「麺屋 十銭」・「愛媛グルメ紀行」 293

今日は大街道2丁目、二番町の西向き一方通行の道沿いの三越松山店の南向かい側にある”麺屋 十銭”さんをご紹介しましょう。


お店の前の西向き道路には、三越に入る車の列が何時も並んでいる所にあります。


このお店は”尾道ラーメン”を出すお店です。

玄関1   こちらがお店の玄関。


目の前は三越です。


このお店の基本路線は、お酒を飲んだあとの〆に食べる”中華そば”をウリにされているようですが、お昼も午前11時30分からやっておられます。


またお店のホームページでは、インターネットによる”詰め合わせセット”も販売されています。

店内2   こちらがお店の様子です。


カウンター席だけで、10人も座ればいっぱいになるという小ぶりなお店。


店内には古いホーロー製の看板などがディスプレイとして掛かったりしていて、戦後の屋台を演出されているようです。

メニュー3   こちらが極めてシンプルなメニューです。


そもそも”尾道ラーメン”は終戦直後から屋台として出発し、当時は普通に”中華そば”と言われていたそうです。


ところが、その様相を一変させたのが山陽新幹線の開通。


尾道への観光客が増えてきたことに合わせて、当初はお土産用に箱入りのラーメンが”尾道ラーメン”として売り出され、次第に名前が通るようになってきました。


松山では、ワタシの記憶では堀江町に”尾道ラーメン”を出すお店が出来て、その後ロープウェイ通りを日赤に向かって平和通と交差する辺りの平和通1丁目に移られてしばらく営業されていたように記憶しています。

中華そば上   さて、これがこのお店の一番のお薦めというか、”尾道ラーメン”の特徴を一番良く表わした”昔ながらの白麺”です。


お値段は600円(内税)です。大街道と言う立地でこの価格は、ちょっと頭が下がる価格です。


最近は、何かとトッピングを乗せに乗せて、ラーメンの価格を吊り上げようという”あざとい”ラーメン屋が横行しているように思えてなりません。


その点、このお店は実に実直と言うか誠実と言うか、ただただ美味しい”尾道ラーメン”をシンプルに味わってほしいというコンセプトに好感が持てました。

中華そば5   先ず”尾道ラーメン”の特徴は、麺は”平打麺”を使用しているということ。


また”白麺”とは、玉子麺のように麺の表面をコーティングしておらず、麺がスープの旨味を吸収しやすいという特徴があります。


ですから麺を一見すると、白っぽくて名古屋の”きし麺”を細くした感があります。


一方スープの特徴は、瀬戸内の小魚(イリコ)を出汁に使い、アッサリ味というところにあります。


さらに、”尾道ラーメン”を決定付けるのが豚の”背油”です。その”背油”がアッサリスープに深いコクを与えています。


ただし”東京ホープ軒系”の、いわゆる”チャッチャ系”程のギトギト感はなく、丁寧に”背油”を下処理されているので油っぽさはありません。

背油6   チャーシューの横に浮いているのが”背油”です。


醤油ベースの実にシンプルな”中華そば”です。


ラーメンとは全く別のものと考えたほうがストンと理解できるかも。


具材は、チャーシューと刻んだネギと背油だけ。麺とスープだけで真剣勝負という”中華そば”は、その潔さに感心させられます。

麺7   こちらが、先に書いたコーティングされていない”平打麺”です。


”博多豚骨ラーメン”の固茹で麺と比較するとやや柔らかいので、麺が延びない内に素早く食べるのが美味しく食べるコツです。


コッテリ濃厚味が好みの方には、このアッサリスープはやや物足りないかも知れませんね。


でも飲んだ後に軽く〆るには、実に優しく対応してくれそうです。

完食8   もちろん、あっという間に完食です。


顎鬚(あごひげ)が完全に白くなっている店主と、女性の2人でお店をされている、個性的なお店です。


ただ、最後に一つだけ注文をつけるとすると、開店時刻が午前11時30分となっているにもかかわらず、その時刻がややアバウトなこと。


周辺は、官庁関係を中心に企業の事務所が集中的に集まっている地区です。


彼らの昼休み時間は、貴重な息抜きの時間でもあるのです。


5分や10分の遅れは、「どうってことないや!」ってやり過ごしてくれるのは最初だけと考えたほうが無難だと思います。


<追記>

たった今、目の前で繰り広げられた”金環日食”の一コマです。1枚だけアップしておきましょう。今朝は曇りですから、これが限界でした。しかもコンデジですから。

日食1






にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
<重要>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

移転前はよく行ってました

じゅんさん、こんにちは。

十銭行かれたんですね~。私もここの白麺が好きでよく食べに行っていましたね。
以前はラブホの真ん前に店を構えてまして、もっと店内も広々としていました。居酒屋メニューも充実していたので、職場での食事会や〆で何度も行ってました。

私は久留米も大好きですが尾道も大好きで、堀江町のムサシという尾道ラーメンもよく食べに行っていたんですが、じゅんさんが書かれている通り平和通りに出してからは芳しくなかったのか閉店になりましたね。好きなラーメンだったので残念でした。

このアバウト開店時間は大将の気質でしょうね。移転の際も私のキープボトルを勝手に処分してシラっとしてましたしwww
まあでも、そんなことされて笑って済ませられるのもこの気質故でしょうね。

金環日食、お見事です。
私も本日アップしましたが、ずっと狙ってた訳じゃないので三日月の肉付きがメタボですwww

ムサシ

乱駆郎様

堀江にあったお店の名前を思い出せず、実はモヤモヤしていたのですが、それもスッキリしました。そうですね「ムサシ」さんでしたね。

ワタシも尾道ラーメンが好きで、堀江時代のムサシさんはよく行っていました。平和通に移られて以降は行っていません。
わざわざ、尾道までラーメンだけを食べに行ったこともあるくらいなんです。

でも、開店時刻を守れないというのは、どの業種であれ事業者として許されることではないというのがワタシの見解です。
いままで、300軒のお店を廻りましたが、開店時刻が一定しないお店で「いいお店」であったことなどただの1店もありませんでした。

ただ、このお店がそれでも続いているということは、そういう点に余りある魅力があるということでしょう。でも、それに胡坐をかくにのはいかがなものでしょう。今後注意深くこのお店の行方を見守りたいと考えているところです。

お久しぶりですねー

N様

お久しぶりです。コメントいただきありがとうございます。^^

このお店は、麺好きのワタシからすれば「うどんが泣いている」でした。こういうお店に出会うのは寂しいです。でも、行って実際に食べてみないと分からないので、こういうことも仕方ありませんね。

「一草庵」さんの名前をよく覚えておいていただきましたねー。
それが感激ですよー!ワタシにとってはこの上もないうれしい事です。あのお店はシンプルですが、心地いい空間ですよね。でしゃばらず、かと言ってきちんとした仕事をされていて。

「一草庵」さんの前は、松山中央卸売市場近くに移転された「やしま」というおうどん屋さんでした。この「やしま」さんも、実に美味しいうどんを食べさせていただけるお店ですので、その時代から行っていました。
普通お店が変わったら、味も変わるものですが「やしま」さんに勝るとも劣らないうどんを食べることができますね。
「ばっちこい」さんの印象は、まったく同感です。力が入りすぎていると感じました。
「ラーメン工房 夢来人」さんは、そうですかーー。知りませんでした。でも、「ああやっぱりナー」と感じますね。
ブログを何時も見ていただいていることに改めて感謝いたします。ありがとうございます。

食い入るように外観写真を眺めてしまいました

写真では空きテナントになってますが、
今日通ったら気になる店が入ってたもので。
あ、記事と全然関係ない話でゴメンナサイ(^_^;)

回転時刻があやふやなのは、私も遠慮して頂きたいですね。
混む時間を避けたくて、オープン直後を狙うコトがあるもので。
でも、味への真摯な態度を感じさせます。
ここもいつか訪問せなば…

部分日食、私もアップしました。
まぁ、お互いコンデジの限界を感じる結果となりましたねーww

え?空きテナント・・・

ジンズゴンズ様

え????このお店が「空きテナント」??そういう意味ですか?
全然関係ない話と書いておられますので違うとは思いますが・・・・

さて、開店時刻の件です。実はこのお店3回目にして初めてお店に入ることが出来たのです。その前2回は、開店時刻ピッタリにお伺いしたところお店が閉まっていました。ご存知の通り、このお店には駐車場がないのでコインパーキングに駐車して、行ってみるとまだお店は開いていない。「オイ、いい加減してくれよ」の一言も言いたくなるじゃありませんか。

金環日食は、何の準備もせず、思いついたように写したものですから出来は知れています。でも、今朝の愛媛新聞にでていた写真、似たり寄ったりでしたよ。フフフ、コンデジも棄てたものではありません。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード