「ラーメン一興」・「愛媛グルメ紀行」 240

今日は、西環状線と旧空港通りが交差する、松山では一番渋滞する交差点の北西角のスロット店の敷地内にある”ラーメン一興”さんをご紹介しましょう。


お店の名前から推測がつく通り、このお店は”博多ラーメン”のお店です。


本来ワタシは”豚骨ラーメン”が苦手ですので、お店の前はよく通るのですが、今までは入る気持ちはありませんでした。


ところが、ブログで知り合った”乱 駆郎”さんのブログで”つけ麺”を採り上げた記事を拝見し、行ってみる気持ちになりました。

玄関1   こちらがお店の玄関です。


今日は、先ずこのお店とは直接関係の無い話題から書きます。


映画界最大の祭典、”第84回アカデミー賞”の発表・授賞式が先月の26日(日本時間27日)に、米ハリウッドのコダック・シアターで行われました。


その中で、今年の”助演女優賞”に輝いたのが、1960年代の米南部の歴史を背景に女性の成長を描いた「ヘルプ 心がつなぐストーリー」の”オクタビア・スペンサー”さんでした。


その”オクタビア・スペンサー”さんの受賞の喜びの”スピーチ”が印象的でしたのでちょっとご紹介します。


”オクタビア・スペンサー”さんは黒人です、彼女のスピーチの要旨の一部はこうです。


「私の受賞で、黒人、黄色人、などの有色人種の方々にとって希望と勇気になればうれしい!」と。

メニュー2   2001年「チョコレート」でアフリカ系アメリカ人として初めてアカデミー主演女優賞受賞の快挙を成し遂げた”ハル・ベリー”さんの受賞の喜びの声も、確か同じ趣旨のスピーチたっだと記憶しています。


アカデミー賞での、というよりアメリカ社会では白人が圧倒的な”マジョリティー”(多数派)であって、黒人やプエルトリカンやアジア人は厳然として”マイノリティー”(少数派)。


今なお差別的な社会構造があることは否定できないでしょう。


ですから、マイノリティーである黒人が、マイノリティーにとっては”人種”という巨大な壁を乗り越えてアカデミー賞を受賞したことの意義の大きさを彼女達は訴えたかったのだと思います。


さて、”博多ラーメン”中心のメニューの中でワタシが選んだのは”つけ麺”です。


乱 駆郎”さんとは食べ物の嗜好は正反対といっていいのですが、そのブログで「今の”つけ麺”のつけ汁が魚粉全盛期にあって、このお店のそれはオーソドックス」という紹介があったので選んだメニューです。

薬味3   店内は清潔で、テーブルには”博多ラーメン”お決まりの”紅生姜”や”高菜”類が入った容器が整然と並べられています。


お客さん、意外と年齢層が幅広くサラリーマン風の方たちが「バリカタ!」などと注文されていました。


”博多ラーメン”独特の「替え玉!」という注文も。

つけ麺4   こちらが注文した”つけ麺”で、お値段は750円、安くはありません。


つけ汁レからは、魚介系のいい香りが漂ってきて食欲をそそります。


確かに、あの下品に通じる”魚粉”の匂いはありません。


「よし、これならイケル!」っと、その時はそう思いました。

麺5   ところが・・・・です。


問題はつけ汁ではなく、””そのものにあったのです。


「硬い!」まるで弾力のない”針金”です。


「あああ、あの”バリカタ”ってこれを言うのか!」っと。


この硬さでは、到底つけ汁を絡めて、喉に運んでいくには随分勢(いきおい)が要ります。


小麦の香りも楽しめません。

漬け汁6   こちらのつけ汁は美味しかった。


コクがあって、酸味のバランスよく、チャーシューを刻んだ豚肉も文句なしに美味しかった。

麺アップ7   そこに、この””です。コレガ・・・・もうとっても硬い!


でも、このお店を紹介していただいた”乱 駆郎”さんなど、「麺は硬ければ硬いほどいい、硬い麺が好き」と仰るのです。


このお店に来られるお客さんが、”このお店のマジョリティー”(多数派)なのです。


ワタシの麺に対する嗜好は、”このお店では徹底的なマイノリティー”(少数派)であることに気が付きました。


”ハル・ベリー”も”オクタビア・スペンサー”も、マイノリティーな立場に置かれながらも、マジョリティーに競り勝っての受賞なのです。


ワタシなら、マジョリティーに競り勝つ自信はありません。


このお店で、”マイノリティー”という立場とその気持ちを味わいました。


ですから、余計に彼女達の受賞のスピーチがワタシの胸に響いたのです。


様々なことを考えさせて頂きました、このお店で。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

年をとるのも悪くない^^

じゅんさん、おはようございます。
ブログに自分の名前が登場するとなんだか照れますね(笑)

しかし・・・、アカデミー賞の話題がこんなふうに繋がってくるとは・・、じゅんさんの文章構成力には脱帽です。

一興さんのつけ麺、麺は残念でしたがつけダレがお口に合って良かったです。しかし好みというのは本当に千差万別ですね。麺ひとつとっても細いか太いか、硬いか柔かいかで好みが分かれますもんね。
うちの愚息も私と親子のくせに、ご飯は柔らかいのが好きなんですよ。私はもちろん硬いのが好きです(笑)

若い頃はこんなことに思いを馳せることなどありませんでしたが、ラーメンひとつとってもこんなに話題が溢れるのを楽しむにつけ、歳を食うのもまんざら悪くないなと思う今日この頃です(^^)

同感です

乱駆郎様
確かに、自分の名前が出るには面映い気持ちになりますね。
ワタシも、ジンズゴンズさんのブログで紹介された時は、隠れたい気になりました。

さて、「年を取るのも悪くない」、全く同感ですねー。
若い頃とは興味の種類と範囲が変わりました。若いときは見ようともしなかったものまで、見てみたいと思います。

食事だって、腹を満たすだけの役割から、その食べ物によって様々なことが結びついて考えられるようになってきたようですね。

ともかく、好奇心が衰えない間は、「心は青年」です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード