スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「めん処 矢磨樹(やまき)」・「愛媛グルメ紀行」 283

今日は、伊予郡松前町にあるうどん屋の老舗”めん処 矢磨樹”(やまき)さんをご紹介しましょう。


場所は県道伊予松山港線沿いの、松前町筒井にあります。


丁度、”松前病院”の南隣です。

看板1   この大きな看板が目印です。


実はこの”めん処 矢磨樹”さんの発祥の地は、八幡浜の”保内町”で今でもそこに本店があります。


その後、八幡浜市内にお店を出し、そしてここ松前町に、また松山市内では姫原にお店を出されましたが、現在は保内町の本店とこの松前町店が残っています。

駐車場2   ここ松前町にお店を出されてからでも既に20年以上が経過していて、すっかりこの地域に根付いている”老舗”になりました。


駐車場は広く、建築現場関係者や地域のお客さんで昼時は駐車場が埋まります。


実はこのお店の創業者M氏とは面識が合って、昔はゴルフを何度かご一緒したことがあります。

店内3   今ではその創業者は会長となり、息子さんが社長となって保内店をやっておられます。


M会長は、今でもうどんの”出汁”だけは誰にも任せられないと、週に何度かお店に来て”秘伝の出汁”を仕込んでおられます。


店内は広く、椅子席から小上がりまでどういう客にでも対応出る体制が整っていて、従業員も皆さんベテランばかり。

メニュー4   メニューは幅広く用意されていますが、現場関係の方の多くは”うどんと丼”のセットを注文されているようでした。


うどん以外のメニューには、鶏のから揚げからエビフライ、茶碗蒸しなど”うどん”をメインにした街の食堂といった様相です。


そこで頼んだのが、お店の名前を冠した”矢磨樹うどん”で、お値段は650円(内税)です。

うどん上5   そこで出されたのがこの画像。


注文するとき、店員さんにどういううどんか聞きました。


すると、「出汁は普通の出汁と比べて”辛め”です。そこに”小海老の天ぷら”がたくさん乗っています」という応えでした。


なるほど、うどんの周りには”小海老の天ぷら”が散りばめられており、その他”錦糸卵”とネギと海苔、それにカマボコの薄切りが大量に乗せられています。

うどん6   ここで、ちょっと嫌な予感がしました。


「これは、まさかあの”大〇屋”さんの”大〇うどん”ではないやろーな?」っと。


松山市内に何店舗かお店がある大〇屋さんの、看板メニューの一つである”大〇うどん”の味の悲惨さ(ワタシの個人的感想に過ぎません)を知っていますので・・・・・


外観が、そのうどんによく似ていたので、ひょっとして・・・・と思ったのです。


そこで、食べてみました。


悪い予感は当たりました。


まるで、あの”大〇屋”さんの”大〇うどん”そのままではありませんか。


店員さんの言うように、先ず”出汁”が大変に辛い。M会長秘伝の出汁が、このメニューでは生かされていないのでは?と思うほど。


そして麺と出汁の相性も、ワタシには合っているとは到底思えませんでした。


大量の”小海老天”は、とうとう残してしまいました。

麺7   こちらが、濃いくて辛い出汁”のために”黒く染まった麺”です。


麺はキチンと打ってあって、それなりに美味しいのですが、全体のバランスがどうも・・・・


多分他のメニューを頼んでいたら、全く別の感想になったに違いない。


メニュー選択の間違いだと思います。


ただ、それならなぜお店の名前を冠したメニューにされたのか?


一度の訪問では解き明かせない謎が残りました。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

八幡浜本店

じゅんさん、おはようございます。

この矢磨樹さん、八幡浜商工会議所の共済制度推進に携わっていた若い時分に本店でよく食べていました。懐かしいなぁ♪

当時にこんなうどんありましたっけ?
もう25年も前のことですから覚えていませんが、当時は普通の肉うどんとかきつねうどんをよく食べてたと思います。

でもこのうどん、今時の若い人狙いなんじゃないですかね?
若社長が考えついた、若い層を取り込むための戦略的うどん。

出汁だけは誰にも任せられないと、未だご自分で秘伝の出汁を仕込まれる会長さんが思いつくうどんではないような気がしますし・・。
このうどんに屋号を冠したのも、これからを担う若社長がシンボルに選んだからでしょうし、それはそれでアリなのかな・・・。
なんて思いました。

私たちオジンは、素直にきつねうどん!たぬきうどん!肉うどんにしたほうがよろしいようでwww

選択の間違い

乱駆郎 様
ご存知でしたか、このお店。しかも、昔からの経過も。
どこに、どういう縁があるかわかりませんね。

このお店の会長はゴルフがお好きでお上手、よくご一緒しました。
ワタシはもうゴルフは辞めましたが。(アベレージは145くらい)

店名を冠したうどんの由来は、乱さんのご想像通りだと思います。でも、これは失敗作じゃないかなー、って思いました。

会長の名誉にかけて、再度お邪魔し、普通のオジンうどんを頼むことにしましょう。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。