スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お食事処 河庄」・「愛媛グルメ紀行」 288

今日は、古三津5丁目にある仕出し料理の老舗”お食事処 河庄”さんをご紹介しましょう。


場所は、中央通を三津に進路を取り、以前に迎賓館があったところから西に下っていった最初の交差点を左折すると、道路の東側にあります。


駐車場も30台以上は停めることが出来る、大きなお店です。

玄関1   元々、このお店は”仕出し・割烹”のお店としてこの地で20年余り、通算すると30年は超えていようかという老舗です。


ですから店舗は広く、大小の宴会もこなす他、各種の仕出し料理もやっておられます。

盛り塩2   玄関入り口の左右には、こうやってきちんと”盛り塩”が盛ってあります。


飲食関係のお店ではよく見られる玄関風景ですね。


盛り塩”とは、塩を三角錐に盛り、玄関先や家の中に置く風習で、主に縁起担ぎ、厄除け、魔除けの意味を持つとされています。


中国から伝わったとされていますが、日本では奈良時代から始まったようで、塩で清めるという意味もあるようです。

店内3   このように店内は広々としていて、宴会場は2階にあります。


夜は本格的な割烹料理を出しますが、昼は”日替わりランチ”お目当てのお客さんでにぎわっています。

ランチメニュー3   ”日替わりランチ”は3種用意されています。


この内容で、コーヒーはセルフですが付いています。


お値段は680円(内税)です。


お値段と料理の内容からすれば、驚くほどコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

ランチ5   こちらは、ワタシが選んだ”Aランチ”で、メインディッシュは”出汁巻き卵モヤシ炒め添え”です。


他は、別の2種のメニュー構成が似ていて、”揚げ出し豆腐”と”切干大根”、それに”おでん”です。


ご飯は”鯛めし”、汁物は”粕汁”で、それに漬物とセルフコーヒーが付いています。


どうです?これで680円ですよ。

鯛めし6   こちらが”鯛めし”です。


よく鯛の出汁が出ていて美味しく仕上がっています。


そりゃあ割烹料理の専門店ですから、手馴れたものです。

粕汁7   こちらはハマチのアラが入った”粕汁”です。


このあたりも、普通に味噌汁にしないところが仕出し料理店のプライドでしょう。


味は、もちろん美味しい。

出し巻き卵8   ”出汁巻き卵”は、ちゃんと薄味の出汁が効いていて、上品に仕上がっています。


これが東京の”出汁巻き卵”だと、もっと砂糖が加わり、醤油も濃い口になるので、甘さの濃厚な”出し巻き卵”になります。


関東と関西では大きく味が異なる料理の一つですね。

おでん9   これがついている”おでん”です。


これも、それなりにまとまったお味です。


ただ、これだけの品数で、味付けも手馴れたもので破綻はまったくありません。


ですから、驚嘆して褒めちぎっても不思議ではありません。


でも、なぜか・・・・・感動が出てこないのです。


味も、唸る・・・・などという風にはなりませんでした。


この料理のどこかに、”仕出屋”さんの”慣れ”を微妙に感じるからかも知れません。


大量のおかずを一度に作って、大量の折りに順序よく詰めていく、その作業風景が頭をよぎったような・・。


味って、微妙ですね。食品を舌で味わう以外の要素で、味が微妙に変わって脳に伝わるのですから。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美味しさの向こう側

じゅんさん、おはようございます。

小鉢がたくさんあるランチ・・・、"和"のお店ならではのランチですね。
私はあまり馴染みがないのですが、ワンプレートに盛られたランチとは趣が違って賑やかでいいいですねぇ♪

このGWに宇和島で食べた鯛めしも良かったですが、東・中予でお馴染みの、この炊き込み鯛めしはやはり馴染みがある分、味の想像が出来ます。
多分、この想像を超えてきたらそこに感動が生まれるんでしょうね。

思いがけない味、経験のない味、そして想像を超えてくる味。

そんな味 求めて今日も 食べ歩く (乱駆郎)
お粗末でしたwww

実に手馴れたもの

乱駆郎様
いつもコメントありがとうございます。

このお店は30年くらい前から知っていて、そのころはここからお節料理を取り寄せていたものです。
そして、ここが作った弁当は、ある種の寄り合いでよく食べていました。ですから、食べ慣れていますし、味も想像がつきます。

ですから、却って感動を呼ぶことにはなりませんでした。美味しくない訳ではないのですが。

味って本当に微妙なものです。

でも、いずれにしてもこの手のブログを書いていますと、様々な味や人と出会い、新鮮な感動や、中には腹立ちなど、起伏に呼んだ時間を過ごせますね、お互いに。

こんにちは!

じゅんさんのおっしゃる通り、確かに仕出しのついでに的な感じがしますね。だし巻き以外、全て茶色ですよね。赤い物を入れるとか、たい飯のうえに、木の芽をのせて緑を入れるとか、粕汁をお吸い物にするとか…でも私が言わないでもこのお店には腕のある料理人がいるはずです。その辺りをじゅんさんが感じられたのでしょう!

しかし、この御値段はかなりお得ですよね。この値段なら文句は言えません。頑張られてると思います。

確かに

M様
おはようございます。

長い間このお店と付き合ってきましたが、どこかに、いつも慣れを感じて、それで御節などを頼まなくなりました。

彩りの乏しさは、ご指摘通りですね。色合いが全体にボケて見えますね。彩りは、料理のプロとすれば基本中の基本ですね。

でも、ランチとしてこの値段と盛り沢山な内容とお値段は、客にとってはありがたいですね。これが日替わりで用意されるのですから。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。