「ラーメン 萬田」・「愛媛グルメ紀行」 387

今日は朝生田町にあるラーメン屋さんの”垃麺 一期一会”さんがあった所に店名を変えて新たにスタートされた”ラーメン 萬田”さんをご紹介しましょう。


場所は、南環状線の南側にあって”マクドナルド松山南店”の西側のビルの1階にあります。


ワタシのブログ友”乱 駆郎”さんもご自身のブログで7月10日に”「ラーメン萬田」の一期一会”というお得意のオヤジギャグで採り上げられていました。

玄関1
その”乱”さんの記事の一部を勝手に引用させていただくと、「拉麺 一期一会」さん時代のラーメンの作り手だったスタッフの退職により、同じラーメンが出せない以上同じ屋号ではいけないだろうということでの屋号を替えての再出発のようだ。(ご本人談)とあった。


店名は店主さんの姓かな?と思ってお尋ねしたが、そうではないという。


”垃麺 一期一会”のときには2度ほどお邪魔し、店長のイチオシメニューの、つけ麺の”えび塩”ではなく、醤油味の”つけ麺”(からし味噌付き)を食べたことを覚えています。


二度目には、つけ麺の”えび塩”も頂いた。

店内2
店内は、以前のお店とほとんど変わったところはないようにお見受けしました。


丁度お昼時でしたが、客の入りは4割ほど。これから、その客数を以前ほど回復できるかどうか。

メニュー3   メニューを見ながら、若いフロアー係りの女性に「お薦めは何ですか?」と尋ねてみた。


すると「ハイ、塩ラーメンがお薦めですが味噌ラーメンも美味しいです!」という返事が。


メニューを見ていてあることが気になった。


麺の説明で、粉落とし・針金・バリカタ・固め・普通・やわめ、とある。完全に”博多ラーメン仕様”の麺を使われているよう。


ところが、スープは豚骨スープではなさそう。????だった。


おまけに、”塩ラーメン”を注文した時、麺の茹で加減についての質問は一切なかった。一体どういう固さで茹でて来るつもりなのか・・?????

塩ラーメン4
これが注文した”塩ラーメン”で500円(内税)に、トッピングの”煮卵”、いやこのお店に”煮卵”はなく、あるのは”温泉卵”100円だった。


普通なら”煮卵”を用意する場合が圧倒的に多い。”温泉卵”は初めてだったのでトッピングした。

塩ラーメン5
具材は、2枚のチャーシューと刻みネギ、それにトッピングした”温泉卵”だけ。


実にシンプル。で、スープを啜ってみた。「塩辛い!!」」の一言。


幾ら”塩ラーメン”と言っても、ただただ「塩辛い」だけで、スープに深みが全くない。コレハ・・・・・

チャーシュー6
チャーシューは煮過ぎて、もうパサパサ。


味覚については十人十色だから、様々な感想があるでしょう。


パサパサのチャーシューだって、好きな方がいるかも知れない。

オンセン卵7
”煮卵”ではなく”温泉卵”を選んだ意図が全く分からない。(温泉卵はスーパーで簡単に手に入りはするが)


ただ単にワタシの感性が鈍いというだけか???


ワタシには、この”温泉卵”、ラーメンには全く馴染んでいないと思った、但しあくまで個人的感想に過ぎない。

麺8
こちらが”博多ラーメン仕様”の、極細ストレート麺。


この力のない麺で”味噌ラーメン”が美味しい????


食べていないので、言える事ではないけど、常識的には”味噌ラーメン”の”味噌スープ”に負けそうに思う。

残った9
前のお店は6月15日に一旦店を閉めた。


それ以降時間があまり経っていない、言わば試行錯誤の日々か?


”乱”さんは、「この段階で再スタートをきったのが良かったのか悪かったのかは分からない」と書かれていたが、言いえて妙だ。


かなり難しいスタートを切られたものだ!とうのがワタシの率直な感想だ。


塩辛いスープはとても飲み干せなかった。


<ご報告>

”再訪シリーズ”の16番目のお店として8月14日にご紹介し、更に9月27日に”愛媛グルメ紀行”を振り返るシリーズの20番目にご紹介したばかりの、水泥町にある”食慈家Tenma”さんですが、既に閉店されていました

9月27日の”振り返るシリーズ”でご紹介したところ、ある方からコメントをいただき”食慈家Tenma”さんは9月25日を最後に閉店されたという情報をいただきました。

昨日近くを通りましたので確認しましたところ、確かに閉店されていました。情報をいただいた” ひで@”様、情報提供ありがとうございました。

再訪シリーズでも、随分の繁盛振りをお伝えしたばかりなので、余計にショックと言うか残念でなりません。閉店の事情は存じませんが、一ファンとして”食慈家Tenma”さんの捲土重来を期しての再開を心より祈念申し上げます







にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

食慈家Tenmaさんのご主人(もしくは奥さん)がされているブログを見つけました(すでにご存じだったかもしれませんが)。
http://ameblo.jp/tenma-090901/

それによれば、8月以降なんどか短いお休みをされていたようですが、やはり唐突な感じは否めませんね。どんな事情があったのでしょうか。
再開されることがあったら、ぜひ一度いってみたいです。

貴重な情報に感謝

ファットマン様
食慈家Tenmaさんに関する貴重な情報ありがとうございました。
昨日、閉店されたご様子に接し愕然と立ち尽くしました。

早速お教えいただいたブログにコメントさせていただきました。再開を心待ちにしておりますという趣旨で。

良心的に運営されているお店の閉店は心を痛めます。
「悪貨が良貨を駆逐するという」法則を適用させたくないものですね。

No title

こんにちは じゅんさん いつも楽しく拝読させていただいております。
やはり「お店」というのは、その店に行かなければ、味わえないもの、がなければいけませんよね。それが無い店は、一時的にマスコミで取り上げられたって、やがては先細りになって、おしまいになってしますでしょうし、そうしたものがしっかりとある店は、やはり人がおしかけるでしょう。駐車場の車の混雑状況、って食べロ○なんかよりもっと公正かも(笑)しれないですね。 話は変わりますが、先日東温市のセブンスターの前を通ったら、ラーメンの青しょうさん、別のお店になっていました。ラーメン屋でなくて居酒屋の看板がありました。なくなってしまったのでしょうか。一度行きたかったのですが、、。

残念です

健介様
久しぶりのコメントありがとうございます。

そうなんですよ、「青しょう」さん閉店されて別のお店になっています。私も先日再訪したところ閉店に気がつきました。
青しょうはさんは、私と郷里が同じで弟の同級生でした。美味しいお店でしたのに残念です。
1年10ヶ月かけて述べ400軒のお店を回っているところですが、閉店という情報に納得する場合と、エーー?なぜ??と意外な気持ちになることとに分かれます。
お店は単に味だけではない要素があって、閉店の事情は様々でしょうが、青しょうさんなどは再開してほしいお店ですね。

閉店に関して

萬田については、前は良かったんだけど・・・。安いけど・・・・・。って感じです。
先日、麦味噌ラーメンを食べた時に、お店の方に感想を求められましたが、味が濃すぎて・・・・。と言ったら、替え玉を考えて濃い目にしてると言われてました。(ーー;) 最初が美味しくなかったら替え玉は無いと思わないのかな?(謎)

Tenmaさんは、ひめキュンファンの方が店主に聞いたのを何処かで書かれてたんですが、売上が芳しくなかったみたいです。

青しょうさんですが、7月末で閉店されてます。今は居酒屋「じゃけんど」になって、夜しかしてないみたいです。オーナーは青しょうの大将です。業態変更ですね!
閉店前々日に行った時に聞いてみたら、閉店すると書いたら客が増えて、勿体無いと言われたとか・・・・。それならもっと早く沢山来とけよ!と半分冗談で言われてました。
あと、スープがおでんに合うとかで、常連さんに閉店日に来たら残ったスープあげるよ!なんて事も言ってたかな!
居酒屋でもラーメンをメニューに残すのか聞いてみたら、寸胴がコンロを専有するので難しいと言われてました。時期が経って、気が向いたら考えてもいいかな?とか、いっそ店前で屋台でやるか!wwなんてその時は言われてました。

いづれにつけ、残念です。

更に詳細な情報を

ひで@松山様
先日の「食慈家Tenma」さんに関する閉店の情報に続いて、様々で貴重で詳細な情報をいただき感謝しています。本当にありがとうございます。

先ず「萬田」さんに対する食後感は全く同感です。そして、お店の方ご自身が、ご自分のお店のメニューの味や特徴をよく把握されていない気がします。前途多難だと思います。

次に「食慈家Tenma」さんですが、売り上げが芳しくなかった?これは驚きです。ワタシが2回目お伺いしたときは、千客万来で、厨房などは戦場でした。フロアー係りの奥様には明らかに疲労の色が。それで売り上げが良くなかった?うーーん、これは謎ですね。昨日「食慈家Tenma」さんご自身のブログに再開を祈るエールをコメントしておきました。辛抱強く再開されることを待ちたいと思います。

最後に「青しょう」さんの情報には更に驚きです。別の方のコメントにも書きましたが、店主さんは同郷で弟と同級生。特別の縁を感じていました。でも単純な閉店ではなく業態変更ですか。彼は元々は、確かイタリアンの修行をされたとか。その当たりに、料理の基本に据えて心機一転されたのでしょう。夜だけの営業なら、ワタシはお邪魔できませんが、陰ながら彼の健闘を祈りたいと思います。

本当に貴重で詳細な情報ありがとうございました。どれも大変役に立ちました。

一期一会

じゅんさん、おはようございます。

間隙をぬって参上仕りました!www

私の駄文を引用していただきありがとうございます^^
じゅんさんの記事を拝見していると、私が行った頃とあまり内容が変わってないのが見てとれました。
あ、チャーシューが1枚増えてたかな・・。

なんだか未だ迷走を続けているのかなぁという感想になるのですが、食べログあたりでのレビューを見ると絶賛してる方もおられるし、賛否両論なんですね。
私も基本的に応援していますが、もっとテコ入れをするべきでは?と素人ながらに思ってしまいます。

いずれにしましても、頑張って生き残って欲しいものですね。




お久しぶり

乱駆郎様
まさに間隙を縫ってというやりくりなのでしょう。中々続きますね。
それでも、コメントする気力が出てきたということは歓迎すべきことですね。

息抜きしなきゃ煮詰まってしまって、却って視野が狭くなる。笑顔!笑顔ですよ。

このお店、かなり前に取材したのにアップがどんどん後回しになってしまいました。それほど、読んでくださる方に訴えたいことがなかったということでしょう。まさに前途多難だと思います。

でも久留米ラーメンが好きという人だっているのですから、食に関する嗜好は広い。捨てる神あれば拾う神有りなのでしょう。
でも、このお店は基本から考え直さなきゃ、と、私はそう思っていますが。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード