「愛媛グルメ紀行」 1,083

今日のお昼は、妻と湊町にある”鍋焼きうどん”の老舗中の老舗”ことり”さんに行きました。


このお店に今日行った訳は、妻が15歳私が18歳の時知り合って、私が高校を卒業するまでの約4ヶ月間、デートと称してこのお店に通っていたからです。

8月7日
言わば、このお店は私達夫婦の”青春を象徴するお店”だからです。


妻が10日に退院すれば、私達夫婦は”第二の青春”を謳歌するつもりです。


それをしっかり胸に織り込む為に、退院直前の今日行きました。

CpOh-62UkAAYjNw_convert_20160820154241.jpg
このお店は”キャッシュオンデリバリー制”です。


キャッシュオンデリバリー制とは、お金と引き換えに”鍋焼きうどん”が出されます。


レジスター等無かった時代の名残りです。

CpOi5r1VUAEb3fJ_convert_20160820154303.jpg
この画像が、年代物の”アルマイト制の鍋”です。


この鍋にも年代を感じます。


このお店に高校生だった私達二人は足繁く通いました。

CpOkHR_UsAAUZL2_convert_20160820154325.jpg
特別に旨いと言う味ではないかも知れませんが、ただただ懐かしい味です。


妻と何十年振りにこのお店で”鍋焼きうどん”を啜りました。


二人で熱い麺にフーフー息を吹き掛けて啜りました。


外は猛暑でしたが、私達にはそんな事タカが知れたことです。

8月7日最後
妻も私もこの”鍋焼きうどん”を完食しました。


食後に二人共、”病院で処方された薬”を、お冷で飲んだ事だけが、高校時代と違っていました。


初心を大切にしてしたいと思いながらお店を出ました。






スポンサーサイト

「老人主夫の夕食」 71

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、8月7日でした。

8月7日
さて今夜も”老人主夫の夕食”をツイートします。


妻が一泊2日で病院から”外泊許可”を貰い、昨日久しぶりに我が家に帰って来ました。


その妻を今日の午後4時に病院に連れ戻した後、膨れに膨らんでいた”ゴム風船”に、針より”小さな穴”が開いた様になっていました。

CpQLw6yVIAEvfq__convert_20160820160320.jpg
膨らんだ”ゴム風船”に針を刺すと、パンっと弾けて裂けます。


そうではなくて、針で突くよりずっと”小さな穴”が開いた風船は少しづつ空気が抜けて、ハッと気が付いたら、シワシワに萎んでいた。


今の私の心がそうです。夕食を調理する気力が萎えました。

CpQNIWmUAAA-Olm_convert_20160820160341.jpg
ですから息子にそう言いました。


すると息子は、「スーパーでオカズ買って来たらいいよ!」っと言ってくれました。


今夜は息子の言葉に甘えて調理を休み、スーパーで買ってきた刺身と鶏チーズマヨをオカズにご飯を食べました。

CpQOKwhUEAAC3Ke_convert_20160820160400.jpg
考えてみたら、今年に入ってからでも5ヶ月近い妻の入院生活で、妻の退院を渇望していました。


更に妻が退院したら、毎晩”私の手料理”を食べて貰いたいと思い、調理経験の全くない私が3ヶ月程調理のトレーニングをしました。


ですから、我が家に取り敢えず帰ってくれた昨夜、妻に手料理を!っと張り切っていました。

CpQPLsLUAAA_RVK_convert_20160820160418.jpg
昨夜は、その目的を首尾よく達成しました。


妻が病院に戻った後で、「アア〜!今夜は妻が居ないんだ!」と思った瞬間に風船が萎みました。


心が萎えました。食べて欲しい”主人公”がいない料理を調理する程、私の心は強くありません。

8月7日最後
妻の居ない我が家は空っぽの家です。つくづく実感しました。


10日には退院して我が家に帰ります。そのたったの3日間の心の空虚さ・・・・何て言ったらいいのか?


これで今日のツイートを終わります。皆さん猛暑の時節柄、ご自愛ください。



「老人主夫の夕食」 72

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、8月8日でした。

8月8日
今夜の”老人主夫の夕食”ですが、今夜も私が調理したものではありません。



昨夜はパンパンに張りつめていたゴム風船が、ピンホールの穴から空気が漏れ萎んでしまった様な状態になっていました。


でも多くの人方の励ましを頂き復活しました。

CpVVQLGVUAE_OxU_convert_20160822104623.jpg
今夜は心が折れたのではなく、仕事が忙しかったのと、妻の退院に関するリハビリ専門病院の会議が午後4時から5時までありました。


それで、帰宅が遅れ調理する時間的体力的余裕が無かったからです。


今夜は、スーパーで買ったもので済ませました。

CpVWpaZVYAETZLh_convert_20160822104643.jpg
今日の病院の会議で妻の退院が正式に決まりました。8月10日、明後日です。


長い道程でした。生死の境目を何度もさまよいました。


でも、医者が「奇跡の生還です!」言う中での退院です。


10日からは、私が作った”手料理”を毎晩妻に食べさせることが出来ます。

CpVSupdVUAE_tSM_convert_20160822104710.jpg
今後ずっと妻を見守ると共に、妻と余生を”トコトン楽しみ抜きたい”と考えています。


家族だけではなく、介護等の制度にもお世話になり、妻が心から快適で幸せだと思える環境を作るのが私の大きな役割です。


妻はこのところ”笑顔”に包まれています。

8月8日最後
妻を迎え入れる準備は、万端整えました。妻はずっと笑顔をたたえていますので、笑い皺が出来るのではないか?っと思う程です。


でも皺があって当たり前です。妻を迎える夜の献立も決まっています。


明後日が・・・待ち遠しい今夜です。


これで今日のツイートを終わります。皆さん、おやすみなさい。


そしてお励まし頂きましたすべての方に、深く感謝いたします。お陰様で、やっと明後日を迎えることができるようになりました。



「愛媛グルメ紀行」 1,084

今日のお昼は妻の見舞いをした後、道後樋又通りの中国料理の名店”菜温”さんに行きました。


私自身のリハビリ➡︎妻の見舞い➡︎お昼の食事と言うルーティーンは、今日で最後になります。


明日からは、火曜日・木曜日・土曜日・日曜日の週4回は妻とお昼を食べます。

8月9日
菜温”さんには、目的があって行きました。それは季節メニューの”冷たい麺”を頂きに行ったのです。


このお店は私のお気に入りのお店ですので、何度も行っていますが、冷たい麺は食べた事がありませんでした。


冷たい麺は3種あるそうです。

CpZDMYHUkAEjyhO_convert_20160822112156.jpg
3種の冷たい麺メニューの中で私が選んだのは、”冷たい担々麺”です。


選んだ理由は、このお店は”四川料理”を得意メニューとしているからです。


この画像が”冷たい担々麺”です。汁が極めて少ないタイプですね。

CpZD44iVYAIFJOg_convert_20160822112241.jpg
食欲が落ちている私としては、大変にありがたいですね〜!


もう少し近寄って見て見ましょう。


上品な姿と言いますか?優雅な姿と言いますか。

CpZE1MFUEAA91vX_convert_20160822112316.jpg
元々本場中国の四川省で生まれた”担々麺”は、汁なしです。天秤棒に麺と汁を入れた売り歩いたものが担々麺の原型です。


出された”冷たい担々麺”を混ぜに混ぜました。


其の結果がこの画像です。

CpZGT9KVMAMhfVQ_convert_20160822112341.jpg
先ず”麺が旨い”。しっかり腰があって、強烈な個性の具材やタレに決して位負けしていません。


しかも小麦の旨さが際立っています。少ないタレにもしっかり絡みます。


具材で目立ったのは、カシューナッツやかぼちゃの種などです。すっかり満足して、お店を後にしました。



「老人主夫の夕食」 73

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、8月9日でした。

8月9日
さて今夜も”老人主夫の夕食”をツイートします。息子と私の二人で食べる最後です。


明日は妻と三人で夕食を食べます。今夜のメインディシュは料理本には載っていません。


残り物処分として自分でとっさに考えました。名付けるなら”海鮮甘酢餡”とでも言いましょうか。

CpadCvYUIAEqM8a_convert_20160822114823.jpg
海鮮炒め甘酢餡”と言った方が適切かも知れません。


使った食材はむきエビに解凍したモンゴイカに乾燥貝柱を水で戻したもの、そして甘塩鮭です。野菜は、キュウリとセロリの茎と太ネギです。乾燥貝柱を水で戻した後の水に片栗粉を入れて餡にしました。


息子はご飯に”海鮮炒め甘酢餡”を掛けて食べました。旨い!っと言いながら。


副菜にするつもりで作りましたが、量的な事を考えてメインディシュにしました。従って今夜メインディシュと考えていた料理は明日妻が帰って最初の料理になります。

CpafSW7UsAEkeFU_convert_20160822114846.jpg
飲食店のメニューではありませんので、決めていたメニューも臨機応変に変えながら対応していきます。


妻に退院後最初に食べて貰おうと考えていたメニューは、明日になります。


アボカド”が残っていましたので、刺身にして食べました。

Cpaf8EQUMAAjJm9_convert_20160822114906.jpg
又、「父さんの作る味噌汁は旨い!」っと息子が言ってくれる”味噌汁”を作りました。


味噌汁の味や具材は、先ず変えません。変えない方がいい場合もあると考えています。

Cpag_QtUIAAGNdG_convert_20160822114928.jpg
後は息子が毎晩作ってくれる、生野菜(特に青物野菜)をタップリ使った”スムージー”です。


このグラスの”スムージー”に入っている生野菜を食べようと思うと、大きな皿が必要です。


美味しく大量の生野菜を食べる為の優れた工夫ですね。

8月9日最後
ご飯には友から貰った”自家製青唐辛子のラー油漬け”を、タップリ掛けています。これが旨い!


何時も付ける果物は忘れました。


これで今日のツイッターを終わります。明日は妻を含めた三人の夕食風景をツイートします。皆さんおやすみなさい。




「老人主夫の夕食」 74

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、8月10日でした。

8月10日
さて今夜は、妻が退院して初めての”老人主夫の夕食”です。


メインディシュは”チキンソテー レモンパセリバターソース”を作りました。


副菜は”鯵の塩焼き”で、汁物は”焼きねぎのカレースープ”です。


結論から言います。妻はご飯と鯵の塩焼きだけ食べました。

CpfozRBVIAIMR3d_convert_20160823103825.jpg
妻は、今迄私が3カ月の間練習してきた目新しい料理には何の関心も食欲も示しませんでした。


妻は自分が作った事がある料理や、食べた事がある料理にしか箸が動かない事が分かりました。

CpfpleKUAAA3mSf_convert_20160823103849.jpg
従って、明日以降は目玉焼き、卵焼き、ポテサラダや焼き魚や煮魚などの極めてオーソドックスな料理を作ろうと思います。


私は、調理のプロになる為に練習してきたのではありません。


妻が食べてくれなければ、料理をしても全く意味がありません。

CpfqnjZUkAAFOKp_convert_20160823103910.jpg
約一年振りに妻は我が家に帰ったのですから、妻が今何をどう言う状態を望んでいるのか?


これは時間をかけて観察しなければ、私には分かりません。


当面の間はお互いの現在の価値観を探り確認する時間が必要だと言うことが、今日分かりました。

CpfrZHAVIAAId97_convert_20160823104012.jpg
私が良かれと思った、メニューブックからの目新しい料理路線は休止します。


従って、”老人主夫の夕食”と言うツイートが成り立たない可能性が大きくなりました。


このツイートをどうするか?これも今日分かった課題です。

8月10日最後
妻が一年振りにに我が家に帰ってくれた今日、一年と言う時間の長さと重みを感じた日になりました。


今日多くの方々に「おめでとう」と言って頂きました。ここに厚く御礼申し上げます。


これで今日のツイートを終わります。皆さんおやすみなさい。



「老人主夫の夕食」 75

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、8月11日でした。

8月11日
さて今夜の”老人主夫の夕食”です。昨日妻が一年振りに我が家に帰って来ましたが、”意外な事で悩む”ことになりました。


それは私が、妻に食べて欲しいと作った料理を妻が食べてくれないと言うことです。


私は妻が食べたい料理を作っていなかった・・・・・・。

CpktL7xUIAEMBsu_convert_20160823105633.jpg
つまり、今迄私が3カ月に渡って”妻に食べて欲しい”と練習してきた料理は、実は”妻が食べたい料理”ではなかったと言うことでした。


自己満足の為の料理をだった事が、妻が私が作った料理を食べないと言う事で明らかになったのです。

CpkuTryUkAAOEyt_convert_20160823105653.jpg
昨夜と今朝悩みに悩んで、やっと事態解決の方向が見えて来ました。


つまり料理の原則”食べる人が食べたいものを作る”と言う、極当たり前のことに気が付きました。


そこでドライブを兼ねて産直市に行き、妻が食べたい物を選び買いました。

CpkvgEGUAAE_7Ji_convert_20160823105715.jpg
それが前のツイートでアップした”鯖の味噌煮”でした。鯖に三昧に下ろしたものを買って、夕食前に調理しました。


もう一点妻が食べたいと言ったものが画像の”枝豆”です。これも私が塩茹でしました。


すると妻は”鯖の味噌煮”も”枝豆”も完食しました。

Cpkw1FlVYAEPLgh_convert_20160823105736.jpg
ご飯も米粒一つ残さず食べました。


水を飲まないことも大きな悩みの種でしたが、「私が水を飲んで!」って強く言い過ぎたようで、今日は自然に妻が自ら水を飲みました。


私が妻をよく見ておらず、かくあるべきと言うことを妻に押し付けていた事が分かりました。

8月11日最後
今日作った料理は、妻が全部食べてくれました。”案ずるよりうむが易し”とは正にこの事です。


要は妻に食べたいものを聞き、一緒にその食材を買いに行って作った料理は、妻が食べてくれるのです。


こんな簡単なことすら分からず、思い悩んでいたのですね、愚かでした。









「老人主夫の夕食」 76

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、8月12日でした。

8月12日
今夜の”老人主夫の夕食”です。


妻が食べたいものを出せば、難なく食べてくれるという、極当たり前のことに気が付までに1日を要しました。永年夫婦をやってきていて情けない。


今日は始めから妻と買い物に行って、食べたい物を確認しました。

CpqIc1iUMAAAfOT_convert_20160823111256.jpg
結果今夜のメインディシュは”鰻の蒲焼き”になりました。


妻はカボチャが食べたいと言うので、副菜は私初めてのカボチャ料理です。


私は、妻が美味しく食べてくれさえすれば、もうそれだけで嬉しいのです。鰻の蒲焼きも進んで食べてくれました。

CpqJUtrUAAA1VdS_convert_20160823111318.jpg
副菜のかぼちゃ料理に困りました。メニュー本に載っているメニューは、いずれも凝りに凝ったメニューばかりです。


我が家の現実からは程遠い。


なかんずく、調理が簡単な”かぼちゃのレンジナムル”にしました。食材はかぼちゃで後は調味料です。

CpqKUZ5UIAAPO7o_convert_20160823111345.jpg
鰻の蒲焼きもご飯も、”かぼちゃのレンジナムル”もどんどん食べてくれました。


かぼちゃのレンジナムルは、電子レンジで4分です。


ご飯だって米粒一つ残さず食べてくれました。もうそれだけで嬉しくって、力が抜けてしまう程でした。

CpqLcX-VUAA8GSt_convert_20160823111408.jpg
その他、スイートコーンとスイカを用意していましたが、これらは食べてくれませんでした。明日に持ち越しですね。


でも多くを望むことは出来ません。これで上出来です。


今日のツイッターは、これで終わります。皆さん、おやすみなさい。








「愛媛グルメ紀行」 1,085

今日のお昼は、堀江港前にある”みなと食堂”さんに妻と共に行きました。


このお店の開業は昭和41年。今年は”開業50年”を迎えます。


私が書いているブログ”じゅんのつぶやき”に”愛媛グルメ紀行”と言うシリーズがあり、それでご縁が出来ました。

8月13日
みなと食堂”の三代目さんと親しくなり、三代目さんが自宅を新築されたのでお祝いを持参し、あわせて妻とみなと食堂の名物メニューの”鍋焼きうどん”を食べました。


妻が退院して今日で4日。外食は2回目ですが、その2回共”鍋焼きうどん”です。

Cptsp79UkAIJUNS_convert_20160823112558.jpg
妻は昨年8月に入院して、今月10日に退院するまで、実は今年の1月の1ヶ月間だけ家に帰っていました。


その1ヶ月の間1回だけ外食したお店が、ここ”みなと食堂”さんでした。


その時は、”鍋焼きうどん”一つを二人で分け合って食べました。

CptuE36UEAQArrb_convert_20160823112810.jpg
ところが今日は、”鍋焼きうどん”をそれぞれに注文して食べました。


思えば、随分妻は回復してくれたものです。しっかり”完食”してくれました。

Cptu2eCUAAADnox_convert_20160823112626.jpg
妻が注文したのが看板メニューの”鍋焼きうどん”です。


それがこの画像です。食べているのは妻です。

CptwXRWUsAEHzce_convert_20160823112859.jpg
私が注文したのは鍋焼きうどんでも”地鶏うどん”と言うメニューです。”親鶏”のコクのある肉が使われています。


このお店は、チキンライスにも”親鶏の肉”を使っています。


少々肉が硬いのですがコクがあって、若鶏など比較になりません。

8月13日最後
帰り際に妻がおでん桶を見つけました。「”おでん”を持ち帰りで買って、夕食に食べようや!」っと。


これで今夜の夕食のメインディシュが決まりました。妻が食べたいと言うものが一番です。


帰りに二人でみなと食堂の”ソフトクリーム”を舐めながら、帰途につきました。



「愛媛グルメ紀行」 1,086

本日、ツイッターに復帰しツイートを再開します。


妻がほぼ1年振りに退院して我が家に帰り、食事の面などで随分戸惑い悩み迷いました。


全く食べない、水を飲まない日があったからです。

8月16日
そこで、妻をドライブに誘いました。先に行った所は、今治市にある産直市の一種(越智今治農協の直売所)の”さいさいきて屋”に買い物に行きました。


目的は”さいさいきて屋”の名物である”鯛飯”を買いに行ったのですが、妻は気持ちが動かなかったようで何も買わずに第二の目的地に行きました。


それが松山市浅海原、国道196号線沿いにある”アイビーハウス”さんに名物の”ゴールデンカレー”を食べに行ったのです。


妻には事前にこの提案をして、了解を得ています。そこで注文したのが画像の”ゴールデンカレー”です。


このお店に行って”ゴールデンカレー”を、妻はナント!カレールーも海老フライも、そしてご飯も米粒1つ残さず”完食”したのです。私の悩みは、完食した妻の姿を見ていて一気に解消しました。

Cp9CLcDVYAEJIEe_convert_20160823123920.jpg
水も、お冷を3杯以上飲みました。


要はお腹が空けば積極的に妻は食べる、喉が渇けば水も呑むと言う当たり前の事が分かったのです。


しかも、妻が食べたいものなら食べるということです。それが分かりました。何日も悩み苦しんできましたが、美味しそうにカレーを食べている妻に感動しました。




「愛媛グルメ紀行」 1,086

アイビーハウス”に行って、妻が”ゴールデンカレー”を”完食”した姿を見た日以降、スーパーに妻と買い物に行き、妻が食べたいと言う物を買って帰ることにしました。


私が手間暇掛けた料理はありがたいけど、妻は普段食べ慣れたもの食べたいと言うのです。


私の手料理は妻に対する愛情だ、と言う思いは”独り善がり”でした。

8月16日
愛情の押し売りは、真の愛情ではないと言う当たり前の事に気がつき目覚めました。


今後は”老人主夫の夕食”というツイートは止めます。その代わり、妻とお昼を食べに行った模様を(”愛媛グルメ紀行”として)ツイートすることにします。

Cp9GI2WVIAENwSX_convert_20160823130338.jpg
今日も、画像の”蓮の花”を見に行き、その後二人でお昼を食べに行きました。


私は単純に外食するというのではなく、ドライブを楽しむと同時に外食も楽しみたいのです。

Cp9HKYQVUAAkKPS_convert_20160823130358.jpg
妻に”蕎麦”は食べるか?聞いたところ「食べるよ!」というので、椿神社表参道沿いにある蕎麦屋の名店”無着庵”さんに行きました。


妻はうどんと蕎麦は食べますが、ラーメンとスパゲティ類は好まない事を知っていたのでこのお店を選びました。

Cp9Ik_yUIAAUEkf_convert_20160823130418.jpg
妻は”天せいろ”を選び、私は”辛味大根そば”を選びました。画像がそれです。


妻は「食べるよ!」と言っただけあって、蕎麦も天ぷらも全部綺麗に食べてくれました。


そう言う妻の姿を見ると、涙が出る程嬉しい。皮肉な事に、辛味大根そばは本気で辛く涙が出ました。

8月16日最後
蓮の花を見て蕎麦屋に行き、帰りにはスーパーに寄って妻が「これなら食べる」と言った食品を買って帰りました。


これからは、週の3回ほどお昼は妻と外食します。


そうすれば、妻とドライブも出来ますし妻が完食する姿も見ることが出来ますから。











「愛媛グルメ紀行」 1,087

今松山の自宅を出て、車で一時間程走って大洲市に来ています。


美味しいうどん屋があるので、妻を誘いました。すると妻はうなずいてくれました。行ったのは大洲市にある老舗にうどん屋”手延うどん しらいし”さんです。

8月18日
このお店の創業は何と”昭和12年”ですよ。つまり今年で”79年目”という、とてつもない”老舗”なんです。


しかも、このお店のうどんは”切り麺”ではないということです。つまり、このお店”うどん”を一本一本”手延べ”で作っておられるんです。

CqHLOngUkAA_lKG_convert_20160823132922.jpg
妻は今目の前で、”鍋焼きうどん”を食べています。


退院して以降3軒のうどん屋さんに行きましたが、妻が注文するのは何時も”鍋焼きうどん”なんです。


なお、昨夜と今朝は何も食べていません。

CqHNaVUUkAALAMo_convert_20160823132945.jpg
水も飲みませんでした。


ところが妻の好きな”鍋焼きうどん”を、「美味しいね~!」と言いなが食べています。


涙が出る程嬉しいです。食べない事を心配しケアマネさんに相談し、病院にも外来の予約をしました、どうやら最悪と言う状態ではないようです。

CqHNaUjUIAAs3S2_convert_20160823133006.jpg
遠出した価値がありました。


要は、妻の好きなメニューをトコトン聞き出し考えて、日によっては”夕食を外食”しても良いわけです。


少し心が軽くなりました。だいたい私は、妻の事になると心配し過ぎるようです。お恥ずかしい話しです。

CqHOCb7UEAAns3z_convert_20160823133027.jpg
これが、妻がスープだけは残しましたが、麺と具材を完食した画像です。


私は喝采を叫びたいです。







「愛媛グルメ紀行」 1,088

今日は久しぶりに一人で外食しました。


行ったのは、樽味町にある”風風亭 樽味本店”さんです。

8月20日
妻は日曜日を除く毎日、デイケアに行く事になりました。


我が家では妻は、殆ど食事をしません。その理由は定かではありませんが。


ところがデイケアではお昼を完食すると言うので、ケアマネさんに相談してデイケアに手続きして頂きました。

CqRrjVHUIAAehjK_convert_20160823135235.jpg
それで、私には心理的身体的余裕が生まれました。


さて、このところの食事では、野菜不足になっています。息子がずっと遅番で、生野菜の”スムージー”を作れないからです。


そこで、何時も”野菜炒め”を食べているお店に行きました。

CqRsS8mVUAAsh_D_convert_20160823135257.jpg
お店に入ると、女性の店員さんが私を覚えているようで「野菜炒めと小ライスですか?」と声をかけられました。


私はこのお店では野菜炒めしか注文しないからです。


この画像が、このお店の”野菜炒め”です。もちろんご飯は小です。

CqRtEgnVMAEBgdh_convert_20160823135319.jpg
このお店は、調理する人によって出来上がりが違うようで、鰹節が掛かっていたり掛かっていなかったりします。


今日の野菜炒めには鰹節が掛かっていませんでした。


でもこのお店の”野菜炒め”が、私は一番好きです。

CqRubJgUkAARwF2_convert_20160823135340.jpg
野菜炒めを注文したのですが、食べている途中で「これは食べ切れないかも・・・」っと思いました。


やはり胃が小さくなっている事を実感しました。


でもせっかく野菜炒めを食べに来たのですから、野菜炒めだけは無理して食べ切りました。

8月20日最後
ご飯は三分の一程食べ、卵スープは殆ど残してしまいました。


明日は、妻と”双海町”へドライブして、思い出のお店で”ピザ”を食べます。楽しみです。



「愛媛グルメ紀行」 1,089

今、双海町の下灘にあるJR予讃線”下灘駅”を見て、ピザを食べに”ラ・メール”と言うお店に妻と行きました。


丁度伊予灘駅には”伊予灘ものがたり”と言う観光列車が停車していました。

8月21日
なお、”下灘駅”は山田洋次監督の代表作”男はつらいよ”全48作シリーズの中の”寅次郎と殿様”(第9作)の冒頭シーンのロケ地として使われています。

CqWlx0eVIAE79ST_convert_20160823142837.jpg
この画像の左方に屋根付きのベンチがありますが、あのベンチで”寅さん”が寝ているシーンが初っ端に登場します。


駅のベンチ”で、渥美清さん扮する”車寅次郎”(寅さん)が、駅員の「列車がきますよ」という声に起こされるシーンは、今でも鮮やかに覚えています。

CqWmbB1UMAAgxAR_convert_20160823142901.jpg
ラ・メール”と言う”伊予灘”に面したお店には、私達夫婦の新婚時代に足繁く通った思い出のお店なんです。


なお”ラ・メール”というのはフランス語で、””を意味します。


このお店では、何時も私達夫婦は”ガーリックピザ”を注文したものです。

CqXL6hgVIAE96XV_convert_20160823142919.jpg
私達夫婦が注文したのが上の画像です。


右側は私が注文した”アンチョビピザ”、左側は妻が注文した”ガーリックピザ”です。

CqXM4B8VIAAHgvt_convert_20160823142939.jpg
妻とは、私が大学を卒業して社会人になった年に結婚しました。


先輩職員が「俺たちがまだ結婚していないのに、新入職員のお前が結婚するなんて!」と言われたものです。


そう言う新婚時代にこのお店によく通いました。眼前は”伊予灘”です。

CqXN2SOUkAADWF0_convert_20160823143027.jpg
妻が退院した頃は、食べない・飲まないと言う状態で、随分悩みました。


皆さんのアドバイスを頂きケアマネさんに相談して、日曜日を除く毎日デイケアに通うようになって、妻も生活のリズムが整ってきたのでしょう。


このところ、食べ物も水も飲むようになりました。

8月21日最後
今日も”ガーリックピザ”を完食してくれました。夕食も少しずつ食事量が増えてきました。


来週には”主治医”の外来診察を受けますが、どうやら私の思い過ごしと言いますか?心配し過ぎだったようです。


妻は、若い頃に戻ったかの様にサッサと完食しました。




「愛媛グルメ紀行」 1,090

今日(実際は8月24日)は、愛大医学部附属病院に来ています。


今年の3月から3ヶ月入院していた病院です。愛大附属病院からは2ヶ月に一度外来で診察を受ける様に言われていましたので、リハビリ専門病院を退院して2週間経った今日、 外来受診に来ました。

8月24日
今のところ妻は順調ですので、外来受診も薬を出して貰う程度で、短時間で終わりそうです。


愛大受診が終われば、妻とドライブを楽しみながら産直市に行き、その帰りに馴染みのハンバーグ専門店に寄ってお昼を食べるつもりです。


今日はデイケアを休みましたので、妻とタップリ過ごせます。

CqmEW-QVIAAXMlO_convert_20160831112223.jpg
愛大受診が終われば、丹原町の産直市に行き、その後ハンバーグ専門店に行く予定でしたが、順番を変えて先にハンバーグ専門店に行きました。


このお店に来る途中で、超レトロなアイスキャンデー屋の”門店(かどみせ)”に寄って、甘酒とミルクアイスキャンデーを買い、ドライブ中にアイスキャンデーを食べました。


懐かしい味で、私も妻も大好物です。

Cql-OQsVUAMMp_r_convert_20160831112300.jpg
ハンバーグ専門店の名前は”愛L❤️VEハンバーグ”です。


石手川の土手道沿いの紅葉町にあります。


このお店の奥さんが、私のブログのファンでして、馴染みの店になっています。

CqmFTERUEAAcTlc_convert_20160831112347.jpg
妻が注文したのがこのお店の店名を冠した看板メニューの”愛L❤️VEハンバーグ”です。


私も何度も食べて、その美味しさを知っていますので、妻には自信をもって薦めました。

CqmFTEWUAAAlxWY_convert_20160831112412.jpg
私は”焼肉ランチ”にしました。


この焼肉が美味しいんです。ご飯は少な目と頼んでいます。

CqmGWeVVIAA7x7H_convert_20160831112610.jpg
そりゃあ旨いんですよ〜!特に妻と一緒に食べると、余計に旨い。


私のブログ”じゅんのつぶやき”の中の”愛媛グルメ紀行”シリーズでは、延べ1,000店以上回っていますが、それらのお店に妻を連れて行くのが私の夢でした。


夢が実現しました。感無量です。例によって、妻はご飯粒一粒残さず完食してくれました。本当に嬉しいです。

CqmhmLaUIAAOTgu_convert_20160831112436.jpg
愛L❤️VEハンバーグ”さんを出て、国道11号線経由で、西条市丹原町に向かい、妻とドライブを楽しみました。


松山市から1時間ほどの丹原町の産直市”周ちゃん広場”に行きました。

8月24日最後
今自宅に帰って来ました。6時間半に及ぶ小旅行になりました。


帰り道にセブンイレブンに寄って、ソフトクリームを買い、二人で舐めながらドライブを楽しみ帰路につきました。


やや疲れましたが、夫婦共に大満足の小旅行になりました。



「愛媛グルメ紀行」 1,091

今日のお昼は友と”ヤツゲ亭”に行きました。私の一番好きな和食屋です。(実際に行ったのは、8月25日)


なお””と言う言葉は、このツイッターでも再三出て来ます。


要は、年齢や性別などを超越した生涯の””です。友の存在が無ければ、この難局を乗り切れていないでしょう。

8月25日
私は友達が少ない方ではありませんが、今日お昼を一緒した””程、心を許せる存在はいません。


今般の妻の入退院に際しても、家族に勝るとも劣らない存在で、私にとって最大の難局を乗り切る為に大きな力になって頂きました。

CqxJVtjWgAEXhi7_convert_20160901151514.jpg
そこで、このところ妻との生活に没頭している私に「タマには気晴らし、心の緊張を晴らさなきゃ、奥さんの介護、続かんよ!」っと言われて、ここ”ヤツゲ亭”に来たと言う訳です。


まだお昼ですが、私を励ましたいというので、ありがたくお受けして二人で乾杯しました。

CqxKlbvXgAAY8wO_convert_20160901151539.jpg
突き出しには”冬瓜”(とうがん)が、冷やされた葛粉でトロミがついた出汁に浸されて出されました。


冬瓜”は瓜(ウリ)の仲間ですが、夏に相応しく冷やされて登場しました。


サッパリしていて、出汁の旨味と一緒に味わいました。

CqxMB8QWcAA4799_convert_20160901151600.jpg
お造り(刺身)は、”サンマ”の刺身です。出始めのサンマで、この季節はまだ高級食材です。


この光沢を見て下さい。私は、白身魚より青魚が好きですが、今月初め迄は冷凍物しか出まわっていませんでした。””を頂く贅沢さを味わいました。

CqxN3_EWEAARKbU_convert_20160901151619.jpg
次に出されたのは、”サンマの塩焼き”です。


うねるサンマの姿、残酷な様ですが、サンマを味わい尽くす為の料理です。


スダチと大根おろしと醤油で頂きます。スーパーではまだ冷凍モノお出回っている時期にこの贅沢は、嬉しいですね〜!

CqxPZwWWgAAoeAR_convert_20160901151643.jpg
この画像は、友が注文した”太刀魚の塩焼き”です。


太刀魚は、卵を抱えていました。””が妻の入院に際して長期間帰ってくれていた時に、ここ”ヤツゲ亭”に連れて来た時にも注文したメニューです。


友とシェアして食べました。

8月25日最後
さて、最後の料理は”鰹の刺身”です。


私は元々生魚の刺身が苦手でしたが、友と知り合って生魚の旨さを教えて頂き、今ではすっかり刺身のファンになりました。””との真の友情は続くと思います。


鰹の刺身”の旨かったと言ったら、言葉を失いました。



「愛媛グルメ紀行」 1,092

今日のお昼は(実際は8月27日でした)、私一人で”フォンターナ”さんに来ています。


私は”じゅんのつぶやき”と言うブログで”愛媛グルメ紀行”と言うシリーズを書いていて、延べ1,000軒を超えるお店に行っていますが、この日お店は断トツの1位でお訪ねしているお店です。


ほぼ週に一度はお訪ねしています。

8月27日
本当は妻も連れて来てやりたいお店なのですが、妻は麺類の中でラーメンとスパゲティを好まないので、連れて来れません。


残念でなりません。(なお後日”スパゲッティ”全般が嫌いなわけではなく、ナポリタン等のトマトソース系のスパゲッティは好きだという事が分かりましたので、日曜日毎に妻と”外食”していますが、その訪問リストに加えました)


なお、今日のランチは私の好きな和風メニューの代表作である”たらこスパゲティ”でした。

Cq1bNfXVIAAvpxn_convert_20160906101153.jpg
私が生まれて初めて”たらこスパゲティ”を食べたのは、学生時代に東京渋谷道玄坂にあった、和風スパゲティの生みの親”壁の穴”さんでした。


私は東京のある私立大学に行く為、4年間だけ東京の小岩に住んでいました。妻とは”遠距離恋愛”でした。

Cq1cSiCUsAA_sbU_convert_20160906101213.jpg
当時は携帯電話などない時代で、精々”公衆電話”で妻の声を聞くと言う程度でした。


松山にいる妻に会いたい為に、大学2年生の8月、酷暑の中を野宿を重ね、自転車で東京から愛媛に帰った事もあります。一途だったのですね〜!松山まで6日でした。「過去記事を振り返る」 23「過去記事を振り返る」 24


東京小岩→大磯の海岸・砂浜のベンチ(1泊目)→<箱根峠越え>→沼津のお寺の本堂(2泊目)→豊橋のお堂の下(3泊目)→<鈴鹿峠越え>→枚方の妹の寮(4泊目)→小豆島の港の食堂の2階(5泊目)→松山の叔父さんの家(6泊目)→<松山市内で妻と会う>→南予野村町の実家に到着、という6泊7日、”約1,000キロの自転車旅行”でした。

8月27日最後
一年間広島の予備校に行く為広島市に住んでいましたから、都合”5年間の遠距離恋愛”でした。


就職して社会人になるや、待ち構えていたのですから、その年に結婚しました。


妻はまだ”20歳の花嫁”でした。”自分で縫ったウエディングドレス”を着て。






「愛媛グルメ紀行」 1,093

今夫婦でお昼に来ています(実際は8月28日でした)。当初の予定では”天ぷら屋”に行く積りでしたが、行ってみると閉まっていました。


ちゃんと店舗情報は調べて、日曜日の営業はしているハズですが・・・(後日お店に確認すると、日曜日を定休日としていることが分かりました。平日に行くチャンスがあれば再度チャレンジしましょう)


止む無く第二候補の、昔ながらの洋食屋”イタリヤ軒”に来ました。

8月28日
実はそういう事も想定していて、全部で11軒を”リストアップ”しておりました。


そこで急遽第二候補のお店のイタリヤ軒にしました。このお店は創業昭和28年、今年で”63年目”と言う松山の老舗洋食屋です。


妻が好きな”オムライス”を食べさせたかったのです。

Cq6uecRVIAA3f0p_convert_20160906110053.jpg
注文したのは妻にはオムライスを、私はAランチです。Aランチが、ステーキかビーフシチューのどちらかを選べます。私は”ビーフシチュー”にしました。


真っ先に、私に付いているスープと、二人のサラダが出されました。

Cq6vm6EUMAAifXs_convert_20160906110122.jpg
私が注文したAランチがこちらの画像です。


洋食屋に付き物の”エビフライ”などです。

Cq6wI1vVUAEro47_convert_20160906110144.jpg
こちらの画像が、妻に!と注文した”オムライス”です。


なんとビッグサイズのオムライスでした。


店主の奥様が「オムライスが残った場合、お持ち帰り出来ます」と言われました。私のライスは小の小です。


ところが妻はこのオムライスを”完食”しました。

Cq6xTxhVIAAL-hf_convert_20160906110206.jpg
もう私、腰を抜かさんばかりに驚きました。そして涙が出る程嬉しかったです。


この画像が、完食した証拠です。妻の根性は大したものです。

Cq6x_LEUEAAZL57_convert_20160906110228.jpg
さて、オムライスを食べ終えてから海岸をドライブしました。


松山市内から国道196号線を北上し、旧北条市(今は合併して松山市)を目指して海岸線を妻とドライブしました。


先程我が家に帰りましたので、今日のミニ旅路は約4時間半と言うところです。

Cq7UHgsUEAAuqKt_convert_20160906110311.jpg
ドライブの目的は、単純に妻とおしゃべりを楽しむ事ですが、もう一つ目的がありました。


それは、海岸近くにある”北京飯店”さんの”鶏唐揚げ・持ち帰り”を買うことです。


このお店は唐揚げが名物で、松山市内からわざわざ持ち帰りを買いに来られる方が多いので有名なお店です。

Cq7V_2iVYAAemeC_convert_20160906110336.jpg
そしてこちらの画像が、その”持ち帰り用鶏唐揚げ”で二人前です。


お店の人は必ず「袋の口を開けて持って帰って下さい」って言います。袋の口を閉じると、揚げたての鶏唐揚げから湯気が出て、折角カラカラに揚がっている唐揚げが湿ってしまうからです。

8月28日最後
二人で車に乗って、妻が口の開いた鶏唐揚げを膝の上に持ちます。すると、唐揚げのいい匂いに襲われます。


自然に袋の中に手を入れて、ついつい摘み食いします。この誘惑に勝てる人はいないと思います。


あんな大きなオムライスを完食した妻が、何個もつまみ食いしていました。





「愛媛グルメ紀行」 1,094

今日のお昼は(実際は8月30日でした)、仕事の相棒と此花町にある”そばすし 和食ところ 一りん”さんに行きました。


このお店を選んだ理由は友から、美味しい”バッテラ”が頂けると言う情報を貰ったからです。事前調査という訳です。


友は、妻が”鯖寿司”を好きな事をよく知っています。

8月30日
なお”バッテラ”と”鯖寿司”は鯖をネタにした”押し寿司”と言う意味では同じです。


厳密に言えば作り方がやや違いますが、その辺りにこだわりはありません。


このお店は業歴30年と言う老舗でお父さんが寿司職人、息子さんが蕎麦職人さんで、寿司と蕎麦の両方が売り物と言うお店です。

CrFCxQxWAAAk2ke_convert_20160906153334.jpg
メニューには”バッテラ”が、ちゃんと載っていました。一皿350円です。


妻と外食するお店のリストに入れたいと思い、”バッテラ”を試食する為に来たのです。


ですが、今の季節いい鯖が仕入れられないと言うことで、9月中旬以降でないと食べられないと言われました。やはり鯖も季節のものですね。

CrFDzEnW8AArnMN_convert_20160906153359.jpg
そこで止む無く”冷たいおろしそば”を注文しました。


このお店は元々”亀寿司”という寿司屋で、お店の名物ネタは”穴子ちらし”です。もちろん既に食べましたが、それはもう声を失うほど旨かった!ですね~!


そして息子さんは寿司職人にはならず、”蕎麦職人”の道を選ばれました。まだお若いのですが、既に一流の蕎麦を打たれます。

CrFHsgXXEAA8iwU_convert_20160906153421.jpg
つまり、”寿司”も”蕎麦”も一級品という、市内でも大変珍しいお店になりました。


ですから、昔からのお父さんのファンというお客さんと、新たに息子さんのファンになったという二通りのお客さんが来られますので、昼時は満席に近い。


客層が広いという特徴のあるお店です。

CrFEzBTWcAAOv0X_convert_20160906153443.jpg
なお上の画像は、今夜妻に食べてもらいたいと、持ち帰りの”だし汁巻き玉子焼き”を注文したものです。


このお店の”だし汁巻き玉子焼き”は、これはこれでとっても旨いんです。妻が喜ぶ顔が思い浮かびます。

CrFFzh0WAAEVnWn_convert_20160906153511.jpg
蕎麦を完食してお店を出て、目の前の県道に向かい側迄歩いていると、県道を隔てたクリーニング店から、「おっ!!!」っと声が漏れそうになる位美人の若い女性がクリーニング店から出てこられ、私を見ていきなり「じゅんさんですか?」っと。


私には、こんな若い美人の知り合いはいないはずです。すっかり???????でした。


私、どもりながら「ワ・・わ・・・私が”じゅん”だと、なぜ分かったの?」っと、その美人さんにかすれた声でお聞きしました。


「信号待ちしていた時、”一りん”さんの玄関を写真撮っていたでしょう〜!だから”じゅん”さんでは?と。私”じゅんのつぶやき”毎日見てますから!」と。


相棒が「この人、有名なんですか?」と驚いた顔して美人さんに尋ねましたところ、「ええ〜〜私の友人も見ていますよ」っと。

8月30日最後
相棒が車に乗りながら「Hさん、大したものですね〜〜”有名人”なんですね〜」っと目を剥いた。


そう言えば、飲食店で写真を撮っている時、時折声を掛けられることが増えています。やはり、継続は力ですね〜!


いずれにせよ試食なしで、妻と外食するお店に”リストイン決定”です。もっとドンドン候補を増やさなきゃ!







「愛媛グルメ紀行」 1,095

今日のお昼(実際は9月1日でした)は、道後樋又にある”四川飯店 菜温”さんに一人で行きました。


何時もは自宅でコンビニで買ったもので済ましていますが、余りにも味気ないので気分転換する為に行きました。


又日曜日に妻と外食していますが、その下見も兼ねてという気持ちもありました。

9月1日
このお店は、店主の調理人さんが中国の方で、ある大手ホテルの厨房で腕を磨かれていて、城北地区の中華料理の名店だと思っています。


ただこのお店は日曜日に営業されていない事が分かり、妻との外食の候補からは外す事になりました。

CrPW-0PVUAAVT29_convert_20160907150017.jpg
なお今日は、冷たい麺が三種ありますが、その中でまだ食べていなかった”冷たいサンラータンメン”を注文しました。


サンラータンメンの特徴は、大量の”お酢と胡椒”を使っているところにあります。


先ず上の画像が”冷たいサンラータンメン”です。

CrPX_DKVUAAjFjO_convert_20160907150040.jpg
具材には、クラゲ、蒸し鷄、太いモヤシ、錦糸卵、大葉、豆腐、トマトなどが使われています。


料理はお皿に描いた”絵画”ですね。彩りも鮮やかです。

CrPZEImUMAEF1NA_convert_20160907150109.jpg
麺も美味い。ところが、私は酸っぱい味が苦手であることを忘れていました。


今迄も、他のお店で同じメニューを2回程食べていますが、その2回共完食しています。


しかし、このお店は超本格派の中華料理店です。酸と胡椒がたっぷり入っていました。

CrPaKHNUkAAJcUf_convert_20160907150128.jpg
残念ながら完食出来ませんでした。


そこで分かった事は、妻との外食候補の中華料理店は、一流店・専門店でない方がいいと言うことです。


何のことはありません。我が家の近くに、子供が小さい頃に家族でよく行った中華料理店があるではありませんか。あのお店を妻との外食候補にしましょう。

9月1日最後
妻との”外食候補探索”と言う目的は、皮肉な形ではありますが、達成する事が出来ました。


これで、リストアップ店は12軒目になりました。


さあ〜!後3時間で妻が帰って来ます。夕食は何にしようか?思案することにしましょう。







「愛媛グルメ紀行」 1,096

今日のお昼(実際は9月2日でした)は、一番のお気に入り和食屋”ヤツゲ亭”さんに行きました。


9月限定秋刀魚の塩焼きと豚汁定食”を頂く為です。


ヤツゲ亭”さんはツイッターをしておられていて、私はそのツイートをほぼ全部リツイートしています。そこで、9月限定定食を9月初めに試しに行ったという訳です。

9月2日
秋刀魚”は今が出始めです。しかも今年は台風が多く”秋刀魚”は品薄です。


品薄である上に出始めですから、仕入れ値は張ると思うのですが、惜しげも無くお昼のランチに使われます。


その心意気や良し!ではありませんか。上の画像がそれです。贅沢ですよ〜!

CrUxFswVMAAkjts_convert_20160907151645.jpg
たった今焼いたばかりの”秋刀魚”に、スダチをぎゅっと絞って、タップリの下ろし大根で頂きます。


秋刀魚君の目を見てください。


これは私を睨んでいるのか?

CrUxpCAUsAAL8OD_convert_20160907151709.jpg
秋刀魚の奥には、まあ大きい器に、”豚汁”がコレでもか!と言う程盛り込んであります。


具材も数え切れないくらい入っていますし、第一旨いんですよ。


野菜不足気味な私にとっては、嬉しいメニューです。ただ、コレ食べ切れるか?と言う不安が・・・・・。

CrUylxBVUAAYut4_convert_20160907151732.jpg
その他、切り干し大根と油揚げ、味付け半熟煮卵、そして香の物とご飯です。


又コーヒーはセルフで飲めますし、抹茶入りパンナコッタと言うデザートも付いているんですよ。


店主さんの意気込みが嬉しいですね。

CrUzZ9WVMAEU1jU_convert_20160907151757.jpg
実はこの日の朝、妻をデイケアに送り出す頃、心臓の下部が締め付けられるように痛みました。


30秒間痛んで、1分間は落ち着くという事を繰り返していました。


「コレは・・・・・・”心筋梗塞”???っと不安になり、近くの規模の大きい病院に駆け込みました。症状を訴えると、直ぐにベットに寝かされ点滴が始まり、レントゲン検査・CT検査・血液検査・尿検査が矢継ぎ早に実施されました。

CrUzaANVYAAURb8_convert_20160907151820.jpg
その間も、心臓が締め付けられるような痛みが断続的に続いていました。


その時に思ったことは「私は妻より先には絶対!絶対に死ねない」ということです。「私が死んだら妻の面倒は・・・・・誰が?」考えただけで恐怖と不安に更に胸が締め付けられました。


ところが、検査結果です。「何一つ悪い所はありません、極めて健康です!」っと。それを聞いた瞬間から、不思議なことに胸の痛みが嘘のように去りました。どうやら、知らず知らずの内に疲れが溜まっていたようです。

9月2日最後
そのこともあって、このお店で栄養をつけようとお昼にお訪ねしたのです。


この画像が、”抹茶入りパンナコッタ”です。


残念ながら、お料理は”豚汁”を残してしまいましたが、”秋刀魚”は腹わたまで綺麗に食べました。


豚汁”に入っている里芋やゴボウも旨かったです。また来ます、このお店には何度でも。










「愛媛グルメ紀行」 1,097

今日のお昼(実際は9月3日でした)は、仕事の相棒と溝辺町にある中華の名店”中国料理彩華”さんに行きました。


このお店は、松山で初めて店を出したところが、我が家の近くでしたので、子供達が未だ小さかった頃には家族連れでよく行ったものです。

9月3日
私は、松山市の城北地区(松山市は松山城が松山の中心に位置していて、城を中心に城北・城南・城東・城西に分ける)中華料理店の名店の一つだと思っています。


このお店のナンバーワンの人気メニューは”海老チリ定食”で、ナンバーツーの人気メニュが、私がこの日注文した”麻婆豆腐定食”です。

CraCIESXEAAo9aB_convert_20160907155350.jpg
超本格的な”麻婆豆腐”で、四川料理の代表的メニューの麻婆豆腐や担々麺には欠かせない”花椒(ホアジャオ)”がタップリ入っています。


本格的麻婆豆腐や担々麺を「辛い」と形容する人もいますが、より正確に言いますと「痺れ辛い」でしょう。旨かった。

CraGX-yWcAEhES9_convert_20160907155434.jpg
相棒は、ナンバーフォーの人気メニューの”五目焼きそば”を注文しました。


豊富な具材と、絶妙の味付けに言葉を失っていました。彼は既にナンバーワンの人気メニューの”海老チリ定食”は食べています。


この日の彼のお目当ては、このお店”オリジナル冷麺”でしたが、もう既にシーズンを終えていました。

CraIzUkWYAEaJiK_convert_20160907155451.jpg
二人共大満足で、午後の仕事に向かいました。


明日は日曜日なので、”妻と外食”をする日です。お目当ての”天ぷら屋”さんに電話すると、日曜日が定休日だと言われました。デイケアは平日に行かない日も9月はありますので、そういう日に”天ぷら屋”さんには行くことにしました。


さて、12のリストアップ先の中のどのお店に行こうか?ワクワクしながら思案中です。







「愛媛グルメ紀行」 1,098

今日、日曜日のお昼(実際は9月3日でした)は、例によって”妻と外食”する日です。


行った先は、”妻との外食リスト”12軒の内の1軒で、西条市小松町にあるイタリアンレストランの”アルバトロス”さんです。

9月4日
9月4日の日曜日、私達夫婦は国道11号線を高松方面に向かって、自宅から約一時間の西条市小松町のイタリアンレストラン”アルバトロス”さんに行きました。


丁度台風が高知沖を通過している頃でしたが、雨は殆ど降りませんでした。


例によってセブンイレブンのソフトクリームを舐めながら、ドライブを楽しみました。

CremRD4UkAARSJQ_convert_20160908140805.jpg
アルバトロス”さんには、私一人で来た事はありますが、次は妻を連れて来たいと思っていたお店です。


お洒落で落ち着いた雰囲気のお店です。


以前はこのお店の店名を冠した”アルバトロスピザ”を食べました。今日はそれと”シーフードカレー”を注文しました。

CrfF8JyVUAAugaJ_convert_20160908140829.jpg
先ず先に妻が注文した”シーフードカレー”が出されました。逆光だったので綺麗な画像ではありませんが。


ムール貝とアサリは、殻から身を取り出して妻が食べ安いようにします。


妻が美味しい美味しいって食べている姿は、何とも言えません。

CrfHaaXUMAE0PpB_convert_20160908140848.jpg
なおこの画像が、”シーフードカレー”のアップです。


逆光が、返す返すも残念ですね。


前回食べた、北条浅海の”アイビーハウス”の”ゴールデンカレー”とは、かなり違った様相を呈しています。


妻は「こちらの方が美味しい!」でした。

CrfIgqmUkAM8tz9_convert_20160908140913.jpg
次に私が注文した、”アルバトロスピザ”の一番小さいサイズです。


これは、逆光を避ける為に立ち上がって妻の側に立って撮しました。


切ってありませんので、”ピザカッター”で切り分けます。薄い薄い生地でパリっとしています。

CrfI9gZUMAEDead_convert_20160908140941.jpg
この薄さをご覧ください。


生地はパリパリですが、チーズがネットリと伸びに伸びます。


旨い!”としか言いようがありません。

9月4日最後
妻は、”シーフードカレー”を完食です。


今回で外食は8回目ですが、その全部を完食しています。おまけに、私が切り分けたピザ1/8枚も食べました。


体重が41キロしかない、細身の妻が!


約3時間半のミニ旅を終え、夕食の買い物も済ませて帰宅しました。






「愛媛グルメ紀行」 1,099

この日(実際は9月日でした)は、私一人で私の一番のお気に入りで、行っている回数も群を抜いて多い”フォンターナ”さんに行きました。


このところ、毎週日曜日には”妻との外食”を繰り返しています。

9月6日
その中で、妻は”スパゲティ”は好きではないと言っていました。


ところが話をよく聞いてみますと、それは”和風スパゲティ”を好まないと言うだけで、”ナポリタン”などの”トマトソース系”は好きだと言う事が分かりました。


これで、私が一番好きなお店に妻を連れて行けます。

Cro_0DQVUAEc_Pb_convert_20160908151411.jpg
妻と私ではスパゲティの味の好みは違いますが、夫々が好きなメニューを選べば良いだけのことだと言うことが分かってホッとしました。


なお、私は徹底的に”和風味一辺倒”です。


9月火曜日のランチは、”マッシュルームとアサリの和風スパゲティ”でした。ランチだと550円ですよ。

CrpAiHDUIAAZrb5_convert_20160908151440.jpg
この日、このお昼に到着するまでもキノコとアサリの和風スパゲティを注文しようと決めていました。


ですから、ランチメニューを見て火曜日のランチでドンピシャでした。


上の画像”マッシュルームとアサリの和風スパゲティ”です。

CrpBMh1VUAErIBG_convert_20160908151510.jpg
このお店の和風スパゲティは、とっても”つゆだく”なんです。


そして、その”和風汁(つゆ)”が旨いんですよ〜


私用に、麺を少な目にして頂いていることも嬉しいですね。

CrpCZoCVMAAIhI__convert_20160908151528.jpg
今日の麺は110gでした。私の顔色を見て麺の量を調整してもらっています。


今日は、最後の汁(つゆ)一滴残さず完食しました。


食べ終えた後は、例によって”グレープフルーツジュース”のサービスがありました。他にもこのお店と同じサービスをして貰うお店も出来ました。

IMG_9550_convert_20160908151547.jpg
フォンターナ”さんを出た後は、北条の”北京飯店”さんに持ち帰り用”鷄唐揚げ”を買いに行きました。


前回、妻と一緒に買いに行ったお店です。

9月6日最後
でも今日は妻はデイケアに行っているので、助手席に妻はいません。


妻の代わりに”鶏唐揚げ”君が、ポツネンと座っていました。妻のいないドライブは実に寂しいです。


でも、妻のつまみ食いが止まなかったあの美味しい”鶏唐揚げ”を買って帰り、夕食に妻に食べさせてやりたいのです。







「愛媛グルメ紀行」 1,100

この日(実際は9月8日でした)は、上一万にある”ちゃんぽん食堂 てっちゃん”さんをお訪ねしました。


このところ、お昼は自宅で一人コンビニ弁当を食べる日が続いていました。

9月8日
この日は、体が”煮野菜”を求めていたので、”煮野菜”がタップリ入っているこのお店の看板メニューの”ちゃんぽん”を食べに行ったという訳です。


このお店は極親しく、何時行っても「じゅんさん、いらっしゃい!!」と迎えて頂けるお店でもあります。

CrzXAP7VUAA_1xV_convert_20160908154246.jpg
このお店は、私がブログ”じゅんのつぶやき”の中の一ジャンルである”愛媛グルメ紀行”シリーズを盛んに書いていた頃、通り掛かりに偶然入ったお店です。


店主さんも奥さんもお若い上に、典型的”美男美女”です。


又、店主のお父さんが高浜港観光港前で”てっちゃん”と言うお店をやっておられます。

CrzYGGDVIAATB1P_convert_20160908154307.jpg
お父さんから暖簾分けしてもらい、約4年前に城北地区のこの地で開業されました。


妻との”外食シリーズの候補”には、ちょっとなりにくいお店です。


メニューには居酒屋メニューが多い事と、人気店で昼時は何時も混雑しているからです。

CrzZSpIVYAETyBl_convert_20160908154346.jpg
私は”煮野菜”が食べたかったので、このお店の看板メニュー”ちゃんぽん”を注文しました。


ところで、”ちゃんぽん”が入ったこの””をご覧ください。器の口径が小さく、背丈が高い器です。


この器を選ばれた理由は、このお店は女性客も多い事がポイントです。

CrzaQKeUIAAumHd_convert_20160908154405.jpg
近くには愛媛大学や松山大学があって、女子学生も多くこのお店に来られます。


そういう背景で、器の口径を大きくすると、如何にも大食いのイメージになる。そのイメージを避ける為に口径を小さくして背丈を高くされました。


お客さんの立場を考えられたのです。

CrzbbeoUMAAnbmA_convert_20160908154427.jpg
さて”ちゃんぽん”と言うメニューは、具材が多彩なメニューです。


むきエビ・イカげそ・豚肉・蒲鉾・ジャコ天・キャベツ・モヤシ・コーン・ほうれん草の茎と葉・ニンジン・キクラゲ・すりゴマ等々。


これでもか!と言う程盛り沢山です。

CrzcZZsVMAAb0dM_convert_20160908154446.jpg
トンコツ系のスープも旨いし、麺もいい。


スープはお父さんから引き継いだもので、コクがあるのですが決してくどくないスープです。


開店1年目からガッチリお客さんの舌と心を鷲掴みされたのです。”器選び”にもこのお店の姿勢が見て取れます。

9月8日最後
この画像をご覧ください。”ほうれん草の茎”です。


初めてこのお店に行った時、私は店主さんに言いました。「このほうれん草の茎は、敢えて歯ごたえを残すように硬めに湯掻いたのですか?」と。


すると「そこまで分かって頂いた!作り手も、作り甲斐があります!!」と顔をクシャクシャにされました。


その瞬間に、私はこのお店と親しい関係が築けたのです。それ以降足繁く通う様になりました。


当然、お父さんがやられている高浜のお店にも何度も通う迄になりました。


最近では、取材の為に新しいお店に行く気力が無くなりました。その意味では、気心が知れたお店ってありがたいですね。



「愛媛グルメ紀行」 1,101

この日(実際は9月9日でした)は、北久米町にあって私一番のお気に入りの和食屋”
ヤツゲ亭
”さんをお訪ねしました。


前々職時代の同僚を招きました。彼はもう既に退職しています。

Cr5XZN9UkAA4e3N_convert_20160915151421.jpg
ヤツゲ亭”さんなら、何方を招いても間違いがないからです。


久しぶりに二人で食べて、昼酒を飲みました。先ずは”生ビール”で乾杯です。

Cr5YZHJUsAAn_jR_convert_20160915151442.jpg
私は、”和牛わさび焼き定食”のご飯と汁物を除いたものを注文しました。


わさび焼き”はもちろん、文句無しに旨い。


付け合わせの野菜の中で、取り分け異彩を放っていたのが”セロリ”です。肉料理にもよく合っていました。

Cr5aO0pUEAA84mE_convert_20160915151501.jpg
小皿料理は、画像の”ナスとピーマンと人参に豚肉”が入っているものと、”ヒジキの煮もの”でした。


さすがに和食職人の達人の手になるものです。


小皿料理でも存在感がありました。

Cr5c-rtVUAIJv8D_convert_20160915151521.jpg
そして私のツイッターをフォローして頂いている方で、”たま吉”さんというハンドルネームを持った方がいらっしゃいます。


その”たま吉”さんにヒントを頂いた”重陽の節句”、別名”菊の節句”(9月9日)に合わせて”菊酒”を二人で飲みました。


菊酒は古来、不老長寿に効果があると言われている、縁起物の酒です。菊は私が行きつけの花屋さんで買って持ち込んだものです。

Cr5ee9HUkAEZRZR_convert_20160915151541.jpg
〆には”ぶっかけ茶そば”を注文しました。


腰がある”茶蕎麦”に、和食職人の達人が作った出汁が絶妙に合っています。友人にも満足してもらえたようです。


昼酒を飲んで帰宅した後は2時間ほど昼寝をしました。心身共にリラックスできた一日になりました。












「愛媛グルメ紀行」 1,102

さて、今日の日曜日は”夫婦でドライブ”して、お昼は”外食”と言う習慣通りに午前10時頃家を出ました。


この日は”そば吉”さんに行く予定で、”そば吉”さんの数多いお店の中でも伊予市の国道56号線沿いにある”合掌造り”のお店を目指してドライブしました。


ところがそのお店は現在無くなっていたので、急遽56号線を引き返し北条方面の196号線に向かいました。

9月11日
なおお約束通りに、セブンイレブンで買った”ソフトクリーム”を二人で舐めながら、56号線→196号線とドライブしました。


私達夫婦は”ソフトクリーム”には目がないので、季節に関係なく食べます。

CsCsaHnUkAIJL-z_convert_20160915154555.jpg
この日選んだお店は蕎麦屋で、それも特に”そば吉”さんを選んだのには理由があります。


この”そば吉”さんは、松山の蕎麦屋としては一番の老舗でしょう。


このお店を選んだ理由は、味ではなく、懐かしい思い出のお店だからです。私達が出会った(妻高1、私高3)時によく行ったお店です。

CsCuLVGUIAA4kEf_convert_20160915154613.jpg
妻15歳私18歳の頃の事です。


その当時二人がよく行ったのが”ことり”と言う鍋焼きうどん屋、”和”と言うお好み焼き屋、”あたりや”と言うかき氷屋、そしてこの”そば吉”でした。


そしてこのお店で妻決まって注文したのが”田舎そば”でした。

CsCvCccVIAEtK0X_convert_20160915154632.jpg
あの頃は蕎麦屋と言えば”そば吉”さんしか無かったのです。


でも数多いメニューの中で、妻は”田舎そば”しか注文しませんでした。その点は明確に覚えているのです。


ところが、その当時私が何を注文していたのか?全く覚えていないのです。

CsCvpAmUEAA_qgB_convert_20160915154651.jpg
そこで止む無く、無難なところで”鴨なんそば”を注文しました。


それがこの画像です。

9月11日最後
妻は”田舎そば”を完食しました。「懐かしい!」と言いながら。


一方私は完食出来ませんでした。最近昼時には食欲が出ない事と、蕎麦に関する味覚が変わって来たからか?


帰り道夕食の買い物をして今自宅に着きました。約3時間半のミニ旅でした。



「愛媛グルメ紀行」 1,103

今日は日曜日(実際に行ったのは9月18日)ですから、例の如く妻とセブンイレブンのソフトクリームを舐めながら産直市に行きました。

9月18日
途中から雨になりましたが、車内の中は笑顔と笑いで満ちたドライブになりました。

CsnNw4LUsAQcn0p_convert_20160930134306.jpg
ドライブしながら行った先は、西条市丹原にある”周ちゃん広場”と言う産直市です。


丹原町は農業が盛んで、果物も柿やブルーベリーなど多彩で魅力的な産直市場です。


今日は三連休の中日で、広い駐車場は満車状態でした。

CsnROiUVUAEq_98_convert_20160930134326.jpg
さて松山市内に帰って、リストアップしているお店に行ったところ、駐車場は満車で入れませんでした。


そこで、そのお店の近くにもリストアップしているお店があったので、そちらに行きました。


それが”そばすし 和食屋ところ 一りん”さんです。

CsnSz9sUIAEwDUR_convert_20160930134417.jpg
このお店は、8月30日にツイート済みです。その時は、妻の好きな”鯖寿司”がこのお店にあると言う情報を得ていたので、私が先に試食しておこうと思ってお訪ねしたのです。


ところが、その時には良い鯖が入っておらず、女将から「9月中旬以降に!」って言われていました。


女将に鯖寿司はどうか?とお尋ねすると「ええ〜!今日は入っていますよ」っと。


「ああ〜よかった!妻が鯖寿司好きなんですよ〜!妻に食べさせてやりたくて今日は来ました」と私が言いますと、お店の女性が「マ〜〜!優しい旦那さん!」っと溜息を。

CsnVU_nVYAAb-5T_convert_20160930134437.jpg
私、思いっきり赤面しました。その女性が「奥さんはお幸せですね〜!」っと続けられたので余計に赤面。


妻は私の隣でニコニコするだけです。


さて妻の好きな”鯖寿司”です。このお店の物は”バッテラ”ですが、味は似ています。

CsnWO1KVUAAdHgH_convert_20160930134501.jpg
鯖寿司は3切れですので、女将さんの勧めで、”半ざるそば”も同時に注文しました。


妻は「美味しい!」と言って、半分のざるそばが出てくる前にペロッと”鯖寿司”を平らげました。


妻を連れて来たのは正解でした。私にも笑顔が溢れます。

CsnZTM-UkAA9MzX_convert_20160930134528.jpg
私は”天ざるそば”を注文しました。


私が店内でざるそばを撮影している時、厨房から蕎麦を打っていた息子さんが客席に出て来られましたので、「前回このお店に来た時、お店を出て横断歩道を渡りますと、前のクリーニング店から若い女性が」っと私。


「その若い女性が私を見て、いきなり<じゅんさんですか?>って。驚きましたよ〜」っと私。


息子さんが「ええ〜!そのようですね〜!」っと。お店ではもう私が誰かは分かられているようです。


それにしてもこのお店の蕎麦は、旨い!

9月18日最後
妻だって、半分のざるそばをアッと言う間に食べ切りました。


二人で最後に蕎麦湯を飲んで、満足してお店を出ました。


お店を出ると勝手口から息子さんが出て来られて「今日はありがとうございました!」と挨拶されました。今日も楽しい日曜日になりました。




「愛媛グルメ紀行」 1,104

今日(実際は9月19日でした)のお昼は、”旬彩処 あずま”さんをお訪ねしました。


このお店はツイッターでその日のランチをツイートされています。


今私は約1,300先をフォローしていますが、このお店を私がフォローしたのはツイッターを始めて6番目です。

9月19日
つまり古くからのツイッター友のお店です。このお店の女将さんからは、妻への見舞いのツイートもして頂いていたので、お礼を兼ねてお訪ねしたと言う訳です。


このお店も私がお訪ねすると「じゅんさん、いらっしゃい!」と言って頂けるお店です。


お訪ねすると玄関を入った所に張り紙がしてあって、「一身上の都合で10月15日をもって営業を終了させて頂きます」と。
私が入っていくと「じゅんさん、わざわざ来て頂いて・・」と女将。「閉店ですって?」と私。

CssNkueUAAAWF8z_convert_20160930141021.jpg
私にも、他のお客さんへも「長い間ご利用しただきましたのに、申し訳ありません」っと女将さんが本当に申し訳無さそうなお顔で詫びられました。


どうやら体力的限界があるようでした。

CssPik1UMAAm28i_convert_20160930141042.jpg
注文したのは、”天ぷら盛り合わせ”と”稲庭うどん”です。


このお店への最後の注文となりました。このお店の店主さんは、長年道後の大きな旅館の料理長として腕を振るって来られた方です。


店主さんも厨房から出て来られて色々話しました。

CssQgmXUkAA5k7L_convert_20160930141100.jpg
「今年で満6年になります。もっともっと出来ると思っていたのですが・・」っと店主さん。


「いや〜!人生色々ありますよ。どなたでも体力の限界って訪れるのですから!」っと私。


「毎日来て頂いているお客さんに申し訳なくって!」っと店主さん。

CssRgOtVIAARfEh_convert_20160930141121.jpg
「ツイッターでその日のランチをツイートされたり、随分努力されましたね〜!」っと私。


「じゅんさんにそう言って頂けて嬉しいですよ〜!」っと女将。


いや~~!!”稲庭うどん”が旨いんですよ。

CssS1_xUMAAC_TD_convert_20160930141140.jpg
常連のお客さんが入って来る度に「すみませんね〜!何時も来て頂いていたのに!あっ、B定食ね〜!○○さんB定ね!」っと厨房に注文を通される女将さん。


このお店のその日のランチは2種あって、コーヒー付きで680円です。多くの方の味方でした。

9月19日最後
私は単品で注文しましたので、出された酢の物とコーヒーはお店のサービスです。


「このお店を止めても、じゅんさんのツイッターは見続けますからね!奥さんを大切にされている様子がよく伝わってきますよ〜!」っと女将さん。


私はお二人に拍手をしてお店を後にしました。お疲れ様でした!!






「愛媛グルメ紀行」 1,105

今日(実際は9月20日でした)は、久しぶりに友とお昼を共にしました。行った先は、松山市駅前にある老舗のビアホール”ミュンヘン”さんです。


このお店は松山のビアホールの草分け的な存在で、”鶏唐揚げ”が看板メニューです。

9月20日
我が家では、持ち帰り用のお土産としては一番喜ばれるのが”鶏唐揚げ”です。


私が夕食前に”鶏唐揚げ”を持ち帰ると、家族が歓声を上げ喜んだものです。


持ち帰り用は最近でも買って帰っていましたが、お店で食事をするのは何十年振りです。

CsxwrXdWIAA_v8k_convert_20160930144916.jpg
お店で注文したのは、メインに”鶏足”です。


その他に”チョリソー”(香辛料入りのソーセージ)や”野菜サラダ”、更には看板メニューの”鶏唐揚げ”です。


料理が出て来る前に先ずは乾杯しました。なお私は車でしたので”ノンアルコールビール”です。

Csxx2ieWIAAvQXv_convert_20160930144939.jpg
上の画像が、ソーセージの”チョリソー”です。刺激的な味でした。


私は”ノンアルコールビール”でしたが、味と風味はビールそのものです。90歳で亡くなった父を外食に、月に2回連れて行っていましたが、その時父には”ノンアルコール”を飲ませていました。

CsxzJR6WcAANufe_convert_20160930145003.jpg
父は最後までノンアルコールビールを本物のビールだと思っていました。


ノンアルコールビールを飲む度に「じゅんよ〜!やっぱり焼肉にはビールよの〜!父ちゃんの〜日本酒が好きやったけど、最近ビール党になっちょるんよ〜!」っと言って目を細めまたものです。

Csx1f4UXgAAaYbn_convert_20160930145048.jpg
さて今日の食事のお目当は、画像の”鶏足”です。


これが香ばしくって旨いのなんのって!友と「う〜〜〜ん!旨いよなぁ〜!」っと唸りました。


鶏足”の、骨に沿って微妙に味と食感が、つまり味わいが違っているんですよ。


友は生ビールでしたから、余計に唸っていました。

9月20日最後
私は”鶏足”でお腹一杯になりましたが、友は更にこのお店の看板メニュー”鶏唐揚げ”を注文しました。


このボリュームですよ〜!私も1個だけお相伴しましたが、友は2個平らげました。


約1時間半余りの時間、充実した時を堪能し尽くしました。




プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード