fc2ブログ

「ラーメン ちんどん屋」・「愛媛グルメ紀行」 379

今日は、余戸中6丁目、伊予鉄郡中線沿いに走る県道松山松前伊予線のゼットワイ余戸店内にある”ラーメン ちんどん屋”さんをご紹介しましょう。


このお店は6月12に、シリーズの309番のお店として採り上げた”めん工房 家族庵”さんが入っているビルの1階にあります。


場所はその時のおさらいになりますが、郡中線余戸駅近くでフジが運営する”ゼットワイ余戸店”の1階です。

看板1
県道沿いにありますが、商業施設の中のテナントなので、ここにお店があるという告知の”看板”の役割りは大きい。


でもここに開店してもう10年を過ぎましたから、この施設のテナントの中でも最古参の一つのなりました。


お昼時は、近隣の家族連れやサラリーマン風のお客さんが三々五々集まってきています。

玄関2
玄関は結構派手なので、分かりやすいお店でしょう。


ちょっと見えにくいのですが、画像の右隅に子供が書いたと分かる”巨大地図”が飾ってあります。


子供らしい天衣無縫の絵で、とにかく大きい。「何の絵だろう?」と思ってお店に入りました。

絵3
すると、厨房の上の壁にも同じような””が飾ってある。


よく見ると、「お花の国に行ったよ」と題が書いてあり、さくら小学校2年生の子が描いた絵で”特選”の赤いスタンプが目にも鮮やかに輝いている。


「アノー、この””はどなたが?」とワタシ。


「ええ、ウチの孫が書いた”絵”なんです!」と、厨房のご夫婦の奥さんの方に笑顔が走った。


「じゃあ、お店の前のあの大きな”絵”もお孫さんが?」と続けた。


「ええ、お店の宣伝にと、この辺りの地図を書いてくれて、その中にウチのお店の名前を大きく入れてくれているんです!」と、今度はご夫婦の笑顔が広がった。

メニュー4
この二言の会話で、客とお店が互いに一気に打ち解けた。


色使いが力強い。画用紙一杯にカラフルな色が散りばめられ、お花さんが咲き乱れ、太陽は笑ってる。


お孫さんの絵は、立派にお店の役に立ってる。そりゃあ、嬉しいはずです、厨房のお2人。


メニューには、トップに”ちんどん特性ラーメン”の文字が。それを指差して「これをお願いします!」と。

ラーメン上5
「この”ちんどん特性ラーメン”ってどういうラーメンなんですか?」とお尋ねした。


すると、とてもお孫さんがいるとは思えない美人の奥さんが言った「コレ、餡(あん)かけになっています」と。


たしかに、スープの中の麺の上に、実に様々な具がはいった、トロミのある茶色の餡がかけてある。


具材にはパッと見ただけで、エビ、イカ、豚バラ、モツ、シイタケ、木耳(きくらげ)、タケノコ、ニンジン、キャベツなど盛りだくさん。


スープと餡を啜ってみた。今までに出会ったことがない味だった。


「ウーーーン、これは美味しい!初めての味です」と言うと、2人には満面の笑みが。

ラーメン6
「スープは鶏がら?」とお尋ねすると。


奥さんの方が「ええ、鶏がらに少しの豚骨と・・・・」微笑みながら応えて頂いた。


「ああ道理で、味に深みがあると思った。しかも、スープの甘味は、これは野菜から出た甘味ですね?」と追っかけてお尋ねした。


今度は店主のご主人が応えた「ええ、その通りです!」っと、こちらも笑顔で。

ラーメン7
「この上の廻し掛けられた餡のトロミの具合が絶妙ですね!濃くなりすぎず、かといってサラリともしていない。多様な具材の旨味を全部この餡が吸収していて・・・・これは旨い!」と、こちらも笑顔がほころんだ。


「ええそう言えば、昨日来て頂いたお客さんも美味しいって褒めて頂いた」と奥さん。


「もっと宣伝したら、もっと売れると言ってくれるお客さんのいるんですけどねー」と続けられた。


「イヤーー、宣伝なんてしなくっても、口コミで美味しさって広がるもんですよ」とワタシ。

麺8
昨年の8月11日に、このシリーズ107番目のお店としてご紹介した、今治の”白楽天”の”チャンポン”などは、片栗粉のトロミが濃すぎて、麺を箸でつかみ上げると、麺全体がくっついていて、とても食べられたものではなかった。


その点、こちらの”ラーメン”は、麺にスープが絡みさらに野菜や魚介の旨さが凝縮された餡が絡んで口の中にスルスル入る。


特性ラーメンと表示されているけれど、別のお店ならこれを”チャンポン”と呼ぶかもしれないし”餡かけ五目ラーメン”と言うかもしれない。


いずれにせよ、スープと麺と具材と、それらを旨く包み込んだ餡のバランスは絶妙です。

完食9
意外といってはお店に失礼になるけれど、まだまだこういう”掘り出し物”のお店が在るんですねー。


「大変美味しく頂きました、大満足です!」と言って席を立ったとき、厨房の2人が”完食”した丼に目をやって大きくうなずいた。


そして、笑顔で「ぜひ、またいらっしゃって下さい」と声を掛けていただいた。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

私は餡なしデフォルトwww

じゅんさん、おはようございます。
暑い日の餡かけスープはカプサイシン並に恐ろしい汗かき乱駆郎ですwww

私もこちらへは二度ほど来た事があります。
普通のちんどんラーメンを食べましたがオーソドックスなお味で好感が持てるラーメンでした。

行ったのは去る8月の夏休みだったと思います。夏休みだからでしょう、その絵を描いたお孫さんたちがウエイターをやってましたよ。
思わず微笑んでしまいました♪

デフォルト

乱駆郎様

この「デフォルト」っていう言葉がコンピューター用語で、フードブロガーと呼ばれる人たちが盛んに使っている言葉、    だということは、今日の今日まで知りませんでした。
ファットマンさんのコメントで今日、上のことを知ったばかりでした。

ですから、ワタシは「デフォルト」は金融用語と解釈していました。

「債務不履行」を示す言葉ですね。例えば、ギリシャが「デフォルト」を宣言した、というと、自国が発行した国債の償還を「モー、ヤーーーメタ。金がないから利息も元本もし払わないケンネ!」と、こういう意味に使うのです。

ですから以前から乱さんがデフォルトという言葉を使っている箇所で、これが何故「債務不履行」に繋がるンヤローー?と不思議に思っていました。
長年かかって、今日やっと理解できた。

ところで、ここの「餡かけラーメン」これは超お薦めですよ。季節は進みます。涼しくなたたら是非どうぞ!!

No title

じゅんさん、こんにちは!
「ちんどん屋」さん、懐かしいです~。
10年程前、一時期よく食べにいってました。
最近は、お店が仕事エリア外なので行くことはないのですが、
お昼のランチが美味しくてボリュームがあり、
十分満足させていただいた記憶があります。
たしかに、奥様が美人だったのは覚えてます。
奥様目当てに来られるお客さんもいるかも・・・(笑)

いや~、またまた懐かしいお店の情報、ありがとうございます。

10年前と言うと

おっさん様

10年前ほどと言えば、このお店が開店して間もなくのころですね。

美人の奥さんももっとお若かった。(笑)

10年間続いて、今尚客を呼び続けているということは、美人以外の要素でしょう。^^

餡のかかったラーメンは優しい味で、クセになりそうな味でした。

時間の余裕があるときに、ひょっこり立ち寄られたら、双方が懐かしい思いに浸れるのではないでしょうか。そういうのって嬉しい瞬間ですよね。

No title

家族庵もそうなんですが、こういったソーパーマーケットの敷地内のお店などはついつい色眼鏡で見てしまいがちで、このお店も行ったことがありませんでした。
なかなか美味しいお店と分かったので、一度訪問してちんどん特製ラーメンを食べてみたいと思いました。
こういうのがまさにブログでお店の情報を知る醍醐味ですね!
「とてもお孫さんがいるとは思えない美人の奥さん」にもヒジョーの興味があります!

こんばんは♪
私も数年前に一度、この店に訪問しました。
食べたのも、じゅんさんと同じラーメンだったと思います。
確かに、餡掛けの量も程よく、スープとのバランスが良かった印象があります。

乱駆郎さんもコメントに書かれてる通り
私が訪問した時も、お孫さんがウェイターをしてくれました。
しっかりとした対応で、目を見張るものがありましたよ。
自宅の近所にある店で、たまにチラッと覗いたりすることもあるんですが
ご主人と常連さんらしき人が談笑している光景をよく見かけ、アットホームな店だなといえます。

まだまだ埋もれている

ファットマン様
中予中心に食べ物屋さんを廻り始めて、まだ1年半。お店の数もたかだか350軒程度。

まだまだ知らないお店、沢山あります。そして「おーー!」と、新発見に興奮するお店だって幾らでもあります。

このお店は2階にある「家族庵」さんに行った時に、こんなところにラーメン屋さんがある、と思って後日訪問したというけです。

際立つ味、鳥肌が立つ味と言うものではないかもしれませんが、バランスが取れていて心和む味だとおもいます。

女将さん、とてもお孫さんがいるとは見えません、エエ、キッパリト!

アットホーム

きくりん様
仰るように「アットホーム」という言葉が似つかわしいお店ですね。

家族総出、お孫さんまで気持ちよく手伝う、もう中々目にしなくなった光景ですね。だからそういう光景に出くわすと、心が洗われる。

今年の夏お邪魔した南高井のうどん屋さん「味十味」さんでも、そんな光景に遭遇しました。記事にも書きましたが、お孫さんが書いたメニュー、キリリとバンダナを巻いてキビキビと厨房を手伝う二人のお孫さん。

美味しいお料理だけではなく、そういう温かいものも頂けるお店って、本当にありがたいですね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード