FC2ブログ

「お食事・中華 大扇」・「愛媛グルメ紀行」 276

今日は、昨日ご紹介した”博多 一風堂”さんとは対極に位置する”お食事・中華 大扇”さんをご紹介しましょう。


場所は、旧国道11号線(現在の県道松山川内線)を市内から久米に向かって走ると、福音寺町に”ダイキ福音寺店”があります。


そのダイキの前の信号を右折(南に)すると、伊予鉄横河原線の踏切がありますがその手前、道路の西側にあります。

看板1   こちらは、踏切を通して北側の”ダイキ福音寺店”の方向を見たもの。


小さくて目立たない看板が、何気なくお店の前に置かれています。


中華”との表示がありますが、どう見てもその雰囲気はしておらず、せいぜい町外れの”一杯飲み屋”といった雰囲気のお店です。

玄関2   こちらがお店の玄関です。


現在の料理人は若い息子さんがやっていますが、普段はお母さんとその料理人の二人でお店をやっておられます。


お店は、お父さんとお母さんが始められて、今年で22年か23年経ったでしょうか。


ふと、見過ごしてしまいがちな場所にあり、踏み切り前ですから、車なら早く通り過ぎたいと思う立地です。

メニュー3   さて、お店に入るとちゃんと先客が3人いました。


全部で16席程度の小ぶりなお店です。


でも、メニューを見ますと立派な中華料理メニューが並んでいます。


もちろん、シェフが工夫に工夫を重ね、世の中の流行店の新メニューを研究して・・・などというメニューは何一つありません。


20年以上前から「ずっとこのメニューでやっています!」という雰囲気です。


もちろん、厨房は”中華料理仕様”になっていますが、街の食堂のようにも見えます。

中華そば上4   そこで看板に唯一表記してあった、文字通りこのお店の”看板メニュー”である”中華そば”を注文しました。


画像がその”中華そば”で、決して”ラーメン”ではありません。


昨日ご紹介した”博多一風堂”さんのそれとは”似て非なるもの”でしょう。


お値段は450円(内税)ですよ!涙が出そうになりました。


こうやって、地道にコツコツ続けられているお店が地元にあるということは、本当にうれしいこと誇らしいことではありませんか。

中華そば5   肝心の”中華そば”のお味です。


スープの色を見てください。


丁寧に”鶏がら”で出汁をとったことがうかがえます。


そして、「ちゃんぽん?」とみまごうばかりの野菜などの具沢山!


キャベツ、ニンジン、豚肉などを中華鍋で炒めて、それを卵でとじています。


いい香りが鼻腔を刺激してくれます。

アップ6   甘い野菜の香りと、醤油ベースのスープの香りが何ともいえない。


懐かしい味です。田舎の食堂ですすった”中華そば”です。


有形文化財として残しておきたい。


ひたすらコツコツと愚直に、そして親から息子さんに受け継がれた味が生きています。

麺7   このお店の”中華そば”の最大の特徴はその””にあります。


どうです、見てください。プリプリツルツルでしょう。


これが旨いんです!小麦粉の香りも残っています。


茹で時間は、きっちりとタイマーで計って茹ですぎないように細心の注意を払っておられました。


店は小粒で、そう綺麗なお店ではありませんが、料理に手抜きはしません。


もちろん、スープの最後の一滴まで飲み干したことは言うまでもありません。


どうか、何時までも何時までも地域のお客さんのお食事処として続いてほしいと祈りたい気持ちになりました。






にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

見たら腹が減る写真ですねwww

じゅんさん、おはようございます。

このお店は知りませんでした。
しかし・・・、本当に松山の隅から隅まで食べ歩かれていらっしゃいますね。
私など、お店のつまみ食いって感じで気ままにレビューしてるだけですので、じゅんさんの勤勉さは尊敬します。

この中華そばは心動かされました。
卵とじの中華そばって、最近はありそうでないですよね?
昔むかし・・何処かで食べた記憶が、じゅんさんの写真を見る事で蘇ってきました。
うまく表現は出来ないのですが、頭の中に味が思い浮かびます。きっと実際に食べに行ったら頭の中の味と同じであろう、根拠のない自信が漲りますよ(笑)

あぁ、マジでこの中華そば食べたくなった♪
今日の昼飯で行ってこようかなwww

マニアック

乱駆郎様
ジンズゴンズさんに言わせると、ワタシのお店選びは「マニアック」ということです。ですから、さしずめこのお店などもその分類に入るかも知れませんね。

ワタシは、今は不動産屋ですから市内のどこにでも行きます。同僚に言わせますと、土地を探すより食べ物屋を探すほうが多いし、確実だと言われます。
不動産を示す時も、あのうどん屋さんの北に・・・・などと言いますと、皆に苦笑されます。

さて、このお店、多分普通にお店の前を通れば、入ったことない人は入らないと思います。ところが、店の二代目の料理人は極めてまじめ。丁寧に調理しています。
この「中華そば」、仰るように具材を卵でとじて入れるお店など最近は全く見かけなくなりました。「卵=栄養」という時代がまだこのお店では生きています。まあ、お試しあれ。

あ、どうもどうも。ジンズゴンズです♪(*´∀`*)ノ

今回は乱さんのご指摘がある前に気付けましたww

さて。
店の存在は存じておりますが、
おっしゃる通り、一見で入ろうとはなかなか思えない雰囲気。
いつも通り過ぎるばかりでしたが、
驚くような安さ、具の多さ、実直な仕事ぶり、じゅんさんのお墨付きとあれば
俄然行きたくなっちゃいましたよ~♪

ひっそりと、いじらしいまでに頑張ってらっしゃるお店。
「涙が出そうになる」という感覚を共有し、
エールを送ってあげたいです!

No title

ご無沙汰をしております。謙介です。前に東雲女子大の近くのイタリア食堂のとろこで書かせていただきました。この大扇は、うちの家のすぐ近所なので、時々行きます。こないだも知り合いにここには、「カツカレーラーメンというのがあってね。」という話をしましたら、「何だそれは。」ということになりまして、一緒に行ったことがありました。カツカレーラーメン、って名前だけ聞くとびっくりされる方もおいでですが、実際出てきたものをいただくと、ああ、これはこれでちゃんとありだよね、と納得されます。是非今度は一度どうぞ。

ありがたい

ジンズゴンズ様

・・・の件、かたじけない。

さて、このお店、そう言って頂ければうれしいです。
ワタシも、多分このシリーズを書いていなかったら入っていなかったと思います。
でも、お蔭様で、松山の隅々のお店まで目が通るようになってきました。でも、知らないお店がまだまだあります。
当分、再訪シリーズに入っていけそうもありません。

覚えております

謙介様
イタリアンの件でコメントいただきましたね、もちろん覚えています。

今度もコメントありがとうございます。
お家がお近くだとは、奇遇ですね。

このお店も初めてお邪魔しましたので看板メニューしか気が付きませんでした。
へーーー、「カツカレーラーメン」ほーーー、これは面白いですね。
ぜひ試してみたいと思います。謙介さんの「納得」を共感したみたいからです。
貴重な情報ありがとうございました。

はじめまして!

このお店はときどき前を通るのですが未食です。。
それにしても中華そばが美味しそうです。
なんか身体に良さげに見えるのですが。。。
価格も良心的だし、、勇気を出して行ってみたい。

コメントありがとうございました

おーちゃん様

初めてのコメントありがとうございました。

このお店、福音寺界隈を通ると目には付きますが、皆さんやはり入ったことがないと。無理もないと思います。どういう料理を出してくれるのかが、外観からはうかがい知ることができません。

ワタシもこのシリーズを書いていなかったら、お店には入っていなかったと思います。ところが、シリーズで書いていますと好奇心が研ぎ澄まされて、どういうお店でも一度はチャレンジしてみようという気持ちになります。ありがたいことだと思っています。

ぜひ、一度お試しになってください。料理人のまじめな事後とぶりを見てあげてください。喜ばれますよ。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード