スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コンデジで捉えた鳥たち」 44

今日は県道森松重信線沿い、南高井町の”杖ノ淵公園”に住んでいる”合鴨”達の風景をご紹介しましょう。


ここの”合鴨”は、2年前の真夏の光景を一度アップしていますが、今回は厳冬期の風景です。


合鴨”は野生の”マガモ”と、家禽化した”アヒル”の交雑交配種ですね。ですから、ここの”合鴨”は餌付けされて飼われています。

合鴨一列1   真冬の風吹きすさぶ中ですから、公園の周りには近所の方でしょうか、ウォーキングを楽しむ方チラホラ見かけるだけ。


ましてや、池の周囲でスーツ姿で写真を撮っている人などワタシだけでした。


”合鴨”たちは、一列縦隊にになってこちらにやってきてくれました。

合鴨水しぶき2   そして、池のある地点に来ると縦隊を解いて、一斉に散開していきます。


まるで訓練された軍隊でした。


散開が終わると、今度は一斉に水しぶきを上げ始めます。


そのまあ賑やかなことといったらありません。

合鴨水しぶき3   皆が競い合うように水しぶきを上げるのです。


水鳥の羽は、水分を弾くようになっていますから、羽ばたきだけで水が飛び散ります。

合鴨水しぶき4   アヒルの鳴き声に似ていますから、”合鴨”の声は決して美声とは言えません。


それが、水しぶきを上げながら”グワッ!グワッ!”と鳴くのですから騒々しいくらいです。

合鴨羽ばたき5   水しぶきが一段落すると、今度は水面から伸び上がって羽ばたきを始めるではありませんか。


飼い慣らされている”合鴨”は、実際は空を飛べないのかも知れません。


家禽化されている”アヒル”は飛べません。

合鴨羽ばたき6   でも、一方で野生の”マガモ”の血を引き継いでいる”合鴨”には、まだまだ大空に飛び立ちたいと言う本能が残っているようです。


コンデジですから、連写できませんので、せいぜいこの程度にしか撮れないのが残念です。

合鴨逆光7   一連の儀式と言うか、運動というか、一斉行動が一段落すると、優雅に水面を遊泳します。


冬場の水面が、太陽の日の光を受けてきらめく中を、あくまでも”優雅”に遊泳しています。


俳人なら一句浮かんでくるところでしょうが、ワタシには「おおサブー!」としか・・・・






にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。