FC2ブログ

「軽食喫茶 なかむら」・「愛媛グルメ紀行」 480

今日は砥部町大南の国道33号線沿いにある”軽食喫茶 なかむら”さんをご紹介しましょう。


このお店を訪問した動機は、一昨日2月19日に”再訪シリーズ”84番目(延べ478番目)のお店としてご紹介した、松前町の”レストラン&喫茶 モカチャーゼ”のオーナーシェフさんが大衆食堂で修行した頃にお仲間だった方がやっているお店とお聞きしたからです。


ただし、お店の名前は”中村”と言ったのではないか?といううる覚え。場所は、国道33号線から旧砥部町内に入る分かれ道付近とお聞きしたような。

玄関1
でも店名も場所も曖昧な中で、砥部町の住宅地図でそれらしきものに目をつけやってきたと言う訳です。


こちらがお店の全容です。”砥部焼観光センター 炎の郷”の少し手前、道路の南側にあります。

店内2
お店に入ると、モカチャーゼさんの店主さんと同年代の男性はいませんでした。その代わりに、ワタシよりやや年下とお見受けした女性2人でお店をやっておられました。


注文を取りに来られた方に、「松前でレスト喫茶をしている”モカチャーゼ”というお店を知っているかどうか?」をお伺いしてみました。すると知らないというお答えでした。


やはりうる覚えでは心もとないなって、思ってメニューを拝見しました。

メニュー3
メニューには昔懐かしい”喫茶店の軽食”メニューが並んでいました。


「懐かしいメニューが並んでいますね。このお店は何時頃からやっておられるのでしょうか?」とお尋ねしてみました。


「そうですねー、もう30年近くになりましたか・・・・」っと。でも注文を取りにこられた方は従業員さんらしく、正確なことは分らないという対応でした。

ランチ4
注文したのは、一昨日”モカチャーゼ”さんで注文したものと同じ”エビフライ+ハンバーグ”のランチです。お値段は、このお店では最も高い880円です。


モカチャーゼさんと同じメニューを注文したのは、修行をしたお店が同じであれば似たようなものが出てくるかも知れないと思ったのです。


でも出されたものは、完全に”喫茶店の軽食的料理”でした。これは明らかにコック修行した方が出すメニューとは違うことに気が付きました。


ただ、メインのハンバーグとエビフライ2尾、それに味噌汁と漬物と煮物が付いていて、バランスのとれた構成でした。

ハンバーグ他5
こちらが、昔から喫茶店で出されていた典型的なハンバーグとエビフライ、それに型抜きしたポテトサラダと野菜サラダにゆで卵2切れ。


昔ながらの喫茶メニューで抜けているものは、作り置きのケチャップ炒めスパ位でしょうか。


ワタシの様な年代の者にとっては、若い頃を思い起こさせてもらえるお店ですね。

ハンバーグ6
こちらがメインの”ハンバーグ”です。フライパンで焼かれたのか、少し焦げ気味でした。


最初からお箸だけしか付いていません。ナイフやフォークで食べられることは想定しておられません。


確かに焼きたて揚げたてなのですが、湯気が立ち昇るというほどでもありません。

エビフライ7
エビフライはダイエット中のエビを使われたのか、極めてスリム。


1本が単独では立てない細さなので、ハンバーグを枕にして辛うじて支えられていました。


それでもエビフライを齧(かじ)ってみますと、中味エビは厚めの衣でかろうじて真っ直ぐに揚がってる。


厚めの衣で支えなければ、たちまち「ごめんなさい」と頭を垂れるほどのスリムさです。


ハンバーグもエビフライも、唸るほどのものは全くなく、極々普通の味。

煮物9
この”煮物”は美味しかった。所謂(いわゆる)”お袋の味”という典型的な味付けのようにお見受けしました。


中味はカボチャと竹輪とシイタケの煮含め。カボチャが甘くて甘くて、スウィーツのようでした。

味噌汁9
こちらの”味噌汁”も煮詰まり過ぎかな?って思える程。でも、この味噌汁があったからこそ、普通サイズのご飯を残すことなく全部食べることができた。

勘定を払うとき注文を取りに来られた女性が、もう一人の女性を指差して「この方が経営者です。先ほどの松前町のお店の話をしてみて」と。

それから、まあ30分近くも「年の頃合は60歳程度、コックの修行をした経験がある、砥部のこの当りで長くレスト喫茶を行っている」と、それだけに曖昧な情報でお店探しが始まりました。

「あのお店は古いけどどう?」と、店名を出されながら「でも、あそこは普通の喫茶店でコックさんはいないわねー」とか「あそこにあったお店、確かコックさんがいたけど、10年くらいで辞められたしー」っと。

この話の過程で、おおよそ7から8店舗の名前が出ては消えの繰り返し。すっかり恐縮してしまい、時間を取らせた事をお詫びしてお店を後にしました。

人情溢れる対応、心こもった対応には恐縮しつつもありがたかった。

なるほど、30年間、お店が保っているには保っているだけの理由があるのですねー。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード