スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドライブ外食デート」(天津飯を求めて)

今日は日曜日ですので、妻と「ドライブ外食デート💗」をしました。(実際は4月30日、昨日の事です)


又、ドライブと言ってもこの日の翌日(5月1日、つまり今日)は、私の愛大医学部附属病院での「ペットCT」検査を控えていましたので、ドライブは我が家から車で約5分のところにあるお店を往復しただけでしたが。

アスターC-oZwZNV0AAnTRe_convert_20170430194507
行った先は、昨日仕事の初代相棒と一緒に行った、中華料理の名店「四川旬采 アスター」さんに行きました。


玄関を出てお店で食べ、家の玄関に帰るのに丁度1時間です。


すぐ近くの全国チェーンの大手「餃子の王将」が数年前に開店しましたが、このお店は根強いファンが多く、影響は全く受けていません。

カニ肉入り天津飯C-oc2n6UAAAn7oW_convert_20170430194531
このお店を選んだのは、このお店の「カニ肉入り天津飯」を食べさせてやりたかったのです。


今までは天津飯は数多くを食べてきていますので、今日は妻にカニ肉入りを!っと思いました。


さてこの画像が「カニ肉入り天津飯」です。卵スープと漬物が付いています。


大きい丼に入って出されましたので、妻が食べにくかろう?と、最初は私が天津飯を小皿に取り分けて妻に渡したしました。

食べているC-od7R8UAAAw9H6_convert_20170430194555
ところが、途中から妻は自分でレンゲで丼から直接食べていました。案ずるより産むが易しですね。


何でも手取り足取り、妻の世話を焼きたいのですが、それが却って妻の生活機能低下になりはしないか?


ここは、考え所のようです。

妻完食C-od7R-VwAQuhbp_convert_20170430194617
妻は上手にレンゲを使って、カニ肉入り天津飯を「完食」しました。


スープも漬物も綺麗に「完食」しました。かなりの量が有ったと思いましたが、妻は元気です。

ジャージャー麺C-ohRgiUIAA53FP_(2)_convert_20170430194704
又、私が注文したのは、「ジャージャー麺」です。


昨日も同じ「ジャージャー麺」を食べて「完食」し、自分に感激し、又食欲に自信が持てましたが、連続して同じ完食が出来るか?試して見たかったのです。


これで今日も「完食」出来たら、これからの私の「勝負メニュー」は、このお店の「ジャージャー麺」と言う事になります。挑戦しました。

掛けるC-ohRgiUIAA53FP_(1)_convert_20170430194740
この濃厚な「肉味噌」が、全てのアクセントになっています。食欲を湧き立たせる役割が凄いんです。


肉味噌を麺と具材の野菜の上に満遍なく乗せると、上の画像になります。

混ぜるC-ohRmLUAAA3WWn_convert_20170430194802
乗せ終わると、後は親の仇に会ったかに様に、徹底的にグチャグチャにかき混ぜてます。


日本人的美的感覚から見れば、あ〜あ〜😢っと言う事に。


でも「ジャージャー麺」は混ぜれば混ぜる程旨いんです。一気呵成にかっ込みました。

完食C-p42g1VYAAqUA__convert_20170430194834
今日も舐める様に「完食」です。完全に私の「勝負メニュー」になりました。


食欲が落ち込んでいる時はこのお店の「ジャージャー麺」を食べて、自信を回復させようと思いました。


さあ〜明日から「癌と直接向き合う」週間がスタートします。


癌クン!仲良くしようね👍妻とのドライブ外食デートを奪わないで🙏


5月1日の「ペットCT検査」は、午前11時からです。








スポンサーサイト

コメントの返信が出来ませんので

石井博様
コメント頂きありがとうございました。現在のところ原因は分かりませんが、システム的にコメントの返信が出来ませんので記事の形でお礼申し上げます。

随分古い記事に目を留めて頂きありがとうございました。

現在の愛媛県松山市に残っている町名の由来を調べ記事にし、全40話のシリーズとしました。

それぞれの由来と、現在のその地の画像を見て頂くことで、愛媛の古い時代に思いを馳せていただきたいとの思いです。

いよいよ明日から

いよいよ明日から、私に取り付いた「」との対峙が始まります。


先ず明日の月曜日15日は、愛媛大学医学部附属病院の耳鼻咽喉科の主治医の先生から、先日「胃カメラ」を飲んで「消化器系統」を撮影した結果の診断を受けます。


実は既に主治医の先生から電話で「胃カメラ」検査の結果、咽頭にも食道にも胃にも、更には十二指腸にも「」はなかったということを聞いています。

IMG_5703_convert_20170514123304.jpg
そこで、火曜日16日は一日だけ入院して、「喉の癌」細胞をミニ手術で取り出し、「細胞検査」をすることになりました。


この「細胞検査」をすることで、私の「原発癌」(転移した喉の癌の元になった癌のこと)が、「」にあるか?無いか?が分かると言うことのようです。


ペットCT」撮影検査で、既に大腸などには「原発癌」は無いことが分かっています。


原発癌」があるとすれば、咽頭から十二指腸までの「消化器系統」か「」だと言われました。

IMG_5713_convert_20170514123351.jpg
ところが、「胃カメラ」検査で「消化器系統」には「」は無いことが既に分かっており、後は「」にあるかどうか?だけだそうです。


今回の「細胞検査」で、「」にも「」が無かったとしたら、「原発癌不詳」ということになるそうで、稀にある事例だそうです。


原発癌不詳」という結果になれば、愛媛大学医学部附属病院の耳鼻咽喉科の主治医の先生に、「セカンドオピニオン」を求めたいという意思を伝えたいと考えています。

IMG_5717_convert_20170514123418.jpg
セカンドオピニオン」でも「原発癌不詳」という結果が出れば、「喉の癌」の「抗癌治療」が始まります。


今頃の「抗癌治療」は、入院しなくても外来で治療できるそうです。


何れにせよ、今では「癌は容易には死なない病気」ということが常識になっているようですが、楽観は決して出来ません。私は障害を抱えた「」を残しては、決して死ねないのです。


心して粘り強く「癌に対峙」し、再び妻と「ドライブ外食デート💗」が出来るよう、頑張る所存です。




コメント、ありがとうございました

フラミンゴ様

ブログに頂いたコメントに、コメントをお返しするという形でできませんので、記事アップという形で返信させていただきます。
以前から私のブログを見ていただいるそうで、ありがとうございました。現在は表現形式を主に「ツイッター」としておりますが、不定期のブログアップにも関わりませず、毎日私のブログを覗きに来ていただいている方が少なくなくいます。ありがたいことです。

ですから節目にはブログ記事として、不定期アップさせていただいているところです。どうやら郷里が同じ「野村町」でしょうか?
最近野村町には帰っていませんが、私の故郷として今でも脈々と生きております。

さて今回の私の「癌」ですが、今月末には大勢が判明し治療方針も示されると思います。私は決して癌になど負けません。生き抜いて妻を支え続ける責任があります。再び元気なブログ記事がアップできますことに確信を持っております。コメント、ありがとうございました。



皆様にお知らせ

今日ここで私のブログを見て頂いている全ての皆様にお知らせがあります。


私の癌は「扁平上皮癌」だと分かりました。


私の余命は「半年」です。


勿論、何の治療もしなければと言うことです。


私は妻が私が死んだ場合も、「一生安楽に生活出来る場所と収入」を確保する迄は絶対に死ねません。


抗がん剤治療などで必ず生き延びます。生き延びなければならないのです。


抗がん剤治療は辛いと聞きますが、しなければ即死ぬんです。


血の涙をたとえ流したとしても、一日も長く生きて妻の行く末を担保します。まあ、私の「覚悟」を見てて下さい。



コメントの御礼

南国くじら様

ブログに長いコメントを頂き、ありがとうございました。


どういう訳か?頂いたコメントをコメントでお返すすることが出来なくなっており、本文記事アップに代えさせて頂きます。


お祖母さんのお話、大変に象徴的で考えさせられる内容でした。そして「さもあらん!それが人というものだ!!」と得心しました。


自分がやれる家族としての責任、それを果たすことが肉体的には負担になったとしても、人間としては生きるエネルギーになった。


私も家族にとって何が出来るか?取り分け妻にとって私が出来ることは何か?


更には「妻にとっての幸せ」ってなんだろう?


それに私がどうコミットすれば良いのか?様々に考えております。


そのあたりをじっくり考え、「私自身の健康増進」という観点を忘れずに「癌と立ち向かっていきたい」と考えております。







コメントの返信が出来ませんので

「勘助様」


ブログにコメント頂き、ありがとうございます。どういう訳かわからないのですが、コメント返信の形が取れません。


そこでブログ本文で、コメントのお返しをさせていただきます。


あしあと」さんには再びご夫婦でお訪ねになった。それもこれも、このブログの私の記事がきっかけでしたね。


何でも、人と人のご縁を取り持つきっかけなるのですね。


これからもどうか、「あしあと」さんで旧交を温めて下さい。






おひさしぶりです

「中谷様」


中谷さんが私のブログにコメント頂いたの、初めてだったかも。(間違っていたらごめんなさい)


前の人にも書きましたが、「コメント」→「コメントお返し」ということが出来なくなっていますので、ブロブの本文でお返しします。


さて、私の「癌」です。本人がそれを医師から聞いて、一番驚きました。まさか?自分が???そういう思いでした。


障害を持っている妻の為にも、私は「生きたい」のです。


ところが医学的にはそれが「不可能」ということです。


私自身は「死」に対しては、何の恐怖心もありませんし、何時死んでも全く納得です


もう自分の思う存分のことをして、今日まで生きてきました。何一つ「心残り」はありません。


ただただ問題なのは、脳に障害を持って要介護認定されている「妻の、私亡き後の処遇」です。


まだ私の体が動くうちに、妻が「生涯暮らせる施設」で、その費用は私の「遺族年金」と妻自身の「年金」で賄っていける「いい施設」を、ケアマネさんの協力を得ながら探しているところです。


その目処も、もう間もなく付くでしょう。そうしたら、私は精一杯「抗がん剤治療」や「放射線治療」を受け、一日でも長く「延命の努力」をします。


ステージ4の「癌」ですから完治はできませんが、しぶとく「癌」とお付き合いして「生き延びます」よ。


「中谷」さん、私、そう簡単に「死にません」よ!!!






プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。