スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再訪16 食慈家Tenma」・「愛媛グルメ紀行」 354

今日は再訪シリーズの16店目、国道11号線から左折した、水泥町にある”食慈家Tenma”(しょくじや てんま)さんをご紹介しましょう。


このお店は、昨年6月7日に”愛媛グルメ紀行”シリーズの60番目のお店としてご紹介しています。(「食慈家Tenma」 真っ当な「B級グルメ店」 59


場所は前回のおさらいです、 国道11号線を市内から東温市の方に向かい、水泥町の「友愛病院」を越した直ぐの信号を、元に戻るようにV字回転します。


すると、直ぐに川を越えます。

玄関1
「悪社川」に架かる「天神橋」を渡ったところの「友愛病院」の向かい側にお店はあります。


決して立地に恵まれている場所ではありません。1余り前に初めて来た時は、ランチの他に単品も注文できました。


前回は”オムカレー”を頂き、その出来栄えと味に強い印象を持ちました。


その時のフロアー係りの女性との会話で、「うちは、洋食も和食も召し上がっていただきますけど、シェフの作る”ラーメン”も美味しいんですよ!」という言葉が頭に残り、”再訪シリーズ”ではその忘れ物を取りに戻ったという気持ちでした。

店主2
ところが、1年余り経って再訪してみると、お昼時店には客が次々と押し寄せ、厨房のシェフとフロアー係りの合計3人は戦場に立つ戦士のようにてんてこ舞いしている。


そして、上に書いたことを告げると、フロアー係りの一人(店主の奥様とお見受けした)は申し訳なさそうにこう言った。


「お時間さえよければ単品もご用意できるのですが・・・・・・今ではお昼は”ランチ”をお願いしていて・・・」っと。


店内の混みようから見れば、当然のことと合点(がてん)がいった。


そこにシェフが厨房から顔を覗かせ「厨房から横顔を拝見していて、以前に一度お越しになって頂いていますね。覚えております、今日はありがとうございました」と挨拶された。

ランチメニュー3
忙しく立て込んでいる時に、短品を注文するほど無粋ではない。


週替わりAランチのお肉の方”チキングリル”を注文した。お値段は800円(消費税込み)


このお値段が高いかそうでないかは、お料理の内容を見て感じていただきたい。


これが、開店して2年10ヶ月ほど経ったお店の現状です。お客さんは美味しいお店はちゃんと知っておられるのです。

前菜4
こちらが週替わりランチの”前菜”です。


内容は、ワンプレートに納められた前菜とサラダと小鉢です。

ワンプレート5
何時も言うことですが、食べ物はシェフがお皿をキャンバスに見立てて描いた一幅の”絵画”です。


この純白のお皿をご覧になって下さい。


スプーンに乗せられた”梅のシロップ漬け”から右回りに、キュウリ、ニンジン、トマト、ラデュッシュ、インゲン、麩、ブロッコリー、そしてシシトウが盛られています。


しかも、ニンジンやキュウリはちゃんと”面取り”が施され、それぞれに別々の味が付いて仕事がなされています。


一切手抜きなしの、見事な仕事ぶりです。梅のシロップ漬けは、シロップに漬かって出されていますのでスプーンに乗せられているのです。

ラディッシュ6
見て下さい、この”ラディッシュ”、見事に包丁の目が入れられています。


思わず「見事な仕事ですねーー!」と唸ってしまった。


それを聞いていたフロアー係りの奥様「シェフは何時も肩がこって・・・とこぼしていますが、でもそうやって分かって頂けると喜びます」と微笑まれた。


「シェフは、元々は和食で修行なさったのでは?」と問いかけると。


「ええ、ずっと和食で。でも、今では何でもお出ししないと」と。

ざる豆腐8
こちらは、前菜の時に出される”小鉢”で、中味は”おぼろ豆腐”とか”汲み上げ豆腐”とか呼ばれるもの。


キチンと出汁が張られている。


出されたお吸い物一つとっても、和食職人の熟達した腕・技を感じ取れる。

チキングリルランチ9
前菜が終わった後は、いよいよメインディッシュ。


ワタシは肉を選んだので”チキングリル”が出された。お魚を選んだ人には”サンマのかば焼き”が出されている。


チキングリルを運ばれた瞬間、チキンの皮の焦げた香ばしい香りが漂う。温野菜も手抜きしていない。

チキングリル10   ”チキングリル”は、このお店の特性ソースでいただく。


先ず、チキンの皮のパリパリ感を楽しむ。口腔には、火で炙られて焦げた皮の香ばしさが充満する。

アップ11
そして、次に皮の内側の鶏肉のジューシーさを堪能する。


料理を食べ終えると、入れたての”コーヒー”が出される。


文句のつけようがない完成度。


お客さんがまた入ってきた。「これ・・・・」とシェフの奥様に畑で取れた”野菜”の束をお土産に差し出す。


「何時もすみません、いただくばっかりで・・」と恐縮しながらも笑顔でお客様を迎える。


もうこうなれば本物です。どういう立地でも、宣伝などしなくても、接客をマニュアルで固めなくても、お客様の方からやってくるのです。


店名”テンマ”の由来になっている2人のお子さんは、また1歳大きくなった。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本物の仕事

じゅんさん、おはようございます。

じゅんさんが本物の"仕事"を施された料理にこだわられるのがよぉく解かる記事でした。

しかしまあ・・、なんて美味しそうなチキンなんでしょう♪
多分、このお店特製ソースは食べ終わられた時、一滴も残ってなかったと思いますが如何ですか?(^^)
拝見するに、ここのお料理はお箸で食べられるようですね。美味しそうだし、西洋料理が苦手の私もイケそうですね~♥

西洋料理と言えば・・・、実はこのお盆に同窓会があるんですが、会場がなんと西洋料理のお店なんです!www
私はてっきり街の居酒屋だと思っていたので面喰らいました。でも、じゅんさんとフォンターナさんのおかげで抵抗感もあまりなく助かりましたwww
がんばって食べてきますね!

舐め尽くした

乱駆郎様
ご想像通り、ソースは舐めとりましたよ。日本料理を学んだ方なのに、イタリア料理には欠かせないバルサミコ酢を使ってあると拝察しました。
シェフに直接確認することが出来ていないので、記事には書いていませんが。

そして、当然に最初からお箸が用意されています。当初からそういう食べられ方を想定されているお店なんです。

たった1回行っただけの客の顔を思えておられる。ワタシがごく平凡な容貌であることは乱さんならご存知。そんな平凡な客でも覚えておられる、プロの凄さを思い知らされました。

そうですか、「同窓会」が西洋料理のお店で。良かったですね、慣らし運転しといて^^大いに楽しんできてください。

こんにちは!

素晴らしい料理ですね♪ランチでこれだけ手の込んだ料理で盛り付けも綺麗で!なかなか出来ることではないです。
バルサミコを使うなら煮込んでも肉が柔らかくなり美味しいんですよ!もちろんグリルでもいけますけど。
見習うところの多い店ですね!

800円の値打ち

M様
コメントありがとうございます。

そうでしょう^^

このお店の”ランチ”お値段は800円しますが、そのお値打ちはあるでしょう。手間といい、使っている材料といい、盛り付けも決しておろそかにしていない。

お客さんが、見違えるように増えていました。あの立地で。お客さんは知っているんです。このお店の店主さんやスタッフさんの努力と、その成果としての味の充実を。

お店の運営方針にはそれぞれ個性があってしかるべきでしょうけど、やはり料理に対する真摯な姿勢は必須条件だということでしょう。

No title

こんばんは。
他の人のブログで、「たかのこの湯」のレストランを食慈家Tenmaの方がされているらしいという情報を知りました。
未確認情報ですがとりあえずお知らせまで。

http://bmikaku.i-yoblog.com/e553314.html


情報ありがとうございました

ファットマン様
情報ありがとうございました。
鷹子温泉なら、自宅から徒歩圏です。しかも、昔の「鷹子温泉」は一番好きな温泉でしたので、しょっちゅう行っていました。
先日も鷹子温泉の前を通っていましたら、オープニングイベントをやっていました。

しばらくして落ち着いたら行ってみようと思います。厨房まで覗けるかどうかは分かりませんが。腕のいい板前さんでしたので、鷹子温泉でも、料理が一つの看板になることでしょう。

新しい活路が見出せていたとしたら嬉しいですね。でも、個人的には自分のお店を復活していただきたかったというのが本音です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。