fc2ブログ

「ラーメン骨太味覚」・「愛媛グルメ紀行」 211

今日は、大街道3丁目、ロープウェイ街に昨年4月、二番町から移転オープンしたばかりのラーメン屋さん”ラーメン骨太味覚 本店”さんをご紹介しましょう。


松山市が進める”坂の上の雲”事業の一環として、街並みが整備されて以来、お洒落でレトロな街に変身した”ロープウェイ街”の中ほどにあります。

玄関1   店構えは、至って普通の”ラーメン屋”さんです。


派手な”能書き”など一切ありません。


駐車場はありませんので、主なお客さんは、近隣のサラリーマン、しかも男性客が中心のようです。


厨房に、壮年と若者の組み合わせで3人、フロアー係りにアルバイトの若い女性1人の合計4人でやっておられます。

店内2   この店内の張り紙を見て、思わず微笑みました。


分煙をどうするかが、飲食店の最近の一種の悩みでしょうが、このお店では喫煙スペースを区切るお店の広さはありません。


客席数は、わずか22席なのですから。


そこで、分煙を時間で区切ることにされたようです。


立派なアイデアではありませんか。

メニュー3   メニューは、本格的な”ラーメン専門店”のそれで、極めてシンプルな構成です。

このお店は、醤油豚骨ラーメンで、麺は中太麺を使っているのが特徴です。


以前のお店は、街中で一杯飲んだ後の〆にここのラーメンを、という客が中心でしたが、今ではお昼の時間帯も、客で椅子が全て埋まります。


カウンターの前には、無料トッピングのリストが掲げられていて、”背油”と”野菜”と”ニンニク”が無料トッピングできます。


といっても、既にその3種はラーメンに入っていて、それを増量してくれるという位置づけのようです。


学生服着用、もしくは学生証提示で、この外の有料トッピング具材が100円引きというのも微笑ましいですね。

ラーメン上4   さて、こちらが注文した”ラーメン”(無料トッピングなし)です。


お値段は650円(内税)です。


具材は、大降りのチャーシューに、大きな海苔、刻みねぎに、大量のモヤシとキャベツです。


この、大量の野菜がこのお店の一つの特徴のようで、今まであまりお目にかかったことのないタイプです。

ラーメン5   スープは、”豚骨”をベースにしながら、それに鶏がらなどでとったしょうゆ味のスープが加わる、いわゆるWスープです。


豚骨特有の獣臭は一切ありません。


コクがあって、しかもまろやかな味のスープです。


大量の野菜は決して邪魔にはならず、食べる人の健康志向に合わせてのことではないかと思いました。


今まで食べたことのないラーメンですが、素直に美味しくいただけました。

アップ6   特に、この大振りのチャーシューは、口に入れるとハラリと溶けて、ジューシーに仕上がっています。


全体には、見た目は野菜が多すぎる?と思いましたが、食べてみると野菜の甘みが醤油豚骨スープとマッチしていて、絶妙のバランスです。

麺7   ””は、しっかりした中太縮れ麺で、小麦の味が美味しく引き出されています。


スープの絡みもよく、するするとお腹に収まっていきます。


スープは美味しいのですが、スープに大量の”背油”が浮いています。


この”背油”がこのお店のもう一つの特徴でしょう。


大量の”背油”を使うこと、スープが醤油豚骨であること、野菜を大量に使うこと、この3点の特徴からみれば、


背油ラーメン”の元祖、東京の”ホープ軒”の系列、もしくはそれを自分なりに改良された”ラーメン”と見ました。


松山では見られない”ラーメン”です、大きく育つことを祈ってお店を後にしました。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード