「コンデジで捉えたマクロ(接写)の世界」 11

今日も先週の土日に引き続いて”コンデジで捉えたマクロ(接写)の世界”をお届けしましょう。


要は、この間、郷里に張り付いていた。


コンデジで、地面に這いつくばって息を止めながらシャッターを押す。


どういうシーンを切り取れたのかは、ダウンロードするまでは分からない。


それが、面白いといえば面白いところか。

コガネムシ1   アジサイの花の上でうごめいている”コガネムシ”を狙ってシャッターを切ったら、その横に小さな蟻も写っていました。


シャッターを押す時には気が付かなかった蟻です。

コガネムシ2   ”コガネムシ”の顔を撮ろうと正面に廻ったら、やっと彼と目が合った。


ただ、この”コガネムシ”は、右前足が根元から取れてありません。


ですから、スムースな動きが出来ないのです。何に、誰にやられたのか?

コガネムシ3   こちらは、上の画像とは別の固体の”コガネムシ”です。


雨模様に中で、目に前の葉に飛来してくれました。


ですから、まだ飛翔するための羽を硬い甲の下に仕舞い切れていません。


色合いは大変に綺麗なのですが、彼らが幼虫の時は草花の根をかじって食べる害虫でもあります。

とげ蜘蛛4   こちらは、トゲがあるのが特徴の”ササグモ”ではないかと思います。


蜘蛛の巣を作らず、葉の上を徘徊しています。


そして、獲物が近づいてくると、驚くほどのジャンプ力で飛び上がり捕食します。


実にすばしっこい蜘蛛です。

平蜘蛛5   こちらの、ペシャンとつぶれたような蜘蛛は”ヤミイロカニグモ”です。


お腹が蟹の甲羅によく似ていますね。


小さいので、つい見過ごしてしまいそうな蜘蛛です。

ウマオイ6   こちらの、葉の緑色の保護色をした足の長い昆虫は種名が分かりませんでした。


最初は蜘蛛の仲間の”ウロコアシナガグモ”かな?と思ったのですが、画像では長い触覚があります。


ですから蜘蛛ではありません。

トンボ7   この画像と下の画像は同じ固体のトンボで、種名は”ヨツボシトンボ”ではないかと思います。


なぜ同じ固体のトンボを並べたかと言いますと、上のトンボの画像は、カメラのピントが広い範囲に拡散しています。

トンボ8   ところがこちらの画像は、ピントが”ヨツボシトンボ”にピタリと合っているので、背景の緑の葉がボケています。


すると、この画像の方が奥行きが深く見えます。


コンデジでは、このピントを一点に絞ることが中々難しい。


たまに、こういうピントが決まった画像が撮れるから楽しい。

とかげ9   最後は、”トカゲ”です。


アジサイの花の上に、そっと登って来ました。


何を狙っているのでしょう。


でも彼の後ろ右足は、途中から何物かによって食いちぎられています。


自然界の食うか食われるか、”食物連鎖”の世界の厳しさの一端を垣間見た思いです。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード