スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BAL COURNO(バール コーノ)・「愛媛グルメ紀行」 220

今日は、南久米町のイタリアンレストラン”BAL COURNO(バール コーノ)”さんをご紹介しましょう。


場所は、伊予鉄横河原線の久米駅から徒歩2分、ゴトービルの1階にあります。


以前は、中華料理店の名店だった”彩華(さいか)”さんがあったところです。


今年の4月で開店2年目を迎える、新しいお店です。

玄関1   お店の玄関の上には”イタリアン 旬菜”とあります。


この””は、今が盛りの”旬(しゅん)”という意味ですが、言葉の元は暦上での日数の区切りである”旬(じゅん)”からきています。


その暦の上での”旬(じゅん)”とは、10日間を意味します。


つまり野菜などの食べ物の”旬(しゅん)”は、年間でせいぜい10日間という短い期間しかないということ。


なぜ、”旬(しゅん)”をお店の名乗りに入れたのかは後ほど。

生ハム2   厨房で腕を振るっているのが、”気鋭のシェフ”です。


シェフの師匠は”和食”が専門という方なので、シェフ自身にも和食の基礎ができています。


シェフが繰り出すメニューの様々な部分に、和食を修行した者ならではの味わい出ているのはそのせいですね。


一日の営業を終えた後、午前3時頃には南予に一直線。


御荘湾で釣りを楽しんだ後にとんぼ返りでお店に出て、その日の仕込をするという、恐るべきパワーとエネルギーを持っています。

ランチメニュー3   さて、ランチメニューは3種のパスタから選べる”パスタランチセット”が用意されています。


値段は890円(内税)です。


このパスタメニューは、毎週火曜日に新しいメニューに代わります。


選べるパスタの他には、サラダとスープのどちらかを選べる他、食後の飲み物も6種から選べます。


それらの内容から言えば、リーズナブルな価格設定ではないでしょうか。

スープ4   こちらが当日のスープ”京ネギと豆乳のスープ”です。


この季節の”京ネギ”は、今が正に”旬(しゅん)”です。その甘さは、感激するほど。


その京ネギの甘さを十分に引き出しているのが”豆乳”をベースにした奥深い味のスープです。


新鮮な野菜類は、地元のお百姓さんから仕入れる他、農家をしている実家からも仕入れます。


店名の名乗りに”旬菜”と入れた意味はここにあります。


更に、新鮮そのものの野菜と豆乳との組み合わせは、素材が新鮮ということ以外に、その組み合わせも新鮮です。


和食で修行したシェフならではの組み合わせだと思いました。

フォカッチャ5   こちらは、スープと一緒に出される”フォカッチャ”です。


”フォカッチャ”とは、イタリアのパンですね。付けあわせとして、又はピザの生地の代わりに使われこともあります。


毎朝、シェフ自らが”ライ麦”と”小麦”を混ぜ合わせ、自分で焼いています。そうです、自家製の”フォカッチャ”なのです。


イタリアでは、家族のお祝い事に普段料理をしない父親が生地をこねて作るという習慣があるそうです。


その心を受け継いで、お客さんのお祝い事としてシェフ自らが生地をこね、釜で焼いて提供しているのです。


”フォカッチャ”にかけられている”オリーブオイル”をつけて食べると、ライ麦の香りが香ばしく、いかにもイタリアのパンを食べているという実感が味わえます。

スパゲティー6   さて、こちらは3種のパスタの中から選んだ”真イカとフレッシュトマトのイカスミスパゲティ”です。


熱したオリーブオイルにニンニクを入れて、ニンニクの香ばしさをオイルに移します。


ニンニクが焦げない前に、真イカを入れて、そこにパスタの茹で汁とイカスミを加えて、更に茹で上がったスパゲティを投入し、フライパンで素早く合えます。


合えたスパゲティーをお皿に移した後で、真っ赤に熟れたトマトを切り分けて投入し、最後の粉チーズを振りかけて完成です。(これら調理法は、シェフが目の前でされていたことを言葉にしたものです)


シェフのリズミカルな動きで、瞬く間に出来上がります。

アップ7   これが出来上がったもの。


コリコリに茹で上がった真イカは、茹で過ぎていないので、真イカの柔らかさとコリコリ感の丁度真ん中という出来具合。


イカスミ特有のネットリ感も味わえる上に、切り分けられたままのフレッシュなトマトの甘酸っぱさ、香りたつチーズと、幾層にも重なった味が堪能できます。

グレープフルーツジュース8   食べ終わった後は、唇と歯がイカスミで真っ黒に染め上げられています。


そのイカスミを洗い流し、更にオリーブオイルやチーズの香りに満ちた口の中をサッパリさせるために”グレープフルーツジュース”を選びました。


”グレープフルーツ”は”文旦(ブンタン)”の仲間ですので、ブンタン特有の苦味があります。


その甘苦いジュースで、口の中が爽やかになります。


お店の名前”バール コーノ”は、”街の気軽な居酒屋”さんを意味しています。


このお店、夜がメインで、夜にはワインなどを気軽に楽しみながら仲間や家族とワイワイと楽しむ、そういうお店です。


一度、気軽にドアを開いてみてはいかがでしょう、オススメです。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このお店次帰ったら行きたいなぁとずっと思ってたんですよー。やっぱり、すごくおいしそう!イタリアンは絶対日本の方がおいしいですねー。LAにもイタリアンのお店ありますが、未だにおぉ!と思うところに出会いません;;おいしいイタリアンが食べたい・・・

今週は

Kaori様
今週はイタリアンの特集です。最初の4軒はオススメです。
最後の1軒は、涙涙のお店です。

今日ご紹介したお店の、夜のコース料理もオススメのようです。シェフの人柄も、飾らない方で、楽しい会話が食事の味を引き立てています。

お帰りの節は、ぜひお尋ねください。今週金曜日(9日)にアップ予定のお店もオススメです。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。