FC2ブログ

「再訪 73 大野ヶ原 もみの木」・「愛媛グルメ紀行」 448

今日は、年明け一番目の”愛媛グルメ紀行”シリーズをお届けします。



それは、昨年8月7日に”愛媛グルメ紀行”348番目のお店としてご紹介した”大野ヶ原 もみの木”さんを”再訪シリーズ”73番目のお店としてご紹介するものです。(「大野ヶ原 もみの木」・「愛媛グルメ紀行」 348

看板1
大野ヶ原”につきましては、年明けの元旦から4日間採り上げました。


その記事の中でも、この”もみの木”さんのことに触れました。


それをちょっとおさらいしておきましょう。

玄関2
この”もみの木”は、初代入植者の中の武田さんが、他の入植者の要望に応えて小さな雑貨店を始められたのがその前身です。


この武田さんは開拓組合の組合長として長年地区に貢献され続けた方ですが、大野ヶ原が開拓地となり、七十数戸の開拓者がどんどん入植してくるようになり、日用必需品を売るお店が必要となり雑貨店を始められました。


次に、この雑貨店に宿泊施設を増築して”ペンションもみの木”をつくられ、今では開設者の武田さんの次男夫婦が受け継ぎ、”ポニー牧場”とこの”もみの木”も併営されています。

店内3
店内では、しぼりたてミルクやアイスクリーム、チーズ製品を提供する他、お土産品なども売られています。

ここ大野ヶ原の入植され開墾に携われら方々にとっては、命の綱とも言うべき”雑貨店”がこのお店の母体です。


特に、このお店でいただける”チーズケーキ”は絶品で、夏場などのシーズンには遠く県外からも客が押し寄せる名物に育っています。


それら乳製品の製作は奥様が担当され、店内に出ているフロアーご担当の方は、このお店から約6キロ下の”小屋地区”から通っておられます。

メニュー4
店内に入りますと、そのフロアー担当の女性が「最近、このお店にいらっしゃいましたね!」と、ワタシの顔を覚えていらっしゃいました。

「ええ今年の夏、妹と弟の3人でお伺いしました」と応えますと。

「ああ、そうでしたね、3人で。じゃあH先生のご家族ですね」と、父のことを知っているご様子でした。

そのことを尋ねますと「ええ、私は小屋から通っているのですが、H先生は小屋小学校にもいらっしゃったでしょう?」と。

「はい、大野ヶ原小学校に校長として赴任する前は小屋小学校にいました」とワタシ。

「私たちは4人姉妹で(3人と言われたのかも知れません、違っていたらゴメンナサイ)、その内2番目の姉の担任をしていただいていました。姉は少し結婚が遅れたのですが、先生は何時も姉に〇〇の旦那さんを見つけちゃらにゃいけん!と言って、何時までも姉のことを気にかけていただきました」と。

看板娘5
そうやって、父の思い出話をしていただいたのが上の画像の女性。


このお店の、文字通り”看板娘”さんです。ちょっとうつむいたところをシャッターを切ってしまいました。

目のつぶらな、笑顔が素敵な美人さんです。もちろん本人にはお断りをし、ご了解を得てカメラに収めました。

アイスクリーム6
こちらは、このお店の看板メニューの”アイスクリーム”です。お値段は250円。


この”アイスクリーム”食べたさに、わざわざ2時間近くかけて松山からもお客さんが大野ヶ原に登ってこられます。


一番高度が低いところで975mです。真夏でもクーラー不要の地です。


そこの高原の牧場で放し飼いにされた乳汁から毎朝搾乳(さくにゅう)されたものを、当日にこうやってアイスクリームとしていただいているのです。美味しくないわけがないでしょう。


濃厚でかつ上品な甘さが、舌の上でとろけます。

チーズケーキ7
さて、こちらがこのお店のもう一つの看板メニューの”チーズケーキ”です。お値段は380円。


メニュー表には売り切れの表示がしてありましたが、ワタシがアイスクリームを食べ終える頃に、「今焼きあがりました」と言って出されたもの。



甘党で、一時製菓会社に勤務した経験もある妹が「死ぬ前に3つだけ何かを食べられるとしたら、ワタシは迷うことなくここの”チーズケーキ”を3種の中の一つに選ぶ!!」と断言するものです。

チーズケーキ8
焼きあがったばかりなので、まだチーズが固まっていません。


生地の間から、甘くて芳(かぐわ)しい香りが鼻腔をくすぐります。


このチーズは、この場所に来ないと食べられません。持ち帰り禁止です。


そして一度に焼けるチーズケーキの数は、奥様が全てを手作りで焼いておられるので、1時間にせいぜい8ピースが限度。運よくありつけたらメッケモノなんです。

皮9
前回も書きましたが、このチーズケーキの皮が秀逸なのです。


前回はこう表現しています。<チーズケーキの外側の生地、口に含んだ途端に”ハラリ”と口中で解けます。(ほどけます)


手ではつまめません、スプーンで掬わないと口に入る前にほどけてしまいます。


適度な焦げ味が口腔を満たします。バターの焦げた香りです。


これはもう、食品と言うより芸術品です、食の職人が作り焼き上げた。>と。

皮アップ10
8月に来たときは、父と母の納骨を終えて、父が苦闘の時間を過ごしたここ大野ヶ原の地に、兄妹弟3人で訪れ、父を偲びながらこのチーズケーキを頬張りました。


お互い還暦前後の兄妹弟ですが、仲良しなんです。


今年の夏には弟の息子、つまり甥が京都で結婚式をあげます。


その時にまた3人が集まりますので、兄妹弟3人で金沢方面に旅行をしようと計画しています。


その楽しい旅行計画に思いを馳せながら、チーズケーキの最後の一片を口にしました。


濃厚なミルクの香りにむせ返りそうになりながら。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

ご兄弟の仲の良いのは羨ましいです(^_^;)
うちは兄だけですが、結婚が10年違ってたので、お互いの子育て期間のズレから、一緒に旅行等は夢の夢でした(^_^;)

5~6年前から母親を交えて、小さな旅行を計画して実行しましたが、母が年老いたので無理はさせられないので、旅行はもう行けなくなりました。

今年の春、母の米寿を祝う為香川に行きますが、母の最初の夫との間に生まれた義兄も出席してくれるので、今から楽しみです。

いつもじゅんさんの記事で、親を思う気持ちが生まれます(^_-)-☆

うれしいです

ベル様
妹は、一年学年が下で、弟とは6歳~8歳は年が離れています。(細かい年の差は忘れました)
妹が全てのバランスを取ってくれる役で、ワタシは長男役だけをやっていればいいので助かります。
両親が亡くなってみて、改めて兄弟仲がいいことに気が付きました。

弟は3人でローマに行こうと提案しました。弟は画家なのでローマには毎年のように行っていますので、ワタシたちを案内したいと。
当初は直ぐにその提案に乗りましたが、飛行機に乗っている時間が11時間と聴いた瞬間、ワタシと妹が「ローマは遠すぎてダメ!」で終わりました。
ですから、今年の夏は3人で金沢です。

ベルさんも、出来る間に精出してお母さん孝行をしてあげてくださいね。お母さんは、子供たちが一同に揃うことがとてつもなく嬉しいものですものね。

大野ヶ原

じゅんさん、こんにちは。

松山の「モミの木」さんとは関係のない「もみの木」さんなんですね。
しかしこのとろけているチーズケーキの画像、甘いもの苦手な私でも美味しそうに見えますよ。スゴいのが分かります。
どんな食べ物にも言えますが、本物はやっぱスゴいですね(^^)

ご兄弟で金沢旅行ですか。いいですね~♪
私は不仲な兄弟ですので、なんだかとても微笑ましく羨ましいです。



私も

乱駆郎様
私も決して甘党とは言えませんが、このチーズケーキは何度でも食べたいって思いました。
それに、アイスクリームも文字通り蕩ける美味したよ。^^

ジンズゴンズさんにはぜひご推薦しようと思っています。

兄弟仲のポイントは、やはり長男ではないでしょうか。(エヘン)^^

No title

キャ~♥ここは、迷子になって、何度も来たことがあります♥
いつも、あいすくりーむばっかりたべていました!!
ここだったのか~♥♥雪解けを待って必ず参ります♥

それと、じゅんさんからえひめの歴史のお話を
聞きたいという方がたくさんおられて、
歴史の話を聞く茶話会を開きたいと思うのですが
じゅんさまの都合のよい日、お時間をいただけたらうれしいな♥
と思います♥いかがでしょうか♥できれば、、、連絡を素早くとりたいので
フェースブックをはじめていただけると嬉しいです♥
じゅんさんの記事の感想を書いたら、すごく反響がありました♥

えーーー!

リンジーズ様
あれー、そうなんですか、このお店行った事がある。そしてアイスクリームしか食べていない。それはもったいないですよ。
ぜひあのチーズケーキ食べていただきたいです。これからしばらくは、大野ヶ原には入ることは出来ませんので、春になったらぜひどうぞ。
それで松山からわざわざ行って、売り切れでは悲しいので電話しておくと取って置いてもらえます。

それから、「えーーーー!」の件です。ワタシが愛媛の歴史の話を皆さんにする???うーーん、私の歴史に関する知識って、素人ですから大したことありませんよ。とても皆さんに囲まれてお話をできるレベルではありません。おこがましい事です。

でも他ならぬリンジーズさんのお話なので、逃げることも出来ず、困りましたね。まあ特定の話と言うより、皆で輪になって雑談をするということでよろしいのであればいつでもお伺いします。
ただし、ワタシは夜は出れない事情があるのですが、昼間でもいいのでしょうか?昼間でいいのでしたら、日時はそちらに合わせます。仕事は暇なもので。但し今月12日の午前10時から正午までは予定があります。
それ以外でしたら、いつでもそちらに合わせます。事前にご連絡いただければお伺いします。ただし、あくまでも雑談会ですよ!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード