スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急告!「再訪23 うどん味十味」・「愛媛グルメ紀行」363

今年の夏、ワタシのブログ仲間周辺では一種の”冷たいうどん”と”冷たいラーメン”のミニ狂想曲が奏でられ、酷暑の中でそのリズムとメロディーが高らかでした。


その喧騒(極々、狭い範囲でしょうけど)の中にあって、遂に”冷たいうどん”の”真打だーー!”を発見しました。(超個人的意見ですが)


そこで、8月の月末に近い本日、夏季限定のこのメニューをお店と共に緊急にアップします。


あ、そうそう、このお店は”再訪シリーズ”の23番目にも当たります。”愛媛グルメ紀行”のシリーズでは今年の3月22日に251番目のお店としてアップしたばかりの”うどん 味十味”(あじとみ)さんです。(「うどん 味十味(あじとみ)」・「愛媛グルメ紀行」 251


このお店は、今やワタシにとって”愛媛グルメ紀行”シリーズのホームグランド的なお店になった、スパゲティー専門店”フォンターナ”さんの店主さんのお薦めでお伺いしたお店です。


”フォンターナ”さんは今年の3月7日に241番目のお店として、6月8日には再訪シリーズの1番目の店舗(延べ307番目)としてアップしました。

玄関1
場所はおさらいです、南高井町の第四十八番札所”西林寺”のほぼ向かい側、県道松山東部環状線沿いにあります。


この付近には、”活どん いってつ庵”さんや””うどん瓢月”といった、うどん屋の名だたる名店が集まっているところです。

この3店は、何れも”高井の名水”を求めてこの場所にお店を開いたり移転したりした名店ぞろいです。

天井2
お伺いした日は平日の正午、夏休み期間中ということもあるのでしょう、中規模のお店ですが既に満席状態。


幸い、ワタシがお店に入った時はカウンター席が空いたばかりで直ぐに座れましたが、ワタシの直後に来た人たち6~7人前後は玄関で立ったまま待つことになりました。

夏メニュー3
お店の中には夏季限定メニューとして、店主のお孫さんの手書きメニューが張り出されています。


詰め掛けたお客さんの8割以上は、この夏季限定メニューかこのお店の看板メニューの”天ざるうどん”を注文していました。


前回はその”天ざるうどん”をいただき、その”麺”の見事さに唸ったばかりです。


迷うことなく”冷やし生野菜ぶっけけうどん”お値段680円を指差しながら注文しました。


「お孫さんが書かれたのですか?」と問いかけると、店主の奥さんの顔がクシャクシャになりました。

ぶっかけ4
さて、これが”冷やし生野菜ぶっけけうどん”と名づけられた”冷たいうどん”です。


皆さん!こんな”うどん”見たことがありますか?食べたことがありますか??


うどんの上に乗せられているのは、自分の畑で家族総出で”朝採り”したばかりの生野菜です。

ぶっかけ5
生野菜の内訳は、大根、ニンジン、キュウリ、赤タマネギ、長ネギ、青シソ、そして生野菜以外に揚げ玉(天カス)と長めに刻んだ油揚げです。

薬味も刻みネギ、おろし生姜、おろしニンジンと山葵(わさび)です。プチトマトも2個、可愛いく添えられています。手採りに相違いありません。

しかも、てんてこ舞の厨房には、小学生の女の子と男の子の2人が、バンダナを頭に巻いて、前掛けをキリリと締めて、洗いものに、材料運びに大忙し!

家族総出なんです。「お孫さんもお手伝い?」と声をかかると、先ほどクシャクシャになった店主の奥さん「超零細企業ジャケンネー!」と全身嬉しさを隠しきれない表情で威勢がいい。

アップ6
この”冷やし生野菜ぶっかけ”をもう一度ご覧になって下さい。


小山に盛られた生野菜の千切り、見た目の清涼感、新鮮さ、青紫蘇(しそ)の清廉な香り。


食べる前から、もう結果を予測させるに十分の佇(たたず)まいじゃありませんか。


下のほうに、出汁に煮含められた”お揚げさん”と”うどん”が光って見えます、揚げ玉(天カス)も顔をのぞかせています。

混ぜた7
隣のカウンター席に陣取った若者、同じ”冷やし生野菜ぶっけけうどん”の大盛りを注文して食べていました。


その食べ方は、いじましいほど律儀で、小山に盛られた生野菜千切りと、その下に潜むうどんとを、生野菜を崩さないように、慎重に交互に食べています。


「そうじゃないんだよ!これはこうやって食べるんだよ!!」と、思わず声を掛けたくなるほどのじれったさです。


そうなんです、これは前後左右、更に上下に大胆にかき混ぜて食べるんです。下のお出汁は、生野菜のドレッシングになるように計算されて作られていることが分からないなんて・・・・歯軋りしました。


食べ手(客)は、無言で作り手(店主)の意図を汲み取って、その意図に従って一番美味しい食べ方でいただくのが礼儀だと思いますし、食べ物屋さんでの喜びなんです。


全部をかき混ぜて、出汁というドレッシングがかかった生野菜とうどんを一気にかっ込む。


「ウフーーーー~・・・」声が出ません。唸るだけです。生野菜のシャキシャキ感が残り、青紫蘇(しそ)の香りが口腔を満たします。


このお店の、砥部町の隠れたる名店”なかまる”さんの”錦糸卵ぶっかけ”における”天カス”の役割りを担っているのが、このお店で言う”揚げ玉”です。カリカリと香ばしいのナンノッテ。

麺8
このお店の”麺”については、3月22日にアップした記事にこう描写しました。


「このお店の”麺”は、”麺の腰・弾力性”は、単なる硬さなどではなく、麺を引っ張るとビヨーンと伸びる弾力性であって、””そのものに””があります。」と。


そして、こうとも書きました「割り箸を持つ指に力を入れて麺を切ろうとしても、割り箸が麺に食い込んで麺自体は細くなりますが切れません。割り箸の力を緩めると、切れそうにまでなっていたうどんの”麺”が、その弾力で元の太さに直ぐに戻ってしまいます。」と。


そのマッタリした艶のある麺と絡めて、清新な具材の食感と味と香りを楽しむ。


ここの生野菜、千切りにして水にサラしてありますが、野菜自体が持っている一種の”エグ味”を完全に殺してはいません。


だから子供さんにはちょっと食べ辛いかもしれませんが、これが野菜本来の味なんです。食育(しょくいく=食における教育)は、どこででも出来るのです。


何でも甘ければ美味しいといった、薄っぺらな食育だけは止めていただきたいというのが、このお店でいただいた”冷やし生野菜ぶっけけうどん”の食後感です。


最後にもう一度言います。「このお店の”冷やし生野菜ぶっけけうどん”を食べずして、”冷たいうどん”を語ることなかれ!」と。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

好きなお店です(*^_^*)

じゅんさん
おはようございます
味十味さんは前に竹原にあった時から行っていました
今もです・孫が風邪をひくと森松の病院帰りに
おうどん食べたら治ると言って行きます
学校休んでいるので奥さんが「どしたんな~」と
「ここのおうどん食べたら風邪治る」と
「ええ子やな~」と言って頂きました

お店はお料理もですが私は人柄もです

おうどんに付いている茄子の煮物 家でもしますが
和歌山のお婆ちゃんの味がしました

お店の奥さんは帰りお釣100円の時100万両と言って
孫が笑います(*⌒▽⌒*)
今度いや明日にでも冷やし生野菜ぶっかけを…

本当に美味しいですし良いお店です(*^_^*)

初めてのコメント

ココヒロ様
初めてのコメントありがとうございます。しかも、お気に入りに店の夏季限定メニューを緊急アップした記事でコメントいただいたことが何より嬉しいです。

更に竹原の時代から行かれているとは、このお店の関しては大先輩ですね。そうですか^^お孫さんの風邪まで治る!いいですねー。

しかも、このお店のお人柄に触れられていますが、ワタシも全く同感です。仮にうどんがイマイチであっても、ワタシはこのお店に行くと思います。大将も、奥さんも、とっても元気で明るくて、特に自然な笑顔が素敵ですよね。
生野菜ぶっかけがまだでしたら、ぜひ8月中にお試し下さい。
今日は嬉しいコメント、本当にありがとうございました。

訂正とお詫び

ココヒロ様
先ほどのお返しのコメントで、ワタシの勘違いがありましたので、お詫びして訂正させてください。
初めてのコメントと書きましたが、「長城」を再訪したときの記事で初めてコメントいただきましたね。(*^_^*)こういう可愛い絵文字付きで。

フォンターナさんとかチャイナパンダさんも話題になって。
そのお返しのコメント書いていたにも関わらず、今朝再び「始めてのコメント」と書いてしまいました。お詫び申し上げます。

この調子なんです、最近。トホホと、自分を嘆きたくなります。
昨日の事が思い出せないことさえある始末で、女房には呆れられるやら、不安がられるやらの毎日なんです。その為もあって、せっせと毎日ブログアップしているのですが・・・・・・効果は薄いような・・・・

大丈夫です(*^_^*)

じゅん様
大丈夫です お気にしないで下さいね。
毎日ブログされているじゅんさんは本当に凄いです
看護師の娘がちょっとでも頭使ってと私いつも言われています

今もじゅんさんの愛媛グルメ紀行2012年3月
味十味さんをと苦手なパソコンを…
びっくりしました
蒋渕の字と段々畑のお写真(*^_^*)
実は主人は蒋渕で産まれ育ちました
もう懐かしくて泣いてしまいました
3年前にお墓も持って来ましたがそれまで毎年帰っていました
今は誰も居ません
それに祖父が藤原純友の子と同じ名前が
昔父親が何かを思い名前をつけたのでしょうか

世界は何処かでつながっているのでしょうね

じゅんさん
ありがとうございました
色々思い出し目が真っ赤です(*^_^*)

明日娘とお店に行く約束をしました

こんばんは!

それが、じゅんさん、食べ逃してしまったんです(T_T)
嫁と楽しみにしてたのですが、子供が夏休み最後にプールに連れて行ってと…月曜日仕事が終わってプールが終われば19時!もう間に合わない。味十味さん、麺が終わり次第、閉店なんです。私たち夫婦の夏の思い出が子供の夏の思い出になってしまいました。
それで終わればまだよかったんですが変わりにいった店で、嫌な目にあいました。踏んだり蹴ったりでした。

じゅんさんの記事は詳細を書かれてるので、もう何十回も読んで食べた気になってます(T_T)

そうでしたか

ココヒロ様
そうでしたか、「蒋渕」(こもぶち)がご主人のご出身地。何と言う縁でしょう。

ワタシのブログを遡っていただいて、そこに「蒋渕」という、関係のない方なら読み方すらおぼつかない地名と、あの段々畑の写真にたどり着かれた。書いたワタシも感無量の感があります。

昨日夕方のテレビで、大阪市長の橋下市長が来県され、「蒋渕」の段々畑を観光されたと報道されておりました。それを見たとき、あの「蒋渕」の段々畑を記事としてアップしたことを思い出しておりました。

また、「蒋渕」と段々畑の記事を見た、ワタシのブログ友である、アメリカロサンゼルスに住んでいる方から、愛媛県にいたころに漁業協同組合に関係していて「蒋渕」の名前が懐かしいとコメント頂きました。
世界はつながっている事に今更ながらに驚いたものです。

その「蒋渕」が、今度はココヒロさんの心を揺さぶった。何と言う不思議な糸が繋がっていたことでしょう。ご主人が引っ張られたのですよ、きっと。

今日は、本当に色々な意味で深く考えさせられました。改めましてコメントのお礼を申し上げます。ありがとうございました。
何時か、フォンターナさんで偶然お会いできる機会があるといいですね^^

アレレレ!

フォンターナ店長様
それは残念でしたね!でも、今は全て子供優先ですよ、それが当然ですよ。
今の内にせっせと子供孝行しておかなきゃ、孝行出来る時期なんて直ぐに終わっちゃいますよ。

しかも、毎日営業で子供と接する機会が少ないお宅は、出来る時に濃厚な関わり方をしておかないとね^^

味十味さんの生野菜ぶっかけうどんは、逃げやしませんよ!来年があるじゃないですか。^^
良かった良かった。

それと今日、とっさの機転、ありがとうございました。お陰で助かりました^^

No title

なかなかインパクトのある野菜ぶっかけですよねえ。
あのシャキシャキ感は他のお店がまねしようとしても一朝一夕にはできませんよね。
うどんもしなやかなコシがあってとても美味しかったです。

秋以降にはしっぽくうどんが登場するみたいで、こちらも大変楽しみです。

http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/

こんばんは♪
私も昨夏、味十味さんに訪問していて
冷やし山かけという夏メニューを食べました。
「次回は生野菜ぶっかけを食べよう」と
その時のブログ記事で締めくくっていますが、それきりで。
でも、じゅんさんの記事を拝見して早速行ってみたくなりましたよ。

秋にはしっぽく

ファットマン様
そうでしょう、あの生野菜、生きていたでしょう!
生きていなきゃ、あのシャキシャキ感は出ないとおもいます。

家族が早朝から総出で、という光景が目に浮かびます。

そうですかー、「秋にはしっぽく」、これはいい情報をありがとうございます。是非行ってみて、味わいたいと思います。
しっぽくは、道後の「としだ」で何時も頼むメニューでした。今では「ごろびつ庵」でしっぽくをいただいています。
だから余計に味十味さんのしっぽくが楽しみです。

ぜひ駆け込んで

キクリン様
そうですか、「冷しやまかけ」を。それも美味しそうですね。

でもあの生野菜の千切り、シャキシャキ感は他では味わえないと思います。

是非、駆け込みで間に合わせられる価値はあると思います。お孫さんまで総出の様子が何とも微笑ましくて。

真打ちですか…

そうですか…。
8月も今日で終わりですけど、
あぁ、そうですか…(´;ω;`)ウルウル

ターーーイムアップ

ジンゴズンゴ様
昔「タイムショック」と言うテレビ番組があったけど、知りません?

ああそうかー、世代がまるで違うんだから知りませんよねー。

で、つまり、このお店の真打!は、かくして「ターーーイムアップ」ということです。

残念からげるのーーー!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。