「Waーdining さつき」・「愛媛グルメ紀行」 262

今日は、空港通6丁目(旧空港通)の”ジョイランド21”の中に、昨年11月にオープンしたばかりの新しいお店”Waーdining さつき”さんをご紹介しましょう。


”ジョイランド21”には、他に何軒か飲食業態のお店が入っていて、入り口には”500円ランチ”の上り旗を、「周囲の美観など関係ない」という感じで見苦しいほど立てている飲食店もあります。



自分の店を、あまり”安売り”するのはいかがなもんか、と眉をひそめたくなる光景です。

玄関1   その点で言えば、このお店はその商業施設の一番奥に、目立たないのでは?と、逆にこちらが心配になるくらいさりげなくお店を開き、ちょうど4ヶ月目になります。


ちょっと目には”美容室”?っと思わせる佇まいです。


お店の名乗りは”Waーdining”(和ダイニング)なので、”和食”のお店かな?と連想はできますが。

店内2   お店に入ってみると、シックというかお洒落と言うか、一種”夜の世界”のクラブかラウンジを思わせる内装です。


店内のBGMは、ワタシが居た間は”アントニオ・カルロス・ジョビン”の”ボサノバ”が流れていました。

厨房3   こちらが厨房。

厨房にシェフが一人、フロア係りの女性が一人の、合計2人でお店をやっておられました。


お昼を過ぎると、意外と言っては失礼でしょうが、若い女性のグループを始めとして結構お客さんが入ってきます。

メニュー4   そこでメニューを見ました。


なるほど二人ででもこなせるように、お昼は2種類のランチに限定してあります。


そして、その構成を見ていますと、事前に仕込みをしっかりしておれば、注文があってからメインの料理を作ってセットすれば直ぐに出せるというもの。


しっかり工夫がなされています。

ランチ5   そこで注文したのが”特性SATSUKIランチ”です。


お値段は、何と”1000円”(内税)の設定です。


味を味わう前に値段で唸ってしまいました。


お昼のランチに、当たり前のようにコンスタントに1000円出せる客が、多くいるんだろうか?と、思いながら先ず食べてみました。


メインディッシュは肉と魚のどちらかを選べます。


その他に、ご飯とお汁、サラダに香の物、それに季節の副菜4種がつきます。

ランチ6   朱塗りのお重の真ん中に、ワタシが選んだお魚のメイン、当日は”海老マヨ味噌ネーズ”が入り、その四隅には4種類の副菜がこじんまりとまとまって入っています。


まず、驚いたのが”ご飯(白米)”の際立った美味しさです。


契約農家から直接仕入れていて、当日必要な量だけを精米してもらっているとか。さもあらんという旨さです。


4種類の副菜も、それぞれに手が込んでいて、和食の技を感じさせる一品一品でした。

エビマヨ味噌7   こちらがメインの”海老マヨ味噌ネーズ”とネーミングされたお料理です。


大振りの海老を、マヨネーズと味噌を混ぜ込んだ衣に包んで軽く揚げられたお料理です。


衣が、ちょっとネットリとした重い味わいで、海老の風味と、ちょっと喧嘩しちゃったかな?っと感じました。


もちろん美味しく頂きましたが、衣はもうちょっと軽いほうが好きですね。

吸い物8   こちらの”お吸い物”は、流石(さすが)です。


料亭の上品なお吸い物と言っていい出来だと味わいました。


ただ、この施設の入り口にある、500円の上り旗をバタバタ上げているお店は”論外”として、でもお昼のランチメニューが1000円だけの設定で、これから先長くやっていけるのか?


美味しく頂きましたが、コストパフォーマンスという点でこの時代にずっと客を引き続けられるか・・・・


環境の厳しい時期にスタートされました。


お若い気鋭のシェフの、その心意気が長く続くことを祈ってお店を出ました。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんというタイミング!(笑)

じゅんさん、おはようございます。

此度はなんというタイミングなんでしょう♪
別店舗ではありますが上り旗バタバタの"論外"のレビューを書いた後にじゅんさんのブログをのぞいてみたら・・・(笑)
思わず笑ってしまいました。

このジョイランド21内にある居酒屋系のお店(2店)は、うちの支店が近くにある関係で時々利用しています。もっぱら"夜"の利用ですが。
その中でこの「Waーdiningさつき」さんは行ってなかったですね。
じゅんさんのレポートからお店の雰囲気を推察すると、私どもが仕事の話で侃々諤々と騒いで飲む処ではなさそうだったので結果オーライなのかな。

しかし・・・、ランチで1,000円っていうのは私ら世代も躊躇するお値段ですが、最近の若い方々はお金持ちなんですね~♪

確かに

乱駆郎様

確かに、何と言うタイミングなんでしょうね。
これをアップして、乱駆郎さんの昨日の記事を拝見し「アッ!」と言いましたよー。
一応、無関係を装ってコメント書きましたが、ちょっと苦しかった。何時もに比べると歯切れが悪かったのかも知れませんね。
いやー、こういう偶然ってあるものなのですねー。

さて、このお店の心意気や善しとしますが、時代と立地がねー。
昼に1000円出して、何時もこのお店にという客がどの程度いますか。

でも、興味あるお店ではあります。行方に注目したいと思っているところです。

No title

日本はおいしい食べ物が安くてうらやましい!こっちはなんと言ってもチップがあるのでtax1割プラスチップ2割増しですからねー。ここランチ安い!と言って日本円にすると800円くらいです。(内容はベトナム系麺類の単品)日本のラーメンなんて単品で最終的に払う金額は1000円はします;;日本はサービスも素晴らしいし!

チップと消費税

Kaori様
日本ではチップという文化はありませんから、海外に行くと戸惑いますね。一体幾ら払えばいいか?どのタイミングで渡せばいいか?等々。
ピローマネーも必要だなんて、日本人は気がつきません。
しかも消費税が日本より高いンでしょう?
日本では、今それを将来10%にするということで政治的に揉めています。

でも、確かに食べ物は全体として安いようですね。しかも、街場の普通の食堂でもそれなりに美味しいのですから、恵まれています。ただし、日本に住んでいるとそれが実感できませんよね。海外に出て、初めて見えてくる日本の姿が分かるという一例でしょうね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード