「再訪49 イタリアンキッチン&バー BUONO(ボーノ)!」・「愛媛グルメ紀行」397

今日は、”イタリアンパスタ”ミニ特集の3店舗目です。


再訪シリーズ”の49番目のお店としてご紹介しましょう。


それは、今年の2月8日に”愛媛グルメ紀行”シリーズの221番目のお店としてご紹介した”イタリアンキッチン&バー BUONO(ボーノ)!”さんです。(「イタリアンキッチン&バー BUONO(ボーノ)!」・「愛媛グルメ紀行」 221


場所は砥部町高尾田の県道伊予川内線沿い、愛媛県立医療技術大学前と言ったほうが分かりやすいかも知れません。メゾンドール砥部というビルの1階にあります。

玄関1
2005年12月オープンですから、丁度7年が経過し間もなく8年目に入るお店です。


前回お伺いしたときは、「お店の名前”BUONO!(ボーノ)”は、イタリア語で”美味しい!”です。そのお店の名前に相応しいお料理でした。」と書きました。


お料理の出来栄えといい、お店の明るい雰囲気といい、アンティークなディスプレーといい、満足させられたお店です。

店内2
もちろん再訪リストに載せてお伺いするタイミングを待っていました。


そういう時に、ワタシのブログ友:ファットマンさんがご自身のブログの9月19日に「ボーノのフランスパンの謎(二切れor一切れ)」という題でアップされたのを拝見して、直ぐにその日に再訪したものです。


その時のファットマンさんの記事には、「当然ながらお客は老若取り混ぜた女子のみなさんばかり、数えてみたら女子15人、男子は私を含めて2人」と書いてありました。


ワタシは、もう今では周りが全部女性という中でも、平気で写真を撮り食べることが出来ますので喜び勇んで出かけたという訳です。


でもその日は若い男性群が5人、一つのテーブルで賑やかに男子会を催していました。その他には女性3代の家族連れが。

メニュー3
パスタのメニューを拝見すると、その日食べたいと思っていた和風スパのメニューはありませんでした。


そこでお店のフロアー係りの感じのいい女性にそのことを告げますと「それなら、”サラダスパ冷製”がお薦めです、醤油ベースのソースですから」っと。


「それお願いします!」と注文が決まった瞬間です。

サラダスパ上4
こちらが、半分自然光の中で輝いている”サラダスパ冷製”です。お値段830円(消費税別)。これに80円プラスするとドリンクが選べます。冷たい紅茶を選びました。


葉物野菜は、レタスや紫キャベツ(そう見えた、違っていたらゴメンなさい)など豊富。


それに生ハムと半生タコと半生のムキエビ、それらの味と色彩のバランスが素敵でした。


半生と言うのは、さっと素材を熱湯に潜らせ、皮目に僅かに熱を通した状態。

サラダスパ5
ソースは醤油ベース。半生タコには軽く塩胡椒がふられていて、更に粉チーズが。その加減が絶妙。


清々(すがすが)しいスパに仕上げてあります。フロアー係りの女性の推薦は正解でした。

アップ6
生ハムは、それ自体が塩味。だから、塊をスライスしただけで立派な素材になる。


味からすると、イタリア式の燻煙しない生ハムであるプロシュットか?


豚肉が持っている力強い味を楽しむ。


お箸も用意されているけど、フォークの方が断然食べやすい。

タコ7
ちょっとこの半生のタコを見てください。


タコの太い足(手?)の部分が使われているので、何ともその食感が堪らない。


コリコリ、そして吸盤部分がプチプチと口中で踊る!ウフフフ・・・・マアなんと・・・

麺8
ここまでは満点だ。


ただ一点だけワタシの素直な感想を述べさせていただくと、””に対しては微かに不満が残った。デュラム小麦の香りがちょっと弱いと・・・。


スパゲティーの冷製は、調理方法が実に微妙と言うか難しい。普通であれば、麺はいわゆる”アルデンテ”に湯掻いて具材とソースを和える。


ところが冷製に仕上げようとすると、湯掻いた後で一度冷水で麺を締める。冷水で締めると麺が硬くなる。


普通の茹で時間では、麺が固くなり過ぎてしまう。だから茹で時間が難しい。このお店、当然プロ中のプロだからそんなことは百も承知。それを計算し、逆算して湯掻き仕上げてある。


だから、茹で加減は単にワタシの好みと微かに違うというに過ぎない。

アイスティー9
このお店を高く評価していることに何等変わりはない。


サービスも出過ぎず、かと言って客への目配り・気配りは完璧だ。


味も申し分ない。そりゃあ、女性客が詰め掛けるはずです。しかも年齢の層が実に厚い、偏りが無い。


様々な客層に満遍なく支持されている証でしょう。


心の中で「ボーニッシモ!」とささやいた。


”ボーノ”は美味しいというイタリア語ですが、「ボーニッシモ!」は、その最上級の言葉です。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

店名

じゅんさん、おはようございます。

この冷製パスタも美味しそうですね~♪
お箸も用意されているってのが何とも嬉しいですね(^^)

私はフォンターナさんの冷製が好きで、今年行ったほとんどが冷製でした。今年はみなさんのおかげ?で、パスタ開眼しましたので、来年はこちらの冷製も食べに行こうと思います。

しかし、西洋料理店の店名は覚えづらいですねー。
私は「瓢太」と「瓢華」の区別はつきますが、「ボーノ」や「バール」や「コーノ」の区別がつきませんwww
これも西洋料理嫌いの理由のひとつかもしれません。

ま、行くことがあれば"冷製"でも食べて"冷静"に覚えるとしましょう♪www


No title

じゅんさんの評価もおおむね高水準でほっとしました(笑)。
私も一度冷製パスタを食べてみたいです。
ランチタイムは必ず、スープ、パン、デザート、ドリンクのフルコースにしてしまうのですが(全部で多分260円です!)。

乱駆郎さんにボーノやバールは外国語ですが、コーノは日本語ですとツッコミを入れておきます。多分店主が河野さんなんだと思います(笑)。

結構冷静ですね

乱駆郎様
このお店も、大変優れたお店ですね。2人でやっておられますが、お洒落なお店で、メニューも工夫されていて、お薦めです。

確かに店名の横文字は覚えにくいですね。出来るだけ店名の意味は書くようにはしているのですが、覚えるのは大変。しかも店名にアルファベットを使われているともうお手上げです。

でもそれだけの冷静さがあれば、乱さんの言う「西洋料理」も克服できますよ。近いうちにきっと。

お洒落なお店

ファットマン様
ファットマンさんが記事をアップされたそ日にお伺いしたのですが、女子会はやってなくて、男子会でした。実に残念からげました。(笑)

でも、前回も今回も大変いい印象で、一回目の訪問の時の印象が間違っていなかったことが再確認できました。

乱さんにはビシバシと突っ込みを入れてあげてください。
未だに、頑固に「西洋料理」なんていってる人を他に知りません。

必ずや矯正して差し上げようと固く誓っているところです。

こんばんは!

生ハムに新鮮なタコとエビでこの値段は安い!余計な詮索はやめて、ボーニッシモと言わざるを得ません。

名は体を表すですね。

このお店、私の感想としてはハズレなしでリーズナブル。
どの料理もとても美味しく、まさに名は体を表すといった感じです。

画像をよーく見てみると、まだ「てんとう虫」はあるみたいですね。
お店の前には、懐かしの原チャリのパッソル?パッソーラでしたっけ?も売っているのでしょうか?

晩夏の日差しに映えるパスタを見ていると、すぐにでも食べに行きたくなりました!!

おはようございます

M様
このお店は様々な味に挑戦されています。その意欲を買いたいと思います。

確かに生ハムと半生のタコは、半端でない美味しさでした。

雰囲気もいいお店で、お客さんが集まる条件を備えていると思います。

決して立地的に恵まれているとはいえないと思いますが。

おはようございます

大洲のひで様
「名は体を表すですね」は、実に言いえて妙ですね!
まさにその通りですね。どれもキチンと水準を遥かに超えているものばかり。
駐車場も余裕はないし、トラック街道で車の出入りが難しい。決して立地条件に恵まれているとは言えないと思いますが、女性客を中心に客を集めています。
ところでコメントにあった「原チャリのパッソル?パッソーラ」、これがどううものかが分かりません。こういう方面には極めて疎いので。ゴメンナサイ。
てんとう虫は分かりますし、まだあります。あれは売り物です。仰っているものが、バイクの種類だとしたら、売っているかどうか確認していません。てんとう虫は確認しました。お役に立てず申し訳ありません。

No title

ここのハンバーグが特に好きです。何度か通っているうちに、オーナーシェフが同級生だったということに気づきました。好きなお店のオーナーが旧友で、しかも美味しくて流行っている、というのは何とも嬉しいものでした。これからも応援したいお店です。

ハンバーグ

DeeDee様
おはようございます。コメントありがとうございました。

このお店のメニューに「ハンバーグ」があるというのは気が付きませんでした。
このお店に行く時は、頭の中はしっかり”イタリアンモード”に切りかわっていますから。わき目も振らずにイタリアンまっしぐらです(笑)

でも「ハンバーグ」という新しい情報をいただきました。今度はハンバーグで決まりですね。
それと、このお店の店主さんと同級生という事は「DeeDee」さんも随分お若いのですね!!羨ましいですーー。
でもそういう縁があるお店が流行っていて評判がいいことは嬉しいですよね。分かりますよ。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード