スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コンデジで捉えたマクロ(接写)の世界」 9

今日と明日は、例によって西予市野村町の実家の庭での”コンデジで捉えたマクロ(接写)の世界”をお届けしましょう。


「また、虫カ~・・・・」と思われる方も多いでしょう。


でも、ワタシは不思議に実家の庭に立つと童心に戻れるのです。


高校の時から松山に出て、実家を離れていますので実家の思い出の大半は小学生低学年の頃のこと。  

カメムシ2   ところが、父が先月の16日に90歳の生涯の幕を閉じるまでは、毎月2回、父とレストランで”ヤキニク”を食べる習慣が3年間続いていました。


しかし先月父を亡くした今、郷里には父も母ももういません。何時も実家の庭で写していた”マクロの世界”も、これからは回数が減るかも知れませんね。


画像は一般的には”カメムシ”と呼ばれますが、種類が多いので具体的には何カメムシという特定は、今のワタシの知識では出来ません。


強い異臭を放つことから、この辺りでは”ヘクソカメムシ”と呼んだりします。

コガネムシ3   こちらの画像は”コガネムシ”です。


この種も、細かく種類が分かれていますので、何コガネムシと断定することは出来ません。


光沢の美しい昆虫の代表ですね。


日本童謡のゴールデンコンビである、作詞:野口雨情、作曲:中山晋平の童謡に”黄金虫(コガネムシ)”があります。


『黄金虫は 金持ちだ  金蔵(かねぐら)建(た)てた 蔵建てた  飴屋(あめや)で水飴 買って来た』と、一番は歌います。

カタツムリ4   さて、この画像は何に見えますか?


緑の蛇腹のカーテンの上の中空に浮かび上がっているように見えるもの。


そうです、”カタツムリ”です。


光の加減で、見方によればエジプトのピラミッド内部の壁画に見えませんか?

銀蝿5   こちらの”ハエ”はピントがやや甘いのですが、金属光沢が綺麗なという特徴を持つ”キンバエ”です。


このハエを見て、これは”ギンバエ”ではないか?と思われる方もいるかも知れませんが”ギンンバエ”という種のハエはいません。


”ギンバエ"は、横浜辺りにはひょっとして生息しているかも・・・・・(古い!)

ハエ6   こちらは、”蠅(ハエ)”たちの”愛の行為”。


別に”覗き見”の癖があるわけではありませんが、偶然に現場を目撃してしまったのです。


愛し合っていたお二人さん、”ゴメンネ!

カマキリ7   今日の最後は、葉の表側でかろうじてぶら下がっている”カマキリ”です。


ただし、まだ独り立ちしたばかりの赤ちゃんです。


懸命に両手を合わせて拝んでいました。


誰に何を拝んでいたのでしょう?



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

今日は私も、コンデジで捉えた虫さんをUPしましたよ(^^ゞ
お天気が悪くて短時間の鳥撮りでしたが、何とか
記事一本分の写真は調達出来ました(笑)

昨日の夜の雨と雷は凄かったですね。
3時に寝て5時には目が覚めましたよ。
今日は寝不足です(´0`)ふぁ~

今朝の雷は

ベル様
おはようございます。
確かに今朝の雷と豪雨には驚かされましたね。家中、窓を開けっぱなしにしていましたので、慌てて閉め廻りました。

ベルさんも昆虫ですか!
それで早速拝見しましたよ。うーーん、同じような昆虫撮っても・・・・全く別次元ですねー。トホホ・・・ため息が漏れました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。