FC2ブログ

「砥部町 食堂ちとせ」・「愛媛グルメ紀行」 306

今日は、伊予郡砥部町の国道33号線沿いにある”食堂ちとせ”さんをご紹介しましょう。


場所は、国道33号線を久万高原町を目指し砥部町役場を通り越し、三坂峠入り口のやや手前にあります。

看板1   国道沿いに、この大きな”看板”がありますので迷うことはないでしょう。


開業以来43年、国道33号線が今のように拡幅されるまではもっと国道にへばりつくように接していました。


国道の道幅が今のように広がってから新しいお店を建て替え、国道との間に広い駐車場を取りました。それからでも、もう6~7年経ったでしょうか。

玄関2   こちらがお店の玄関。


旧の砥部町から離れているので、お客さんの大半は車でやってこられる方。


特に営業車やトラック類が多く、この界隈の”老舗食堂”としてよく知られたお店です。

店内3   玄関を入ると、目に前にこのショーケースがレジ脇にあります。


このショーケースに、いなり寿司やちらし寿司、その他のおかず類も置いてあります。


お客さんは皆さん慣れたもので、ここで銘々がちらし寿司などを手に取り席について、メインのものを注文します。


いなり寿司は、1個100円。

メニュー4メニュー5          メニューは大きく分けて二つのグループに分かれています。


一つは、昔ながらの”中華そば”や”鍋焼きうどん”、更には”親子丼”などの食堂メニューが並びます。


もう一つのグループは、”鶏唐揚げ定食”や”鶏甘酢定食”、あるいは”豚生姜焼定食”などの定食類です。


ワタシは、やはり昔ながらの食堂の味を代表する”中華そば”を注文しました。お値段は500円(内税)です。

中華そば上6   こちらがその”中華そば”です。


スープの出しは鶏がらから丁寧にとってあり、透明で澄んだ色をしています。


そして、具材は太目のモヤシ、キャベツ、豚肉、カマボコ、ニンジン、胡麻と刻みネギです。


野菜中心のヘルシー”中華そば”で、多くのお客さんはこれと”いなり寿司”をチョイスされているようでした。

中華そば7   この”中華そば”が、このお店の”看板メニュー”ということになるのでしょう。

スープはアッサリしていて、やや甘め。


但し、60年前後の老舗特有のあの”甘さ”ではありません。老舗独特の甘さは、砂糖の甘さです。


ところがこのお店のスープの甘さは、野菜からにじみ出た甘さでしょう、控えめです。


これが、ワタシにはどこか物足りなさを感じました。

麺8   このお店独自の味で、他のお店で似ているお店???多分ないと思います。


この味に魅せられて何年も、それこそ毎日のように通うお客さんもいると思います。飽きがこない味です。


麺はごくごく普通の中華麺。


ただ、コレと特定は出来ないのですが、どうしても物足りなさが残ってしまいました。


最近の”ラーメン”を多く食べ過ぎてしまって、強烈な個性あるラーメンの味に毒されてしまったのかも知れないですね。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

物足りなさの正体は?

じゅんさん、おはようございます。

ラーメンに関しましては好みが真逆になりますが(笑)、昔ながらの中華そばに関しましては意見は一致すると思っていますので、多分私が行っても同じ感想になりそうな気がしますね。実際は食べてみないと分かりませんが・・・。

悪くない、美味しいのに何故かもう一度食べたいと思えない料理って確かにありますよね。インパクトが足りないというか物足りないというか。
これって何なんでしょう?解明出来たらスゴイかもwww

開業されて40年以上ですか。
歴史はウソをつきませんから、このお店も確固たる根強いファンがおられるという証拠でしょうね。

謎です

乱駆郎様

もちろん美味しいには違いないのですが、何か足りない。しかもそれが分からないもどかしさ。
久万の真木食堂や内子の片岡食堂などで感じたインパクトがないのです。
でも、間違いなく多くの根強いファンに支えられている食堂には違いありません。お客さんの数も多いし、その層の厚さが際立っていました。
でも、こういうもどかしさが残ったお店も珍しいかったですねー。

こんばんは!

今回はじゅんさんの好きそうなお店なのに?味のイメージが出来てしまってたとか!?甘い出汁を体が欲しがってたとか!?それとも、お店が新装されてて、歴史を感じなかったのか!?謎ですね。しかし、四十数年の営業には頭が下がります。

自分でも不思議で

M様

間違いなく美味しいのに、胸を打つ感動がない。自分でも不思議です。

このお店は老舗なので、様々な方がブログなどで採り上げ「さすが!」などといい反応を示しておられます。

とこが、ワタシにはホノボノとしたシックリ感が伝わって来ませんでした。その日の体調などにもよるのでしょう。味覚は、実に微妙で奥が深いですね。
恐らく、感動を覚える味と言うのは、味覚プラスアルファがあって初めて人の心を打つのでしょう。そういう意味ではワタシとの相性が悪かったのだと思います。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード