FC2ブログ

「再訪63 でんぷん」・「愛媛グルメ紀行」 416

今日は”再訪シリーズ”63番目のお店です。


それは、昨年5月2日に”愛媛グルメ紀行”シリーズの35番目のお店としてご紹介した、県道317号線沿いの”列車型レストラン”の”でんぷん”さんです。(「でんぷん」 「真っ当なB級グルメ店」 34


松山市内から石手川ダムを経て、今治に至る県道沿いにありますし、目立つ外観をしていますので目にされている方が多いと思います。店の西側には石手川が流れています。

玄関1
このお店の概観、否が応でも目立ちます。


以前は市駅近くにお店があって、その当時から女性客には人気店でした。


高野町の”列車”に移ってから5年前後。市駅近くのお店から通算すると30年近くになります。


当日も平日のお昼時でしたが、女性だけのグループ客が予約客も入れて4組、それと男一人客がワタシ。


その中にはどこかのスーパーのパートさんと思しき女性客が2人でかしましく話をしながらランチを楽しんでいました。


「最近入った〇〇さん、可愛い顔しているけどシッカリしてるのよねー!幾ら意地悪しても平気な顔してるでしょうー、ああいうのって虐(いじ)めガイがないのよねー!ねえ△△さん悔しくないー?」っと、かなり怖い話をしていた。

店内2
店内は、元々”郵便車両”だったものを改装したもの。


狭いけど、独特の空間を作り出しています。全席がボックス席。一昔も二昔も前の店作りです。


昔はこういう、仕切りが高い、各々独立した空間を確保するボックス席が多かった。


今では、空間の効率が悪いのでこういう客席作りはしない。

メニュー3
さてメニューは、正統派の”洋食屋”(西洋料理とは全く違います)のそれです。


前回お伺いしたときは、”ハンバーグ・ドリア”でした。


ワタシは、基本的にバターライスにチーズを乗せて、オーブンで焼いてる”ドリア”が好きです。


今回も”ドリアランチ”1100円を注文しました。スープとサラダと、選べる飲み物が付いています。決して安くはない。

スープ4
こちらが先に出てくるスープで、今日は”クリームコーンスープ”でした。


このスープがすこぶる美味しかった。味にコクがあって深みを感じさせる。


このスープを一口飲めば、このお店の料理のレベルを推し量ることができる、そういう出来でした。

サラダ5
サラダは、特にどういうほどのもにはない、ごくごくありきたりのサラダ。


でも隣のボックス席の「あの可愛い顔した〇〇さん、虐めガイがないのよねー、悔しい!」と、怖い話をしていたおば様2人組み。


「美味しいーーーー!こういう美味しいものって、体にいいのよねーーー!」っと、まあ乙女のようなはしゃぎ様だった。

ドリア6
こちらが”ドリア”。ドリアを乗せたパンごとオーブンで焼かれているから熱い。下手にパンの取っ手を素手で触ると火傷する。


チーズの焦げた香りに、胃液がどっと出てくる。ドリアなどのチーズ料理はチーズの質と扱いが味の決め手。


具材は海老などの魚介類と、季節の野菜(ホウレン草やタマネギ、マッシュルームなど)が豊富に入っている。

アップ7
大き目のスプーンでフファフファ頬張る。フーーーーー、堪らない!


チーズの下に敷き詰められているライスは”サフランライス”。ご承知のように”サフラン”は香辛料の中で、一番高い香辛料。


レストランとしては、チキンライスにして逃げたいところ。でも愚直なまでに基本に沿って調理してある。


レストランのプライドであり、料理に対するスタンスなのでしょう。


塩気も丁度いい。チーズと具材とサフランライスのバランスも絶妙、チーズの焦がし加減も、もう言葉が出ない。


後ろのボックス席で、スーパーの苦情処理の要諦について、2人のおばさんの怖い話が続いていたけど、料理の美味しさに救われた。

ジュース8
ジュースは、脂っこい旅理の後にはもってこいの”グレープフルーツジュース”。


ほろ苦甘い味が口腔を爽やかにしてくれる。


勘定を済ませる時に「感動するくらい美味しかったです!」と付け加えると、それまで愛想がなかったフロアー係りの奥さんに一瞬で笑顔が広がった。


これを四文字熟語で表現するとしたら、まさに”破顔一笑”だろう。


その笑顔、出し惜しみするべきではないと思った。自然な笑顔を作れるというのは才能がいる。


フロアー係りの奥さんにはその才能があるのだから、その才能をありのままで表現すれば、もっともっと素敵なお店になると思った。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

フフッ、ウチの娘がバイトしてたのはこの店(^_-)-☆
大学時代行ってました、厨房には私のお友達が助手で入ってましたよ(笑)
その友達の初孫が生まれた時、私も一週間だけ友達の代わりに助っ人に入りました。
失敗もありましたが、慣れない厨房でのお手伝い、コーヒーやジュースのお世話、
面白くもスリリングな一週間でした(^_-)-☆

マスターが作ってくれる賄い飯は、最高でしたよ(^_^)v
パエリアがお得意で、昔はお持ち帰りが出来たような(^^ゞ

へーー、ご縁が

ベル様
へーー、そういうご縁があったとは。しかも、かなり濃厚なご縁ではないですか。

厨房の奥で、お手伝いを。親子二代に渡って。いいですねー、同じお店でなんて。
確かに、パエリア、想像しただけでもその美味しさが分かります。お店も、中のお2人も中々個性的な方のようですが、味は本格的。

ああいう立地にあっても、客が離さない。ホンモノの証拠ですね!

No title

こんにちは じゅんさん
写真を見て、思わず、あ、毎日通っている道だ、と叫びそうになってしまいました。(笑) 伊台から奥道後の手前に抜けて、このお店の前を通って、セブンスターの方へ走るのが自分の仕事からの帰り道なので。 
 このお店、何度か寄らせてもらったのですが、いつもメニューを見て、どれをいただこうか、と、迷ってしまいます。 でも、お店に着いたときは、おなかがすいていてあまり真剣に考えずに、結局いつも頼んでいるようなものになってしまって、、食事が終わった後、ようやっと気持ちにゆとりができると、あ、何で今日はこっちにしなかったのか、と、残念に思ったり、、。でも、また次の楽しみのために置いています。 

そうでしたねー

健介様

そうでしたねー、通勤のコースでしたねー。確かラーメン屋の一閃さんの時に、(北条→権現→伊台→石手→東野、、)というコースで通勤していると書かれていました。

ですから朝晩に必ず前を通るんですね。嫌が応でも目に入るお店ですしね。

歴史も古いですから、常連のお客さんが多いのと、あの列車に惹かれて県外からも来る方が後を絶えないそうです。

ここは、今日のメニューと、ベルさんお薦めのパエリアが良さそうですね。今度ぜひお試し下さい。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード