スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍花(りゅうか)」・「愛媛グルメ紀行」 213

今日は、枝松5丁目にある愛媛飼料ビルの建物の中にある中華料理店の”龍花(りゅうか)”さんをご紹介しましょう。


ここ、”愛媛飼料ビル”の敷地内は、昨年大きく模様替えがありました。


既存の建物を撤去し、新たに”マクドナルド”と”無添くら寿司”さんが新テナントとして入りました。


その撤去された建物の中に、中華料理店の”龍王亭”さんがありましたので、同一の駐車場を使っている中華料理のお店が2店舗あったことになります。

玄関1   こちらの”龍花(りゅうか)”さんは開店して3年目に入る、比較的新しいお店です。


”龍花(りゅうか)”さんが開店する前も別の中華料理店だったと記憶しています。


実は、こちらのお店、ワタシが勤務している会社から歩いて約2分のとこにあります。


建物撤去によりお店を閉めた”龍王亭”さんにはよく通っていました。


ずっと流行っていたお店で、昼時は近隣のサラリーマンで一杯という状態でした。

メニュー看板2   ところが、建物撤去でやむなく閉店です。


そうなりますと、今ではそれらのお客さんも、この”龍花”さんが一手に引き受けているというのが現状です。


お店に伺った当日も、お店の入り口付近には立って席が空くのを待っているお客さんでごった返していました。


そこでやむなく引返し、一仕事こなして午後1時30分まで待って、やっとお店に入れました。

客3   店内はこじんまりしたお店で、全部で30人も入ればたちまち満席です。


そこに、近隣のサラリーマンや作業服の男性客が約90%という状態で席を埋めています。


ほとんどの客が、”日替わり定食”600円を注文していました。


600円でコーヒー付きですから、うれしいじゃありませんか。


他にも、”とり天定食”や”エビ天定食”650円が用意されていますが、その中の一つが”日替わり定食”となって、50円安くなり、おまけにコーヒーが付くのですから、”日替わり定食”に注文が集中するのは当然でしょう。

エビ天ランチ4   ということで注文したのが”日替わり定食”で、当日は”エビ天定食”がそれに当たっていました。


これがその”エビ天定食”です、実にシンプルな構成ではありませんか。


大き目の”エビ天”のボリュームがあって、これでコーヒーが付いて600円ですよ。


ただし、”卵スープ”の器と中身が少なくて、ちょっとバランスに欠けた感があったのが残念でした。

エビ天5   こちらが”エビ天”のアップです。


どうです、結構なボリュームでしょう。

アップ6   更にアップでみますとこうなります。


食べてみますと、大きめと見えたのは実は衣で、中身の”エビ”は至って普通サイズでした。


でも、この値段なら文句は言えません。


ごった返している店内、それぞれに漫画本を見ながら、静かに食事しています。


回転がはやく、直ぐに次の客に入れ替わります。

隣7   隣の若い男性客は”焼飯”を前にして、さあこれからというところです。


山盛りですが、これが普通サイズ。


”焼飯”は500円です。もちろんコーヒー付き。


歩いて1分のところに天下の”マクドナルド”と”無添くら寿司”があります。


でも、このお店とは全く競合していません。完全に客層が違います。


小なりと言えども、全国チェーン店など全く敵にしません。


アッパレ!”と言うほかないじゃありませんか。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。