FC2ブログ

「再訪 83 大街道のびいどろ」・「愛媛グルメ紀行」 474

今日は、昨日に引き続き”皿うどん”を採り上げる事にしましょう。


昨日は、愛媛新聞社の近く、大手町1丁目にある”びいどろ”さんをご紹介しました。


実は今日ご紹介するお店も、店名は全く同じ”びいどろ”さんなのです。ただし、こちらは大街道2丁目、三越松山店の目の前の”久保豊ビル1階”に入っている老舗の” びいどろ”さんです。


両店ともに老舗中の老舗です。ただし、両店は直接の関係はないそうです。


大街道の”びいどろ”さんは、”愛媛グルメ紀行”シリーズの184番目のお店として、2011年12月7日にアップしています。(「ちゃんぽん皿うどん びいどろ」 ・「愛媛グルメ紀行」 184

玄関1
こちらが久保豊ビル1階奥にあるお店の玄関。


建物自体は新しいビルに入られていますので、店舗も新しいですね。


ただ、今までにお店を何度も移転されていますので、一体何年間営業しているのか分らないと仰る。

店内2
店内は小じんまりとしたお店で、店主さんの他には女性が2人の3人体制でやっておられます。


間違いなく、3人ともお年は私より上とお見受けしました。


店内の客も、半分が常連客。残りの半分も近隣のサラリーマンや店員さんで締められ、実にアットホーム的な雰囲気が漂うお店です。


お店のおばちゃん2人も、テレビを見ながらそれを話題に話したり、常連客とも気軽に会話が弾んでいました。

メニュー3
これがこのお店のメニューです。


メニューには色々書いてありますが、客の半分は”ちゃんぽん”を、残りの半分は”皿うどん”と、この2つの看板メニューに注文が集中しています。


ワタシも、前回来たときは”ちゃんぽん”をいただきましたから、今回は忘れ物の”皿うどん”をいただきに来ました。

縮横4
上の画像は、前回いただいた”ちゃんぽん”です。このお店のちゃんぽんも、横から見ると山盛りです。(画像は前回のものを使用)


この量を難なく食べていたので、その当時の胃袋は実に健全だったわけです。

皿うどん4
さて、こちらが今回注文した”皿うどん”670円です。


昨日の大手町の”びいどろ”さんでは三分の二にしてもらったものを難なくいただきました。


ですから、今日は普通のサイズでいただけると思い、特別に減らしていただいたりはしませんでした。


ところが、このことが後半後悔を招くことになろうとは・・・・・

皿うどん5
皿うどん”は長崎の郷土料理で、長崎市の老舗中華料理店の”四海樓”さんで、開業者の”陳平順”氏が考案したとさます。


陳氏は明治32年に、当時の清国福建省から来日され、陳氏が当時”清朝”(中国)からの留学生の多くの身元引受人になっていて、何時もお腹を空かせていた彼らの為に”ちゃんぽん”を考案されたとされています。


そして”皿うどん”は、元々”ちゃんぽん”の配達用に考案されたもので、配達時にお汁がこぼれない様にスープの量を極端に減らして片栗粉でトロミをつけたものです。

アップ6
両メニューの共通した特徴は、お腹を満たす麺と大量の野菜類、そして味に深みを与えるための魚介類を組み合わせてあることです。


つまり、このメニュー一品でお腹を満たし栄養バランスも取れているというものなのです。


このお店の具材は、キャベツ、ニンジン、モヤシ、長ネギ、カマボコ、イカゲソ、豚肉、それにじゃこ天が入っています。


甘酢餡の味付けは、昨日の大手町の”びいどろ”さんが酢味を効かせ、こちらの”びいどろ”さんは酢が全く入っていないのでは?と思わせる味でした。


両店の味には甲乙が付け難く、酢味の好き嫌いによって分かれるところでしょう。

麺7
麺は、当然”皿うどん”特性の極細麺を揚げたもの。これは両店に共通していました。


やはり、麺と餡や具材が混ざりやすく食べやすいものになっています。


と、中盤までは順調に食が進んでいたのです。

完食8
ところが、これが甘かったと気づいたのは、三分の一程が残った段階です。


ここから、残りの三分の一を片付けるのに、どれほど苦労したか。少なくとも、最初に出されたお冷は完全に飲み干していました。


ところが、ワタシの隣に座られたワタシと同年代と思しきご婦人、小柄で華奢(きゃしゃ)な体つきなんです。


ところが、この小柄で華奢なご婦人が、山盛りの”ちゃんぽん”をいとも平気な表情で平らげているではありませんか。


それを見て「クッ!」と息が詰まり、「負けるわけにはいけない、男の沽券に関わる!」と、妙な対抗心が出てしまって、遂に完食してしまいました。


フーーー、疲れました、ハイ!


やはり昨日の”三分の二作戦”が、ワタシには似つかわしかったのです。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード