「焼肉 井ノ口」・「愛媛グルメ紀行」 429

今日は、伊予市下吾川にある”焼肉 井ノ口”さんをご紹介しましょう。


このお店は、ブログ友:ファットマンさんの11月27日の”井ノ口でクリーミーなちゃんぽん焼きそば”という記事を見て、その日の内に訪問しました。


このところ様々な方のこういう情報を参考に、新しいお店を訪問するということが多くなっています。


新しいお店の情報開拓には、こういう情報はありがたい限りです。

看板1
場所は、県道伊予松山港線沿いにあって、お店の直ぐ東側を伊予鉄郡中線が通っています。


松山から伊予市に向かって県道伊予松山港線を南下すると、郡中線の新川駅を過ぎて川を渡れば直ぐに進行方向の左手にお店が見えてきます。


焼肉屋さんですが、昼間は午前11時からお店をやっていて、近隣で働いている方々のお昼の食堂的な役割りをも担っておられます。


昼時は、お客さんが次から次へと来店されていました。

店内3
店内では創業者と二代目、それに創業者の娘さん?(あるいは二代目の奥さんかも知れませんが)、この3人でお昼の体制を支えておられました。


注文を取りにこられた娘さんに「このお店は、何時頃開業なさいましたか?」と尋ねてみました。


すると奥の厨房に向かって大きな声で「オトーサン、この店開いてもう30年にはなるよねー?」と娘さん。


開業30年超えは立派な老舗、更に二代目が育っています。

メニュー4
このお店のメインメニューの”焼肉”には目もくれず、ファットマンさんの記事にあった”チャンポン焼きそば”600円を注文しました。


そして、注文を聞いた娘さんに「”チャンポン焼きそば”というメニューは初めて頂きます」と伝えたところ、厨房から店主さんが出てこられました。


「その”チャンポン焼きそば”は、実はウチの新メニューなんですよ。昨年の9月に伊予市の下三谷にある”ウェルピア伊予”で地元イベントとして”B級グルメ大会”がありましてね」とオトーサンがお話をしていただきました。


「その時は、富士宮からも参加してくれたんですよ」とオトーサンが続けられます。


富士宮焼きそば”と言えば”B-1グランプリ”で初代チャンピオンに輝いたB級グルメのスターです。

チャンポン焼きそば5
などと、オトーサンが話している内に”チャンポン焼きそば”が運ばれてきました。


見た目は、我々が”焼きそば”でイメージする色合いに比べると、ちょっとボンヤリとした感じです。


焼きそば”から受ける色合いのイメージは、ソース焼きそばにしろ、鉄板焼きそばにしろ、もっと茶色系の濃い色をイメージすると思います。


ところがこちらの焼きそばには、ソースの代わりにチャンポンのスープで炒められていて、全体の色合いが白っぽかった。

チャンポン焼きそば6
「それでね、ウチもそのB級グランプリに参加し、このメニューを出品したんですよ」と、オトーサンの説明は続きます。


「その大会で、これが結構評判が良くてね!それでレギュラーメニューに加えたんです。ですから、このメニューが世に出て、まだ1年とちょっと」と、オトーサン、鼻をピクッと動かせながら説明された。


具材は、キャベツ、モヤシ、青いネギ、タマネギ、それにホルモン(モツ)と、至ってシンプル。


「焼きそばに”ホルモン”が入っているのも初めてです」とワタシが言いますと。


「伊予市には昔からラーメンやチャンポンの具材にホルモン(モツ)を入れるお店がありましてね、お客さんは食べたことありませんか?」とオトーサン。


「国道56線沿いにある”みかさ”というお店でモツ入りの中華そば(”みかさ”さんでは、それを単純に”そば”と言っています)を食べたことはありますが、あのお店だけです、食べた経験は」とワタシ。


「あの”そば”(モツ入り)のお味はどうでした?」と、オトーサンに笑顔で問いかけられました。


「うーーーん、正直言いますと、あのモツの味が強烈で、ワタシにはちょっと・・・・・」と口ごもってしまいました。


するとオトーサン、笑顔で「あの味は好き嫌いが極端に分かれますね。好きな人は病みつきになるけど・・・。あのお店、ウチの親戚なんですよ」と。

縦7
チャンポン焼きそば”は、実にシッカリ味付けがなされています。人によっては”辛い”と感じるかも知れません。辛さの元は、塩味と胡椒。


でも、ワタシは好きな味の一つでした。第一、チャンポンのスープで炒められているのですが、そのスープの味が美味しかった。汁沢(つゆだく)の、ちょっと他所では味わえない個性的な味です。


「なぜ焼きそばにホルモン(モツ)を入れようと考えられたんですか?」と、ワタシが食べながら話を続けました。


「店によっては豚肉を入れるのですが、当時は豚肉が高くて材料として使えなかったんです」とオトーサン。

アップ8
「その点、”ホルモン”はタダみたいに安かった。だから入れたんです。ところが、今はホルモンがめちゃくちゃ高くなって。お客さん知っています?小腸で脂の乗っている部位なんて、グラム200円もするようになった。」と、話が次第に熱を帯びてきた。


「それで、その小腸でも脂の乗ったいい部位を使うと、一人前40円の原材料費になってしまうんです」と、話は細部に分け入っていく。


「でも、ウチはそれでもそれを仕入れて使っています」と、やや胸を張られた。

麺9
麺は、黄色さが目立つ中太の中華麺を使っておられます。汁沢(つゆだく)スープに馴染んでいます。


このお店の量なら平気で平らげることが出来た。


「うーーん、初めての味でしたが、ワタシには美味しかった。特にスープの味がいいのと、ホルモンの複雑な食感が面白かった」と、店主さんに告げた。


すると「このメニューはまたまだ開発途上なんです。もっともっと改良を重ねて、次にこられた時はもっと美味しいと思ってもらえるように頑張ります」と、オトーサンの笑顔が弾けた。


お店を始められて30年を超えられた店主さんをして、この前向きな姿勢です。その横で二代目の目も光りました。


このお店は、更に飛躍を目差して親子で目を輝かせておられる。感動させられました。


「ご馳走様でした」の言葉を後にお店を後にしました。もう師走の風が吹いていました。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

ホルモン好きのウチの亭主殿は、好きかも知れませんね(^_^;)
何でも、モツを使って調理するのが好きなので(^^ゞ

息子も肉なら何でも来いの肉好きで、ホルモン料理大好き家族です。
私はちょっと苦手だけど、年取ってから食べられるようになりました(^_^)v

お天気良くなったねぇ(*^^*)
さぁ今から出勤だァ~鳥さん待ってろよo(^o^)o ワクワク

伊予市

ベル様
伊予市にはラーメンにホルモンが入ったものを「そば」と呼ぶ「みかさ」さんもありますし、このお店では同じようなラーメンと、今日アップしたチャンポン焼きそばがあります。

ホルモンの仕入れ値が最近急騰していると嘆いておられましたが、それでも「ウチは一番いいホルモンの部位を仕入れて使っています」と胸を張っておられました。

ホルモン好きには堪えられないお店のようです。

さて、今日はスカッと晴れ上がりましたね。鳥撮りには絶好の日和ですね。明日の朝の成果を期待してお待ちしています。

B級グルメ♪

じゅんさん、おはようございます。

美味しそうなチャンポン焼きそばですね~♪
ファットマンさんのブログでも拝見していましたが、これは私も一度食べに行かねば・・・!
なにより前向きなお店の料理は美味しいに決まってますよね。

しかし、このお店と「みかさ」さんが親戚だとは。あらためて『ほ~♥』って感じです。こういうプチ情報って楽しいですね(^^)



お話さえできれば

乱駆郎様
お店の方とお話さえできれば、非公式情報も容易に手に入ります。そこがワタシのブログの勝負だと思っています。
全部が全部お話できるわけではありませんが、お店を「人」と捉えた接触を今後も心がけたいと思います。

このお店、研究熱心でなおかつアットホーム。二代目も意欲的。好感が持てないはずはないと思います。

さて、明日はいよいよ乱さん情報の「ていきびん」さんをアップします。乱さんに捧げようと思った記事です。
これは、ワタシが描いた乱さんの復帰予想日でしたが、それより早く浮上していただき心強い限りです。

こんばんは

なーるほど。
あのちゃんぽん焼きそばは地元のB級グルメ大会で大好評を博したメニューだったんですね。アノちょっと不思議な感じの張り紙の意味が分かりました!
家族でやっておられること、「みかさ」と親戚筋にあたられること、伊予市には昔からもつラーメンの伝統があることなど、自分が最近行ったお店だけにいずれも大変興味深くて面白く感じました。親父さん、「みかさ」の中華そばは好き嫌いが分かれるとおっしゃいますが、ご自分のお店のも十分強烈ですよ(笑)。
あまりごちゃごちゃ話しかけらりたりはしませんが、なんとはなしにアットホームな雰囲気が居心地よく、次回は焼きそば、焼き飯、焼肉定食などいただいてみたいです。

No title

じゅんさん こんにちは♪
あの「みかさ」さんと親戚関係だったのですね!
更に伊予市通に近づけた気がしています♪ ありがとうございます^^

私 この ちゃんぽんヤキソバとても気に入りました。
次回は~
これも気になる 「からしちゃんぽん」に決まりです♪

張り紙の意味

ファットマン様
そうです、あの「張り紙」の意味は実はそうだったのです。
ファットマンさんとのしうめさんのコメントの交換で、このことに触れられていましたね。その時、「ああこの記事を読まれたら疑問がとけるかな?」と思いました。

お店のご主人が特別なおしゃんべりということではありません。自然な流れの中で、お店の歴史やモツを使った時代のことなどをお話していただけました。

やはり、食べ物を巡って色々なお店にお伺いしていますが、そのお店の一歩奥に入ることができたら、様々なエピソードに触れることが出来ます。それが、ワタシの旅の喜びです。

伊予市道

のしうめ様
「みかさ」さんとご親戚だったことは意外でもあり、また納得でもありました。

中々個性的な味で、現在進行形とか。ということは、どんどんお客さんが食べて、その印象をお話すれば、更に洗練されていくということでしょう。

その時代に合わせながら、しかも自分のお店の原点からブレない、そういう印象を持ちました。

再訪リストに載せなきゃ、ってそうも思ったお店でした。

のしうめさんも、今後ますます「伊予市道」に磨きをかけてくださいね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード