fc2ブログ

「再訪18 らう麺食堂 すずめのお宿」 ・「愛媛グルメ紀行」 356

今日は、昨年7月8日に”愛媛グルメ紀行”シリーズの83番目のお店としてご紹介した”らう麺食堂 すずめのお宿”さんを再訪しました。(「らう麺食堂」 真っ当な「B級グルメ店」 82


場所は前回のおさらい、中央通りの”久万ノ台”交差点を北へ”伊予かすり会館”の方に進み、和気町方面に向う県道伊予和気線沿いにあります。


今年開業10周年を迎えるお店です。

お店1
町名は久万ノ台、間口の広いお店なので目立ちます。


昼時は、近隣のサラリーマン諸氏が三々五々集まり、新聞や週刊誌などを片手に”つけそば”などを啜っている。


夜は、居酒屋に変身する二毛作店。

メニュー2
このお店もブログ友乱さんのお勧めがあり、早々と再訪しました。


その乱さんのお薦めメニューが、玄関前に張りがされていました。


そうです、夏季限定商品と題した”冷し 野菜まぜ麺”です。

店内3
前回お伺いした時には、店名の由来をお聞きしました。


それによりますと”すすめのお宿”とは、「すずめたちが賑やかに集うように、色々なお客様が楽しく集まってほしい」との願いだからだそうです。


その時に聞き漏らしたのが、”ラーメン”をこのお店ではわざわざ”らう麺”となぜ呼ぶのかと言うこと。


早速お尋ねして見ました。


すると、実にあっさりと「特別な理由なんてありません。ただそう呼んでみたかっただけ」というお答えが。

冷し麺上4
このお店は、ご主人とその奥様と思しき女性(確認していないので間違っていたらごめんなさい)のお2人でやっておられます。


ご主人は中々にシャイなお方のようで、たかが2回訪問した客に、「実は、この呼び名はね・・・・・」などと語る筋合いはない!と、そうお思いになっかのか?


さて、画像が真上から見た”冷し 野菜まぜ麺”です。お値段は並で750円。

冷し麺5
並みと言うのは盛りのことで、普通盛りという意味。


今のワタシには当然、大盛りなど望むべくもない。


それにトッピングとして”煮卵”100円を追加したものがこれ。


外見は、どこでも見かける”冷麺”です。これを”まぜ麺”となぜ呼んだのか?と聞けば・・・・


沢尻某嬢のように「   ・・・・・」という答えが返って来そうにも思えたのでお聞きしませんでした。

アップ6
冷たい縮れ麺の上にキュウリ、煮キャベツ、錦糸卵、チャーシュー、煎りゴマ、もみ海苔、そしてトッピングした煮卵が乗っている。


スープは麺の下方に、三分の一程度入っている。普通の”冷麺”についている辛し類などは付いていない。


このまま混ぜて食べれば、”冷麺”そのもの。そころがこれを冷麺とせず”まぜ麺”としたのは、唯一茹でたキャベツが入っていることに由来するのか?


冷しとある割には麺もスープの普通の温度で、温かくない程度。”自信作”と声高々に言うほどのものではない。(と、ワタシは個人的には感じた)

人参酢7
ただ、優れていると思ったのがこの”人参酢”と銘打たれた”お酢”だった。


どこの”冷麺”でも、大抵の場合予めスープの中に酢を入れて、夏仕様に酸っぱくしてある。


これを初めは、普通の「温かくないスープ麺」として頂き、その後にチョイトこの酢を加えてみる。


すると、急に”まぜ麺”が真面目な顔になる。


さらに、もうチョイ加えて味わってみると、”まぜ麺”の表情がキリリと引き締まり、ジャニーズ系に変身する。


若々しいエネルギーが湧き上がってくる、麺と具材が躍動してくる。

煮卵8
煮卵”は匂いたつ熟女の佇まい。(たたずまい)


「フフフ・・・・ワタシ お い し い ワヨ!   食べてみる???」と、深い笑みを浮かべている。


「アッ ・・・アナタ、食べたわね!フフフ・・・・知らないわよ」と、ちょっとすごんだような・・・・

麺9
”は極めて凡庸な細い縮れ麺、特にどうということはない。


スープは、十分に合格ラインを遥かに超えているが、唸るほどのものではない。


でも、”人参酢”の投入量を変える度に表情を変える役者ぶりは大いに素敵ではないか。


最後は、あの凡庸な麺すら挑戦的な表情で胃に収まった。

完食10
この”冷し 野菜まぜ麺”と、名脇役の”人参酢”のコンビは、中々にしてドラマを語ってくれた。


外に出ると目も眩みそうな真夏の太陽が照り付けている。


丼の中で演じられたあドラマの結末は?と思って丼をマジマジと覗き込んだ。


すると、フッと・・・・・丼の中に吸い込まれそうに・・・・・


真夏の白昼に、夢を見ていたのか・・・・・




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

シャイな大将www

じゅんさん、こんにちは。しばらくぶりです(^^)

こちらのお店の大将、たしかにシャイという表現がぴったりですねwww
ラーメン屋といえば威勢の良い大将が居るっていうのが定番ですが、ここの大将はたしかに大人しいですね。

冷し野菜まぜ麺と、人参酢のコンビが中々にしてドラマを語ったようですが、じゅんさんの記事もドラマしてて面白かったですよ。

煮玉子を"匂い立つような豊潤な熟女"と表現される辺り、引き込まれましたよ♪


お帰りなさい

乱駆郎様
お帰りなさい。播州はどうでした?またゆっくり、報告聞かせて下さいね。

さて、このお店の「冷やし野菜まぜ麺」は、実に不思議な味でした。凡庸な様で、鋭い。二律背反的な味の変遷、ちょっと他ではお目にかかれないと思いました。

それにしても店主さんの引っ込み思案、あれで客を呼ぶという事は、また別の面を見せられることもあるということでしょうか。

謎が残りました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード