年末の石鎚山とコンデジ(遊びごと)

この記事は”遊び”です。


先週の金曜日、松山市の久米窪田町の田を見に行きました。仕事です。


すると、目の前に”冠雪した石鎚山”の姿が。


そこで、何の考えもなく愛用のコンデジでシャッターを切りました。

石鎚1
画像のはるか遠くに、微かに”冠雪した石鎚山”が見えます。


松山市内から、肉眼ではこの位の大きさと距離感で”石鎚山”を捉えることが出来ます。

石鎚2
同じ場所に立って、コンデジで近寄ってみました。


ごくありきたりの田園風景の向こうに”石鎚山”がだいぶ近寄ってきました。

石鎚3
さらに、同じ場所に立って、コンデジで近寄ってみます。


ワタシは、何の芸もなく、ただ突っ立ってコンデジのカメラを合わせるだけです。

石鎚4
普通の民家の屋根に覆いかぶさるように”石鎚山”が近寄ってきてくれました。


空気が澄んでいますと、途中に障害物さえなければ、松山市内のどこからでも眺められる光景です。

石鎚5
別に珍しい光景ではありません。


東京だって、晴れていて空気が澄んでいれば富士山を捉えることが出来るのですから。


でも”石鎚山”は意外に手近なところにありました。


ただそれだけです。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
みごとに石鎚山を捉えられていますね。

わたしもちょこちょこ重信方面に行くのですが、
雲がかかったりしていて、なかなかきれいに
観ることができません。

空気が澄んでいると

せい爺様
空気が澄んでいると、この季節「冠雪した石鎚山」を松山市内から、肉眼で見ることが出来ます。

やはり、あの姿は一種神々しいですね。

あそこの頂上に登られたのですから、今更の様に驚きです!到底ワタシには真似できません。

あの紅葉で飾られた石鎚山の画像が、今でも目に鮮やかに蘇ります。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード