FC2ブログ

「新年 大野ヶ原 動物達 3」

今日と明日は、郷里野村町「大野ヶ原」の”ポニー牧場”で飼われている動物達の表情をご紹介しましょう。


一昨日と昨日は、お正月には必ずしもふさわしいとは言えない記事からスタートしました。


それとは一転して、今日と明日は”ポニー牧場”の動物たちと心を無にして遊ぶことにしましょう。

入場料1
この”ポニー牧場”は、初代入植者の中の武田さんが、他の入植者の要望に応えて小さな雑貨店を始められたのがその前身です。


この武田さんは開拓組合の組合長として地区に貢献され続けた方ですが、大野ヶ原が開拓地となり、七十数戸の開拓者がどんどん入植してくるようになり、日用必需品を売るお店が必要となり雑貨店を始められました。

森の番人2
入所者は次第に減っていきましたが、大野ヶ原には鉱物や植物を研究する人たちや、雄大な風景と清涼な風光を求めてやってくる登山者など様々な人がやってくるようになりました。


それら登山者たちを受け入れるたために、雑貨店以外に宿泊施設も必要になったために、宿泊施設を増築して泊り客を受け入れるようになったのだそうです。


その宿泊施設は、その後次男ご夫婦が跡を継がれ、現在は「ペンションもみの木」となっています。


また併設されている喫茶店「もみの木」では、しぼりたてミルクやアイスクリーム、チーズ製品を提供する傍ら、ここに登場するポニーやヤギなどの動物と触れ合える”ポニー牧場”もやっておられるというわけです。


なお喫茶「もみの木」については、昨年8月7日に”愛媛グルメ紀行”シリーズ348番目のお店として採り上げた他、来週月曜日7日に”再訪シリーズ”73番目のお店として再度アップします。

ポニー2頭3
この2頭が牧場の名前となっている”ポニー”です。


愛嬌があって人懐っこく、近寄ればポニーの方も近寄ってきてくれます。

日本鹿4
こちらは”日本鹿”の群れです。


彼らは必ず集団で行動します。


集団行動に付いていけない鹿は仲間はずれにして、”いじめ問題”にまで発展することがあるそうです。


このお話は、初代でペンションを始められた武田さんの次男さんからお聞きしました。


次男さんもワタシの父を知っていて「お父さんには、父が川柳などを教えてもらっていました」と笑顔で話していただきました。

鹿角5
この”鹿”君が、”いじめ”に合って仲間はずれにされた鹿君です。


彼は”いじめ”が原因で、それがストレスを引き起こして自らが角を壁などに突きつけて角を折ると言う”自傷行為”を取るようになったといいます。


それで、彼自身を保護するために集団から離して、自傷行為で角を折らないように、予め角を切ってやっているのだそうです。

鹿6
まるでワタシに救いを求めるような視線を送る”鹿”君、今では同じ仲間の鹿より人間の方が安心できると思ったのでしょうか。


その視線の先に何があるのでしょうか。


彼にじっと見つめられたまま、しばらくここを動けないでいました。


結局、彼との意思表示は出来ずに別れましたが、心残りになりました。

ロバ7
こちらは”獣舎”の中にいる”ロバ”君です。


彼の鳴き声は、実に煩くて下品で大げさです。


彼の隣人にだけはなりたくないと、飼っている武田さんご自身がそう言われていました。

室内ヤギアップ8
こちらも”獣舎”内で飼われている”白ヤギ”さんです。


その日は休日でしたので、”白ヤギ”さんは自分が外に出してもらえることをもう知っています。


ワタシに「順番から言えば、今度はオレだろう?」って訴えているようでした。

シロクロウサギアップ9
ここの”獣舎”には、大小さまざまなウサギ類も飼われています。


彼らは動き回っていますが、こちらと視線が合うと一瞬固まった様に体を動かさなくなります。


そして耳だけを神経質に小刻みに動かせて、こちらの様子を探っている様が実に可愛いのです。

茶色ウサギ10
こちらの”茶色のウサギ”ちゃんも同じです。


ずっと横目でワタシを見つめ、耳だけをピクンピクンです。

見物人11
お世話をしている武田さんは、一頭ずつ丁寧に頭を撫ぜ、体に触れてやりながら”獣舎”内の動物たちを、暖かく日がさしてきた戸外に連れ出してやります。


今日も家族連れたち観光客が、戸外で動物たちに触れ合おうと集まってきていました。


でも、厳しい冬はもうそこまでやってきています。


この動物たちが、戸外で子供たちと遊べるのはもう少ししか時間が残っていません。


明日も動物たちの表情をお届けします。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

動物の表情は多くを語りますね(^^)

鹿の寂しそうな顔、団体側の鹿たちの意地悪そうな顔、

みんな仲良く暮らすって、自然界では無理なんだろうな(^_^;)

動物園に行ってみようと思いながら、裏山までは行くんだけど、

公園内にはもう長く入った事がないです、大人も楽しめるんですけどね(^_^;)

一日動物と触れ合うと結構癒されます、今年はスネーク館が人気かな(笑)

動物の表情

ベル様
おはようございます。
今日と明日は、動物の様々な表情をアップします。

動物は、瞬時瞬時に様々な表情を見せてくれますね。それは鳥さんたちも同じですね。

動物と会話できれば、一体どんな会話になるにかな?と、想像するのが楽しいです。それは、幾つになっても変わりません。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード