fc2ブログ

「らーめん工房 りょう花」・「愛媛グルメ紀行」 301

今日からこのシリーズも301回目(301店目)に入ります。


その301店目は、愛媛では一番人気のラーメン屋さん”らーめん工房 りょう花”さんをご紹介しましょう。


場所は西部環状線沿いの南江戸3丁目、”大阪大将”のお隣で目立つお店ですから大抵の方はご存知でしょう。


こんな人気店、有名店を今まで採り上げなかったのは、今さらワタシが採り上げなくても既に数え切れない方に紹介し尽くされていると思っていたからです。


既に300店近いお店を紹介してきました。しかも、一度採り上げたお店は、その後何度行っても記事にはしないという方針で臨んできました。


ところがその中で、誰でも知っているような有名店でまだ採り上げていないお店が何店舗もあります。

玄関1   こちらが南江戸にあるお店の玄関です。


市内に何店舗も展開なさっている内の一つです。


さて、先ほどの続き。有名店で採り上げていない理由は大きく分けて二つに分かれます。


この”りょう花”さんのように、有名店で何度も食べに行っているお店であるものの、余りに有名すぎてワタシが採り上げるまでもないと思うお店が一つのケースです。


もう一つは、有名点で食べに行ったことはあるけど、採り上る価値がないと思える店というケースです。老舗と呼ばれるお店の中にもあります。

禁煙2ウェイティングシート3
さて、お店の玄関を入る前に、さりげなく”禁煙”を掲げておられます。


力まず、実にさりげなく、しかし明確に。


また、行列が出来る時間帯もありますので”ウェイティングシート”が玄関横に置いてあります。


玄関を入ると、ちゃんと順番待ちの椅子まで用意されていて、並ばれることに十分慣れているお店だとおいことが分かります。

店内4   ちょうど昼時だったこともあり、店内は満席で待ち客も何組かいました。


従って店内は活気に満ち溢れています。繁盛店の常です。


店内には、この”りょう花”店を展開する社長のお店作りに関するポリシーが墨書(ぼくしょ)されて掲げられています。


ワタシの尊敬する不動産業界の先輩からお伺いした話です。


ここの経営者は高知のご出身。お父さんは高知で”小僧寿し”のチェーン店を展開され成功を収められた方だそうです。

メニュー5ランキング6
こちらがメニューです。このお店のユニークなところは、お絞り袋にお店の”人気メニューランキング”が刷り込まれているところでしょう。


さて、先ほどの話の続きです。


お父さんの事業をそのまま継承しても、そこそこに安定した事業家になれたのでしょうが、ここの経営者は全く別の道を選択されました。


そして選ばれたのが”ラーメン事業”だったといいます。ラーメン事業は、従って一から取り組まれたことになります。


全国各地を食べ廻り、美味しいラーメンのあるべき姿を追い求められたのです。


そして、行き着いた理想のラーメンがメニューに活かされています。


尊敬する先輩は言います、「ここの社長ほど研究熱心な人を私は知らない」と。


その方からの伝聞で、ワタシが直接お話をお伺いしたのではないので間違っている部分があるかも知れませんが、ラーメンを食べてみて納得させられたというわけです。

特塩味玉ラーメン7   さて、こちらば人気メニューランキングで二番目にランキングされている”特塩味玉らーめん”です。



お値段は880円(内税)です。思わず「高い!」って声が出ました。


すると、たまたま同席していた千葉県に嫁いでいる妹が「千葉じゃ当たり前の値段よ!」と。


でも、少なくとも松山では「ちょっと高いなアー」と正直思いました。


ただし、味には文句のつけようがない美味しさです。

味玉塩つけ麺8   こちらが、”初めてご来店される方に”というメニューの二番手に挙げられていた”味玉塩つけ麺”です。


お値段は850円(内税)です。


全国の美味しいお店を研究に研究を重ねられた結果、それらを上回る商品を開発したという自信の表れでしょうか。


この価格でも客が列をなすと言う自信の表れでしょうか。


業界の尊敬する先輩の話では、今お店が幾ら流行っていて成功しているからといっても、企業の膨張を抑えなければいけないという抑制の気持ちもしっかり持っておられるという。

つけ麺9   お店のキャチコピーに書いてある、「全国的にも珍しい塩つけ麺」を味わってみました。


「モーツアルトが流れる貯蔵庫で5日間熟成させた」という麺、豪語するだけの味でした。


第一、滑らかで艶があってしかも小麦粉の美味しさがギリギリまで引き出されています。

麺10   やはりラーメンの麺は、このもっちり感が大切だと知らされました。


ワタシの苦手な太麺に近い太さの麺ですが、口の中で決してモゴモゴしたりはしない。


スルリと、実に自然に滑らかに胃に収まっていきます。


量も、ワタシにとってはちょうどいい量で完食しました。

つけタレ11   しかも、つけタレもやや濃い目に味付けされていますがバランスが取れた味だと思いました。


お店の言う「パタゴニア湖塩」の3%のミネラル分のなせる味かどうかは分かりませんが、つけ麺のタレとして完成された味でしょう。


最近のラーメン店で大流行の、しかしワタシは下品だと思う”魚粉”は極力抑えられています。


ここにも、お店の自信が溢れていることを感じました。


ただ、先にも書きましたがつけタレの味付けが濃いので、つけタレだけを飲むことはちょっと無理です。


研究し、試食を繰り返した結果の濃いさなのでしょうが、ワタシにはもう少し薄くてもいいのかな?と感じました。

味玉12   まあ見てください、この”味玉”。


とろけ出る味玉の黄身。旨いわけです。


どこかのお店で、ラーメンに普通のゆで卵を輪切りにして出しているお店がありましたが。

餃子13   こちらもご自慢の”餃子”です。


セットで頼むと、220円です。


皮はパリパリ、餡のジューシーさは余り感じませんでしたがよくできていると思いました。


ラーメンを含めて、予想していた味の水準でしたから、もちろん文句のつけようもない美味しさでしたが唸ることはありませんでした。

かご14   ところが、唯一”唸らされた”のがこの画像。


女性客で、バッグを小脇に抱えて来店された方には、店員さんがこの籠を席まで持ってこられて、「お荷物をここに入れられますか?」っと、必ず声を掛けていました。


こういう光景は初めてです。


このお店を経営する方の”志の高さ”を思い知らされました。


思わず、素直に「恐れ入りました!」という声が漏れました。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

同日掲載www

じゅんさん、おはようございます。

私が自身のブログをアップしてじゅんさんのブログをのぞきに来たら・・・、なんという事でしょう。同じりょう花さん、しかも同じフライブルグ店ではありませんか! いやはや・・・、奇遇ですね~www

自分の記事にも書きましたが、りょう花さんのラーメンはどれもレベルが高く美味しいものばかりですが、値段が高いんですよね。
この味が500円なら感動しますが、800円超ですから「ウマくて当たり前だろ!」って域に入っちゃいます。
でもまあ、文句言ってもまた食べに行っちゃうんですけどwww

同じコメントを

乱駆郎様

乱駆郎さんの今日のページ開いて、全く同じ現象というか、反応をし、更に同じようなコメントを入れました。
まあ、狭い地域社会で同じようなブログを書いていると、希にはこういう現象が生じても不思議ではありませんね。
確かに、高いですよね。高くしても客が来るという自信でしょうけど。
いいお店だと思うのですが、感動するといった反応にはならないのはなぜなのか?値段だけの理由なのかが分かりません。
でも冷たい冷麺を食べに行ってみようとは思っています。

こんにちは♪

りょう花は良く利用しました、家に近くに二号店が有ったので(^^ゞ
今は立ち退きになりましたが、本社もこの近くです(^_^)
息子と同い年、知り合いではありませんが・・・(笑)

社長のお父さんの趣味は、鳥撮り(^m^ )プッ

若い頃一緒に役員もしました、気さくな良い方です。
息子さんも良くお顔が似てます、きっと性格も似てるのでしょう

意外な

ベル様

意外なところで意外なつながりがあるものですねー。
だから世間は狭いって言われる。

ほーーー、お父さんが鳥撮りとは、全く想像もしていませんでした。
でも、高知では立志伝中の人の一人かも。ソーですかー。

このお店は美味しいし、いいお店には違いないのですが、やはり高いですねー。ラーメンに1000円近く取られる時代になったんだなーってため息が出ます。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード