FC2ブログ

「お好み焼き のむら」・「愛媛グルメ紀行」 248

今日は、松前町東古泉にあるお好み焼き屋さんの”お好み焼き のむら”さんをご紹介しましょう。


場所は、国道56号線を松山市内から伊予市に向かう途中、ベルモニー会館松前がある交差点を東に左折し、そこから約400m先の、県道217号線(県道八倉松前線)沿いにあります。


県道沿いとはいえ、市街化調整区域内の田んぼの中にポツンとありますから、必ずしも立地条件がいいとは言えないでしょう。

玄関1   こちらがそのお店です。


今年で開店8年目を迎えます。


ただそれ以前はこの建物、喫茶店でしたから、建物自体はずっと以前からあります。


ログハウス風の建物で、お店の前には10台の駐車場が用意されています。

看板2   このお店は、関西風や広島風及びねぎ焼きと焼きそば、更にはもんじゃ焼きまで、オールラウンドにこなすお好み焼き屋さんです。


なぜ、この田園地帯でお好み焼き屋さんを開いたのかは、聞く事ができませんでした。


厨房の中にご主人が、後は揃いのエプロン姿の若い女性が二人の合計3人でやっておられます。


午前11時30分に店内に入ると、既に女性同士のカップルと、ワタシと同年代の男性1人、それに作業服の若者1人が一階席に。


その後も、お客さんの入店が続きます。


2階のお座敷席にもお客さんがいるようでした。

関西風メニュー3このお店は、広島風ももんじゃ焼きもありますが、やはりウリは”関西風お好み焼き”のようです。


玉子が2個と、生の山芋がたっぷり入っている、フワフワの生地がご自慢です。


ランチタイムには、750円で関西風(えび又は豚又はイカ)とサラダのおにぎり2個付が用意されています。


店内は、吹き抜けの天井になっているので広々とした空間が落ち着きを与えてくれます。


そして、店内のマア清潔なこと、どこもピカピカに磨き上げられています。

テーブル4   注文したメニューは、目に前の鉄板で自分が焼くもよし、お店の広い広い鉄板で焼いてもらうのもよしです。


概ね7割前後のお客さんが、お店で焼いてもらっていました。


ですから、玄関横の広い鉄板からは、鉄板とヘラのこすれる音がリズミカルに響きます。


お店のBGMは、ギター曲が流れていました。

お好み焼き5   ワタシが注文したのは、”関西風の豚・チーズ”です。


お値段は880円(内税)です。


見てください、香ばしく、しかもふっくらと盛り上がっています。


生地にはたっぷり”おたふくソース”が塗ってあるので、テーブルに備え付けられている鰹節や青海苔の上から更にソースを塗ると辛くなりますのでご注意を。

鰹節上6   さすがに、ここは松前町です。


テーブルに用意されている”鰹削り節”のまあ上質なこと、一目でそれが分かります、もちろん食べても。


鰹の削り節”全国の生産量の3割以上を作る、生産量日本一の愛媛県ですが、特にこの松前町と伊予市でそのほとんどの生産を行っています。


削り節を鉄板の上のお好み焼きにかけると、削り節がまあ踊ること踊ること。

断面7   フワフワトロトロのお好み焼きの断面を見てください。


画面では分かりませんが、半分に切り分けても上に乗せた削り節がまだ踊っているのです。


焼きあがったお好み焼きを、テーブルまで運んでくる間、鉄板の下は弱火の炎がついていますから、食べる間は冷めません。


ただし、鉄板の上に乗せられたときに鉄板の火は切られますから、焼きすぎて固くなることもありません。


一番の食べごろ状態で、小ぶりのヘラを使って切り取り「ハ・フ・ハ・フ・」口の中で転がしながら食べました。


生地の出汁も加減がよく、全体にバランスが取れたお好み焼きでした。


こういう田園地域にポツンとあるお好み焼き屋さんに、お客さんが集まる理由が分かった気がしました。






にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

えひめのグルメ
いつも参考にさせてもらっています。

御無沙汰いたしました

じゅんさん、おはようございます。
忙しさに感けて御無沙汰いたしましたm(_ _)m

取り敢えず、ひと山越えた感じで周りを見渡すゆとりが出てきたという感じです。まだまだバタつくとは思いますが・・・。
ブログもぼちぼちしたためて行こうと思います。

ここ、以前喫茶店だった頃に一度お邪魔したことがあると思います。
営業廻りをしてた時に見つけて入ったような・・・。記憶はもはや定かではありませんが、この外観には見覚えがあります。


踊る鰹の削り節・・・、私はこれに軽いトラウマがあるんです(笑)
とある喫茶店で焼そばを食べた時のこと、焼そばの上には荒削りの大量の削り節がふりかかっておりました。お腹が減っていたこともあり、削り節を纏った焼そばを思いっきり啜ったんですが、その時!
大きな削り節が『ペタッ』と喉の奥に張りつきました。
ほぼ満席だった喫茶店の全員がこちらを見たほど、大きな声で長時間むせ返ってしまったという恥ずかしい思い出です(笑)
これ以来、削り節が乗っかってる料理が苦手になりましたとさ♪
というつまらないお話でした。

ということで、またちょくちょくお邪魔いたしますのでよろしくお願いいたします(^^)

コメント

せい爺様
初めてのコメントありがとうございます。
参考になるかどうかは別にしまして、出来るだけ多くのお店にお伺いして、ただ単に食べるだけではなく、お店の方にお話をお聞きしたいと考えています。

出来るだけ、お店を内側から捉えるようなブログを目指しています。
お気づきの点がありましたら、ぜひご指導していただければ幸いです。

復帰おめでとうございます

乱駆郎様
ご自分のブログの更新さえ大変な時期に、わざわざコメント頂きありがとうございまいた。
どうやら、最盛期を脱出できたご様子で何よりです。また、お互いが刺激になるようなブログに期待しています。

さて、踊る鰹節の苦い思い出。ご本人は笑い事ではなかったのでしょうが、想像しただけで噴出しそうになりました。
そして、それがトラウマにまで・・・・うーーん、人生どこで何が起こるかわからないですね。
でも、だからこそ様々な予測不可能なドラマが起こって、それが人生に彩りを添えてくれるのではないかと思います。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード