6月23日
今夜も”独居老人の夕食”をツイートします。


今夜のメインディシュは”鶏もも肉の生姜醤油、キムチマヨ乗っけ”とでも。もちろん”料理本”に頼りました。


副菜は手抜きして”トウモロコシとフルーツトマト”です。


考えてみたら、お惣菜屋の方が随分安く済むでしょうね。

CloYXCwXIAEToKl_convert_20160711203329.jpg
まずメインディシュですが、使った食材は鶏もも肉と白菜キムチと、彩りにニラです。


調味材料は、生姜汁と醤油とマヨネーズです。


最近、鶏肉をフライパンでカラッと揚げたりソテーすることは覚えました。小麦粉や片栗粉も使えます。

CloZO23UYAE7JH-_convert_20160711203351.jpg
今夜は、”キムチマヨ”と言う調理食材を使うことを学びました。


ニラ”を彩りに使うことなんて、自分では決して思い付かなかったでしょう。彩りだけではなく香り付けにもなりました。


鶏肉は淡白ですから、調理次第では、バリエーションが広がります。

ClobIbQUYAEnB0d_convert_20160711203411.jpg
御飯も、昨夜の残り物処分の一環です。御飯に昨夜のメインディシュ”アサリの酒蒸し中華風冷奴”の残り物をぶっ掛けてチンしました。


でもコレが旨かった〜!アサリやエノキやニンニク、それにオイスターソースとごま油の風味が活きました。

CloaKawUgAA5O4W_convert_20160711203430.jpg
副菜は手抜きしました。やはり仕事を終えて、妻の見舞いをして家に帰ってから、台所に30分以上立つのは、日によっては負担になります。


トウモロコシもトマト”も、甘いったりゃありゃしない。


体も心も癒してくれます。

6月23日最後
最後は”果物”で、”桃とメロン”です。


調理手順から言えば、一番先に果物をカットして皿に盛り、ラップして冷蔵庫に入れておきます。


桃は、皮を剥いた瞬間から黒ずんできます。失敗作です。これで今日のツイートを終わります。皆さん、おやすみなさい。



「独居老人の夕食」 31

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月24日でした。

6月24日
さて今夜も”独居老人の夕食”をツイートします。


今夜のテーマは、昨夜作った”鶏もも肉のパリパリ焼き”の残った半分をどう食べるか?


それと、私にとって”おふくろの味”を再現することです。私にとっての”おふくろの味=ポテトサラダ”です。

CltsIUxUYAE6O5E_convert_20160711205233.jpg
昨夜の”鶏もも肉のパリパリ焼き”は半分残りました。昨夜は、”キムチマヨ”で食べました。


残った半分の”鶏もも肉のパリパリ焼き”は、昨夜とはガラッと変わって、”大根おろしにポン酢”を掛けて食べてみました。


緑の部分は、”セロリの葉”のみじん切りを散らしました。

CltxIwpUsAAdh_4_convert_20160711205257.jpg
一人で生活していて料理を作ると、どうしても調理した料理が翌日に残るし食材も残ります。


残った半分調理済みのものを、全く別の角度で食べる事が出来るか?ですよね〜!


緑色の葉は、冷蔵庫に残っていた”セロリの葉”です。料理本では、ここは”カイワレ”を使う事になっていましたが、残りもの処分優先です。


セロリと言う食材は、随分個性が強い食材ですが、味の方向をチョコっと変えるには便利な食材です。


昨夜の、キムチマヨを使った料理とは、全く違った料理が出来ました。調理次第では、別の料理変わると言うことです。これは家庭料理の本質に迫る問題ではないでしょうか?


どのご家庭でも当たり前にやっておられることに、やっと気が付きました。

Clt0bJgVEAA7KJk_convert_20160711205317.jpg
今日の副菜兼御飯は、私にとっての”おふくろの味”です。


母は郷里の西予市野村町で、86歳の人生を閉じました。


母の味は、毎年作る”御節料理”の味に尽きますが、日常の”おふくろの味”は、この画像の”ポテトサラダ”でした。

Clt3JjGVYAAnx9k_convert_20160711205336.jpg
母が作る”ポテトサラダ”に使う食材ですが、ジャガイモを湯掻いて、荒々に潰したポテトの中に、キュウリと玉ねぎを細切りにしたもの。


玉ねぎは少しエグみが残る程度にして、水分を絞ります。


レシピ本であれば、ここにスライスハムを散らすでしょう。処が、母が作るポテトサラダには代わりに”赤い蒲鉾”が入ります。全体に塩胡椒して、タップリのマヨネーズで和えます。


これが私にとっての”おふくろの味”です。学生時代東京から帰省した私を待っていてくれた母が作る”ポテトサラダ”。

6月24日最後
その母も86歳で天寿を全うしました。母の手作りの家庭料理、おふくろの味が今夜私の中で蘇りました。


御飯は炊飯器のスイッチを入れ忘れていました。果物はフルーツトマトとメロンです。


これで今日のツイッターは終わります。皆さんおやすみなさい。











「独居老人の夕食」 32

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月25日でした。

6月25日
さて、今夜も”独居老人の夕食”をツイートする時刻です。


今夜も残り物処分作戦メニューです。メインディシュは”レバニラソース炒め”とでも言いましょうか?


副菜は、昨夜”おふくろの味”として作って残っていたポテトサラダを、”私風にアレンジ”してみました。

ClynYlpUkAAMA5A_convert_20160711210722.jpg
先ずメインディシュの”レバニラソース炒め”で使った食材です。


レシピ本には”豚レバー”とありましたが、今日行ったスーパーにはありませんでした。そこでやむなく”若鶏レバー”を代用しました。


後はニラ、モヤシ、卵などです。

Clyo3WtVYAEnjUZ_convert_20160711210847.jpg
ソース炒め”のソースには、ウスターソースを中心に酒や砂糖、それにニンニクすり下ろしと塩胡椒です。


若鶏レバー”を使った事で、豚レバーとの厚みなど様々な違いが出て、出来上がりの味は想像していたものとは違っていました。でも旨かった。

ClyqNV8UkAAYRQj_convert_20160711210906.jpg
副菜は、昨夜使った”おふくろの味=ポテトサラダ”が半分残っていたので、それに私が多用している食材を加えて、”おふくろの味ポテトサラダ・私風アレンジ”としました。


加えた食材は、セロリ、スライスハム、コーンです。やはりおふくろの味でした。

ClyrQz9VYAE1zJ4_convert_20160711210932.jpg
御飯にはシンプルに、海苔佃煮を添えただけです。


タマには、こういう手抜きもアリかな?

6月25日最後
果物は”ゴールドキーウイ”と”サクランボ”です。


日本の”サクランボ”を使ったのは初めてです。今まではアメリカンチェリーでした。サクランボは甘酸っぱかった~!。


これで今日のツイッターは終わります。皆さん、おやすみなさい。








「独居老人の夕食」 32

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月26日でした。

6月26日
さて今夜も”独居老人の夕食”をツイートします。


なおこの”独居老人の夕食”と言うシリーズ名は、今夜が最後です。と言いますのは、明日から長男が高松から我が家に帰って来てくれるのです。ですから、”独居”ではなくなります。

Cl3sR13VYAALpu0_convert_20160711211846.jpg
何と言うシリーズ名にしますか?思案中です。


なお今夜のメインディシュは、初めて試みる”あえ麺”です。


つまり汁がなく、具やタレを絡めて食べるスタイルの麺です。今夜作ったのは”冷やし鶏薬味麺”です。麺は”素麺”を使いました。

Cl3tji3VEAAJW9p_convert_20160711211906.jpg
冷やし鶏薬味麺”で使った食材は素麺、鶏ササミ、キュウリに大葉に茗荷(みょうが)と生姜とすりゴマです。


タレにはゴマ油と醤油を使いました。外食でも食べた事がありません。


でもこれがイケるんです。薬味の爽やかさに、食欲が進みます。

Cl3uy04UgAQCWcm_convert_20160711211930.jpg
副菜は”エノキのオイスターソース煮”です。

Cl3uy03UYAEERol_convert_20160711211948.jpg
私は”キノコ好き”ですから、キノコを使った料理は我が家では数多く登場するでしょう。


単純な料理で”エノキダケ”に、オイスターソースと酒と酢、砂糖に水を加えてフライパンで2分煮るだけです。でも旨い。

6月26日最後
メインディシュが”素麺”でしたので、御飯は無し。


昼も”蕎麦”で、麺尽くしの日になりました。私は”人類ならぬ麺類”です。


果物は昨夜の残り、ゴールドキュウリとサクランボです。


これで今日のツイートは終わりです。皆さん、おやすみなさい。





「独居老人の夕食」 33

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月27日でした。

6月27日
さて今夜も”独居老人の夕食”をツイートします。


長男が松山に帰ってくると言うのは私の思い込みで、長男は明日帰って来ます。明日からはこのシリーズ名を”老人主夫の夕食”とします。


今日のメインディシュは”あっさり塩麻婆豆腐”です。

Cl874F5UsAACZMN_convert_20160712212751.jpg
あっさり塩麻婆豆腐”はレシピ本からヒントを得ましたが、食材などで”私のアイデア”を盛り込みました。


使った食材は木綿豆腐、合挽き肉、ニンニク、生姜、青梗菜とセロリの葉、赤唐辛子などです。


要は冷蔵庫に残っているものの”総ざらい”です。

Cl8-mDXUYAAwaad_convert_20160712212827.jpg
普通、家庭で”麻婆豆腐”を作ると言えば、”麻婆豆腐の素”等を使うことが多いと思います。


でもこの”あっさり塩麻婆豆腐”は、タレ等自分で準備します。

Cl8-mDXUYAAwaad_convert_20160712212827.jpg
これを単品で食べても美味しいのですが、私はこれを御飯に掛けて混ぜて食べました。ウフフ・・


牛と豚の”合挽き肉”だけを、今日スーパーで。後は全部冷蔵庫の残り物です。


明日からは長男が我が家に帰って来て、私が作った夕食を食べる事になりますが、果たしてどう言う反応をするでしょう?


これは、9月に妻が退院して帰ってきた時の予行練習ということになります。

Cl8_qh_UkAA1EZh_convert_20160712212848.jpg
今日も副菜に”ポテトサラダ”を作りました。これで冷蔵庫に残っていたジャガイモは全て使いました。

Cl8_qiAVAAAjicW_convert_20160712212919.jpg
今日の”ポテトサラダ”で使った食材は、ポテト、キュウリ、タマネギに”ミックスビーンズ”、そして”ツナ缶”です。


私オリジナルです。


いや〜〜、旨かった。

6月27日最後
最後は果物でカットスイカに、巨峰です。


実は我が家では、食後に果物を食べる習慣はありませんでした。恐らく長男は目を白黒させるでしょう。


これも退院してくる妻に喜んでもらいたいが為です。これで今日のツイートを終わります。皆さんおやすみなさい。





「老人主夫の夕食」 34

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月28日でした。

6月28日
さて今夜も”老人主夫の夕食”をツイートします。


今夜は長男が高松から我が家に帰ってくれた日です。


今迄は”独居老人”でしたが、今夜からは”独居”ではありません。


だからと言って、今夜特別なメニューを作った訳ではありません。

CmCN2B6UoAA7bBn_convert_20160712214228.jpg
先ずメインディシュは、”チンジャオロース風モヤシ炒め”です。


使った食材はモヤシに豚モモ薄切り肉。後は味付けの酒や砂糖、醤油などです。


モヤシと豚モモ薄切り肉は、格安コンビです。”チンジャオロース”はご承知のように、”ピーマン”を使いまね。

CmCPx9yUgAAYiYx_convert_20160712214252.jpg
ところが今夜作った”チンジャオロース風モヤシ炒め”は、安い”モヤシ”を使いました。


長男は今日の引越しで疲れ切っていて、食欲が全くないと言っていましたが、でもこのメニューには「お父さんこれ美味しいね〜!サラダは明日食べるけど、今夜はこれで御飯を!」っと。


大皿に盛った”チンジャオロース風モヤシ炒め”は、見た瞬間、”多いな〜!”って思いました。


ところが、各々取り皿に取って御飯を食べますと二人で全部食べ切りました。


妻が帰ってくるまでに、未だ暫く時間があります。息子をモニター代わりにします。

CmCSrOEVEAEEoVx_convert_20160712214313.jpg
今夜の副菜は、昨夜大量に作って残っていた”ポテトサラダのリメイク番”です。


単純に昨夜の残り物を再度出すのがどうか?って思いましたが、”リメイク”すれば出せると言うアイデアが浮かびました。


友のお陰です。先ず”スライスアーモンド”を乗せました。

CmCUMCSUgAAN38Q_convert_20160712214446.jpg
スライスアーモンド”って、お菓子作りコーナーで売っているんですね〜!知りませんでした。


スライスアーモンド”に、”カボチャ等の種ミックス”を追加しました。


彩り”もよくなりましたし、”味も深み”を増しました。


なるほど、これも昨夜の残り物の有効利用の一環になりました。

CmCVjKyVYAEEJNI_convert_20160712214508.jpg
今夜は息子が、何年か振りかで我が家の帰ってくれたので、これに一品加えました。


アボカドの刺身”です。これは息子が殆ど食べました。


疲れ切っていてヘロヘロになっていたのでが、”リメイクサラダ”以外は全部食べました。若いって凄いですね〜!

6月28日最後
果物は、昨夜残っていたスイカと巨峰です。


今夜は息子も疲れ切っていたので食が細かったのですが、普段は”痩せの大食い”の言葉通り良く食べます。


今日のツイートは、これで終わります。皆さん、おやすみなさい。









「老人主夫の夕食」 35

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月29日でした。

6月29日
さて今夜も、”老人主夫の夕食”をツイートする時刻です。


今夜の夕食のテーマは”キノコ”です。私は、無類の”キノコ好”なんです。


メインディシュは”エノキ・エリンギとネギのテリテリ豚肉巻き”です


副菜は”キノコのマヨチーズ焼き”です。

CmHiNBOVYAEQKnv_convert_20160712215705.jpg
メインディシュに使った食材は、豚モモ薄切り肉と豚バラ薄切り肉。それにキノコはエノキとエリンギを使いました。キノコと一緒に巻いたのは青ネギです。


合わせ調味料は醤油と酒と砂糖と酢です。


キノコとネギを豚薄切り肉で巻いてソテーします。このメニューは凄く手間暇がかかりました。下ごしらえが大変でした。


その分、出来上がったものは、”うーーーん旨かった!”。コレも、冷蔵庫の残りもの処分の一環です。息子はこれで、大盛りの御飯を食べた。今までは一合を炊い3日で食べていました。

CmHknBaUkAI388V_convert_20160712215726.jpg
ところが、息子が帰った昨夜は2合炊きました。


それが、1日経った今夜は、息子が食べる分だけしか残っていませんでした。


息子は痩せています。でも”痩せの大食い”の言葉通り、よく食べるのです。見てて羨ましいですね。


テリ”が良く出ているでしょう

Cl3uy04UgAQCWcm_convert_20160711211930.jpg
副菜も”キノコ尽くし”の一環で、”キノコのマヨチーズ焼き”です。


使った食材は、キノコとしてシメジと椎茸。タレにはマヨチーズと白ワインと塩胡椒。


それにタップリ粉チーズを振っています。予熱したオーブントースターで焼きました。初めてです。

CmHnj2YUkAIwDqq_convert_20160712215812.jpg
今まで殆どの料理は、”フライパン”で作っていました。でも友のアドバイスもあって、”オーブントースター”を使った方が確実に、しかも美味しく出来る事を知りました。


今夜は、初の実践です。友のアドバイス通り、予熱することも忘れませんでした。


粉チーズが香ばしく焼けていて、キノコとチーズの相性がいいことに気が付きました。


ただ息子が言うには、後5分オーブントースターで焼いた方がもっと美味く焼けると言う指摘でした。


今は、妻が退院して私の手料理を食べもらいたいが為の訓練です。

6月29日最後
66歳で始めた料理です。未だ調理した経験は、僅か2カ月です。


まだまだレパートリーも多くはありません。料理本に首ったけです。


でも調理をやってみて楽しい事に気が付きました。


ましてや最愛の妻が食べてくれると思ったら力が入ります。


果物は昨夜と同じです。これで今日のツイートを終わります。皆さん、おやすみなさい。












「老人主夫の夕食」 36

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、7月1日でした。

7月1日
昨夜は疲れ過ぎていて、”老人主夫の夕食”をお休みしましたが、今夜はツイートします。


昨夜考えていて、食材も買っていましたので今夜はそれを作りました。


メインディシュは”牛肉・ジャガイモ・ピーマンのオイスター炒め”です。割と手間暇が掛かる料理でした。

CmRwVBCUIAMEsHJ_convert_20160712221026.jpg
牛肉・ジャガイモ・ピーマンのオイスター炒め”に使った食材は、牛薄切り肉、ジャガイモ、そしてピーマンです。


調味料関係は、醤油にオイスターソースに砂糖と酒です。なおごま油も使いますが、この”ごま油”が味のポイントでした。


片栗粉”は、鶏でも豚でも牛肉でも、”薄切り肉料理”には重宝することを知りました。同じく”小麦粉”も実に重宝します。

CmRyIJ0UcAA_4yF_convert_20160712221053.jpg
ジャガイモは湯掻かず、大きなジャガイモを一個丸ごと使って細切りにして水にさらしておきます。ピーマンも細切り。


牛薄切り肉は、塩胡椒とごま油を垂らして片栗粉にまぶします。


シャキシャキ感を味わう料理です。やはり、”ごま油の風味”がいい。

CmRzmDGUMAEe9tE_convert_20160712221229.jpg
副菜は”麻婆豆腐”ですが、私の大好きな”キノコ”を使って”和風”に仕立ててみました。


名付けて”御飯にぶっ掛けてもいいよ〜!和風マーボー豆腐”です。


息子は迷わず御飯にぶっ掛けていました。使った食材は合挽き肉、絹ごし豆腐、椎茸、シメジと青ネギです。

CmR1CkpVMAAFa2G_convert_20160712221114.jpg
息子が食べながら、「父さん、コレ旨いね〜!」っと、御飯を二杯食べました。


私が作った中では、”レギュラーメニュー”にしようと思った一品でした。


チョット残りましたので、私も朝御飯には、コレを掛けて食べようと思いました。

CmR3Dt7VYAE9Pq6_convert_20160712221250.jpg
実は御飯には、地元の味噌メーカーが出している”冷や汁の素”を使ったものを用意していて、この夜は私はそれを御飯にぶっ掛けて食べました。


それなりに美味しいのですが、やはり今夜のキノコを使った”和風麻婆豆腐”の方が、御飯に合うと思いました。

7月1日最後
今夜の最後は果物です。昨夜と同じ(つまり残っていた)ゴールドキーウイとアメリカンチェリーに、白桃を一個分加えました。


これで今日のツイッターは終わります。


皆さん、おやすみなさい。









「老人主夫の夕食」 37

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、7月2日でした。

7月2日
料理本を参考にしましたが、料理本と違うところは今日のお昼に行った”ダイニングキッチン たゔぇるね”さんで初めて食べた”ズッキーニ”を使った事です。


今日のテーマ野菜は、”季節の野菜”と言うことです。(間違い訂正。お好み焼きは一昨日でした)

CmWvcafUcAA9aaN_convert_20160713222448.jpg
昨夜は”和風マーボー豆腐”を作ったのだったかな???覚えていないんです。とうとう始まったかな?


さてメインディシュです。夏野菜の代表である”茄子”を初めて使いました。もちろん”ズッキーニ”も初めて。


失敗は”ズッキーニ”です。私はズッキーニをソテーしましたが、湯掻くベキでしたね。

CmWykf_VMAAleX5_convert_20160713222514.jpg
画像のように、息子と小皿に取り分けて食べました。


使った豚肉は”豚ロース薄切り肉”です。


一方副菜に作った豚肉は”豚細切り肉”でした。部位によって使い分けると言うことを学びました。


料理って奥が深いし、楽しい。妻に早く食べ貰いたいです。

CmWzuijVUAEU3oB_convert_20160713222538.jpg
副菜は”豚肉・青菜(小松菜)・厚揚げのオイスターソース炒め”です。


使った食材は、豚細切れ肉、小松菜、厚揚げです。調味料には、生姜、ごま油に酒、醤油、オイスターソースなどです。


肉をソテーする時に必須なのは、”片栗粉や小麦粉”ですね〜!

CmW1kmKUkAAdKGk_convert_20160713222600.jpg
小松菜”も初めて使った食材かな?


今日使った食材の、茄子やズッキーニや小松菜などの野菜は、実は避けていました。


調理した先のイメージが湧き難いかったのです。でも、意を決して使って見ると、”ああ〜夏が来た!”って思えました。


今夜はおまけに”湯葉の刺身”を付けました。実は湯葉の刺身は妻の好物なんです。妻が退院して帰宅した時の予行演習です。

7月2日最後
最後は果物です。スイカとアメリカンチェリー。


息子が言いました。「親父〜!このサクランボみたいなやつ、不味いね〜!」


安いから買っただけです。やはり本物のサクランボにしましょう。今日のツイートを終わります。皆さん、おやすみなさい。


「老人主夫の夕食」 38

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、7月3日でした。

7月3日
さて今夜も”老人主夫の夕食”をツイートします。


今夜のメインディシュは”いさきの和風オイル蒸し”です。


このメニューは週刊誌に載っていましたので、それに挑戦してみました。副菜は”野菜とコーンの塩バター煮”です。

CmcHN2nUkAAfqwV_convert_20160717152443.jpg
先ず”いさきの和風オイル蒸し”です。これは余りにも大作過ぎて、もう2度と作りませんが美味しかったですね~!。


使った食材はいさき(愛媛ではイサギ)、ミニトマト、アサリ、ニンニク、アンチョビ、白髪ネギ、茗荷、青紫蘇、その他香辛料等です。

CmcIYq-VIAEF9Hf_convert_20160717152502.jpg
とにかく、使う食材や香辛料や調味料が生半可ではありません。


私にとっては大変珍しい”魚料理”で、酒のアテ風ではなく、妻の御飯のおかずをイメージして作りましたが、妻が見れば「貴方、馬鹿な事は止めたら!」って言うでしょう。

CmcJyHVUsAAk91p_convert_20160717152522.jpg
この大皿に盛られた料理、到底食べ切れない!っと思っていましたが、息子がモクモク食べてくれて、全部食べ切りました。


南予のお祭りで見られる”サワチ料理”で使う大皿に満載された画像の料理が、空っぽになりました。


息子の食欲に感謝です。

CmcLZs1UcAAbKp9_convert_20160717152541.jpg
次は副菜です。


野菜とコーンの塩バター煮”に使った食材は、ジャガイモ、ニンジン、豚細切れ肉、玉ねぎ、コーン(缶詰めホール状)。後は香辛料等で、塩胡椒、バター、固形チキンスープ、ローリエ等です。


これもけっこう手間暇掛かりました。

7月3日最後
でも使った”バター”がコクを出していて、醤油系統を使わないアッサリ味に仕上がりました。


息子も美味しいと言って食べてくれました。


これなら妻の御飯のおかずになるでしょう。私の”レパートリー登録”決定です。


今日のツイートは終わり、皆さんおやすみなさい。













「老人主夫の夕食」 39

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、7月4日でした。

7月4日
さて今夜も”老人主夫の夕食”をツイートします。


今夜のメインディシュは”ジャガイモと豚バラの蒸し焼き”です。副菜はシンプルに”マカロニサラダ”です。


今夜はその他に”ご飯の友”を作ってご飯に入れました。友の経験を学び、作りました。

CmhMcYpUcAASZIW_convert_20160717153515.jpg
先ず”ジャガイモと豚バラの蒸し焼き”です。


使った食材は新ジャガイモ(皮付きのまま)、豚バラかたまり肉。 その他塩胡椒、オリーブオイル、ニンニク、玉ねぎ、バターに白ワインです。


深い厚手の鍋で、蒸し焼きにして作りました。

CmhNWeGVIAAYR1p_convert_20160717153538.jpg
ジャガイモを皮付きのまま、バターとワインで30分掛けて蒸し焼きにします。


豚バラ肉は、かたまりのまま蒸し焼きして、食べる直前に切り分けます。


ニンニクやタマネギなどの”香味野菜”が、いい仕事をしてくれるんです。

CmhOCWPUsAAvbsy_convert_20160717153558.jpg
副菜の”マカロニサラダ”は、どなたでも作った経験があるでしょう。


何時もはジャガイモを使った”ポテトサラダ”が多いのですが、今夜は”マカロニサラダ”に挑戦しました。昨夜使った”コーン”の残り物利用でもあります。


マカロニサラダ”に使った食材は、マカロニ、キュウリ、タマネギ、コーン(ホール状)にプロセスチーズです。当然に、塩胡椒と酢とマヨネーズを使います。


慣れ親しんだ味で、旨い上に落ち着くんです。

CmhRD7xUcAAEF-t_convert_20160717153633.jpg
今夜は友の情報で”常備菜”的な”ご御飯の友”を作って御飯に掛けました。多く作ってタッパーに保存してあります。


使った食材は、セロリの葉のみじん切りとチリメンに胡麻と唐辛子。


フライパンにごま油を引いて炒めました。酒や醤油や砂糖も使っています。ご飯が俄然旨くなるんです。

7月4日最後
最後に果物です。ゴールドキーウイと、日本のさくらんぼです。


息子に昨夜、アメリカンチェリーは不味いと言われたので、”さくらんぼ”にしました。今夜は旨いって食べてくれました。


今日のツイッターは終わります。皆さん、おやすみなさい。









「老人主夫の夕食」 40

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、7月5日でした。

7月5日
今夜も”老人主夫の夕食”をツイートします。


今夜のメインディシュは”えびチリ豆腐”です。


副菜は、昨夜残っていた”マカロニサラダ”をリメイクしたもの。


他に、お昼に行った”そば すし 和食処 一りん”さんで持ち帰り用に注文した”玉(ぎょく)”です。

CmmU-3PVUAAEUUP_convert_20160717154641.jpg
先ずメインディシュですが、麻婆豆腐ならぬ”えびチリ豆腐”です。


使った食材は、絹ごし豆腐、むきエビ、卵、ニンニク、ネギのみじん切り、豆板醤です。


他に調味料として、トマトケチャップ、砂糖、塩に片栗粉とサラダ油、酒にごま油です。

CmmWUfAUEAAq9WA_convert_20160717154704.jpg
今夜のテーマは”カサ増し”です。


先ず”えびチリ豆腐”のカサ増し食材は”むきエビ”です。絹ごし豆腐1丁で2人前出来ます。


麻婆豆腐の素など利用しません。多少甘かろうが辛かろうが、あくまで私の手料理です。妻が喜んでくれたら嬉しい。

CmmXhUlUsAYmlUG_convert_20160717154727.jpg
私も長男も、この”えびチリ豆腐”をご飯に掛けて食べました。


息子は「俺には辛さがもう少しあった方がいいけど、母さんのおかずには丁度いいかも」っと言う反応でした。


今の料理は、あくまで妻に食べて貰いたい一心です。

CmmYv7GUkAEEfB4_convert_20160717154749.jpg
副菜は昨夜作って残っていた”マカロニサラダ”をリメイクしました。このリメイクも”カサ増し”しました。


カサ増しに使った食材は、リンゴ半分です。リンゴの残り半分は果物に使いました。


リメイクにはアーモンドチップスと種各種も。

CmmZmTxVYAEBPC9_convert_20160717154829.jpg
後は、今日のお昼に行って持ち帰り用に注文した”一りんの玉”です。


寿司屋の作った寿司ネタですから旨い訳です。

7月5日最後
果物は、サクランボとリンゴ半分です。


コレで今日のツイートは終わります。皆さん、おやすみなさい。





「老人主夫の夕食」 41

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、7月6日でした。

7月6日
さて、やっと”老人主夫の夕食”をツイート出来ます。


今夜のメインディシュと副菜は、どちらがどちらでもいいと言う感じです。


取り敢えず先に出来た方をメインディシュとしましょう。”もやしと鶏胸肉の甘酢炒め”です。

Cmrd_IuUkAAExOY_convert_20160717160005.jpg
もやしと鶏胸肉の甘酢炒め”に使った食材はもやし、鶏胸肉、キュウリです。


後の合わせ調味料等は、酒、酢、砂糖に塩胡椒とごま油。


2人前の分量で作ったのですが、ウーーッと言う程多かった。これなら妻が帰ってもこの分量で良さそうです。

CmrfcoyUkAAv0Zr_convert_20160717160026.jpg
次に出来上がったものを副菜とするなら、”シメジと豚肉のオイスターソース炒め”です。


私は今のところフライパンを使った炒めものしか調理出来ません。


一か月先には妻が退院して帰宅します。それ迄には、煮物料理と魚料理をモノにしておきます。

Cmrg0RuVIAE-Unk_convert_20160717160049.jpg
御飯には、友から教えて貰った”ご飯の友”を入れました。


ご飯の友”は、”セロリの葉のみじん切りとチリメン”を、調味料を加えてごま油で炒めて、水分を飛ばしたものをタッパーに入れています。


作り置きできるので、我が家の”常備菜”となりました。

Cmrg0RuUsAAsHzI_convert_20160717160110.jpg
それを炊き立ちのご飯にまぶしました。


ウフフ・・・今夜はこれが一番旨かった。

7月6日最後
最後は果物です。


毎晩食卓に果物が並ぶ光景が微笑ましいと言う趣旨のメッセージを頂きましたが、我が家にはそう言う習慣はありません。


ただひたすら、帰宅した妻に喜んで貰いたい一心なのです。今日のツイートは終わりです。皆さん、おやすみなさい。







「老人主夫の夕食」 42

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、7月7日でした。

7月7日
さて今夜も”老人主夫の夕食”をツイートします。


今夜は昨夜残った料理をどうリメイクするか?がテーマです。


又、昨夜息子が「親父!毎晩メインディシュと副菜を作るのは大変やでー!」っと言ってくれたので、メインディシュと味噌汁にしました。

CmwjnjZUMAAL9ln_convert_20160717161434.jpg
先ずは今夜のメインディシュ。これは昨夜のメインディシュであった”もやしと鶏胸肉の甘酢炒め”をリメイクしてみました。


リメイクするに当たって、息子の昨夜の感想「味が少し薄いね」と言う反応をどう修正するか?も、もう一つのテーマです。

Cmwkg-JUMAA9RiV_convert_20160717161507.jpg
昨夜のメインディシュであった”もやしと鶏胸肉の甘酢炒め”に加えたものは、”アサリ”と”白菜キムチ”みじん切りです。


アサリは酒蒸しにしました。バターの風味とニンニクの香り、そして白菜キムチの刺激を加えてみました。息子は「コレは旨い」っと。


昨夜のもやしと鶏胸肉の淡白さと、甘酢のもち味を残しながら、息子が言った味が薄いと言う感想を踏まえ、アサリの酒蒸しにはタップリのニンニクと塩胡椒を効かせました。


更に、そこへ白菜キムチのみじん切りです。グッと大人の味になりました。

CmwoYjLUMAAlobY_convert_20160717161526.jpg
今夜挑戦したもう一つは、友に教えて貰った”ご御飯の友”が無くなっていましたので、再度作ろうと思いました。


ところが、友から教えて貰った”ご飯の友”の主要食材」は、”セロリの葉”のみじん切りと”チリメン”です。処がセロリの葉は残っていません。


残っていたのは、セロリの茎とチリメンが1パック。これでは教えて貰った通りのものは出来ません。


そこで、残っているセロリの茎を使いました。又、チリメン1パックでは少ないので、補強する為にツナ缶を使いました。ツナ缶の油は切っています。


結論から言えば友から教えて貰った通りのものではありませんが、その代替品の役割を十分に果たす”ご飯の友”が出来上がりました。


必要な食卓が無い時は、あるもので代替する事ですね。

Cmwpd53UsAACJsm_convert_20160717161544.jpg
今日は、副菜は作っていません。と言うより、今後メインディシュ以外には一汁とちょっとした添え物で夕食を構成します。


副菜を自分で作る代わりに、おかず屋で買ったもので代用する、柔軟な考え方を持っていないと続きません。


画像は今夜の味噌汁です。

7月7日最後
今夜は多くの事を学びました。


残り物のリメイク活用。必要な食材が無い時の代用品の活用。副菜も手作りで!っと硬く考えない事などです。


果物は、メロンと巨峰です。


今日のツイートはこれで終わります。皆さん、おやすみなさい。













「老人主夫の夕食」 43

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、7月8日でした。

7月8日
昨夜は不覚にも、ベッドに入った途端に前後不覚に陥り爆睡しました。毎晩ツイートしている”老人主夫の夕食”をツイートする前に、睡魔に犯されて撃沈されたのです。


今までで初めての経験です。実は妻の退院に向けて家を改築しています。積りに積もっていた疲れもあったのでしょう。


昨夜の”老人主夫の夕食”のテーマは、6月末自宅に帰ってくれて毎日献身的に私を支えてくれている息子に感謝する意味で、初めて”揚げ物”に挑戦しました。


取り敢えずは”鯵フライ”を作ってやりたかったのです。ところが料理も誤算続きでした。

Cm3sRMHVMAEm8Rn_convert_20160723205853.jpg
鯵フライ”を作ろうと下準備していた時に、タッパーに保管していた”パン粉”に青カビが!。


止む無くパン粉無しのフライになってしまいました。


鯵は魚屋で予めフライ様に下処理してもらいました。私特性の”タルタルソース”で食べるという趣向でした。

Cm3tOG_UIAAzlWW_convert_20160723205938.jpg
揚げ物をするための蓋付き深目フライパンを買いました。


若い息子の献身ぶりに報いてやりたかったのです。ところが、先月買ったパン粉がタッパーの中でカビがきて使えなかっただとは、お笑いぐさですね。


タルタルソースは、ちゃんと作ったのに。

Cm3uM46VIAAnc4t_convert_20160723210002.jpg
鯵に塩胡椒し、卵液に漬けて小麦粉をまぶしました。


ところがパン粉がない!ええ~い!っとばかり、そのまま180度に熱したサラダ油で、カラッと揚げました。


今回のタルタルソースには、友に教わった”ピクルス”も刻んで入れたので味に深みが出ました。

Cm3vWAaUEAA3X8y_convert_20160723210022.jpg
息子は無邪気に「親父、コレ旨いよー!」っと言ってくれました。その一言で救われました。


昨夜息子は「毎晩主菜と副菜を作るのは、食べる側から言えばありがたいけど親父が大変。主菜と汁と果物で十分だよ!」と言ってくれました。


そこでこの日は”豚汁”を作りました。

Cm3w7KUUEAAZVDi_convert_20160723210045.jpg
豚汁”を作る過程でも、冷蔵庫に有ったと思っていた人参が切れていました。在庫管理の甘さを痛感させられました。


ですから、その日のお昼を一緒した友手作りの”瓜の漬物”を食卓に出すのを忘れていました。


自分で考えている以上に疲労が溜まっていたようです。

Cm3w7KUUEAAZVDi_convert_20160723210045.jpg
ご飯には、昨夜作った”ご飯の友”をまぶしました。


友から教わったレシピ通りではありませんでしたが、冷蔵庫に残っているもので代用しました。


主な食材はセロリの茎微塵切りとチリメン、それに油を絞ったツナ缶です。でもこれも旨かった。

7月8日最後
最後は果物、と言ってもスイートコーンを湯掻いたものとフルーツトマトです。


両方共、もう果物と言ってもいい程に甘い。


かくして大混乱して作った上に、その夜のツイート出来なかった昨夜の料理を遅ればせながらツイートしました。


おやすみなさいではなく、皆さんおはよう!







「老人主夫の夕食」 44

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、7月9日でした。

7月9日
今やっと”老人主夫の夕食”をツイート出来ます。


昨夜は今迄に記憶がないのですが、ベットに入った途端に眠気が来て、そのまま爆睡していました。


息子が私の疲れ具合を見て、今夜は副菜様に餃子の王将で餃子を持ち帰ってくれました。涙が出ました。

Cm68_BOVIAACWXz_convert_20160723211855.jpg
今夜のメインディシュは、”鮭のフライパン蒸し・豆腐明太子マヨ添え”とでも言いましょうか?


例によって残り物処分料理です。


鮭のフライパン蒸しに使った食材は、甘塩鮭の切り身、エノキ、昆布、それに酒とバターです。

Cm6-SzfUIAErvK5_convert_20160723211819.jpg
さて、甘塩鮭の切り身は、昆布の上に乗せ、その上にバターを乗せ、更に酒を降り注いで蒸し焼きにします。


シンプルと言うか、極簡単な料理です。

Cm6_mWPUEAEhzOj_convert_20160723212015.jpg
昆布の旨味を鮭に移して、バターの風味で頂きます。シメジも酒とバターだけの味付けです。


そこに絹ごし豆腐の上に、辛子明太子とマヨネーズをレモン汁で和えて、その上に大葉の千切りに黒胡椒を。


これが大豆の風味を引き出してくれて旨かったですねー。

Cm7AvMKVYAAp3z1_convert_20160723212046.jpg
副菜は息子が私の疲労振りを気遣ってくれて、近くの”餃子の王将”で持ち帰り様に餃子を買ってくれたものを使いました。


味がどうこう?と言う事ではなく、息子のそう言う気遣いが例えようもなく嬉しかった。親思いの息子を持てて幸せです。

Cm7BxpRVYAAhSup_convert_20160723212116.jpg
汁ものは、昨夜作った”豚汁”の残りを息子が鍋ごと冷蔵庫に保冷してくれていました。


息子は、そう言う細かい気配りが出来ます。私には全くない資質です。


昨年8月以来の妻の病に寄り添う上で、私の大きな支えになってくれました。

7月9日最後
御飯は、友から教えて貰った”セロリとチリメンを使ったごご飯の友”を振り掛けました。


友が、「今迄使っていたご飯の友は、塩分取り過ぎ!」っとアドバイスしてくれて、オリジナルの”ご飯の友”を教えてくれました。今後重宝します。旨いんです。


今日の最後は果物です。我が家では夕食後に果物を食べる習慣はありませんでした。


でも、果物があると夕食が賑わいます。巨峰とメロンです。


これで今日のツイートを終わります。多く方に見て頂き感謝します。皆さん、おやすみなさい




「老人主夫の夕食」 45

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、7月10日でした。

7月10日
今夜も”老人主夫の夕食”をツイートします。


メインディシュの”鯵の刺身”とご飯の”山菜おこわ”は、友に教えて貰ったお店で買ってきたものです。

Cm_3J2UVIAEOd7u_convert_20160723213556.jpg
今夜は手抜きして楽をしようと思ったにもかかわらず、副菜を二つも作ってしまいました。


最初の副菜は”ゴーヤとツナのマヨソテー”です。


使った食材は、ゴーヤにツナ缶。後は塩胡椒にマヨネーズです。


調理は至って簡単。息子が「ゴーヤって苦いね」っと。

Cm_4a_LUsAIS-QW_convert_20160723213621.jpg
二つ目の副菜は”きゅうりとカニカマの冷や汁風”です。


使った食材は、きゅうりとカニカマです。味噌だねは、削り節と味噌と胡麻です。調理は、こちらも至って簡単。


きゅうりを薄切りしてカニカマを割き、味噌だねに漬けて冷蔵で冷やしただけです。

Cm_5YwwVIAIdRi6_convert_20160723213644.jpg
なお、友に教えて貰ったお店で買った”鯵の刺身”です。


鯵は地物で新鮮です。

Cm_5YwqVYAAniaU_convert_20160723213704.jpg
こちらも友におしえてもらった”山菜おこわ”です。


山菜おこわ”も、モチ米のモッチリ感と山菜が素敵にマッチしていました。友に感謝です。

Cm_7dyrUMAAxR6B_convert_20160723213727.jpg
この画像は、友に貰った手作りの”瓜の浅漬け”です。


瓜の浅漬け”が旨かった。鷹の爪がピリリと効いています。

7月10日最後
最後は果物です。果物は残り物のメロンと、今日買ったゴールドキーウイ。


これで今日のツイートは終わります。皆さん、おやすみなさい。






プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード