スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛媛グルメ紀行」を振り返る 14

今週の土日も”愛媛グルメ紀行”シリーズを振り返ります。

今日は、41番目のお店から43番目のお店です。

次は一体どのお店に行ったらいいのか?と迷いに迷っていた時期です。


先ず41番目のお店は、昨年5月11日にご紹介した”中華飯店大王”さんです。(「大王」 真っ当な「B級グルメ店」 40

場所は、国道33号線から椿神社に入る参道の入り口付近にあります。

玄関1
店の看板には”元祖 中華つけ麺 大王”のマークが書き入れられていまが、最近大流行の”つけ麺”の老舗中の老舗的お店です。

この地で中華の”つけめん”をカンバンメニューにし続けて37年目に入りました。

主要道路に面している訳でもないのにこの業暦、たはりタダモノではないのです。

つめけん4
注文したのは、お店の名前を冠した”大王つけめん”です。お値段は600円。

つけ汁にしっかり絡むように、”中太麺のちじれ麺”です。最近のジンゴズンゴさんの説によると、太麺はつけ汁に絡むとは必ずしも言えないと書かれています。

中華ポットに中華スープが入っているのが出されていまが、麺を食べ終わったら、それを”そば湯”の感覚で汁に注ぎます。

でも再訪はしません。と言うのは”つけ麺”を特別好きと言うわけではないからです。<注>と、言いながら既に再訪しました。


次にご紹介するお店は42番目のお店。昨年5月12日に”愛媛グルメ紀行”シリーズでご紹介した、久万ノ台の「松山中央卸売市場中央市場」の北側を東西に通る道筋にある”手打ちうどん やしま”さんです。(「やしま」 真っ当な「B級グルメ店」 41

お店、実は今から14年ほど前には、国道56号線沿いの”松前町恵久美”、伊予銀行岡田支店の向かい側で営業していました。松前町では7年間ほどやっていましたので、開業以来21年ほどになるお店です。

玄関1
厨房では、ご主人が茹で上がった麺を水で洗って絞めるのにで大忙しです。

カウンターの直ぐ横には、広いスペースをとった麺打ちをする作業台があります。

天ぷらうどん5
注文したのはお店お薦めの”天ぷらうどん”、お値段は典型的な松山うどんの920円。

このお店が、国道56号線の松前町にあった頃からそうですが、このお店の”お出汁”が唸り声が思わず漏れそうになるくらいに美味いんです。

上品なカツオ出汁が、暖かいうどん麺にマッチしていて、出汁に関して言えば、個人的には”松山一”ではないかと思います。

その時には、「わざわざ探し出して食べに行く価値は十分すぎるほどある”うどんの名店”です。」と書いています。

そして、その通り既に再訪し”再訪シリーズ”8番目のお店として7月25日にアップしました。


最後に43番目のお店は、昨年5月13日にアップした、旧北条市の国道196号線(旧道)沿いにある”北京飯店”さんでです。(「北京飯店」 真っ当な「B級グルメ店」 42

合併後は「松山市小川」です。道路の海側に店はあります。

玄関1
このお店の最大の”売り”は、看板にも堂々と表記してあるとおり”からあげ”です。

このお店のスタートは、今から43年前にさかのぼります。松山市内の”東雲短期大学前”でスタートしました。東雲短大前で営業したのは僅か3年間。

その後出身地である現在の場所に移転し、以来40年間同じ場所で営業を続けられています。

3人前5
これが持ち帰り用”からあげ”3人前です。

揚げたてで湯気が盛んに立ち上っていますので、「湯気が落ち着くまでは袋を閉じないで下さい」と言われます。1人前のお値段は600円です。

かるーく、サックリ揚げられているので、お腹にもたれません。幾らでも手が出ます。

3人前の量で、4人家族が夕食に食べるには丁度いい量です。

なお、再訪はしません。何時もこのお店で持ち帰りよう”からあげ”を買って帰っているからです。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
以前「やしま」さんがあった場所(今は「一草庵」さんですよね)は、うどん屋さんばかり何代も入れ替わるので、どれがどれだかよく分からないんですよ。個人的には食べた後の、出汁の中に大豆が浮かんでいたお店が一番よかったような気がするのですが。

「北京飯店」は旧店舗の時代から大変気にはなっていますが、まだ行ったことがありません。なかなか北条で昼御飯ということにはなりにくいんですよね。唐揚持ち帰りができるんですね、一度ためしてみたいです。

うどんに大豆

ファットマン様
うどん出汁に大豆を使う習慣は、小田町ですが、それが「やしま」さんかどうかの確認は出来ていません。

最近では「きり麺屋」さんが(「冷たいうどん」を出す)小田の方で、今でも大豆で出汁を採られています。

それと、北京飯店さんは古かった時代も、新しい店舗の時代もよく行くお店ですが、お店で座って食べたのは一度だけ。後は全部持ち帰り用のから揚げを買いに行きます。骨が入っていないから揚げで、独特の風味があって好きです。

でも、お昼にはやや遠すぎますね。ワタシの様に、時間に縛られない仕事している者以外はちょっと難しいかも。

昨日はありがとうございました!バイトの子達もじゅんさんが現れたのにびっくりしたから、スターが来店したような歓待でしたね♪
たくさん話したいことがあったのですが、少ししかお話し出来ず残念です。
またのご来店、スタッフ一同心よりお待ちしておりますm(_ _)m

驚きましたよ

フォンターナ店長様

まさか、若いバイトの子まで私を知っているだなんて想像もしていませんでしたから、こっちのほうが驚きましたよ。それにあんなに喜んだ表情見せてもらって、照れくさかったです。
そして昼時はお店があんなに混んでいることも知りませんでした。あれにも驚かされました。
基本的にはお話できる余裕がある時間帯を選んでおじゃましていましたから。
また彼女たちがいる日におじゃましますよ。^^
アリはとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。