「恐るべし! うどん屋 ◯◯◯い」・「愛媛グルメ紀行」 312

今日は、この”愛媛グルメ紀行”というシリーズを書き始めて312番目のお店をご紹介します。


しかも312番目のお店の中で、”うどん屋”さんは今まで42軒をご紹介しています。


今日も”うどん屋”さんですから、このお店で43軒目のご紹介となります。


ただ、その43軒の中で始めて出会ったケースとなりました。


今日ご紹介するうどん屋さんは、松山◯◯近くの◯◯町にある”うどん屋 ◯◯◯い”さんです。


場所は、◯◯通りの◯◯近くにあるスーパーを南に下ります。


後背地は、工場や倉庫が控え一般の人家はほとんどないという地域の入り口に位置しています。


ここから西の方角にある工場群や倉庫群に関係する方でないと、このお店の存在は知らないかもしれないですね。


ですから、当然お客さんは上に書いた関係者の方がほとんどと言うお店です。

メニュー3 
ワタシがお店に入った午前11時45分には、長い長いカウンター席の前にある、これまた長い長い厨房には女性が2人入っていました。


メニューは、その厨房の上に大きく貼り出してあります。


周囲のお客さんは、うどんとイナリなどの組み合わせを食べていましたが、ワタシは迷わず”釜揚げ!”と威勢よく注文しました。


やはりうどん屋さんの実力を推し量る上では、最もシンプルな”釜揚げ”が一番だという認識があるからです。


注文が終わって、出されたお茶を一杯すすって店内や厨房を見渡しました。


すると・・・・・そこに”驚くべき光景”が目に飛び込んできたのです!!

冷凍うどん4
厨房のうどんを湯掻く大きな釜の前に、”デーーーーーン!”と置かれているのは、何と、なんと、ナント”業務用冷凍うどん”を入れた大きなビニール袋が鎮座しているではありませんか。


ウッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!〇▼□・・・△▲・・・・!


絶句したまま・・・・・・しばらく声も出ませんでした。


うどん屋巡り43軒目にして、始めてお目にかかった光景。


しかも、厨房に入っている女性(おばさんと言ったほうが・・・・)2人、何の悪びれた風もない。


注文が入るたびに「アイヨ!」とばかりに、”冷凍うどん”の袋を鋏で切り取り、その塊をうどんを湯掻く釜に、1玉づつ入る金属製のザルに押し込んでザブンとお湯に漬ける。

釜揚げ5
その光景を凝視していて、厨房のおばさんと視線が合ってしまった。


あああアアア・・・見てはいけないものを見てしまった!」と、その作業をしているおばさんから視線を逸(そ)らせた。


でも、視線の持って行き場がない。


うどんを食べている客に助けを求めようと、視線を走らせた。


「アア、それ!知っているよ。でも、それがドーシタの?」とか「アンタ、見てみぬ振りするのが大人じゃないか!」などという反応も一切ない。


みな、黙々とうどんを啜り、新聞を見たり漫画を見ている。

うどん6
ものの5分で”解凍釜揚げうどん”は出てきた。


ものの3分で、”冷凍→解凍⇒釜揚げうどん”を食った。


そこに女主人とおぼしきおばさんが入ってきて、2人のおばさんに軽く会釈をして客にも愛想を振りまいた。


オンナ・・・・女・・・・いや、女性は偉い!   強い!!」心の中でそう呻(うめ)いた。

薬味7
これが、男性が経営していれば”冷凍うどん”を”解凍”している作業を客に晒すだろうか?


多分厨房を仕切って、仕切られた厨房の奥で客に見せないように”解凍”するに違いない。


ここまで堂々と、目の前で”冷凍うどん”の塊を釜の中に掘り込む作業を見せても平気な神経・・・・・


性別の違いではないのかもしれないけれど・・・・「アンタは偉い!!」そう呟くしか手はない。


「味はどうだった?」ってか?


加ト吉が美味いのか?日本たばこ産業のテーブルマークの冷凍うどんが上なのか?それとも日水の冷凍うどんが・・・・・そういう議論にしかならないでしょう?

旗8 
逃げるようにお店を飛び出した。


冷凍解凍釜揚げうどん”のお代、550円をおばさんに払って。


店を出ると、”味自慢 うどん”の旗が軽快にはためいていた、ワタシの小心をあざ笑うかのように。


その夜は、冷凍庫に閉じ込められて”◯◯キツネ”に追いまくられる”悪夢”で・・・・う   な   さ  れ   た。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私は"加ト吉"派です(爆)

じゅんさん、おはようございます。

こりゃまた楽しげなお店を発掘されましたね~www
店名が「どんべい」だし、なんか笑えますね(^^)

このお店がこの場所で、冷凍うどんを解凍して出す。そしてそれを当たり前のように受け入れて食べるお客さんがいる。
ここではそれが当たり前の世界なんでしょう。ここではきっとじゅんさんのほうが"異邦人"なんですよwww

どうやら・・・、じゅんさんがトワイライトゾーンに紛れ込んでしまったようだ。早く助けに行かなければ!www

たまげました

乱駆郎様
そうか、ワタシが異邦人だったんだ!
道理で、周りの人の視線がよそよそしかったはずです。

でも、あそこまで堂々とされると怒る気力が沸きませんでした。
世の中には、まあ実に様々なお店が在るものですね。

こういう冒険旅行
、子供のころに帰ったように楽しいったらありゃしない!

こんにちは!!

これは凄い!!驚きしかありません。しかも釜揚げがメニューにあるなんて。しかも550円!!これで存在できるんだあ!!現在の飲食業界のオーナーさんデフレと闘い少しでも安くと考えられてます。中には質を落としてまで安くしているお店もあります。そういう方にこの店を紹介したいですね。勇気がもらえること請け合いです!!
じゅんさんが以前に冷凍食品をどうどうと…と書かれてたのであらゆるケースを想定してましたが、まさかでした!

あっけにとられる

M様
まあ、ここまで開き直られたら「呆気にとられる」しかありませんね。
ど根性というより、やはり経営者の人間性かも知れませんね。

ざるうどんと釜揚げうどんなんて、お湯に漬けてだすだけ。周囲に競合するお店がないから存在していけるのです。
だからといって、それに胡坐(あぐら)をかいてちゃいけないでしょう。

このお店のことは、後日別のお店を語るときに材料に使わせてもらいました。ワタシからすれば、こういうお店でも結構使えるのです。

記事を読む中、ネタ拾い目的で行ってみようかなと
一瞬だけ思った私(笑)
でも、たとえ美味しかったとしても
やはり、冷凍うどんに550円は厳しいかな。
いや~、ほんと、愛媛も探せば色んな店が出てくるもんですね(笑)

たとえでも

キクリン様
例え美味しかったとしても。ええ、ご家庭でスーパーの冷凍うどんを買ってきて、様々なメーカーの味作りを試してみるのは、ネタ作りとしてはお面白いかも。
但し、半額以下で様々な冷凍食品メーカーの味を試してみることが可能でしょう。

それはそれで、新しいグルメ文化の発掘に役立つかも知れませんね。

いずれにしても、このお店に行く必然性はないでしょうね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード