FC2ブログ

「再訪67 ラ・メール」・「愛媛グルメ紀行」 422

今日は”再訪シリーズ”67番目のお店をご紹介しましょう。


それは昨年7月22日に、”愛媛グルメ紀行”シリーズの93番目のお店としてご紹介した、伊予市双海町串にある”ラ・メール”さんです。(「ラ・メール」 真っ当な「B級グルメ店」 92


場所は伊予灘を望む国道378号線、通称”夕焼け小焼けロード”沿いにあって、”夕日の見える公園”と並んでこの地方の名所の一つです。

玄関1
こちらがお店の概観です。ログハウス造りのお洒落なお店です。


目の前の国道378号線が拡張される前からこの地にあって、開業して23年が経過する。


通称”夕焼け小焼けロード”の顔のようなお店です。


”愛媛グルメ紀行"シリーズを書き始める前から、もう幾度となくお訪ねいています。妻との思い出のお店でもあります。


当然再訪リストには載せていたお店ですが、ブログ友:ファットマンさんの10月19日の記事「ラ・メールでカツカレー(だるま夕日付き)」を拝見して、その日に迷わずすっ飛んでいきました。

海3
こちらが、お店の海に向かったカウンター席から見た伊予灘の海です。


お店の外にはテラス席も用意されていますが、この季節、外での食事はやや寒い。


伊予灘を望みながら、ユッタリした気持ちでランチをいただきました。

店内2
店内はログハウス仕様の内部で、ややごつごつした力強い柱組と板張りの壁との空間に、様々な装飾品が所狭しと飾り立てられています。


椅子もテーブルの全て木作り。無骨で、洗練という世界とはやや趣を事にする独特の空気感が漂っているお店。

セットメニュー4
ワタシがこのお店に来て、何時もいただくメニューは”4種類あるピザの中でも決まって”ガーリックピザ”お値段750円です。


このお店のピザ生地(ドウ)の薄さが第一のお気に入り、ガーリックとオニオン、それにとろけるチーズだけをパリパリトロトロに焼き上げられているシンプルさが第二のお気に入り。オニオンとニンニクとチーズの芳しい香りを楽しみながらいただきます。


ところが、今日は敢えてもう一つの看板メニューである”グラタン”も外して”メールセット”(日替わり)820円を注文しました。


多分初めて頼むメニューでした。

ランチ上5
これが当日の”メールセット”で、内容はエビフライとオムレツのメニューです。


ご飯は減らしてもらいました。その他には、味噌汁と小鉢(茄子の煮物)とサラダにミカン半分。


こうやって改めて見ると、レストランの料理というより、喫茶店で出されるランチに近い。


これで820円というのは、高いと思いました。実にありきたりというか、どこでもこの程度のランチは目にすることができる。

ランチ6
もちろん、”オムレツ”はフワフワトロトロで、デミグラスソースが一筋掛けられていて綺麗に仕上げてある。


ややメタボ気味な”海老フライ”は、実に香ばしく揚げられている。”海老フライ”にはタルタルソースが。


味噌汁は、特にどうというところはない。


何度見ても、そして香りを嗅いでも、食べても・・・・・・特筆すべきところは全くない。

茄子煮物7
ナスの煮物。上手に煮含められていて、当然美味しい。でもそれ以外に書くことは特にはない。


何故だろう?何が足りないのだろう?何時もこのお店で食べるときの、何かしらの心のうねりが出てこない。


店内には、家族連れのお客さんが他に2組。真夏のシーズンが終わったから、この地域は今シーズンオフ。


その静けさ、宴の後の空疎感なのか?食事をする、喜びと言うかときめききらめきが全く伴わない。

オムレツ8
オムレツ”だって、丁寧に作ってある。オムレツはジャガイモと挽肉とニンジンを丁寧にネタに纏(まと)め上げて、タップリでなおかつフワフワの卵で巻いてある。

下の画像の海老は、頭から尻尾までバリバリ言わせながら一気に食べた。

もちろん美味しくないはずがない。でも、でも心が騒がない。

そうだ!なぜ心が騒がないのかが分かった!!実に単純な事情だ。今日は一人で食べているからに過ぎない事に気がついた。

これまでは、このお店に一人で来た事などなかった。必ず誰かしらと来ていた、それが妻であったり友人であったり。

もちろん、もう400店を越えた”愛媛グルメ紀行”シリーズ、ほとんど一人で食べてきた。

だから、一人で食べることが淋しいとか虚しいとか物足りないなどとは只の一度も思ったことがない。

でも、このお店では物足りなさがづっと続いた

海老9
このお店とロケーションが似ているお店での食事を思いだして考えてみます。

例えば、今年7月30日にアップした北条の”アトリウムカフェ 夢うらら”さん、斎灘(いつきなだ)を臨みながらランチをいただいた。

このお店は初めてのお店でしたので、どういうお店なのかと言うことを観察するために神経を集中させていた。

お料理に唸るという事はなかったけど、心が満たされないなどとは感じなかった。お店を観察するため神経が研ぎ澄まされていたから。

次は、今年10月19日にアップした北条の”アイビーハウス”さん、ここでも斎灘を眺めながら”ゴ-ルデンカレー”をいただいた。このお店は何度もお伺いしていますから、何かを集中して食事をしたわけではない。

でも、いただいた”ゴールデンカレー”の出来が素晴らしくて、カレー好きでもないワタシが夢中でいただいた。カレーに引き付けられて、心に空間が出来る余地は全くなかった。

この”ラ・メール”さんと上の三店は、ロケーションに共通点がある。その中で”ラ・メール”さんにだけ満たされないものが残った。

結局は、お料理のパワーが足りなかったということでしょう。ただ、今までは、それを会話できる相手で、そして会話の盛り上がりで補っていたという結論か?

でも恐らく、お気に入りの”ガーリックピザ”であったらこうはならなかったに違いない。

ワタシは土日祝日を除いて、ほぼ毎日違ったお店に行ってお昼をいただいている。何時だったか、ある方のコメントに「毎日色々なお店に行けていいですね、羨ましいです」というのがあった。

確かに恵まれた環境にいることは間違いない。でもお昼は、空腹を満たすというより”取材”を目的として食べ歩いている。

ですから、味わって料理をいただくとこは当然として、全神経を集中して周囲を観察しながら食事をし、それを毎日記事にまとめています。

だから、たまには”取材”を伴わない、つまり記事にまとめなくてもいい”普通の食事”がしたくなることもある。

その時は、お気に入りのお店でお気に入りのメニューを、頭をカラッポにしていただく。つまり、そのときにいただくメニューは、何も考えなくても、誰かと一種に食事をしなくても十分に心満たせる食事でないと意味がない。

今日、”ラ・メール”さんで食事をして心満たせなかったことで、料理と言う世界の深さと言うか、複雑と言うか、状況次第で味も感想も全く違ったものに成り得ると言うことを様々に考えさせられた。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

ラ・メールは、何時も主人と行くお店ですね。
最近こそ行く事がなくなりましたが、唯一主人の奢りで行く店です(^o^)v
でもほとんどがコーヒータイムでしたね(笑)

バイクでだったら、何時でも連れて行ってやるって言うんですけど、
何時もお断りしています(゚m゚*)プッ
夏は暑いし、冬は寒いし・・・デカイカメラ持って行けませんもの(笑)

このお店は

ベル様
このお店は、間違いなく一人ではなく二人で行くお店だということに、今回つくづく気が付きました。

ロケーションは抜群だし。でも、バイクは、春か秋なら絶好ですが真夏と真冬はちょっとねー。

でも私たち年代で、颯爽とバイクを乗りこなしている男は、同性のワタシが見ても「格好いい!」です。

またお二人で、ご主人のおごりでどうぞ。なおお薦めはガーリックピザです。

No title

このお店は熟達のシェフが作るまっとうな洋食屋さんといった感じだと思いますが。のしうめさんお勧めのカツカレー、じゅんさんお勧めのピザ、グラタンなどなど。手作りのオムレツに大きなエビフライのランチ、抜群のロケーションも加味して820円ならよしとするお客さんも多いのでしょうね。
しかし思い入れが大きい分、ハードルが高くなって物足りなさを感じるということもあるのでしょうね。よく知っているお店にしろ、一見のお店にしろ、それぞれに評価することは難しいものなんだなあと思います。

じゅんさんがくつろいで頭をからっぽにして食べているお店こそ一番おいしいに違いなく、その店の記事を読みたいと思いますが、記事に書かないからくつろいでいるわけで、これはどこまでいっても堂々巡りかもしれませんね(笑)。

その時の置かれている状態

ファットマン様
味って、当人がその時置かれている状態で大きく違うことを実感させられました。
ですから、味に対する感じと言うか、それの表現方法は難しいと思います。

その点で言いますと、ある方がワタシの飲食店巡りをこう書いていただきました。「じゅんさんは、飲食店を人として捉えて書いている」と。

ああ、なるほど、そう言われればそうなんだと合点がいきました。

頭をカラッポにして食べることが出来るお店に、400店を越えてやっとめぐり合いました。そのお店のことは内緒です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード