「中国料理居酒屋 永和」・「愛媛グルメ紀行」 273

今日は、平和通2丁目にある”中国料理居酒屋 永和(平和通店)”さんをご紹介しましょう。


平和通の北側にあって、昨年10月に開店した新しいお店です。


この場所は、以前は”とんこつ主義俺”とかいうラーメン屋さんがあり、更にそれ以前にも色々な飲食店が出ては閉めという所です。


駐車場は、お店から東に50mほど行った所に3台用意されています。


また、このお店は二番町にもお店があって、夕方6時から朝の4時まで営業しています。


この平和通店は開店してちょうど半年を経過しましたが、ちょっと”難しい挑戦”をされたものだと思いました。


その理由は所々で語りましょう。

玄関1   こちらがお店の”玄関”です。


赤・赤・赤”に彩られた恐ろしく派手な店作りです。


これは玄関に限ったことではありません、店内もこれまた”赤・赤・赤”なのです。


先ずこのお店の前途を考える時、この玄関のことに触れざるを得ません。


いえ、別に赤く派手な外装が問題なのではなく、このお店の前を歩いて通っても、お店が営業中なのか準備中なのか、あるいは閉店しているのかが分かりにくいということです。


ましてや平和通を通る車からでは、先ず”営業中???”・・・っと。

店内2   こちらが”赤尽くし”の店内です。


この色使い、日本人が経営者ならまずしないでしょう。


そうです、このお店も二番町のお店も、経営者はもちろん従業員やコックさんたちも皆さん本場中国料理の国の方です。


色使いだけではありません。


厨房には、ナント3人ものコックさんたちが入っています。それにフロアー係りの男性を合わせて4人の男性でお店を運営されています。


人海戦術が常識の中国では考えられても、日本の飲食店経営では到底考えられない”人員配置”です。


先ず、これが前途多難だと考えさせられた二点目です。

ランチメニュー3   次に、三点目はこのお店の開店時刻です。


このお店は午後0時に開店です。


今までこのお店で273店舗目ですが、正午までお店を開けない店はほとんどありませんでした。


日本人、あるいは日本企業の昼食の形態がたぶんお分かりになっていない。


この30分の開店時刻の遅れが、みすみす拾えるお客を逃がしていると、ワタシは経験則でそう思います。


ただし、この”永和ランチ定食”(日替わりです)の圧倒的な安さとボリュームには驚きです。


例えば、当日のメインは”レバニラ炒め”で、これに”餃子”が5個とサラダとスープと大きなどんぶり飯(しかもお代わり自由)で550円(内税)です。

ランチ4   これが、その”コストパフォーマンス”などという生やさしい言葉では言い表せられない”永和ランチ定食”の内容です。


レバニラ炒め”の単品の価格が550円なンですよ。


店内は36席という小ぶりなお店に4人を配置しているというのに、これでは採算割れではないでしょうか。


いえ、この時代、度肝を抜くほどの安さでランチを提供していただくのは本当にありがたいのです。


でも、長続きしていただかないと。

レバニラ炒め5   さて肝心のお味です。


ええ、さすが本場からきただけのことはあって本当に美味しいのです。


レバーも美味しいし、ニラやモヤシもタマネギも全てシャキシャキで、生の食感が生きている。


そして、それらにかかっているスープがまた何もいえない美味しさ。


だたらこそ、余計な心配が先立つのです。

アップ6   この色艶を見てください、美味しそうでしょう。


いや、見た目だけではなく美味しいンです。


でも、店内のテレビ音声のまあ大きいことといったら。


まるで、老夫婦が二人だけで茶の間でテレビを見ている時のような音声。


少なくとも、食事には邪魔です。美味しい食事を台無しにするほどの音量・・・・。

餃子7   この”餃子”、これもまた美味しいンです。


皮も餡も、そして焼き加減も文句なしです。


最後に、このお店の前途を心配する四番目です。


平和通”という地域性を、このお店の経営者は多分、全く理解されていない。


まず、近隣に会社とか事務所が圧倒的に少ない地域柄です。


で、確かに学生は多い町ですが、学生は年間8ヶ月しかこの地域にいません。


残りの4ヶ月はお休みで、この町から消えます。


ワタシはこの町を、営業で数十年動いてきました。その間に、この平和通で長続きした飲食店は数えるほどしかないのです。


さて、このお店がその数少ない例外になっていただきたいと切に祈ってお店を出ました。


お昼のゴールデンタイムの40分間、遂に従業員の数を超えるお客さんは訪れませんでした。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪
私も昨日、仕事帰りに平和通りを走ってる時に
入るか入るまいか悩んだ末、駐車場が無さそうなので諦めました。
平和通りにある店は駐車場探しが難点になりますね。

この場所の2つ前が、ハングリー坊主?とかいう中華店でした。
味付けは濃い目でしたが、まあまあ美味しかった記憶かあります。
そして、何よりも、デカすり鉢に入ったラーメンがメニューにあって
(完食したら無料だったかな?)
いつか挑戦してやるぞ♪…なんて思っているところ、いつの間にか閉店していました。

永和さんも前途多難でありながら、頑張ってほしいものです。

郷に入れば・・・

じゅんさん、おはようございます。

このお店に限らず、味は素晴らしいのに日の目を見ないお店ってたくさんあるんでしょうね。
じゅんさんのご指摘は全部的を得ていると思います。
このお店の周りに、じゅんさんのようにレクチャーしてくれる人が居ればまた違うんだろな・・・なんて思います。

ちなみに・・・、二番町のほうのお店は流行っているんでしょうか?

No title

私は永和さんのファンです。
と言っても二番町のお店しか行ったことがないのですが。
去年の9月、飲んだ後にフラッと入ってチャーハンとギョーザを食べて美味しいのに驚きました。二番町店さんも6時から朝の4時までというちょっと中華料理店らしからぬ営業時間帯ですよね、飲み屋街とはいえ。
平和通のお店ができて、昼にも食べられるようになったと喜びましたがまだ行けてません。やはり少し交通の便が悪いということでしょうか。
美味しいので長く続いていただきたいと私も思います。
二番町店も当初シェフ3人態勢でしたが、暮れに行ったときは一人でやっておられました。オープン時のみ人員を厚くしていたのかどうかはよく分かりませんが。

コメント

きくりん様
早々にコメントありがとうございました。

やはり、車で走っていると入りにくいお店ですね。
でも、店に入ると、一種常識に反したコストパフォーマンスを誇る日替わり定食が待ち構えてくれています。

駐車場までは歩かなければいけませんが、一度お試しになってみる価値はあると思います。

夜の世界には

乱駆郎様
あの辺りの事情には詳しいので、つい余計な心配をしてしまいました。

成功されるかどうかは分かりませんが、既に近隣の元気な学生諸君の旺盛な胃袋を満たしてくれるお店になっているようです。

ただ、二番町のお店は夜間のお店。ワタシは、トンと夜の世界の情報には疎くなったので、どういう状態であるのかは分かりません。

なお、「片岡食堂」取材してきました。いいお店の情報ありがとうございました。

おおお、二番町店

ファットマン様
そうなんですか、二番町のお店に行かれた。
先ほど、乱駆郎さんから、二番町のお店は流行っているのかとコメントいただいて、夜の世界の情報には疎いので分からないとコメントを返したばかりです。

なるほど、常識を逸した人員配置は、臨機応変に対応されているようですね。それであれば、長続きするかも。

ちょっと駐車場は離れていますが、日替わり定食の味とコストパフォーマンスの良さには驚かされますよ。ぜひお試しアレ。

こんばんは!

じゅんさんの考えと同感です!学生街の商売は難しいですよね。あと通りは大きいから駐車場が完備されていると全く違うのでしょうが 。しかし驚きは初めてのお店ではなく2店舗目だということですね。もう少しリサーチされてからでよかった気がします。値段も安く味もボリュームもいいので頑張って欲しいですね。

確かに

M様
おはようございます。お疲れの中、コメントをありがとうございました。
平和通近辺は、愛媛大学や松山大学があって、文教地区の代表ですね。ですから、その辺りを歩きますと学生で溢れているという錯覚を起こし勝ちです。
ですから、つい「ターゲットを学生にしよう!」と思ってしまう。ところが、ターゲットを絞るということは、反面マーケットを自分で狭めてしまうことなのです。
商売の基本ですが、マーケットを絞り込む=狭めることの是非は、厳密に検証しなければなりません。もちろん、絞り込むことで自分の得意分野を生かして成功することもあります。
そこで、自分はお客様に何が提供できるかを見定めた上で、マーケットを考えるべきではないでしょうか。

気になってる店です♪

安さとボリュームについては聞き及んでます。
是非ガッツリ食べさせてもらおう、と期待ワクワク♪

ただ、最近チョット食べ過ぎなんで(笑)
ある程度自制しなきゃ、と思ってましてね。
ガッツリ系の調査がなかなか進まなくて
後回しになってんですよーww

常識破りの店として、常識破りに頑張って頂きたい!
せめて私が訪問するまで。。。

ガッツリ系とは・・・

ジンズゴンズ様

中々目立つ外装ですから、通りがかりでも気になりますね。

本当に頑張って欲しいと思います。

ただし、ベラボーに安いことは事実ですし美味しいのですが「ガッツリ系」とは言えないと思います。

ごく常識的な量です。ただし、ご飯だけは食べ放題。これが「ガッツリ系」の定義に当てはまるのなら、まさに当たりです。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード