「愛媛グルメ紀行」を振り返る 25

今日も”愛媛グルメ紀行”シリーズを振り返ります。

今日は”愛媛グルメ紀行”シリーズでご紹介した74番目から76番目のお店です。



先ずご紹介するお店は74番目のお店です。それは昨年6月27日にご紹介した、名古屋市の洋食屋”キッチン 欧味(おうみ)”さんです。(「キッチン 欧味」 真っ当な「B級グルメ店」 73

名古屋に出張し、仕事を片付けて後は新幹線に乗って帰るだけと言う時間の合間を縫って訪問しました。

名古屋の”五大グルメ”と言えば、”きし麺”、”味噌カツ”、”ひつまぶし”(うな重の豪華版)、”ジャンボエビフライ”と、それに”手羽先”でしょう。

玄関1
そこで、その中で”ジャンボエビフライ”が売りの”キッチン欧味”を選びました。

お店はやや古ぼけて見えましたが、看板に名古屋洋食屋界の代表メニューである”ハヤシライス”と”ジャンボエビフライ”と堂々と掲げてあります。


ジャバーグ定食4
さて、注文したのはこのお店の名物(看板)料理の”ジャバーグ定食”です。

名物の”ジャンボエビフライ”(名古屋ではこれを”ジャンボエビフリャー”と発音する)と”ハンバーグ”がセットになっていますので、”ジャバーグ”です。

お値段は、1370円。

なぜ、名古屋の人は”エビフライ”、しかも”ジャンボエビフライ”が好きなんでしょう?

一説には、”名古屋城の金の鯱(しゃちほこ)”に似ているからだ(タモリ説)と言われたり、はたまた”名古屋人は見栄っ張りなくせにどケチ”だからという説もります。

プリプリの身が衣から弾けそうな”ジャンボエビフリャー”、手作りのタルタルソースに良くあって、美味しかった。

でも再訪はしません。今のところ名古屋出張の計画はないからです。



次は75番目のお店です。お店ですというより、このシリーズでは初めて採り上げた”駅弁”です。

それは昨年6月28日にご紹介した、岡山駅の名物弁当である、岡山市の三好野本店の”桃太郎祭ずし”です。(「桃太郎の祭ずし」 真っ当な「B級グルメ店」 74

この”三好野本店”は、創業が”天明元年”(1781年)といいますから、実に今から142年前のことです。

祭り寿司5
駅弁なのに、家に持ち帰り食卓で、缶ビールを片手に”駅弁”をつつきました。

まーーー、特に唸るほどの味ではありませんでした。

これも再訪しません。仮に岡山駅を通過する機会があったとしても、別の駅弁を試すと思いますから。



最後は76番目のお店です。それは昨年6月29日にご紹介した、石手2丁目にある”ラーメン処 一閃”さんです。(「ラーメン処 一閃」 真っ当な「B級グルメ店」 75

場所は、道後から石手寺を通って、湯山や奥道後を目指す県道317号線沿いの「石手ビル1階」にあります。石手川に架かる岩堰橋の少し手前です。

玄関1
今年の4月で開店して4年を迎えました。若々しいお店です。

店内の壁には、松山祭りの”神輿”を出す町内の幕が張り巡らされています。

祭り時分になると血が騒ぐという方が店主さんなのでしょう。

チャンポン4
注文したのは”チャンポン”です。

さてお味です。先ずスープが意外にもアサリしていました。

チャンポンの具材は、白髪ネギ・薄く細長くスライスしたニンジン・キャベツ・白菜・キクラゲ・海老・イカ。それに加え、豚バラ・モヤシ・シメジ、そして半熟玉子半分などです。

スープと具材がお互いに邪魔をせず、いいところを引き出しあって渾然とした味を作っています。

実は、このお店の一番のウリは”とりねぎらーめん”と聞いていました。

このお店は既に再訪しました。忘れ物を取りに帰ったのです。近日中にアップします。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

古川の、パスタ店の記事見ました(^_^;)

>記事のお店に来ている女性たちは「味」を求めてやってくるのではなく、
イタリアンでランチというファッションを求めて集まっているのでは???

確かにそんな気がします、私もそんな輩の一人だったかも知れませんね(笑)

今は脂っこいものが食べられなくなったので、ラーメン屋さんにも行かなくなりましたもの(^_^;)

福岡で1ヶ月居ても、とんこつの長浜ラーメンは行けませんでした。
孫達は行きたがったのですが、私がパスして寿司屋さんに行きました。
それとて5皿も食べたらお腹いっぱい、孫達の高層ビルの様なお皿を見たら、
改めて、育ち盛りの子供の居る家庭の、エンゲル係数の高さにビックリしました(笑)

見ていただきましたか

ベル様
古川のパスタ店の記事、見ていただいたようですね。あの記事は、ベルさんの為に書いたものですから、見ていただいて嬉しいです。

もちろん、食べ物も一種のファッションという部分を持っていますので、お店の雰囲気も含めてお客さんはそのお店を選択されるのでしょう。

でもその反面、飲食店の味という現実は厳しく、美味しくない店は幾らファッショナブルに着飾っても、自然に淘汰されることは、過去の経験から照らして言えば間違いないと思います。

確かに脂っこいものは、次第に喉を通らなくなるものですね。味覚や量は年代と共に変わっていくもの。こちらの現実も厳しいものですね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード