「愛媛グルメ紀行」を振り返る 37

今週の土日も”愛媛グルメ紀行シリーズ”を振返ってみましょう。今日は過去にアップした110番目のお店から112番目のお店です。

この頃は、まだ”自分のスタイル”が確立していうとは言えない状況が続いていました。

毎日書き続けることで、少しづつ”ワタシの愛媛グルメ紀行”を探っていた時代でもあります。



先ず最初に110番目のお店として、、国道56号線沿いの保免中2丁目にある”お食事処 まるとく”さんを一昨年8月17日にアップしました。(「お食事処 まるとく」・「愛媛グルメ紀行」 109

場所は、国道56号線が予讃線を越えるために高架になっていて、その高架橋を伊予市に向かって降りてきて直ぐの、進行方向の左側にあります。

玄関1
玄関は、道路の進行方向に向かって振り返って見た位置にありますから、つい見落とし気味かもしれないですね。

ところが、このお店のお料理の美味しさと、適切なお値段と、更に店主で調理人の女性の人柄を皆さんよくご存知のようです。

その証拠が、お店に入って、先ず驚くのは店主さんへの”為書きをしたサイン色紙”の数です。

しかもそのサイン色紙を書いた人たちは、プロ野球独立リーグ・四国アイランドリーグに属する”愛媛マンダレイパイレーツ”の選手たちを中心としたスポーツ選手の面々です。

鯖の味噌煮上3
これがワタシが選んだ”鯖の味噌煮定食”と2種類の副菜です。値段は700円です。

見て下さい、お野菜がタップリ楽しめるメニューです。

その他に、ワカメタップリの味噌汁(これが美味しいのナンノッテ)と、香の物とデザートに梅酒に漬け込んだ”青梅”が2個です。

開業されて7年目。小さいお店ですが、メニューの全てに店主さんの真心が込められているお店です。

ただ再訪はしません。特にコレと言って再訪したいという強い気持ちが起きなかったからです。



次は111番目のお店です。それは旧国道11号線、今は県道334号線(松山川内線)沿いの、東温市北方にある”本格手打ちうどん 真光(しんこう)”さんです。一昨年8月18日にアップしております。(「本格手打ちうどん 真光」・「愛媛グルメ紀行」 110

この辺りのうどん屋さんとしては老舗中の老舗で、もう開店後30年近くになると思います。

お店の直ぐ近くには、昔の”松下寿電子”、今の”パナナソニック四国エレクトロニクス”があります。

玄関1
外観は、うどん屋さんには見えないくらいモダンです。コンクリートの打ちっ放しの建物で、お洒落で規模も大きいんです。

釜揚げうどん6
そして、注文したのは、うどんの麺の味がストレートに味わえる”釜揚げうどん”です。お値段は480円です。

お湯がグラグラ沸いていて、桶の中でうどんが踊っています。

出汁も大型の椀に入っていて、薬味の量も多い。

お店のメニューには、「こしの強い、滑らかなうどん」とありました。

ただ、ワタシの好みとは対極にある麺でした。ただ単に硬いだけだと感じたのです。

ですから再訪はしません。再訪しない理由は単純です、ワタシの好みの麺ではないからです。




最後は112番目のお店です。それは、一昨年8月19日にアップした国道56号線沿いの松前町昌農内にある”本手打ちうどん 一草庵”さんです。(「本手打ちうどん 一草庵」・「愛媛グルメ紀行」 111

この場所は、ずっと以前には”やしま”というおうどん屋さんがあった所です。

その”やしま”は、現在は久万ノ台の「松山中央卸売市場中央市場」近くにに移っています。

後である方からコメントいただき、この”本手打ちうどん 一草庵”さんの店主さんは、上に書いた”やしま”さんの店主のお弟子だということを教えていただきました。

玄関1
これが、当代のお店の玄関です。

”やしま”さんが久万ノ台に移った後に、別のおうどん屋さんが入り、その後この”一草庵”さんが5年前からやっておられます。

五目うどん上4
そこで、色々入っている”五目うどん”の暖かいのを注文しました。お値段は850円、きっちり愛媛値段です。

麺は平打ち麺で、艶があって美味しく頂きました。

具材は、ワカメと天かす、アゲ、それに甘辛く煮含められたシイタケです。

出汁も奥深い味で全体にバランスのいいおうどんに仕上がっていました。

特に、ワカメの味と、シイタケの煮含めた味が絶妙でした。

このお店は、既に再訪しました。昨年11月14日に”再訪シリーズ”の62番目のお店としてアップしております。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

愛媛グルメ紀行を熟読していると、道路を走っていて
その店に出会ったら、「あっ、ココだココだ!」と、
つい声が出てしまいます。
入る入らないは別にして、懐かしい物に出会った気がする、不思議ねぇ(笑)
<和ビストロ きむら>を見つけた時も、記事内容が思い出され、
ニヤニヤしたものです(o^-^o)

えっ、ちょっと違う楽しみ方をしてるって?ふふっ、
外食をしなくなったのでこれも有り!(^_^)v

外食しない人にとっては

ベル様
おはようございます。

確かに外食をしない人にとっては、私の大半の記事は実際には役に立ちませんね。
でも、そうですか、ベルさんのような楽しみ方も出来るということですね^^これは別の意味で嬉しいですね。

最近思うのですが、自分で想像しているよりは遥かに多くの方に見られているんだって実感しているところです。でもその全ての方が、実際に外食しているかと言えば、そうではないかも知れませんからね。だから、ベルさんのような楽しみ方をされている人がまだいらっしゃるかも知れないですね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード