実家の庭にも春が 3

先週の土日に、実家に咲いた草花をアップしました。


その際に、日曜日は90歳の父と千葉から帰省してくれた妹との3人で、実家の庭で”花見の宴”を張ると書きました。


今日は、その続編です。


お天気も日曜日だけ見事に晴れ上がってくれて、絶好のお花見日よりでした。

父と娘1   久しぶりに、桜の木の下で語らう父と妹。


3人兄弟で女は妹だけ。


子供のころから、妹にはデレデレだった父は、今なお一層その傾向を増しています。


妹にノンアルコールのビールを注いでもらい、「もう何時死んでもいいぞ!」とばかりに顔をクシャクヤにして満面の笑み

イヌフグリ3   こちらは、庭いっぱいに咲いている”オオイヌノフグリ”です。


日本古来種の”イヌフグリ”は、この花よりずっと小型で、今は絶滅の危機に瀕しています。


こちらの”オオ(大)イヌノフグリ”は明治期に西洋から入ってきた雑草ですが、可憐で淡いブルーを好む方もいらっしゃいます。


ただし、花の名前の”イヌノフグリ”とは、犬の金〇〇のことで・・・・エエ・・・正式には漢字表記しづらい。

タンポポ4   ”タンポポ”を上から覗き込むとこう見えます。


一吹き、小さく息を吹きかけるだけであっけなく空中に舞いました。


その直前の画像がこれ。

ドウダンツツジ5   こちらは”ドウダンツツジ”の可憐な花です。


”ドウダンツツジ”はツツジの仲間ですが、小さい釣鐘のような形をしています。


名前の由来は、昔、夜間の明り取りとして使われていた結び灯台の脚のところに形が似ていることから、”トウダイ”が”ドウダン”になったそう。

ツツジと蜘蛛6   こちらは早々と花弁を付けた我が家の”ツツジ”です。


そのツツジの花弁に、ツツジの蜜を求めてやってくる虫たちを待ち伏せしているのが画像の”蜘蛛”。


小型の様々な蜘蛛たちが、花弁の裏や表で虫の飛来を待ち受けて息を潜めています。

ツツジと蜘蛛7   こちらは、待ちきれなくなって花弁の表に姿を見せた別種の蜘蛛の姿。


コンデジは、遠いものや動くものを捉えることは出来ませんが、こういう小さいものならこうやって捉えることができます。


コンデジを持つまでは見向きもしなかった光景が、今では様々に飛び込んでくるようになりました。

蜂の巣8   こちらは、実家の軒先に作られていた”地蜂(じばち)”の巣です。


ジバチ”とは、”クロススズメバチ”の別名で、大きな徳利のような巣を作ることで有名です。


実家には昔から、スズメバチたちが様々な場所に巣を作ってきました。


画像の右手にかすかに見える土は、過去の巣の跡です。

蛙9   実家には池もありますので、””が地上に上ってきて姿を見せています。


空にはウグイスとメジロとツバメが合唱し、庭には散りかけたソメイヨシノと椿が、そして咲き始めた様々なツツジたちが交錯しながら命を紡(つむ)いでいます。


父が妹に「トウチャンなあ、もう何十年もこの桜みてきたけどなあ、花が散る様子がこんなに綺麗やとは、この年になるまで気が付かなんだんよ」っと。


娘の前では「じいちゃん」ではなく、必ず「トウチャン」と言い分けます。


ところが娘はいとも平気に「ジイチャン、そんなら、来年の91歳の時もここで花見しよーや!」とはしゃいでいます。


今年も実家に春が訪れてくれました。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

久し振りの遠出で疲れましたが、無事に帰って来ました。
土居の辺りで、車が風に飛ばされそうになりましたよ(◎-◎;)!!
今まで見た事もない50キロ規制でした。

じゅんさんのご実家のお庭、広いですねぇ~(*^^*)
庭に野鳥などが遊びに来るのでは有りませんか?

沢山の花が咲いて、春本番・・・所で、花の名前ですが、
オオイヌ ノ フグリは<ノ>が入るのですよ。
几帳面なじゅんさんの事ですから、花の名前は正確に
書きたいのではと思ったので、ついお節介を焼いてしまいました(^^ゞ

ベル様
何しろ田舎ですから、広いですね、300坪近くあって木々や草花が繁っています。ですから、妹は「毎朝ウグイスの鳴き声で目が覚める」と言っていました。
あれ、本文を見ると、「ウグイス」と書くところを「カッコウ」と間違って書いていますね。今気がつきました。カッコウはいません。
それと、オオイヌフグリ、間にノが入るのですか?知りませんでした。
後で直しておきます。ありがとうございました。

No title

母親が娘よりも息子に甘いのと同じで父親も娘には弱いのですねー。素敵なお二人の写真ですね。景色も素晴らしい!
うちのじいちゃんも私の母のこと大好きなようです。最近、シニアケアに入ったと聞きました。2年前に帰った時は私のこと微妙に誰か分からなくなっていて、聞いてはいたけれどどうしたらいいのか分かりませんでした。が、シニアケアに入って大分元気になったとのこと!
91歳で焼肉を食べてまだまだ元気なご様子のじゅんさんのお父様すばらしいですね~。
うちの母は「父ちゃん、母ちゃん」って今でも言ってますね~。

幾つになっても

Kaori様
温かい温かいコメント、ありがとうございました。感じ入りました。

母は昨年86歳で亡くなりましたので、私たち兄弟にとっては父だけになりました。でも、何時までも息子や娘のことを案じてくれる父です。

体は、モハメッドアリと同じパーキンソン病を発症していますので、自由が利かなくなってきつつありますが、食欲と頭ははっきりしています。今でも、実に鋭いジョークを言うので、時々その見事さに唸らされることもあるほどです。

精一杯寄り添っていきたいと思っています。コメント、本当にありがとうございました。
そして、何よりお元気を取り戻されたようなので、安堵しております。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード