FC2ブログ

「再訪 89 ラーメン ちんどん屋」・「愛媛グルメ紀行」 488

今日は”再訪シリーズ”89番目のお店、”愛媛グルメ紀行”シリーズの379番目のお店として昨年9月20日にご紹介した”ラーメン ちんどん屋”さんを再度ご紹介しましょう。(「ラーメン ちんどん屋」・「愛媛グルメ紀行」 379


場所は、余戸中6丁目、伊予鉄郡中線沿いに走る県道松山松前伊予線のゼットワイ余戸店内の1階にあります。


この地で開業して、今年で11年目に入るというお店です。


もちろん再訪する予定でしたが、ワタシのブログ友:”ファットマン”さん(ブログ名:ファットマンの松山B級グルメ日記)が、今年に入った1月17日に記事として採り上げられたのを拝見し、再訪順位を繰り上げての訪問となりました。

手作りポスター1
昨年9月にお伺いした時は、玄関横にお孫さんが書いた大きな”絵地図”がありましたので、ブログにもそのことを書きました。


ところがファットマンさんの1月17日の記事では、その大きな”絵地図”はなかったと書かれていました。


確かに画像の様に、お孫さんが書いた”手書きポスター”は何枚も張ってありましたが”巨大絵地図”はありませんでした。

玄関2
こちらがお店の玄関です。建物の奥まった場所にあって、決して目立つ場所ではないのですが、昼時になると三々五々、近所のサラリーマンのお客さんたちが集まってきます。


多く方が、ラーメンとご飯とコロッケなどがセットになった”ちんどん屋ランチ”680円を選んでおられました。

カウンター3
ワタシは一人なので、例によってカウンター席に座りました。


そして早速女将さんに「玄関横に置いてあった大きな”絵地図”がなくなっていますが、どうされましたか?」とお尋ねしてみました。


すると、女将さんが「ああ、あの時の方」と覚えておられたようで、「ああ、あの絵は片付けまして、新しい絵地図を孫が作成中なんですよ!」と、こぼれんばかりの笑顔で答えられました。


「あの時の絵は、孫が3年生の時に書いてくれたんです。それで孫は今4年生になったので新しく書き換えてくれているんです」と。

メニュー4
前回お伺いしたときは”ちんどん特性ラーメン”をいただき、美味しさに笑顔がこぼれました。


今回はアレコレ考えて、”カントン焼きそば”(焼き麺)730円を注文しました。


長崎チャンポンのように、揚げ麺でも出来ると言われましたが、珍しかったので”焼き麺”でお願いしました。

みらいの家5
すると、お孫さんがいるとは到底思えない美人女将さんが、わざわざお店の奥から画像の”みらいの家”という工作物を出されて、カウンターに置いて見せていただきました。


「これが、孫が4年生になった時に作ったもなんです。学年で一番いいって褒められて!」と女将さん、笑顔でお顔がクシャクシャに。


すると、厨房で調理をされていた店主さんがこちらまで来られて、お孫さんの”みらいの家”を指差し、「ドングリや松かさなどは自分で拾ってきたんです。しかも、家にある要らなくなった紙箱などは、捨てないで取って置いて!って孫に言われているんです!」と、こちらも満面の笑み。

広東焼きそば5
こちらが注文した”カントン焼きそば”(焼き麺)です。


焼きそば”の種類は多く、正式な分類はどうか分りませんが、醤油やソースを掛けて作る焼きそばは日本独特のものです。


それに対して、中国料理としての焼きそばは、揚げ麺ないしは焼き麺を使って、その上に別の中華鍋で炒めた肉や野菜を乗せるタイプや、そこに片栗粉を水で溶いた餡掛けにするタイプなど、様々です。

広東焼きそば6
一般的に”広東風焼きそば”と言えば、餡かけタイプや八宝菜自体を麺の上に乗せるタイプが多く見られます。


このお店のタイプは、普通の中華麺をフライパンで焼いて、その上に別の中華鍋で肉や野菜を炒めて、最後に片栗粉を水で溶いたものを垂らし入れた餡かけタイプでした。


具材は、白菜、ニンジン、タケノコ、キクラゲ、豚肉、イカ、鶉の卵、刻みネギです。


この餡かけの””には、以前来たときに頂いた”ちんどん特性ラーメン”に使われている”スープ”が味付けのベースになっています。


鶏がらと少しの豚骨、それにタップリの野菜から出た自然な甘味が滲み出た、実に奥深いスープです。

アップ7
このスープが、この焼きそばの味を決定付けています。


ちょっと他のお店では味わったことがない、滋味深い味わいです。


「うーーん、これはスープが味の決め手になっていますね」と唸りますと、女将さんがニッコリ微笑まれて頷(うなづ)かれました。道理で美味しいはずです。

ラーメン6
この画像は、以前いただいた”ちんどん特性ラーメン”です。どうです、似ているでしょう?色合いなどが。

この焼きそばなら、胃が縮んだワタシでもアッと言う間に完食です。

食べているとき、再びお孫さんの話になりました。女将さんが「内には孫が4人いるんですけど、全員が柔道をしています」と。

そして「おじいちゃんも、お父さんも柔道をしていました」と続けられ、おじいちゃんと呼ばれた店主さんを見ました。

その店主さんも童顔で、とてもお孫さんがいるとは見えません。眼鏡の美人女将さんは勿論ですが。

そのことをお二人に告げると「いやーー、もう今年還暦ですよー!」っと店主さん。ワタシより4つも年下でした。

「でも、今年高校に入る孫が一番年上です!」と、女将さんの声が弾みます。

「じゃあお二人のご結婚は早かったのですね」と言いますと「いえ、21歳でした、結婚したのは!」と店主さん。

そこを、空かさず「何を言ってるんですか!22歳ですよー!」と女将さんの鋭い訂正が入り、三人とも大爆笑でした。

いやはや、美味しいお料理に楽しい時間を添えていただきました、「ご馳走様でした!」と、笑顔でお店を後にしました。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

個人情報に関して

匿名様

画像の取り扱いに関して、個人情報への配慮のご注意をいただきました。

ご指摘された点は、全くごもっともだと思いました。その点、確かに配慮が足りませんでした。

善意だけで世の中が廻っている程甘くはない、それが悲しいかな現実でしょう。

今まで余り意識したことがなかったのですが、それでは済まされないことにも気が付きました。

以降、画像と文章表現の両方で個人情報に十分配慮して行って参りたいと考えています。

貴重なご指摘、本当にありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード