FC2ブログ

「愛媛グルメ紀行」を振り返る 21

今日も”愛媛グルメ紀行”を振り返ります。今日は”愛媛グルメ紀行”シリーズでご紹介した62番目から64番目のお店です。

この頃は、片っ端から”洋食屋”巡りをしていたころです。

昨日”再訪シリーズ”で振返った3軒も全て”洋食屋”さんで、しかも注文したものは全て”オムライス”でした。


さて先ずは62番目にご紹介したお店です。それは、昨年6月9日にアップした”カフェアンド ダイニングバー haco”(はこ)さんです。(「haco ハコ」 真っ当な「B級グルメ店」 61

場所は南環状線から一本南に入った朝生田町5丁目、丁度”マクドナルド松山南店”の南側にあります。

駐車場は40台も用意されている大型店です。

玄関1
こちらが玄関です。その当時は、「がんばろう 日本」の東日本大震災の”ノボリ”がお店を取り囲んでいました。

このお店も、61番目のお店として紹介した”洋食屋 からす”さんと同じように”家業”としてのレストランではなく”企業”としてのそれです。

ですから、フロアースタッフは全員若い男性と女性で”マニュアル化されたサービス”訓練を受けています。

これがワタシにはどうも、白々しく思えて馴染めません。

オムライスグラタン5
注文したのは、このお店の看板メニューである”特性オムライスグラタン”です。お値段は690円。

見てください、チーズに程よく焦げ目が付いていて、”トマトソース”と”チーズの焦げた匂い”がなんとも言えないんです。

不覚にも、取材していることを忘れて、写真を写す前に思わすスプーンを伸ばし、2口程食べちゃいました。

写真を撮る前に手が出たのは、このシリーズを書き始めて初めてのこと。

マニュアル化されたサービスには辟易(へきえき)させられましたが、このお店の料理は美味しかった。脱帽です。

この地に出店して6年。砥部町の33号線沿いにも同じ名前のお店を出しています。

でもこのお店は再訪しません。また目の前で跪(ひざまず)かれて注文を聞かれるのか、と思うとぞっとするからです。



次にご紹介するのは63番目のお店。それは昨年6月10日にアップした、立花3丁目の国道33号線沿いのある街場の洋食屋さん”ストロベリーキャンドル”さんです。(「ストロベリーキャンドル」 真っ当な「B級グルメ店」 62

場所は、場所は、伊予鉄横河原線の立花駅から南へ100m余り下り、「愛媛銀行立花支店」の北側にあります。

玄関1
ブラウンを基調としたレンガ作りの、御伽噺に出てきそうな愛らしい建物ですね。

当日も、店内は近所の女性の会社員グループや家族連れで埋まっていきました。

オムライス5
私が頼んだのは例によって”特性オムライス”です。値段は780円。

このお店はこれに”サラダ”が付くのですが、これが半端ではないのです。

サラダ4
まあ見てください、コレですよ。

決して、”付いている”という程度の量ではありません。堂々としたものです。

もちろんオムライスも圧倒的な量。それに、オムライスの半分には”デミグラスソース”がタップリかかっています。

フワフワトロトロの卵は、香りが良くて味のバランスが優れていました。中のライスは、普通のお店では”ケチャップライス”を使うお店が多いのです。

ところがこのお店は、ケチャップライスではありません。”チキンライス”なのです。

このお店は是非再訪したいと思っています。ご家族総出の”ほのぼのとしたサービス”に、もう一度出会いたいからです。



最後は64番目のお店です。それは、昨年6月13日にご紹介した”イタリアンキッチン 伊太めし屋”さんです。(「伊太めし屋」 真っ当な「B級グルメ店」 63

場所は、南環状線の側道沿いの天山1丁目、「天山安永第一ビル」の1階にあります。

玄関1
玄関の脇や、玄関の窓には空けられた”ワインボトル”がゴロゴロと、無造作に置かれていて、それがイタリアンキッチンの一種の”景色”になっています。

一昔前、”イタメシ”が大流行の時代がありました。このお店がこの地で開業したのは、1999年のこと。

今から13年前です。実はそのころは、都会では”イタメシブーム”は下火に。ですから、このお店は、単なる”ブーム”で生き残ってきたのではありません。

チキンカツアップ6
これは当日注文した”肉ランチ”。当日のメインディッシュ”チキンカツレツ・パルメザン風味”のアップです。

これに、”コンソメスープ”と”サラダ”と、ライスかパンかガーリックトーストから選んで、最後に飲み物が選べます。お値段は920円。


パルメザンチーズ”のかすかに焦げた香りが、食欲をそそります。それと、チョイスした”ライス”が実に美味いのです。

「ご飯だけで、後は何にもいらない・・・・」という程美味しく、米粒がしっかり立った絶妙な炊き加減でした。

更には、このお店のフロアー係りの女性のプロの鏡のような身のこなしと気配り、実に印象に残りました。

このお店も是非再訪したいものです。お店全体の洗練度合いをもう一度味わいたいからです。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
私は「haco」さんの砥部店にいったことがあるのですが。
まさに女子会専用イタリアンといった雰囲気で、子供さんを遊ばせるキッズルームなども完備されていました。ここまで徹底されると潔い感じもしました。
じゅんさんが、「それはそれとしてグラタンは美味しい」と書かれているのに感心しました。私などどうしても雰囲気につられて、どうせファミレスレベルだろうなどと偏見をもってしまいがちです。キチンとニュートラルに評価してあげないと料理がかわいそうですよね。

「ストロベリーキャンドル」も「伊太めし屋」もそれぞれぜひ行ってみたいと思いました。

おはようございます

ファットマン様
「haco」さんの味の感想について、お褒めをいただきありがとうございます。
「それはそれとしてグラタンは美味しい」と書きましたが、アップする直前まで「それはそれとして、悔しいけどグラタンは美味しい」と書いていました。
でもそう書くと、「本当に悔しくなる」ので、「悔しいけど」を削除してアップしました。本当は、アノ手のお店は好きではないんです。でも、単純に「美味しいものは美味しい」です。

それに比して、後の2店は大好きなお店です。まず「ストロベリーキャンドル」さんは、料理はもちろんですが、家族総出のもてなしの心が素晴らしい。心がこもっているんです。マニュアルなんて必要ないんです。

次に「伊太めし屋」さんは、料理の水準が素晴らしい。訓練と経験を積んだプロの調理人の作る料理は明らかに違うということが分かるとおもいます。また、フロアー係りの女性の中で、次の料理を出すタイミングを、厨房の奥から鋭く客席を観察している人がいます。この女性もプロ中のプロです。
是非お試し下さい。

素敵なお店です☆*:.。. .。.:*☆

こんにちは(*^_^*)

昨日、今日のブログを拝見して、
じゅんさん結構乙女なお店にも行かれるのだなぁと
ほっこりいたしました(*^_^*)

hacoは女子専用居酒屋みたいなものなのであまり行きませんが、
ストロベリーキャンドルと伊太めし屋は以前住んでいたところから徒歩圏内だったこともあり、とても好きなお店です(*^_^*)

どちらもアットホームなのですが、お料理は間違いなく美味しいプロの味!
お昼も夜も気軽に美味しいものが食べられるので、1人暮らしの女子には助かりました。

チキンライスのオムライス、ちゃんとした洋食屋さんの証しですよね。
サラダもすごくシャキシャキしてて、とても幸せな気分になれます(*^_^*)

こちらはハンバーグも美味しいので、次回行かれる際は是非(*^_^*)

さて、伊太めし屋。
こちらも大好きです。
今日はパスタな気分、な時はとりあえずこちらにお邪魔します(*^_^*)
で結局前菜もメインディッシュもついつい食べちゃって、いつも満腹…。

夜はよほど忙しくないかぎり、
シェフの方がお店の外までお見送りしてくださるのも嬉しいです。

なんだろう、本当にお店の方の心遣いを感じられますね。

最近は引っ越しで足が遠のいていたのですが、じゅんさんのブログを見て
また行きたくなりました(*^_^*)

こちらのサーモンのスパゲティがとても美味しいので、次回行かれる際はこちらも是非(*^_^*)


今回も、美味しいお店ブログ、ありがとうございました*・゜゚・*:.。..。.:.。. .。.:*・゜゚・*

乙女チック

月様
心温まるコメント、何時も感謝しています。
そうですね、結構乙女チックなお店もお邪魔していますね。しかも堂々と、初老の男一人で。^^
毎日アップをしていますと、一つはあまり選り好みをしていますと、遂には行くお店がなくなってしまいかねません。それと、400店近いお店を回っていますと、本能的に嗅覚が働いて、美味しそうな店を嗅ぎ分けられるようになるようです。
さて、「ストロベスリーキャンドル」さん、そうですか、ハンバーグですね。実は近々訪問する予定にしていました。その時は、迷わずハンバーグを注文することにしました。
また、「伊太めし屋」さん、サーモンのスパゲティーですね。承りました。迷わずにオーダーできるので助かります。今度はそれに決まりです!

ただ、私は1ヶ月先の記事を書くために取材に行っていますので、月初めにお伺いしても、アップできるのは11月に入ってからになります。
お忘れにならないよう、記事をお待ちいただければ嬉しいです。
コメントありがとうございました。

こんにちは♪
3店共に良い感じの店ですね。
個人的には、オシャレな店に入るのは相当な勇気がいったりするんですが(笑)
新規開拓する意味でもいつかは訪問してみたいですね。

サービスも目に余る程のガチガチぶりだと気になります。
マニュアルを越え、心がこもった時に、接客される側も温度を感じるものかもしれませんね。

マニュアル化

きくりん様
何時も新規開拓のお世話になっていて、助かっています。
個人的に看板だけを頼りに、新しいお店を開拓するのは中々に効率が悪いですものね。

さて、家業ではなく企業が運営している飲食店は、サービスを含めあらゆるものをマニュアル化して従業員に徹底しようとします。その結果、一定水準のサービス等は提供できるかもしれませんが、マニュアルにない事態が発生したい時にとっさにどう対応するか?が問題ですね。
サービスと言うものの本質さえ得心していれば、どのようにでも対応できると思います。

さて、サービスのマニュアル化は脇に置くとして、3店とも味は申し分ないと思いました。何れも、甲乙つけがたいレベルだと思います。
でひ、別の視点でじっくり観察なさって、楽しいリポートを期待してお待ちしております。

なお、東温市の「葡萄舎」さんは既に訪問し、記事を用意しました。10月の末頃になりますがアップ予定です。またお教えいただいた「手打ちうどん こはる」さんは10月3日にアップします。情報に感謝しております。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード