FC2ブログ

「お食事処 味恵」・「愛媛グルメ紀行」 404

今日は、松山東高等学校近くの此花町にある”お食事処 味恵”さんをご紹介しましょう。


場所は、愛媛銀行本店を東に進みT字路交差点の信号を南に向かうと松山バプテスト協会がありますが、その南隣にあります。


この場所で開業し、今年でもう31年目を迎えました典型的な”街の食堂”です。

玄関1
こちらがお店の玄関です。


県道松山川内線(旧国道11号線)に面した玄関には、写真付きの大きなメニュー看板が目立ちます。


トンカツ定食、エビフライ定食、からあげ定食、スタミナ焼き定食、天ぷら定食、カツ丼、エビフライ丼、など、街の食堂が思いつく限りのメニューを写真付きで掲げてあります。


これは、お店の向かい側に建っている”スーパーホテル松山”の南側に出来た”セルフうどん”への対抗に違いない。

外メニュー3
”セルフうどん店”は駐車場も広い。一方このお店に用意されている駐車場は僅か4台。


現在の両店の形勢は、圧倒的に香川方式の”セルフうどん店”が優位に立っている。


ところが世の中、うどんでは飽き足らない、あるいは昼飯にじっくり時間をかけたい、更には多彩なメニューから好きなものを選びたい客もいる。


かくして、形勢不利な状況にも関わらず、一定の固定客を維持し頑張っておられる。


メニューの数は、トンカツとエビフライを組み合わせるか、トンカツとアジフライを組み合わせるか、カツカレーにするか、エビカレーにするか?メインディッシュの組み合わせによれば無数に広がる。

店内2
店内は、常連客で占められている。


ただし、若い客は余り見受けられないが「今日はカキフライ定食!」と、多彩なメニューを選択する喜びに浸りたいがために、このお店に日参している客は多い。


定食類にセットするワンプレートに、千切りキャベツとパセリが乗せられ出動を待っている。

サービス定食上4
定食についている丼飯は、基本的には全部”大盛り”。ワタシなどのように胃袋の縮小した客は、予め「御飯は少なめ!」と注文しておかなければ悲惨な結果になる。


もっとも、胃袋の小さい客はこの店にはまず来ない。


サービス定食”を上から俯瞰すると、街の食堂の定番が心地よく収まっている。

サービス定食5
これが注文したお店の看板メニューの一つである”サービス定食”(御飯少な目)。お値段は650円。


このお店のメニューは概ね700円以内に収まるように設定されている。


この定食の内容と言えば、メインに大量に作り置きした千切りキャベツに、添えられた大き目のパセリ、レモン一切れ、ハンバーグとエビフライ2匹、ゆで卵半分、それに洋食屋の定食に定番中の定番”ナポリタン風スパの作り置き”(ケチャップスパ)、これがワンプレートに乗る。


それに超具沢山の味噌汁と冷奴と漬物に丼飯、これで650円。


コストパフォーマンス良好。


厨房に店主の男性とおばちゃん、それにフロアー係りのおばちゃんの3人体制。

サービス定食メイン6
大きなフライ鍋はグラグラ油が沸いていて、そこに次から次へとエビフライやトンカツなどが投入される。


街の洋食屋、定食屋の華である”フライモノ”が揚がると、ワンプレートに素早くセットされ、熱々の味噌汁などと共に出されれる。


注文して出されるまで、ものの5分~6分という勝負。これならセルフうどん屋に引けはとらない。


エビフライは熱々で、しかも香ばしくて美味しい。幸か不幸かエビが小ぶりなので尻尾までガリガリいける。


ハンバーグは業務用を温めたのか?でもそう悪くは無い。これで650円なら文句は言わない。


客は何一つ文句を言わないけれど、厨房のおばさんは、中国で尖閣列島問題を契機に沸騰している反日デモを、熱烈且つ愛国的に、しかも過激に反論していた。


昼のテレビ番組では、反日デモの様子が連日大きく報道されていた時期だった。

味噌汁7
こちらが、具が溢れんばかりに入った味噌汁。熱々をフーフーと啜る。


「日本の会社なんて、チューゴクから全部引き揚げちゃったらエエンヨー!困るんは自分等ヤロー!!


「日本の高校がチューゴクへの修学旅行を予定通り行うかどうか検討チュー???何カンガエトーン!検討する場合じゃないじゃろがねー!中止に決まっとるヤロー!!」っと、まあ激しいことこの上ない。


激しく、素朴的且つ過激的愛国心に燃え滾(たぎ)るおばちゃんを前に、客達は黙々と定食をかっ込んでいる。


おばちゃん、興奮極まったのかめったに吸わないタバコを、厨房の中で咥えて、唾を撒き散らして熱く論じている。


初めてお伺いしたお店だから、おばちゃんが厨房で日常的にっ吸っているのかも知れないけど、それはどちらでも大したことはない。


中国人の反日デモも激しいけど、このおばちゃんを目にしたら、ちょっと怯(ひる)むに違いない。


味噌汁がやたら熱い。

冷奴8
さすがにこの冷奴は、冷ややかに、過激なおばちゃんに背を向けるかのように佇んでいた。


「ウチラ、カンケーないカンネー!」っという風に。冷たくて美味しかった。


過激な嵐が吹き荒れる中を、美味しくいただいて店を出た。


昼間なのに、もう秋風が。実に心地いい。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

味恵キターーーー(゚∀゚)ーーーー!

今回の記事は、向かいにある香川方式セルフうどん店と対峙するような視点ですね。
『味恵』を応援してさしあげたい気持ちがヒシヒシと伝わって来て、
そんなじゅんさんを私も応援したくなりました(笑)。

いいぞ、いいぞ、もっとやれーーーぃ!!ヽ(゚∀゚)ノ

そして、おばちゃんのコノ場末感がマニアにゃ堪りませんねww
線は細いけど、さすがの肝っ玉ぶり。
発言内容はアレですけど、非常に力強くて、頼もしいです。

いいぞ、いいぞ、これからもお店頑張ってーーーッ!!ヽ(゚∀゚)ノ

私の中では「意外と若い客が来る」というイメージです。
いや、絶対数は少ないと思いますけど、
人によって見方は様々ですねェ。

よくぞ

ジンゴズンゴ様
よくぞ、隠された意味を読み取っていただきまして、ありがとうございます。
さすがは、ジンゴズンゴさんですねー。

そうなんですよ、安くて早いが売り物の店が全盛時代に、その真ん前で真っ向勝負のお店って小気味いいではありませんか。

その象徴が、女将さんのあの歯切れいい啖呵、毒づきですよ。
「日本よ、負けるんじゃネイゾ!」っというセリフが、そのまま「フン!セルフなんかに負けてたまるかテーーンダ!!」っと跳ね返ってきます。

若い人なんですけどね、来てるんですよ、ちょっとマニアックなというかなんと言えばいいのか、独特の雰囲気持ってる子が。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード