fc2ブログ

「ココパスタ ピッコロ」・「愛媛グルメ紀行」 375

今日は古川西1丁目、県道久米垣生線沿いにあるイタリアンレストラン”ココパスタ ピッコロ”さんをご紹介しましょう。


場所は、椿小学校近くの”サニーマート椿店”の斜め前にあるビルの地下にあります。


実はこのお店の支店が水泥町にあって、昨年の12月20日にこのシリーズ193番目のお店として取り上げました。水泥町のお店の名前は”ツイてる パスタココ”さんでした。


ところがこの水泥町のお店、昨年の4月にオープンしたばかりでしたが、僅か1年、今年の4月に閉店されました。

玄関1
こちらが、お店の南側を東西に走る県道久米垣生線から見たお店の玄関です。


お店自体はこのビルの地下にありますから、地下に至る階段周りにイタリアンを思わせる派手なディスプレイで飾られています。


実はこのお店、ワタシのブログ友”ベル”さん(カワセミ等鳥撮りの名人)からの依頼でお訪ねしたもの。


今、その”ベル”さんはブログをお休み中です。一日も早い復帰を心よりお祈りしています。

店内2
こちらが店内の様子。


お伺いしたのはお昼ちょっと前でしたから女性グループが数組入っていて、賑やかな女子会をされていました。


そこでフロアー係りの女性に、注文を伝えながら「このお店、確か水泥町にも在りましたよね」っとお尋ねしてみました。


すると「ええありました。今年の4月でお店は閉めましたが・・・・・あのお店は・・・・・。今はここと東温市のクールスモールでやっています」とのお答え。


閉店されたところで口よどまれたので、詳しいことはお聞きしませんでした。

メニュー3
このお店の看板メニューは、1100円の”パスタランチ”のようですが、それは水泥店で頂きましたので、880円の”お気軽ランチ”を注文しました。


これは、メインとして5種類のパスタから選べて、その他にはスープとサラダと飲み物がつきます。


5種類のパスタメニューは季節を反映して少しずつ内容が変わるようですが、ワタシは両方のお店の5種パスタメニューで唯一共通していた”真鯛ときの子の柚子風味”をチョイスしました。


水泥店では”スモークサーモンと大根おろしの和風パスタ”を選んだことを覚えています。


和風”と銘打ってはいましたが、その時の印象を水泥店の時には以下のように書いています。


「見た目は立派に”和風”です。でも・・・・・・。パスタはガーリックテイストのオリーブオイルで炒められているので、味は”和風”とは言いがたい。おまけに、乗せられた”大根おろし”の量が少なすぎるのか、大根おろしの香りや風味も全くありません。材料は和風、味付けはイタリアンという、・・・・・ウーーン、実にジレッタイといいますか、中途半端な味に・・・・」っと。

スープ4
さて、こちらがスープです。


カボチャのスープでしょうか?水泥店の時とまったく同じものでした。


あの時は真冬の12月、今回は真夏の7月、で、全く同じスープとは・・・・・・

サラダ5   こちらがサラダ。


こちらもありきたりと言えば言えなくもない・・・・・・


・・・・・・

スパ上6
さて、こちらが注文した”真鯛ときの子の柚子風味”パスタです。


柚子風味”とわざわざ銘打っているのに、透き通って向こう側が見えるほどに薄くスライスされた”柚子”が1片上に乗せられていた。もうこの時点で悪い予感がした。


あの時の”大根おろし”と状況は全く同じ、鼻をスパにくっつくぐらいに近づけて匂ってみたけど”柚子”の匂いなどしない。


フォークの背で、ペラペラに薄い”柚子スライス”を押して果汁を搾り出そうとしても、薄すぎて柚子の種が飛び散るだけ・・・・・

スパ7
そして、スパに入れた素材が”真鯛”と”きの子”と”刻みネギ”、それに”柚子”を香らせたかったのでしょう。


その取り合わせから、ワタシは”和風”をイメージした。


ところが、水泥店の”スモークサーモンと大根おろしの和風パスタ”の時と状況は全く同じ。


パスタはオリーブオイルまみれに・・・・。


ソースパンでオリーブオイルとパスタを和えると言った以上に・・・


もちろんパスタには”和風”と銘打ってもオリーブオイルは必要です。でも、バランスが・・・・・

アップ8
真鯛ときの子は確かに入っている。


でも、これは一体洋風か?和風か?まあ実に中途半端。味の方向性が全く見えない。


ワタシが素人だから見えないだけで、プロなら納得されるのかも知れませんが。でも食べるのはほとんど素人さんでは??


和風の出汁の香りと味も、ましてや”柚子”の香りなどオリーブオイルまみれのパスタのかなでは完全に吹っ飛んでいる。

完食9   それでも、一応完食した、何とか・・・・・


そして、お皿には大量のオリーブオイルが浮き上がって残った・・・・大きな柚子の種とともに・・・


ワタシには、このお店のシェフ(作り手)の意図が分からない。


この料理は、お客さんに一体何を食べて欲しいと意図したのか???


客である食べ手は、そのお店のシェフ(作り手)の意図を感じ取れた時にこそ、「ああそうなんだ!」と納得し、プロの技と心に満足する。


しかし、このお店には・・・・・・


誤解されないように敢えて付け加えます、ワタシは決して「美味しいとか、マズイ」とか言っているのではありません。


もう、ただただ、ため息をつくほかありませんでした。
   




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ウマいマズいじゃない何か

じゅんさん、おはようございます。

決して不味い訳ではないのに心に残らない料理やお店というのは、それこそ星の数ほどもあるんでしょうね。
リピートしないというのは、まさしくそういう事なんでしょう。
私にも数えられないくらいあるんだと思います。

それとは逆に、決して美味しい訳ではないのに心に残るというか、リピートしてしまうお店もあります。
私の場合、「豚太郎」がそれですwww

何故か、じゅんさんの西洋料理の記事を拝見して「豚太郎」が頭に浮かんできました。
これは何かの思し召し、今日の昼は「豚太郎」のチャーシューメンに決定ですわwww

え?豚太郎

乱駆郎様

えええ??また「豚太郎!」   これが、実に謎ですねー。

半分呆れて、なおかつ謎。
でもこれが味覚の世界の奥深かさですからねー。その奥深さに救われるお店があるのは事実ですよね。

でも、今日のワタシの記事から「豚太郎」さんにどうやったら結びつくのか?
もう一度、人間の心理について勉強し直さないといけませんね。

これからも、味はイマイチなのに「いいお店です」と紹介するお店は沢山でてきますから、ひょっとしてその度に「豚太郎」通いになるのかな?
アッ、これは逆か?何か頭が混乱してきた。

No title

パスタ、スープ、サラダ、ドリンクで880円のランチですか。
フォンターナ、ボーノ、バル・コーノといった優良店とほぼ同じ価格帯ですね。
昼御飯としてはけっこう高目なので、積極的にうまかったな、とかいい店だったなとかいった感想でないと、なかなか重ねては行かないと思いますね。女子会の奥様方の爆音の下、オイリーなパスタというのではちよっとキビシイでしょうねえ。
もっとも、何組も女子会をしておられたんなら、それなりに気に入ってくれているお客さんがいるということなのかもしれませんね。

そうなんですよ

ファットマン様
このお店、実に不思議に思いました。

ワタシはこのお店のシェフの意図が全く理解できませんでした。平井店でも全く同じだったんです。そして平井店は1年で閉店された。これは納得が出来ます。
ところが、このお店結構お客さんが入っているのです。もちろん90%以上は女性です。そして、彼女達のまあ賑やかなこと。

昨日、南久米のバル・コーノさんも再訪しました。コチラも昼間はあっという間に女性客で埋め尽くされました。
恐るべきジョセイパワーに、ワタシタジタジに。

最後に、記事のお店に来ている女性たちは「味」を求めてやってくるのではなく、イタリアンでランチというファッションを求めて集まっているのでは???と、まあ懐疑的な解釈をしているところです。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード