「骨太BUTAMEN」・「愛媛グルメ紀行」 215

今日は学生の町、平和通3丁目にありますラーメン店の”骨太BUTAMEN平和通店”さんをご紹介します。


実はこの”愛媛グルメ紀行”で、1月24日に211番目のお店としてご紹介した大街道3丁目(ロープウェイ街)にある”ラーメン骨太味覚本店”さんと、同系列のお店です。


同系列”のお店という意味は、オーナーが同じ人という位の意味です。

玄関1   ”同系列”の微妙な位置づけは後にするとして、玄関の店名の”ロゴ”は全く同じではありませんが似ています。


お店は10人も入れば満席に近くなる、小ぶりなお店で、駐車場も店の横に2台、平和通の向かい側に2台の4台です。


お客さんは、圧倒的に近くの愛媛大学、もしくは松山大学の学生が中心で、しかも男子学生が9割以上を占めるのでは?という感じのお店です。

食券2   お店は店長一人で切り盛りいていますから、注文は”食券”を買うことになります。


メニューはシンプルで、基本は”ラーメン”と”黒ラーメン”と"赤ラーメン”の3種。


それに、その3種の”つけめん”。


更には、”チャーシューメン”3種と、その”チャーシューメンのつけめん”3種の、合計12種です。

店内3   そして、様々なトッピングの他に、このお店の特徴である”背油”と"野菜”のそれぞれに、”大盛り”が選べます。


お値段は同じ。


そこで注文したのは、オーソドックスな”ラーメン”580円です。


”背油”と”野菜”の盛りは普通を選びました。

ラーメン上4   さて、これが注文した”ラーメン”です。


スープが乳白色の色をしていますが、醤油豚骨スープです。


特徴は、大量の野菜(特に、モヤシ)と、豚の”背油”が浮き出たスープ、それにしっかりコシのある”中太ちじれ麺”にあります。

ラーメン5   この中で、大量の野菜と、豚の”背油”のことは、24日にアップした”ラーメン骨太味覚本店”の時にも触れました。


俗に言う”背油チャッチャ系”の元祖は、今から52年前屋台から出発し、1975年(37年前)に東京の千駄ヶ谷でお店を開いた”ホープ軒”が元祖だと思います。(ワタシの個人的見解ですが)


今でも千駄ヶ谷にそのお店はあります。


首都高速が近くを通っていて、トラックの運転手さんたちのラーメン屋の”メッカ”的存在のお店です。


そこで、このお店の店長さんに”ホープ軒”のことを聞くと、


??????・・・・・でした。


無理もないですね、こういう古い話は・・・・知らないほうが常識かも。

アップ6   さて、肝心な味です。


確かに”背油”効果でコッテリ味に仕上がっています。麺は”中太ちじれ麺”で、スープによく絡んでいます。


見た目ほど、スープはくどくはなく、”豚骨ラーメン”のような独特のクセもありません。


でも、やはりこのラーメンは、体・資本の学生達、もしくはトラックの運転手さん達に支持される種類のラーメンでしょう。


元々、旨みの元は””にあります。牛肉の”霜降り”にしたって、マグロの”大トロ”にしたって、旨みの元はその””の持つ旨みです。


ですから、豚骨や鶏がらからにじみ出た”油”に飽き足らず、効率よく、溶かした”豚の背油”を、ラーメン丼の上から”チャッチャ”とかける手法が編み出されました。


でも、この同系列の店長さんには、そのルーツは無関係かも。


同系列”の微妙さですが、このお店では「大街道3丁目のお店が本店で、うちは支店です」と言います。


ところが、大街道の本店さんにニュアンスは、「支店はありません」でした。



味も、盛り付けも、具材も、そして値段も、確かに微妙に違います。


チェーン店などとは違って、店長の微妙なさじ加減で、似ていても別種の味のラーメンになるということでしょう。


なお、オーナーを同じくするお店がもう一軒、花園町にあります。


味も店名も全く異なりますが、オーナーは同じです。明日はそのお店を訪ねてみましょう。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード