fc2ブログ

「dinig Bere(ベーレ)」・「愛媛グルメ紀行」 322

今日は、昨年の9月に開業した新しい洋食屋さん”dinig Bere(ベーレ)”さんをご紹介しましょう。


場所は、今治に抜ける県道松山東部環状線の樽味町交差点を東に入った、正円寺1丁目、”愛媛大学農学部”前にあります。

玄関1   こちらがお店の玄関。


お店の店名”Bere(ベーレ)”とは、イタリア語で”飲む”という意味です、英語で言えば”drink”ですね。


つまりお昼はランチもやっていますが、メインは夜ワインを飲みながらイタリアンテイストな食事を楽しむお店です。

店内2   店内は清潔で、しかもお洒落です。


小ぶりなお店なので、少人数の仲間でワイワイガヤガヤ楽しむにはもってこいでしょう。


お店ご自慢の”ワイン”がカウンターに並んでいます。


ワインに詳しくなくても、リーズナブルなお店お薦めのワインリストが表示されていますので気軽に楽しめます。

ランチメニュー3   ランチメニューは全部で6種用意されています。


これを見て麺好きなワタシ、”ボンゴレ・ビアンコ三つ葉のせ”を注文しようとしたら、ワタシの直前にお店に入った男性がこれを先に注文された。


そこで、同じものを頼むのはいかがか?と思い直し”豚南蛮”を注文した。お値段は820円(消費税込み)


南蛮”といえば、揚げた魚等を「玉ネギ」と一緒に酢漬にした”南蛮漬”をイメージします。


ただ広い意味の”南蛮漬”とは、から揚げに”南蛮酢”という、ネギ・唐辛子の刻みを混ぜた甘酢を掛けた(あるいは漬けた)料理のことを指します。


これが”豚南蛮”とありますので、どういう料理が出されるのか興味は募ります。

サラダ4   逸(はや)る気持ちの機先を制するように、可愛いハート型の器で”サラダ”が出されました。


還暦を過ぎたオッサンにはいささか面映(おもはゆ)いものがありますが、箸で綺麗に平らげました。

スープ5   スープはホウレン草のグリーンを生かした”スープ”でした。


この季節に相応しい色合いに、思わず微笑が漏れました。


店内では厨房にシェフ、フロアー係りは若い女性、この2人でお店をやっておられます。


ホウレン草”の旬は冬の厳冬期で、寒ければ寒いほど糖度やビタミンC、ビタミンE、βカロチンの濃度が上がりますが、今では年中出回っています。

豚南蛮上6   スープを綺麗に平らげる頃を見計らって”豚南蛮”が出されました。


上から見た画像がこれ。


なるほど、豚に衣を付けて揚げて、ネギ・唐辛子の刻みを混ぜた甘酢を掛けた料理のようでした。


イタリアンの世界でも、酢漬けのマリネ料理は多いので違和感は全くありません。

豚南蛮7   画像の左奥に見えるのは、”たらの芽”の天ぷらです。


これが実に秀逸でした。イタリアンにさり気無く和風テイストの天ぷらを添える。


”たらの芽”のほろ苦さが、酢味の南蛮にアクセントを添えていました。


”たらの芽”の旬は桜八部咲きの頃と言われますが、今ではハウス栽培のものがこの季節になっても出回っています。

アップ8   さて、こちらがメインの”豚南蛮”です。


南蛮の上には、手製のタルタルソースがかかっています。


豚肉にしっかり味が付いていて、それと南蛮酢がマッチしていて面白い味だと思いました。


豚肉はサックリ揚げられていて、重さを感じさせません。豚の脂分も、甘酢とうまくバランスが取れています。


タルタルソースは、そういうアッサリ酢味をイタリアンテイストに保つ役割があるようで、キチンといい働きをしています。

断面9   こちらが断面です。


最初は、タルタルソースをかけないで食べてみる。次はかけて食べてみる。


更には、添えてあるレモンを絞りかけて食べてみる、三通りの味が楽しめます。


これは、プロらしく考えに考えられた料理であると納得がいきました。


帰りに、女性から一年間有効のポイントカードを渡され、笑顔で「またお越しを」と送られました。


ワタシ、これに弱い。ポイントカードには15個の判が並ぶ仕組み。その内の一つに真新しい判が押されている。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

鶏南蛮はよく食べるけど、豚さんは初めて聞いた気がする。
鶏肉苦手の私は豚が良いなぁ~(≧∇≦)

このお店のお料理の量は、じゅんさんの胃袋に丁度良かったのですね(^_-)-☆
私は多分大食いなんでしょうね、たいていの物は残さず食べ切ります(笑)
甘い物と、鶏肉とラムのお肉は好きじゃないので、何時も残します(^_^;)
食べてくれる人が居るので、問題ないんですけどね(^m^ )プッ

やはり

ベル様

・・・・^^^^^やはり!

「鳥撮り」さんは「鶏肉」が苦手ですか!ウン、うなずけます。

朝から笑顔がこぼれました。今日は一日いい日になりそうです。

こちらの料理は私の胃袋にはピッタリでした。家族でサッカーで言う守備陣、スイーパーさんがいると心丈夫ですね。

ハードルが下がってくる・・

じゅんさん、おはようございます。

私も豚南蛮って名称は馴染みがないです。
写真でみると"和"のテイストも感じられて、洋食音痴の私でさえ美味しそうに見えますねwww

じゅんさんの記事を読むにつれ、だんだん西洋料理のハードルが下がってきてます(^^)

今回の記事でいえば、可愛いハート型の器のサラダを"箸"できれいに平らげたという行など私を誘導するに十分ですねwww

それは結構な

乱駆郎様
そうですか^^ハードルが下がってきた!いいじゃないですか^^

このお店は、気楽にお箸で楽しめますよ。イタリアンが基本ですが、それを独自にアレンジして自分の料理を作っておられる。

「たらの芽」の天ぷらなど、心憎い取り合わせですよ。食べ歩いていますと、こういうプロの料理人さんの様々な工夫の後が垣間見えて楽しい限りですね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード